整形外科

上田孝文

 整形外科は運動器疾患全般を扱う専門科であり、頚部・体幹から四肢・手指・足趾先端までその範囲は広い。また人口の高齢化に伴い、整形外科疾患を有する患者数は増加している。当科では、1)関節外科(とくに股関節・膝関節)、2)脊椎外科、3)骨・軟部腫瘍、4)小児整形外科の4つの領域を中心に高度の専門医療を提供するとともに、骨折やスポーツ外傷など一般整形外科的疾患についても、当院総合救急部や地域医療連携室を通じて近隣の整形外科クリニック・病院とも連携体制をとりながら積極的に診療を行っている。昨年の年間手術件数は819件で、その内訳は、変形性股関節症や特発性大腿骨頭壊死症等の股関節疾患に対する人工股関節置換術192例(再置換術12例を含む)、変形性膝関節症に対する人工膝関節置換術115例(片側膝人工関節置換術6例を含む)、その他の関節外科手術(骨切り術等)37例、骨・軟部腫瘍手術154例、脊椎外科手術109例、小児整形外科手術99例、その他の骨折・外傷等手術113例(大腿骨頚部骨折に対する人工骨頭置換術16例を含む)であった。

 専門領域のうち、骨・軟部悪性腫瘍(肉腫)に対しては大阪大学整形外科腫瘍グループのメンバーとして、専門病理医との密接な連携による正確な病理組織診断の元に、術前・術後の全身補助化学療法、放射線療法、腫瘍広範切除術および各種の患肢再建術を組合わせた集学的治療体系を駆使し、生命予後の改善と共に良好な術後患肢機能の温存に取り組んでおり、トップレベルの高度専門診療を行っている。

 小児整形外科の分野では、先天性股関節脱臼や先天性内反足などの乳児期までに多く見られる疾患から、脳性麻痺患者の足部変形やその他の四肢先天奇形など幅広い小児整形外科疾患に対して高度の専門的治療を行っている。また種々の骨系統疾患の症例数集積が進んできており、とくに骨形成不全症に対する最小侵襲手術(MIS)としての経皮的髄内釘挿入固定術の開発により、本疾患の治療体系整備を行ってきた。さらに二分脊椎症例に対しては、脳神経外科や泌尿器科とも連携をとりつつ、整形外科的問題点とくに下肢の麻痺に伴う足部変形や股関節脱臼に対する外科的治療およびリハビリテーションに取り組んでいる。

 高齢者層の人口増加に伴い、骨・関節変性疾患患者の増加が今後予想される。関節外科の分野においては、最小侵襲(MIS)による人工膝関節置換術を積極的に開発・導入し、またコンピュータ支援下での術中ナビゲーションを用いた低侵襲でより精度の高い人工股関節置換手術の導入も目指している。さらに脊椎外科分野においても、前方・後方からの脊髄・神経根除圧に加え、各種脊椎インスツルメンテーションを併用しての固定手術も積極的に応用し、早期離床・スムーズな社会復帰を図れるよう治療を行っている。

 これらの整形外科専門診療レベルを維持し、今後さらに発展させるべく、治療成績を解析し学会発表や論文報告を積極的に行っていくとともに、整形外科専門医を目指す若手スタッフ・レジデントの一般整形外科診療を含む教育や手術トレーニング、医学生に対するクリニカルクラークシップも重視していくことにより、臨床診療・研究・教育のバランスの取れた運動器疾患に対する高度専門診療科を目指して行きたい。

 

 

【2006年1月〜3月研究発表業績】

西原俊作大園健二李勝博坂井孝司:特発性大腿骨頭壊死症に対するIBCIntegral Bipolar Cup)を用いた人工骨頭置換術の中期臨床成績。36回日本人工関節学会、京都、20062

 

宮本隆司大園健二廣島和夫:人口膝関節全置換術における膝蓋大腿関節の術中接触圧計測−手術進入法による比較。36回日本人工関節学会、京都、20062

 

坂井孝司、菅野伸彦、大園健二、西井孝、李勝博、三木秀宣、西原俊作、吉川秀樹:カスタムメイド人工関節の臨床成績。36回日本人工関節学会、京都、20062

 

山崎良二、大園健二李勝博坂井孝司西原俊作廣島和夫:股関節痛をきたし診断困難であった1例。30回大阪整形外科症例検討会、大阪、20063

 

【2006年度研究発表業績】

A-0

KIM W, HIROSHIMA KMulticenter study for Legg-Calve-Perthes disease in Japan J.Orthop.Sci  11: 333-341, 2006

 

FUTANI H, MINAMIZAKI T, NISHIMOTO Y, ABE S, YABE H, UEDA TLong-term follow-up after limb salvage in skeletally immature children with a primary malignant tumor of the distal end of the femur. J Bone Joint Surg (Am) 88(3), 595-603, 2006.

 

MORITA S, OKA Y, TSUBOI A, KAWAKAMI M, MARUNO M, IZUMOTO S, OSAKI T,  TAGUCHI T, UEDA T, MYOUI A, YOSHIKAWA HA phase I/II trial of a WT1 (Wilms’ tumor gene) peptide vaccine in patients with solid malignancy: Safety assessment based on the phase I data.  Jpn J Clin Oncol 36(4) 231-236, 2006

 

YASUI M, IKEDA M, SEMIMOTO M, YAMAMOTO H, TAKEMASA I, UEDA T, SHIMIZU J,  FUKUNAGA M, SUZUKI O, INOUE T, MONDEN MPreliminary results of phase I trial of oral uracil/tegafur (UFT), leucovorin plus irinotecan and radiation therapy for patients with locally recurrent rectal cancer. World J Surg Oncol 4(1) 83-89, 2006

 

HAMADA K, UEDA T, TOMITA Y, HIGUCHI I, INOUE A, TAMAI N, MYOUI A, AOZAWA K,  YOSHIKAWA H, HATAZAWA JFalse positive (18)F-FDG PET in an ischial chondroblastoma; an analysis of glucose transporter 1 and hexokinase II expression. Skeletal Radiol 35(5) 306-310. 2006

 

HAMADA K, UEDA T, TOMITA Y, YOSHIKAWA H, HATAZAWA JMyoepithelioma of soft tissue originating from the hand: 18F-FDG PET features. Am J Roentgenol 186(1) 270-271, 2006

 

SOTOBORI T, UEDA T, OJI Y, NAKA N, ARAKI N, MYOUI A, SUGIYAMA H, YOSHIKAWA H  Prognostic significance of Wilms tumor gene (WT1) mRNA expression in soft tissue sarcoma.  Cancer 106(10) 2233-2240, 2006

 

FUJII R, UEDA T, TAMAI N,  MYOUI A, YOSHIKAWA HSalvage surgery for persistent femoral nonunion after total knee arthroplasty using a megaprosthesis. J Orthop Sci 11(4) 401-404, 2006

 

MATSUI Y, UEDA T, KUBO T, HASEGAWA T, TOMITA Y, OKAMOTO M, MYOUI A,  KAKUNAGA S, YASUI N, YOSHIKAWA HA novel type of EWS-CHOP fusion gene in myxoid liposarcoma Biochem Biophys Res Commun 348(2) 437-440, 2006

 

SOTOBORI T, UEDA T, MYOUI A, YOSHIOKA K, NAKASAKI M, YOSHIKAWA H, ITOH K    Bone morphogenetic protein 2 promotes the haptotactic migration of murine osteoblastic and osteosarcoma cells by enhancing incorporation of integrin β1 into lipid rafts. Exp Cell Res 312(19)  3927-3938, 2006

 

HAMADA K, TOMITA Y, UEDA T, ENOMOTO K, KAKUNAGA S, MYOUI A, HIGUCHI I,  YOSHIKAWA H, HATAZAWA JEvaluation of delayed 18F-FDG PET in differential diagnosis for malignant soft-tissue tumors. Ann Nucl Med 20(10) 671-675, 2006

 

TOMITA Y, MOROOKA T, HOSHIDA Y, ZHANG B, QIU Y, NAKAMICHI I, HAMADA K   UEDA T, NAKA N, KUDAWARA I, AOZAWA KPrognostic significance of activated AKT expression in soft-tissue sarcoma. Clin Cancer Res. 12(10):3070-3077,2006

 

AONO M, KUDAWARA I, OHZONO K, AOKI Y, MATSUMINE A, IEGUCHI MQuality of life in children with osteosarcoma after limb salvage operation, ASCO Meeting Abstracts, Jun 2006; 24: 19501.

 

TOMITA Y, MOROOKA T, HOSHIDA Y, ZHANG B, QIU Y, NAKAMICHI I, HAMADA K   UEDA T, NAKA N, KUDAWARA I, AOZAWA KReassessment of the 1993 Osaka grading system for localized soft tissue sarcoma in Japan.Anticancer Res. 26:4665-4670,2006

 

KUDAWARA I, MATSUMINE A, OHZONO KAnalysis of germline and tumor mutations of p53 gene in familial occurrence of soft tissue sarcomas.J Surg Oncol. 95:347-350,2007

 

KAWAI A, HOSONO A, NAKAYAMA R, MATSUMINE A, MATSUMOTO S, UEDA T, TSUCHIYA H, BEPPU Y, MORIOKA H, YABE HJapanese Musculoskeletal Oncology Group: Clear cell sarcoma of tendons and aponeuroses: a study of 75 patients. Cancer 109(1): 109-116, 2007.

 

OBATA H, UEDA T, KAWAI A, ISHII T, OZAKI T, ABE S, TANAKA K, TUCHIYA H, MATSUMINE A, YABE HClinical outcome of patients with Ewing sarcoma family of tumors of bone in Japan; the Japanese Musculoskeletal Oncology Group cooperative study. Cancer 109(4): 767-775, 2007.

 

A-2

廣島和夫運動機能障害小児看護学 病態生理 疾病論氏家幸子207-225、廣川書店、東京 2006

 

廣島和夫麻痺足足の外科の要点と盲点山本晴康291-297文光堂、東京、2006

 

上田孝文:良性骨腫瘍/骨軟骨腫(症)、内軟骨腫(症)、骨巨細胞腫。整形外科診療実践ガイド守屋秀繁、糸満盛憲、内田淳正、荻野利彦、黒坂昌弘、戸山芳昭338-344文光堂、東京、2006

 

上田孝文:軟部腫瘍の診断/診断の手順。最新整形外科学体系20、骨・軟部腫瘍および関連疾患、越智隆弘、糸満盛憲、越智光夫、48-51、中山書店、東京、200612

 

A-3

上田孝文、角永茂樹、名井陽、荒木信人、久田原郁夫、吉川秀樹:脛骨近位原発骨肉腫に対する患肢温存術式の検討中部日本整形外科災害外科学会雑誌494671-6722006

 

上田孝文:骨・軟部悪性腫瘍に対する薬物療法。関節外科258882-8832006

 

三木秀宣菅野伸彦、山村在慶、中村宣雄、吉川秀樹:人工股関節全置換術後患者の脱臼予防リアルタイム4次元動作解析、Hip Joint32 355-358, 2006

 

三木秀宣、大竹義人、菅野伸彦、鈴木直樹:人体における関節運動の動作解析と臨床応用−股関節の動作解析と臨床応用− 整形外科最小侵襲手術ジャーナル39(5)  15-20, 2006

 

北野元裕、川端秀彦、和田麻由子、吉田清志Ponseti法により治療した先天性内反足の再発症例の検討日小整会誌16(1)         ; 35-38, 2007

 

西原俊作、大園健二、李勝博、坂井孝司:特発性大腿骨頭壊死症に対するIBC(Integral Bipolar Cup)を用いた人工骨頭置換術の中期臨床成績。日本人工関節学会誌36 138-1392006

 

A-4

吉川秀樹名井陽、上田孝文、荒木信人:仙骨部転移性骨腫瘍の治療。脊椎脊髄ジャーナル  198855-8592006

 

上田孝文特集 骨盤部悪性骨腫瘍に対する患肢温存手術/患肢温存か骨盤半截術か整形外科・災害外科49(3) 201-207, 2006

 

北野元裕:骨形成不全症、小児疾患の診断治療基準、小児内科 Vol. 38 増刊号794-7952006

 

B-2

AONO H, OHWADA T, HOSONO N, KANEKO N, NAMEKATA M, KAITO T, FUJI TPostoperative inflammatory indexes  after  instrumented posterior lumbar interbody fusion Eurospine 2006, Istanbul, OCT 2006

 

UEDA TSurgical treatment of malignant pelvic bone tumors; Internal hemipelvectomy vs ablative hemipelvectomy 31st Korean Bone & Joint Tumor Society Spring Meeting, Suwon, APR 2006

 

UEDA T, IKEDA M, SEKIMOTO MTechnique of sacrectomy as a partial pelvic wall resection in TPE (Total Pelvic Exenteration) for recurrent rectal cancer 31st Korean Bone & Joint Tumor Society Spring Meeting, Suwon, APR 2006

 

LEE SBANCA-FIT System Clinical and Radiological results Pacific Rim Orthopaedic Update,   Maui, AUG 2006

 

UEDA T, SOTOBORI T, OJI Y, HASHIMOTO N, NAKA N, ARAKI N, KAKUNAGA S, MYOUI A,  SUGIYAMA H, YOSHIKAWA HPrognostic significance of WT1 (Wilms' Tumor Gene) expression in soft-tissue sarcomas 12th Connective Tissue Oncology Society(CTOS) Annual Meeting, Venice,   DEC 2006

 

B-3

廣島和夫魅力ある国立病院機構の学校作り、学校長協議会は養成校の将来をどう考えるか。 60回総合医学会、京都、20069

 

宮本隆司Trivector Retaining Approachを用いたMIS TKA12日本最小侵襲整形外科学会、和歌山、200612

 

廣島和夫被虐待児症候群:診断と対応。106回中部日本整形外科・災害外科学会、大阪 2006年4月

 

B-4

上田孝文、角永茂樹、名井陽、荒木信人、久田原郁夫、吉秀樹川:脛骨近位原発骨肉腫に対する患肢温存術式の検討。106回中部日本整形外科・災害外科学会、大阪、2006年4月

 

青野博之大和田哲雄、細野金子徳寿行方雅人冨士武史PLIF術後の炎症反応について35日本脊椎脊髄病学会、東京、20064

 

有賀健太大和田哲雄、鈴木省三黒田昌之山下智也大河内敏行多田浩一ヘリカルCTを用いた腰椎椎間孔径の計測 -L5/S1 foraminal stenosis診断のための基礎データ-35日本脊椎脊髄病学会、東京、20064

 

宮本隆司上田孝文廣島和夫Trivector retaining approachを用いたposterior-stabilized mobile bearing MIS TKA37回日本人工関節学会、東京、20072

 

三木秀宣李勝博西原俊作、大園健二:Versys Enhanced Taper Stemの中期成績。37回日本人工関節学会、東京、20072

 

三木秀宣菅野伸彦大竹義人山村在慶鈴木直樹米延策雄吉川秀樹:四次元動作解析システムの人工股関節全置換術後の脱臼治療への臨床応用。15日本コンピュータ外科学会、東京、200610

 

三木秀宣菅野伸彦西井孝小山毅、吉川秀樹人工股関節全置換術のシミュレーション研究における股関節可動域設定に関する検討21日本整形外科学会基礎学術集会、長崎 200610

 

西原俊作大園健二、李勝博坂井孝司三木秀宣Zimmer Modular Revision Hip Systemを使用した人工股関節再置換術の臨床成績。33回日本股関節学会、東京、200610

 

李勝博、大園健二、坂井孝司西原俊作セラミックオンセラミックの関節摺動面をもつセメントレス人工股関節全置換術の臨床成績。33回日本股関節学会、東京、200610

 

上田孝文、外堀司、尾路祐介、冨田裕彦、角永茂樹、名井陽、青笹克之、杉山治夫、吉川秀樹:骨・軟部肉腫におけるWT1遺伝子発現の意義。96回日本病理学会総会、大阪20073

 

青野勝成、久田原郁夫、大園健二、青木康彰、松峯昭彦、家口尚:当科における骨巨細胞腫の治療成績。39回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会、札幌、20067

 

家口尚、田口晋、高岡邦夫、青野勝成、久田原郁夫、高見勝次、星学、石田俊武:高悪性度骨肉腫の治療成績 25年間(1980-2004)の当科およびその関連施設において-39回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会、札幌、20067

 

角永茂樹、上田孝文、名井陽、荒木信人、中紀文、橋本伸之、久田原郁夫、青木康彰、吉川秀樹:脛骨近位原発骨肉腫の治療成績。39回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会、札幌  20067

 

B-5

廣島和夫被虐待児症候群:診断と対応。106回中部日本整形外科災害外科学会、大阪、20064

 

北野元裕先天性内反足に対するPonseti107中部日本整形外科・災害外科学会、内反足Ponsetiセミナー、神戸、200610

 

B-6

李勝博セラミックオンセラミック人工股関節全置換術の臨床成績26整形外科セラミック・インプラント研究会、東京、200612

 

三木秀宣:四次元動作解析システムを応用した人工股関節術後脱臼防止への取り組み。1CAOS研究会、大阪、20073月 

 

小瀬弘樹、青野勝成、久田原郁夫、大園健二:小児結核性滑液包炎の1例。106回中部日本整形災害外科学会、大阪、20064

 

山崎良二久田原郁夫玉井宣行上田孝文竹田雅司真能正幸、小西英一:臀部軟部腫瘍。107回関西骨軟部腫瘍研究会、豊中、20069

 

久田原郁夫:中指基節骨発生の軟骨肉腫の1例。108回関西骨軟部腫瘍研究会、豊中、200611

 

久田原郁:軟部組織初発のNeuroendocrine tumor1例。109回関西骨軟部腫瘍研究会、豊中、20072

 

杉浦剛、中瀬尚長、濱田雅之、河井秀夫、久田原郁夫:オーバーユースによる大腿部筋肉内血腫の2症例。39回近畿小児整形外科懇話会、大阪、20072

 

北野元裕上田孝文廣島和夫:新しいアプローチによるトリプル骨盤骨切り術の小経験。39回近畿小児整形外科懇話会、大阪、20072

 

廣島和夫北野元裕、中瀬尚長:骨形成不全症 Type I & IV:成人の問題。18回日本整形外科学会 骨系統疾患研究会、福岡、200612

 

廣島和夫北野元裕、中瀬尚長:骨形成不全症 Type II III:成人の問題。18回日本整形外科学会 骨系統疾患研究会、福岡、200612

 

B-8

久田原郁夫:骨腫瘍と鑑別すべき骨病変。10回法円坂地域医療フォーラム、大阪、20072

 

北野元裕:小児整形外科疾患 日常診療における鑑別診断。10回法円坂地域医療フォーラム、大阪、20072

 

廣島和夫足の外科 あれこれ:Omnibus風に。三重・四日市市整形外科研究会(三四会)、 津、20066

 

廣島和夫小児虐待について。マルホ整形外科シリーズ、大阪、200610

 

廣島和夫目撃者のいない骨折と小児虐待。日本小児整形外科学会主催市民公開講座、福岡、 200612

 

廣島和夫:小児の骨折:目撃者不明の骨折と小児虐待。大阪医科大学整形外科同門会、大阪、 20071

 

廣島和夫:小児虐待総論。大阪府健康福祉部主催医師研修会、大阪、20071

 

上田孝文がん骨転移のある患者の疼痛マネージメント大阪大学看護師キャリア開発コース2006年度プログラム「がん看護:緩和ケアII吹田、20066

 

李勝博ANCA-FIT system Clinical & Radiological Results, 札幌THAセミナー札幌、20066

 

上田孝文骨・軟部悪性腫瘍の診断と治療−最近の進歩−。尼崎医師会オルト研究会、尼崎 20067

 

上田孝文骨・軟部悪性腫瘍に対する化学療法の治療成績と今後の展望京都大学京整会 秋季研修会、京都、20068

 

宮本隆司 Trivector アプローチによるMI TKAの臨床経験。Minimally Invasive TKA 学術講演会大阪200611