政策医療基盤技術開発研究室

山崎麻美

当研究室では、政策医療全般の推進に必要な、先進的医療の基盤となる技術の研究・開発とその臨床応用の確立を目指している。神経幹細胞を用いた神経系の再生 医療の確立、先天性水頭症の分子遺伝子学的研究、神経幹細胞バンクの研究を3本柱に、研究を進めている。1999年より水頭症研究で開始した当研究室も 1名の専任室員と7名の研究スタッフが加わり強力な陣容でさらに充実してきた。また国立病院機構の高度総合医療施設に併設する臨床研究部の特徴を生かし、臨床の要求に密着した先進医療の基盤造りの牽引役として貢献できるよう、日々努力している。

現在の主な研究課題は、先天性水頭症の分子遺伝子額的研究、神経幹細胞を用いた再生医療、神経幹細胞バンクに関する研究の3テーマである。

 先天性水頭症の分子遺伝子学的研究 遺伝子診断技術の進歩で原因不明であった先天性水頭症の一部メカニズムが少しずつ解明されてきた。その中でX連鎖性劣性遺伝性水頭症がL1 (エルワン)という細胞接着因子L1CAMの一つの異常で発生することが解明された。当研究室はL1CAM遺伝子解析を手がけている世界でも数少ない研究室である。

 神経幹細胞を用いた再生医療 脳や脊髄などの中枢神経組織は、一度損傷を受けるとその後はいかなる治療をもってしても再生させることは不可能である、というのが長年の医学の常識であった。病気や事故などの外傷で大きく損傷してしまった中枢神経組織をどのように修復し、その神経機能を再生・回復させるか?これは現代医学においてもいまだ有効な治療方法が確立されていない、未解決な大きな難問である。この問題を解決する方法の1つとして、近年、脚光を浴びているのが神経幹細胞(しんけいかんさいぼう:neural stem cell)という細胞を用いた中枢神経の再生医療である。私たちの研究室では、神経幹細胞を用いた中枢神経の再生医療の実現を目指し、ヒト神経幹細胞の生物学的特性の解析と、その細胞の培養技術の開発を行っている。

 神経幹細胞バンクに関する研究 臨床研究部二階に設置されたCPC(セルプロセッシングセンター)では、再生医療の研究開発に応用することを目指し、ヒト神経幹細胞を培養し冷凍保存して いる。ヒト神経幹細胞を用いた早期の神経再生医療の実現を目指し、安全に高品質なヒト神経幹細胞をたくさん生産するための技術を研究している。

 

【2006年度研究計画報告】

・神経接着因子L1CAM遺伝子解析によるX連鎖性遺伝性水頭症の病態解析と治療法開発:山崎麻美

・ヒト臍帯血、胎盤組織ならびに末梢血からの体性幹細胞の分離とその特性の解明の基礎的研究:山崎麻美

脊髄損傷に対する幹細胞治療の開発およびヒト神経幹細胞バンク事業:山崎麻美

ES細胞由来神経細胞を用いた薬剤の神経毒性評価システムの開発と神経毒性関連遺伝子・タンパク質データベース構築:金村米博

神経接写久因子L1CAM遺伝子異常を有するヒト胎児神経幹細胞の生物学的特性の解析とその治療技術の開発:金村米博

ES細胞を用いた神経難病治療のプレ臨床研究における幹細胞利用技術の体系的開発:金村米博

・臨床研究の実施および質の向上に関する研究(治験から臨床研究へ):楠岡英雄

 

【2006年度研究発表業績】

A-0

NAKAMURA Y, KANEMURA Y, YAMADA T, SUGITA Y, HIGAKI K, YAMAMOTO M, TAKAHASHI M, YAMASAKI MD2-40 antibody immunoreactivity in developing human brain, brain tumors and cultured neural cells . Modern Pathology 19:974-985 2006

 

EHARA H, OHTANI K, YAMAMOTO T, OHNO K, TAKESHITA K, KANEMURA Y, YAMASAKAI MA new X-linked mental retardation syndrome with diplegia and myelination. Yonago Acta Medica 49:77-82,2006

 

KANEMURA Y, OKAMOTO N, SAKAMOTO H, SHOFUDA T, KAMIGUCHI H, YAMASAKI MMolecular mechanisms and neuroimageing criteria for severe L1 syndrome with X-linked hydrocephalus. J Neurosurg: pediatrics 105:403-412, 2006

 

MORI H, NINOMIYA K, KINOOKA M, SHOFUDA T, ISLAM MO, YAMASAKI M, OKANO H, TAYA M, KANEMURA YEffect of neurosphere size on the growth rate of human neural stem/progenitor cells. J Neurosci Res 84:1682-1691, 2006

 

KASUMI H, KOMORI S, SAKATA K, YAMAMOTO N, YAMASAKI T, KANEMURA Y, KOYAMA K: Upregulation of macrophage migration inhibitory factor and calgizzarin by androgen in TM4 mouse Sertoli cells. Asian J Androl 8(5):549-554, 2006

 

A-4

山崎麻美、坂本博昭:胎児期水頭症の治療指針をめぐる問題点。脳神経外科ジャーナル

152):114-1202006

 

埜中正博山崎麻美:小児キアリ奇形の手術。脳神経外科速報 16605-6122006

 

坂本博昭、山崎麻美:胎児期水頭症の予後。日本周産期・新生児医学会雑誌 424):857-858

2006

 

立石明広石原正浩林淑文埜中正博山中一功森内秀祐中島伸山崎麻美:特発性正常圧水頭症の手術適応決定における持続髄液ドレナージの有用性に関する検討。医療60(8)518-5242006

 

山崎麻美:胎児期水頭症の治療法の選択は診断時期によって異なるのか?脳神経外科専門医にきく最新の臨床 330-3322006

 

A-6

山崎麻美:出生前医療 後編。ぱどる2344-552006

 

山崎麻美:二分脊椎症とうまく付き合うために。きぼう864-122006

 

山崎麻美:胎児期にわかった水頭症は。日本医事新報428184-862006 

 

B-2

MORI H, NINOMOIYA K, KINOOKA M, SHOFUDA T, ISLAM MO, YAMASAKI M, OKANO H, TAYA M, KANEMURA YAggregate size affects the proliferation rate of human neural stem/progenitor cells. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, 2006. 6.20; Kyoto, Japan

 

B-4

金村米博兼松大介山本篤世正札智子隅田美穂森英樹平井絵麻山田登美子山崎麻美:同種体性幹細胞の分離ソースとしての胎児性組織の有用性と問題点。6回日本再生医療学会総会、横浜、20073

 

森英樹、仁宮一章、紀ノ岡正博、田谷正仁、金村米博:ヒト神経幹細胞集塊内の細胞分布の解析日本生物工学会平成18年度大会豊中市20069

 

森英樹仁宮一章紀ノ岡正博田谷正仁山崎麻美金村米博ヒト神経幹細胞が形成するニューロスフェア内細胞分布の解析6回日本再生医療学会総会、横浜、20073

 

金村米博正札智子、有田憲生、岡野栄之、山崎麻美:マイクロアレーを用いたヒト神経幹細胞/前駆細胞における遺伝子発現の検討。7回日本分子脳神経外科学会、東京、20069