歯科・口腔外科

有家巧

当科では口腔、顎、顔面領域に生じる疾患を治療対象としている。すなわち 1) 歯および歯周組織疾患2) 口腔粘膜疾患 3) 顎骨疾患 4) 唾液腺疾患 5) 顎関節疾患 6) 神経疾患 7) 血液疾患(診断)8) リンパ系疾患などの口腔外科疾患を扱っている。特に悪性腫瘍の治療においては頭頸部カンファランスや病理カンファランスに参加するとともに、関連科の協力を得て集学的な治療を積極的に行っている。一方総合病院の歯科口腔外科として、一般開業歯科医院では治療困難な全身管理(全身麻酔および周術期管理を含む)を要する患者さんの歯科治療や、入院患者さんの口腔管理も行っている。なかでも口腔ケアは重要で、放射線治療、化学療法、骨髄移植、全身麻酔の術前(上部消化管疾患、肺がん等)、人工呼吸器装着および各種感染症などの患者における治療の遂行および入院期間に影響を与えるものとして認識されている。 

教育面では本院は歯科医師卒後研修の研修指定病院としてマッチングに参加し、また日本口腔外科学会および日本顎関節学会の研修指定病院に指定され、卒直後教育および専門医取得のための卒後教育にも当たっている。

臨床研究としては悪性腫瘍術後における顎骨再建と口腔機能再建、非関節性開口障害の診断と治療をそのテーマとし、また産科の協力を得て、妊婦の口腔衛生状態と低出生体重児との関係に関する大規模観察的研究にも参加している。

 

【2006年1月〜3月研究発表業績】

有家巧:明日からの顎関節治療のために-鑑別診断を中心として-西区歯科医師会学術講演会、大阪、20062

 

【2006年度研究発表業績】

A-3

森悠衣、後藤基宏、窪寛仁、覚道健治、岩脇康人、内田慎爾、井上宏、有家巧:外側翼突筋下頭の筋電図を用いて関節鏡支援下での顎関節開放剥離授動術の術後評価を行った顎関節症の1例。日本顎関節学会雑誌、第18巻第1号、6112006

 

山本浩貴、山田龍男、嶽北亜希、有家巧正重裕一、藤井隆史、砂田典子、本橋具和、奥田勝也、窪寛仁、中嶋正博、覚道健治:濾胞型エナメル上皮腫由来細胞に対するレチノイン酸およびビタミンD3の影響。歯科医学、第70巻第1号、65-712007

 

B-4

正重裕一有家巧、木村悦子、山本浩貴吉田謙、角熊雅彦、覚道健治:モールド法を用いたRALS治療が奏功したverrucous carcinomaの1例。37回日本口腔外科学会近畿地方会、西宮、20066

 

岩淵絵美、岩淵博史、西村修、菊地正晃、有家巧、岡田壽一、金田一純子、水戸智憲、大鶴洋、高久仁美、郡司明美、塩入重彰、丸山貴子、西本有希:妊婦の口腔衛生状態と低出生体重児との関係に関する大規模観察的研究。60回国立病院総合医学会、京都、20069

 

B-8

有家巧:口腔粘膜疾患と腫瘍。15回おおさか健康セミナー、大阪、20067

 

山本浩貴:高齢化社会と歯科治療。15回おおさか健康セミナー、大阪、20067

 

有家巧:歯科治療時の偶発症。東成区歯科医師会学術講演会、大阪、20066

 

有家巧:歯科治療時の偶発症。浪速区歯科医師会平成18年度夏期季セミナー、大阪、20066

 

有家巧:歯科治療時の偶発症(局所的偶発症を中心に)。港区歯科医師会平成18年度学術講演会20067

 

有家巧:口腔粘膜疾患と腫瘍。東淀川区歯科医師会学術講演会、大阪、20069