精神・神経科

廣常秀人

平成16年度より外来部門精神科診療を主とした体制となり、入院部門では他科入院中の患者のメンタルケアに関するコンサルテーションーリエゾンサービス提供を中心にすえてきた精神科神経科は、なかでも@HIV感染患者の抱えるさまざまな精神的問題の対応、Aがん患者のメンタルケアをより充実させるための緩和ケアチーム、B救命救急センターに搬送される自殺未遂患者に対する精神的なサポートに力を入れてきた。
 研究分野においても平成16年度よりこれら3部門の臨床研究に力を入れてきた。平成184月に責任科長の交代後もこの方針を踏襲し、前任者が行ってきた研究を継続してきた。
@HIV
 当院は全国有数のHIV感染が集まり、他院では困難な研究課題に取り組むことが可能である。HIV感染に伴って、患者はさまざまな精神的影響を受ける。精神面に対する影響因子として@HIV感染という事実を知らされることによる心的反応、AHIV薬の精神面に対する副作用、BHIV脳症、免疫低下に伴う合併症など、疾病による脳への器質的な影響、C患者の性格要因、D患者を取り巻くさまざまな社会的要因、などが考えられる。平静16年度より厚生労働科学研究費助成金エイズ対策研究事業の分担研究班となり、「抗HIV療法に伴う心理的負担、および精神医学的介入の必要性に関する研究」を行い3年間の成果を報告した。今後もHIV感染を取り巻く多岐の精神的問題点をさまざまな視点から研究を行なっていく予定である。
A緩和ケア
 総合病院における精神科として、がん患者の伴うさまざまな精神的問題を研究することは非常に大きな使命である。近畿がんセンターを担う本院は多くのがん患者を対象とし、がん患者を心身両面から総合的にサポートする医療体制の構築が必要であった。平成167月より緩和ケアチーム「癌サポートチーム」が活動を開始したが、平行して緩和ケアの臨床研究も開始し、研究発表を行なってきた。
B救命救急センターとの連携
 救命救急センターに入院する患者には、突然の傷病によるさまざまな心的反応や自殺未遂患者など精神科の関与が必要な症例が多い。特に自殺関連においては、日本で1998年に年間自殺者が3万人を突破して以来、減少することがなくかつては交通事故死の2倍と言われていた自殺者数はその5倍に上り、大きな社会問題となっている。自殺予防は国をあげて解決すべき急務の課題である。それを受けて立ち上がった「自殺対策のための戦略研究」における「自殺企図の再発防止に対する複合的ケースマネジメントの効果;多施設共同による無作為化比較研究」に参加登録し、研究を開始した。

 

【2006年度研究発表業績】

A-3

小川朝生、田中登美:がん患者の精神症状 早期発見のための視点、治療、看護ケア、ナースセミナー19-23:27,2006

小川朝生、田中登美、戸高明子、山中政子、松山和代、松岡暖奈、牧山真理、広常秀人、辻仲利政:大阪医療センター緩和ケアチーム「がんサポートチーム」の在宅連携への試み、Jpn J Cancer Chjemother (in press)

 

B-4

小川朝生、田中登美、戸高明子、辻仲利政:大阪医療センター緩和ケアチーム「がんサポートチーム」の活動、5回日本臨床腫瘍学会学術集会、札幌、20073

 

田中登美、小川朝生、辻仲利政:当院緩和ケアチーム「がんサポートチーム」におけるがん看護専門看護師の活動と今後の課題、5 回日本臨床腫瘍学会学術集会、札幌、20073

 

小川朝生、田中登美、赤井裕子、松山和代、山中政子、戸高明子、松岡暖奈、越智直哉、辻仲利政:せん妄に対する塩酸ドネペジルの使用経験、11回日本緩和医療学会総会、神戸、20066

 

松山和代、赤井裕子、小川朝生、戸高明子、田中登美、山中政子、松岡暖奈、沢村敏郎、辻仲利政、桑原健、前川孝史:緩和ケアチーム専任薬剤師の薬剤管理指導により良好な疼痛コントロールが得られた一症例、11回日本緩和医療学会総会、神戸、20066

 

田中登美、小川朝生、松岡暖奈、山中政子、福井久美子、辻仲利政:当院緩和ケアチーム「がんサポートチーム」におけるがん看護専門看護師の活動と今後の課題、11回日本緩和医療学会総会、神戸、20066

 

山中政子、田中登美、牧山真理、松山和代、松岡暖奈、戸高明子、小川朝生:オキシコドン徐放錠が呼吸困難感の緩和に有効であった症例、11回日本緩和医療学会総会、神戸、20066

 

小川朝生、田中登美、山中政子、戸高明子、松山和代、松岡暖奈、赤井裕子、福井久美子、越智直哉、辻仲利政:大阪医療センター緩和ケアチーム「がんサポートチーム」の活動報告(第2報)、11回日本緩和医療学会総会、神戸、20066

 

松岡暖奈、岡本学、北出直子、小川朝生、田中登美、山中政子、福井久美子、松山和代、辻仲利政、戸高明子:大阪医療センター緩和ケアチーム「がんサポートチーム」におけるMSWの役割、11回日本緩和医療学会総会、神戸、20066

 

斉藤明音、福井久美子、田中登美、小川朝生:せん妄を繰り返した終末期がん患者のスピリチュアルケアの一考察、11回日本緩和医療学会総会、神戸、20066

 

小川朝生、田中登美、戸高明子、山中政子、松山和代、松岡暖奈、牧山真理、広常秀人、辻仲利政:大阪医療センター緩和ケアチーム「がんサポートチーム」の活動、60回国立病院総合医学会、京都、20069

 

田中登美、小川朝生、戸高明子、山中政子、松岡暖奈、松山和代、辻仲利政:大阪医療センター緩和ケアチーム「がんサポートチーム」におけるがん看護専門看護師の活動と役割、60回国立病院総合医学会、京都、20069

 

小川朝生、田中登美、戸高明子、山中政子、広常秀人、辻仲利政:大阪医療センター緩和ケアチーム「がんサポートチーム」の在宅連携への試み、17回日本在宅医療研究会学術集会、横浜、20067

 

田中登美、小川朝生、戸高明子、山中政子、松岡暖奈、辻仲利政:大阪医療センター緩和ケアチーム「がんサポートチーム」におけるがん看護専門看護師の活動と課題、17回日本在宅医療研究会学術集会、横浜、20067

 

小川朝生、田中登美、山中政子、辻仲利政、越智直哉:急性期病院の緩和ケアチームの活動、19回日本サイコオンコロジー学会総会、京都、20066

 

小川朝生:せん妄をきっかけにspiritulal painを表出した症例:32回京阪神精神科カンファレンス200610

 

廣常秀人:「こどものいじめと自殺」第3部【総合討論】指定討論、37回近畿児童青年精神保健懇話会、関西医大、20073月、

 

B-8

小川朝生:コンサルテーション・リエゾン精神医学、京都臨床心理士会、京都、20061

 

小川朝生:精神科コンサルトのコツ、枚岡在宅ターミナルケア研究会大阪、20062

 

小川朝生:癌疼痛ケア、アドバイザリー・カンファレンス、大阪、20064

 

小川朝生:緩和ケアチームの現状と課題、大阪、20066

 

小川朝生:せん妄の早期発見と初期対応、医療安全管理部研修会、大阪、20065

 

小川朝生:がん患者のトータルペインに対するチームアプローチ、大阪、20067

 

廣常秀人:「PTSDについて:災害時のメンタルケア被災者そして救援者に対して-」、平成18年度1回泉州地域メディカルコントロール協議会救命講習会、大阪、20067月、

 

廣常秀人:「災害とストレス」、平成18年度 HuMA災害看護研修U、日本赤十字大学武蔵野キャンパス、200610

 

廣常秀人交通事故」、平成18年度こころの健康づくり対策研修会PTSD心的外傷後ストレス障害対策研修会東京200610

 

廣常秀人:「自殺の実態と予防に向けて〜相談者に求められるもの〜」、大阪府平成18年度精神保健福祉業務従事者研修(精神保健福祉関係機関職員研修・大阪府健康福祉部精神保健福祉担当職員研修・市町村精神保健福祉担当職員研修)、大阪、20073