脳神経外科

森内秀祐

当科では、近畿癌センター、近畿循環器病センター、西日本災害拠点病院であり、政策医療に取り組む基幹病院の脳神経外科として、脳・脊髄腫瘍、脳血管障害、頭部外傷および小児脳神経外科疾患を扱っております。脳卒中内科、救命救急、小児科、放射線科、リハビリテーション科、病理診断科、その他関連諸科の専門医および看護師、理学療法士、栄養師、薬剤師、医療相談員等と協力し、脳科学に基づいた診断、治療を行い、患者様に満足していただける治療の提供を心がけております。

(1) 脳・脊髄腫瘍では、悪性脳腫瘍はもとより、髄膜腫、下垂体腫瘍、神経鞘腫などの良性脳腫瘍に対しても、ニューロナビゲーター神経内視鏡などの最先端の画像技術を駆使する医療機器を用いた手術療法、化学療法、放射線治療、定位放射線治療(エックスナイフ)、免疫療法などを提供し、低侵襲的手術と生活の質の改善を目指しております。先端医療センターも兼備し、自由医療ではありますが、悪性脳腫瘍に対する活性化自己リンパ球療法も提供を開始(平成196月目標)するところです。さらにヘルペスウイルスを用いた遺伝子治療の臨床応用を準備中であります。

(2) 脳血管障害では、急性期脳卒中ケアユニット(SCU)による脳血管障害に対する24時間対応の救急体制をとっており、脳動脈瘤や脳出血に対する緊急開頭術、脳血管内治療の体制を作っております。さらに、脳卒中内科と協力して超急性期脳梗塞に対するt-PA療法も積極的に行っております。脳血管内治療では、頚動脈狭窄に対するステント留置術未破裂脳動脈瘤や破裂動脈瘤に対するコイル塞栓術といったメスを用いない低侵襲治療も多く行っております。

(3) 頭部外傷では、災害拠点病院の救命救急センターとして、24時間体制で取り組んでおり、第三次救急として、救急専門医と連携して質の高い救急医療を提供しております。

(4) 小児脳神経外科では、先天性中枢神経系異常(水頭症、脊髄髄膜瘤、脳瘤、クモ膜嚢腫など)、小児脳腫瘍、モヤモヤ病など小児の全般的脳疾患を対象とし、小児科、産科、泌尿器科、助産師、心理療法士等と共同し、トータルなサポート体制を敷いています。なかでも、脊髄髄膜瘤のトータルケアができるように、神経因性膀胱に専門医を招聘し、二分脊椎症外来(完全予約制)を行っております。

 脳神経外科は、この病院に来られた患者さんが『この病院に来て良かった』と、思える医療を目指して努力しております。

 

【2006年1月〜3月研究発表業績】

山崎麻美坂本博昭:胎児期水頭症の治療指針をめぐる問題点。脳神経外科ジャーナル15(2)114-1202006

 

埜中正博山中巧林淑文寺田志津子多和昭雄山崎麻美:乳児硬膜化血腫10例の経験。39回日本小児神経学会近畿地方会、大阪、20063

 

金村米博山崎麻美、岡野栄之:ヒト胎児由来神経幹細胞/前駆細胞を用いた中枢神経再生医療の実現性と問題点。5回日本再生医療学会総会、岡山、20063

 

森秀樹、紀ノ岡正博、田谷正仁、金村米博山崎麻美:ヒト神経幹細胞のニューロスフェア形成が及ぼす増殖促進効果。5回日本再生医療学会総会、岡山、20063

 

森内秀祐石原正浩立石明広埜中正博山中一功中島伸山崎麻美:鞍結節部髄膜腫との鑑別が画像上および組織学的にも困難であった異所性下垂体腺腫。16回日本間脳下垂体腫瘍学会、兵庫、20063

 

【2006年研究発表業績】

A-0

NAKAMURA Y, KANEMURA Y, YAMADA T, SUGITA Y, HIGAKI K, YAMAMOTO M, TAKAHASHI M, YAMASAKI MD2-40 antibody immunoreactivity in developing human brain, brain tumors and cultured neural cells . Modern Pathology 19:974-985 2006

 

MORI H, NINOMIYA K, KINO-OKA M, SHOUFUDA T, ISLAM O M, OKANO H, TAYA M, KANEMURA YEffect of Neurosphere size on the growth rate of human neural stem/progenitor cells. Journal of Neuroscience Research 84:1682-1691,2006

 

EHARA H, OHTANI K, YAMAMOTO T, OHNO K, TAKESHITA K, KANEMURA Y, YAMASAKAI MA new X-linked mental retardation syndrome with diplegia and myelination. Yonago Acta Medica 49:77-82,2006

 

KANEMURA Y, OKAMOTO N, SAKAMOTO H, SHOFUDA T, KAMIGUCHI H, YAMASAKI MMolecular mechanisms and neuroimageing criteria for severe L1 syndrome with X-linked hydrocephalus. J Neurosurg: pediatrics 105:403-412, 2006

 

KASUMI H, KOMORI S, SAKATA K, YAMAMOTO N, YAMASAKI T, KANEMURA Y, KOYAMA KUpregulation of macrophage migration inhibitory factor and calgizzarin by androgen in TM4 mouse Sertoli cells. Asian J Androl 8:549-554, 2006

 

MORIUCHI S, GLORIOSO JC, MARUNO M, IZUMOTO S, YOSHIMINE TCombination gene therapy for glioblastoma involving herpes simplex virus (HSV) vector-mediated co-delivery of mutant I kappa B alpha and HSV thymidine kinase against glioblastoma. J Neuroimmunology 178: 49 (abstract), 2006

A-1

中島伸「日常診療虎の巻」、羊土社、東京、20073

A-4

山崎麻美、坂本博昭:胎児期水頭症の治療指針をめぐる問題点。脳神経外科ジャーナル

152):114-1202006

 

埜中正博山崎麻美:小児キアリ奇形の手術。脳神経外科速報 16605-6122006

 

森内秀祐石原正浩立石明広埜中正博山中一功中島伸山崎麻美真能正幸竹田雅司:鞍結節部髄膜腫との鑑別が画像上および組織学的にも困難であった異所性下垂体腺腫。日本内分泌学会雑誌 第16回日本間脳下垂体腫瘍学会 Proceeding 82120-1212006

 

坂本博昭、山崎麻美:胎児期水頭症の予後。日本周産期・新生児医学会雑誌 424):857-858

2006

 

立石明広石原正浩林淑文埜中正博山中一功森内秀祐中島伸山崎麻美:特発性正常圧水頭症の手術適応決定における持続髄液ドレナジの有用性に関する検討。医療60(8)518-5242006

 

山崎麻美:胎児期水頭症の治療法の選択は診断時期によって異なるのか?脳神経外科専門医にきく最新の臨床 330-3322006

 

A-6

中島伸IT時代の落とし穴。レジデントノート8(1)156-1592006

 

中島伸HIVがやってきた。レジデントノート8(2)310-3132006

 

中島伸:人間3分割法。レジデントノート8(3)458-4602006

 

中島伸:私の頭痛診療。レジデントノート8(4)622-6242006

 

中島伸:入れてはならぬ皮下と食道。レジデントノート8(5)758-7602006

 

中島伸:知識を蓄え、ロジック鍛えよ。レジデントノート8(6)916-9182006

 

中島伸20年前の事件。レジデントノート8(7)1039-10422006

 

中島伸:人生のオフロード。レジデントノート8(8)1142-11442006

 

中島伸:罠がいろいろ。レジデントノート8(9)1324-1326,2006

 

中島伸:女の一生。レジデントノート 8146 8-14712007

中島伸:ボケが肥えタゴ。レジデントノート 8157 1-15722007


中島伸:パーソナリティ障害について。レジデントノート 81768-1 7712007

 

山崎麻美:出生前医療 後編。ぱどる2344-552006

 

山崎麻美:二分脊椎症とうまく付き合うために。きぼう864-122006

 

山崎麻美:胎児期にわかった水頭症は。日本医事新報428184-862006 

 

山崎麻美:女性医師の勤務環境改善プロジェクトの取り組み 〜豊かな医療を実現するために・その1〜。独立行法人 国立病院機構 機関誌NHOだより2610-112006

 

栗山啓子山崎麻美:豊かな医療を実現するための大阪医療センター女性医師の勤務環境改善プロジェクトJRCニュース15437-382006

 

山崎麻美:国立病院機構近畿ブロックと大阪医療センターでの取り組み。大阪大学医学部 学友会会誌2660-632006

 

中島伸:プライマリ・ケアと脳神経外科-眩暈、頭痛の診断-大阪市東医師会月報 p22007

 

B-1

YAMASAKI M, SHIRANE R, POOH RK, MOROTA N, SAKAMOTO HIn utero management of fetal hydrocephalus. 13th International Conference on Prenatal Diagnosis and Therapy. Kyoto, May, 2006

 

YAMASAKI MPrenatal Diagnosis of L1CAM Gene mutations in X-Linked Hydrocephalus. 34th Annual Meeting of the International Society for Pediatric Neurosurgery(ISPN), Taiwan,  September, 2006

 

YAMASAKI M, SHIRANE R, POOH RK, MOROTA N, SAKAMOTO HIn utero management of fetal hydrocephalus. Hydrocephalus 2006, Goteborg(Sweden), September, 2006

 

B-2

YAMASAKI M, SHOHUDA T, SAKAMOTO H, NONAKA M, KANEMURA YPrenatal diagnosis of L1CAM gene mutations in X-linked hydrocephalus.Society for Research into Hydrocephalus and Spina Bifida 50th Annual meeting. 8.30-September, 2006, Cambridge(United Kingdam)

 

NONAKA MSevere Adhesion of the Spinal Cord after Untethering Surgery: is the Use of  Gore-Tex Artificial Dura Mater Really Appropriate? 34th Annual Meeting of the International Society for Pediatric Neurosurgery(ISPN), Taiwan, September, 2006

 

MORIUCHI S, NONAKA M, YAMANAKA T, RINN Y, ISHIHARA M, YAMANAKA K, NAKAJIMA S, YAMASAKI MIntrathecal adoministration of interferon-beta for refractory pediatric medulloblastoma patient with cerebrospinal fluid dissemination after multi-modality treatments. 12th International Symposium on Pediatric Neuro-Oncology 2006, Nara, June,2006

 

NONAKA M, MORIUCHI S, KANEMURA Y, YAMANAKA T, YAMADA J, KAGAWA N, YAMASAKI MClinical feature and prognosis of infantile brain tumors. 12th International Symposium on Pediatric Neuro-Oncology 2006, Nara, June,2006 

 

MORIUCHI S, GLORISO C J, MARUNO M, IZUMOTO S, YOSHIMINE TCombination gene therapy for glioblastoma involving herpes simplex virus HSVvector-mediated delivery of mutant l κ Bα and HSV thymidine kinase against glioblastoma.The 8th International Congress of Neuroimmunology. Nagoya, October 2006

 

MORI H, NINOMIYA K, KINOOKA M, SHOFUDA T, ISLAM MO, YAMASAKI M, OKANO H, TAYA M, KANEMURA YAggregate size affects the proliferation rate of human neural stem/progenitor cells. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress 2006. Kyoto, June 2006

 

NAKANO A, KANEMURA Y, MOIR K, KODAMA E, YAMAMOTO A, SAKAMOTO H, NAKAMURA Y, OKANO H, YAMASAKI M, ARITA NExpression of the neural RNA binding protein Musashi1 in pediatric brain tumors. 12th International Symposium on Pediatric Neuro-Oncology 2006, Nara, June 2006

 

B-3

YAMASAKI MProblems of Female Doctors Unveiled Through our Project to Reform Working Conditions of Female Doctors.The 71st Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society. Kobe, March 2007 

 

山崎麻美:胎児期水頭症の出生前診断の問題点。26回日本脳神経外科コングレス、東京、20065月 

 

山崎麻美埜中正博正札智子坂本博昭金村米博:胎児期L1CAM遺伝子解析によるX連鎖性遺伝性水頭症の出生前診断。34回日本小児神経外科学会、札幌、20066月 

 

山崎麻美山田淳二寺元千佳埜中正博:胎児期水頭症管理の経験−特に家族へのサポートの重要性−。34回日本小児神経外科学会、札幌、20066月 

 

山崎麻美金村米博:神経接着分子L1CAMと発達遅滞。Neural cell adhesion molecule L1 and developmental delay  29回日本神経科学大会、京都、20067

 

金村米博:再生誘導治療の産業化とそれに使用する細胞ソースの選択−自家(自己)か?他家(同種)か?−。9回日本組織工学会、京都、20069

 

埜中正博寺元千佳中島伸森内秀祐山中一功山中巧林淑文高垣匡寿山崎麻美:胎児診断された中枢神経異常例の予後についての検討。65回日本脳神経外科学会総会、京都、200610

 

山崎麻美:女性医師の勤務環境改善プロジェクトに取り組んできて。性差医療・医学研究会 第4回学術集会「日本人における性差のエビデンスを求めて」、東京、20072

 

B-4

山中巧山中一功立石明広石原正浩林淑文埜中正博森内秀祐中島伸山崎麻美:内頚動脈血栓内膜剥離術(CEA)後に広範なvascular edemaを呈した1症例。5回日本頚部脳血管治療学会、神戸、20064

 

埜中正博中島伸森内秀祐山中一功山中巧林淑文山崎麻美:乳児期硬膜下血腫の経験。34回日本小児神経外科学会、札幌、20065月 

 

林淑文埜中正博山中巧山中一功森内秀祐中島伸山崎麻美:チューブ留置が有用であった延髄空洞症の1例。34回日本小児神経外科学会、札幌、20065月 

 

埜中正博中島伸森内秀祐山中一功山中巧、林淑文、山崎麻美:脊髄脂肪腫再手術例の検討:ゴアテックスの使用は果たして適切か?34回日本小児神経外科学会、札幌、20066月 

 

山中巧埜中正博森内秀祐林淑文石原正浩山中一功中島伸山崎麻美:後頭蓋窩に発生した未熟奇形腫の1例。34回日本小児神経外科学会、札幌、20066

 

森英樹、仁宮一章、紀ノ岡正博、田谷正仁、金村米博:ヒト神経幹細胞集塊内の細胞分布の解析。日本生物工学会平成18年度大会、豊中(大阪)20069

 

山崎麻美:女性医師勤務環境改善プロジェクトの取り組み−医師不足問題から豊かな医療の実現に向けて−。60回国立病院総合医学会、京都、20069

 

森内秀祐埜中正博山中巧林淑文高垣匡寿山中一功中島伸山崎麻美:原発不明脳移転で発見される肺癌例におけるイレッサの有効性の検討。65回日本脳神経外科学会総会、京都、200610月 

森内秀祐埜中正博山中一功山中巧高垣匡寿林淑文中島伸山崎麻美:視床悪性グリオーマ治療後の嚢胞性病変の内視鏡下生検とオンマヤ槽設置。13回日本神経内視鏡学会、山形、200611

 

高垣匡寿山中一功中島伸林淑文山中巧埜中正博森内秀祐山崎麻美:内側向きIC-PC動脈瘤により視野障害を来した症例。22回日本脳神経血管内治療学会総会、徳島、200611月 

 

山中一功高垣匡寿林淑文山中巧埜中正博森内秀祐中島伸山崎麻美:頚動脈ステント留置術(CAS)における周術期管理特に一時ペーシングの有用性22回日本脳神経血管内治療学会総会、徳島、200611月 

 

大島千代美山中一功高垣匡寿林淑文山中巧埜中正博森内秀祐中島伸山崎麻美:塩酸ファスジル動注療法後に脳出血を来たした一例。22回日本脳神経血管内治療学会総会、徳島、200611

 

埜中正博林淑文山中巧山崎麻美:脳室チューブ挿入時に生じた稀なシャント手術合併症の1例。24回日本こども病院神経外科医会、仙台、200611

 

林淑文埜中正博山中巧高垣匡寿山中一功森内秀祐中島伸山崎麻美:内視鏡下透明中隔開窓術にナビゲーションシステム有用であった1例。24回日本こども病院神経外科医会、仙台、200611月 

 

森内秀祐埜中正博高垣匡寿山中巧林淑文山中一功中島伸山崎麻美:転移性脳腫瘍の顕微鏡下積極的摘出と術後全脳照射によるQOL改善について。11回日本脳腫瘍の外科学会、大阪、200612月 

 

金村米博兼松大介山本篤世正札智子隅田美穂森英樹平井絵麻山田登美子山崎麻美:同種体性幹細胞の分離ソースとしての胎児性組織の有用性と問題点。6回日本再生医療学会総会、横浜、2007 3

 

森英樹、仁宮一章、紀ノ岡正博、田谷正仁、山崎麻美金村米博:ヒト神経幹細胞が形成するニューロスフェア内細胞分布の解析。6回日本再生医療学会総会、横浜、20073

 

高垣匡寿山中一功大島千代美林淑文埜中正博森内秀祐中島伸山崎麻美:内側に突出したIC-PC動脈瘤に対し、コイル塞栓術で良好な結果を得た症例。36回日本脳卒中の外科学会、福岡、20073月 

 

山中一功高垣匡寿林淑文埜中正博森内秀祐中島伸山崎麻美:頚動脈ステント留置術(CAS)における周術期管理−特に一時ペーシングの有用性−。36回日本脳卒中の外科学会、福岡、20073月 

 

大島千代美山中一功高垣匡寿林淑文埜中正博森内秀祐中島伸山崎麻美:虚血性症状にて初発した内頚動脈解離に対しSTENT留置術を施行した2例。36回日本脳卒中の外科学会、福岡、20073月 

 

B-5

金村米博:幹細胞を用いた神経再生研究の現状。2回(社)日本脳神経外科学会中国四国支部市民公開講座−最新技術と神経科学に基づいた脳神経外科医療のすべて−、高知20064

 

B-6

埜中正博山中巧林淑文中島伸森内秀祐山中一功石原正浩山崎麻美:乳児硬膜下血腫10例の経験。51回日本脳神経外科学会近畿支部学術集会、千里(大阪)、20064

 

石原正浩林淑文山中一功山中巧埜中正博森内秀祐中島伸山崎麻美:慢性硬膜下血腫における再発因子の検討。51回日本脳神経外科近畿支部学術集会、千里(大阪)、20064

 

林淑文森内秀祐立石明広石原正浩山中巧山中一功埜中正博中島伸山崎麻美真能正幸HIV感染症における悪性リンパ腫診断のための脳生検の重要性について。51回日本脳神経外科学会近畿支部学術集会、千里(大阪)、20064

 

林淑文森内秀祐立石明広石原正浩山中巧山中一功埜中正博中島伸山崎麻美真能正幸HIV感染症における悪性リンパ腫診断のための脳生検の重要性について。63回近畿脳腫瘍研究会、千里(大阪)、20064

 

埜中正博林淑文山中巧寺元千佳中島伸森内秀祐山中一功高垣匡寿山崎麻美:脊髄髄膜瘤術後再係留による下肢痛に対する外科的治療。23回日本二分脊椎研究会、松本、20067月 

 

高垣匡寿山中一功中島伸林淑文山中巧埜中正博森内秀祐山崎麻美:頚動脈ステント留置術(CAS)における一時ペーシング(temporary pacing;TP)の有用性。7回近畿脳神経血管内治療学会、奈良、20069月 

 

高垣匡寿山中一功大島千代美林淑文シェーンモリス埜中正博森内秀祐中島伸山崎麻美:内側に突出したIC-PC動脈瘤に対し、コイル塞栓術で良好な結果を得た症例。13回大阪脳血管内治療研究会、大阪、20072

 

B-8

中島伸:治療責任医師の責務。平成18年度第2回治験セミナー、大阪、20066

 

山崎麻美:女性医師バンクに関する諸問題 国立病院機構近畿ブロックでの取り組み。日本医師会 第2回男女共同参画フォーラム、大阪、20067

 

山崎麻美:胎児期水頭症悲喜こもごも。24回日本こども病院神経外科医会、仙台、200611月 

 

金村米博:神経再生。バイオテクノロジー医工融合講座、神戸、200611

 

山崎麻美:女性医師勤務環境改善プロジェクトの取り組み。広島県医師会 平成18年度女性医師部会総会−女性医師が生き生きと働ける社会をめざして−、広島、200612月 

 

森内秀祐:みのがしてはいけない頭痛。10回法円坂 地域医療フォーラム〜日常診療における鑑別診断〜、大阪、20072

 

山崎麻美:女性医師の勤務環境改善の取り組み。国立病院機構本部役員会、東京20073

 

山崎麻美:女性医師に対する就労支援。厚生労働省医政局講演、東京、20073

 

山崎麻美:女性医師の勤務環境改善の取り組み。栃木県医師会 女性医師の勤務環境の整備に関する病院長・病院開設者・管理者等への講習会、栃木、20073