消化器科

池田昌弘

消化器科は消化管、肝、胆・膵の消化器全般にわたる疾患の診療を行うなかで、消化管、肝臓を中心に臨床研究を推進している。

胆道を含め消化管の分野では、内視鏡診断と治療が中心となっている。

1 早期胃癌内視鏡切除: ITナイフを用いたsubmucosal dissectionは今までの蓄積に加え、NBI、拡大観察、EUSをとりいれ術前の診断制度が格段に向上した。その結果に基づいてより客観的な術式の定着と適応拡大をテーマとしてprospective studyをすすめている。胃以外の臓器(食道、十二指腸、大腸)への応用もすすめている。

2 QOL改善を目指した治療:狭窄解除、胃瘻造設等を対象として先進的な内視鏡技術を取り入れて臨床的研究をすすめている。

3 癌化学療法:切除不能消化管癌を対象にプロトコールを設定して有効性を検討している。最近増加している膵癌に対しても新しいレジメンや治験薬による治療をすすめている。

4 炎症性腸疾患:症例の増加とともに、新しい治療法と長期経過が研究対象となっている。クローン病、潰瘍性大腸炎とも治験が進行中である。ステロイド使用例における骨粗しょう症予防が自主研究対象となっている。

5 大腸ポリープ、癌症例が増加しており、内視鏡診断精度の向上を目指した色素内視鏡、拡大内視鏡、EUSが研究対象として加わった。

 

肝疾患症例の大部分は肝癌、慢性肝炎、合併症を伴った肝硬変によって占められている(政策医療の項参照)。

1 肝細胞癌:従来からのTAEPEITのほかに、適応を選んでラジオ波治療、間欠的動注化学療法、持続動注化学療法などを行い、臨床研究に結びつけている。最近ラジオ波治療が増加傾向にある。早期発見のための診断精度向上も研究対象となっている。

2 慢性肝炎:より有効性の高いインターフェロン製剤や投与法が開発され、種々の治験を含めた治療成績が研究対象となっている。

3 肝硬変合併症:低アルブミン血症、腹水、肝性脳症などの治療が主体であるが、腹水濃縮還元療法が自主研究対象となっている。TAE、静脈瘤治療時の栄養状態の改善を目指した自主研究が行われている。

その他、胃食道逆流症、腸管運動障害などの機能障害に対する診断と治療を、多施設研究テーマとして取り組みをすすめている。

 

【2006年1月〜3月研究発表業績】

道田知樹中村剛之池田昌弘:早期胃癌に対するESD症例の治療成績。2回日本消化器学会シンポジウム、東京、20062

 

道田知樹中村剛之池田昌弘:早期胃癌に対するESDの適応拡大の現状。76回日本消化器内視鏡学会近畿地方会シンポジウム、大阪、20063

戸高明子里見絵里子池田昌弘:慢性冠疾患に合併したGastric antral vascular ectasiaの診断と内視鏡治療の適応。76回日本消化器内視鏡学会近畿地方パネルディスカッション、大阪、20063

 

加藤道夫:ウイルス性肝炎治療の新しい展開。芦屋市医師会学術講演会、芦屋、20061

 

加藤道夫:「肝臓がんにならないために」最新のC型肝炎治療肝臓がん撲滅市民公開講座、和歌山、20061

 

加藤道夫C型慢性肝炎に対するIFN治療。海老江肝臓研究会学術講演会、大阪、20062

 

加藤道夫:肝炎とHIV関西HIV臨床カンファレンス第38回講演会、大阪、20062

 

加藤道夫C型慢性肝炎に対する最新治療。1回滋賀肝臓病勉強会、大津、20063

 

【2006年度研究発表業績】

A-0

ALOMAN C, GEFRING S, WINTERMEYER P, KUZUSHITA N, WANDS JR.Chronic ethanol consumption impairs cellular immune responses against HCV NS5 protein due to dendritic cell dysfunction. Gastroenterology 132:698-708,2007

 

HIRAMATSU N, OZE T, TSUDA N, KURASHIGE N, KOGA K, TOYAMA T, YASUMARU M, KANTO T, TAKEHARA T, KASAHARA A, KATO M, YOSHIHAR H, KATAYAMA K, HIJIOKA T, HAGIWARA H, KUBOTA S, OSHITA M, HARUMA Y, MITA E, SUZUKI K, ISHIBASHI K, HAYASHI NShould aged patiens with chronic hepatitis C be treated with interferon and ribavirin combination therapy? Hepatol Res. 35:185-189

 

INOUE M, KANTO T, MIYATAKE H, ITOSE I, MIYAZAKI M, YAKUSHIJIN T, SAKAKIBARA M, KUZUSHITA N, HIRAMATSU N, TAKEHARA T, KASAHARA A, HAYASHI NEnhanced ability of peripheral invariant natural killer T cells to produce IL-13 in chronic hepatitis C virus infection. Journal of Hepatology 45:190-196,2006

 

ITO K, TANAKA Y, ORITO E, SUGIYAMA M, FUJIWARA K, SUGAUCHI F, KATO T, TOKITA H,IZUMI N, KATO M, YUEN MF,LAI CL, GISH RG, UEDA R, MIZOKAMI MT1653 mutation in the box alpha increases the risk of hepatocellular carcinoma in patients with chronic hepatitis B virus genotype C infection. Clin Infect Dis.42(1)1-7

 

IZUMI Y, HIRAMATSU N, ITOSE I, INOUE T, SASAGAWA A, EGAWA S, NISHIDA T, KAKIUCHI Y, TOYAMA T, NAKANISHI F, OHKAWA K, MOCHIZUKI K, KANTO T, TSUJI M, TAKEHARA T, TSUJI S, KATO M, KASAHARA A, HATASHI NJuvenile hepatocellar carcinoma with congestive liver cirrhosis. J Gastroenterol. 40(2)204-208

 

KUZUSHITA N, GREGORY SH, MONTI NA, CARLSON R, GEHIRNG S, WANDS JRVaccination with protein-transduced dendritic cells elicits sustained response to hepatitis C viral antigens. Gastroenterology 120:453-464,2006

 

OKUYAMA N, IDE Y, NAKANO M, NAKAGAWA T, YAMANAKA K, MORIWAKI K, MURATA K, OHIGASHI H, YOKOYAMA S, EGUCHI H, ISHIKAWA O, ITO T, KATO M, KASAHARA A, LKAWANO S, GU J, TANIGUCHI N, MIYOSHI EFucosylated haptoglobin is a novel markaer for pancreatic cancer : A detailed analysis of the oligosaccharide structure and possible mechanism for fucosylation Int.J.Cancer 118:2803-2808

 

OZE T, HIRAMATSU N, KURASHIGE N, TSUDA N, YAKUSHIJIN T, KANTO T, TAKEHARA T, KASAHARA A, KATO M, YOSHIHARA H, KATAYAMA K, KUBOTA S, HIJIOKA T, ISHIBASHI K, OSHITA M, HAGIWARA H, HARUMA Y, MITA E, TAMURA S, HAYASHI NEarly decline of hemoglobin crrelates with progression of ribavirin –induced hemolytic anemia during interferon plus ribavirin combination therapy in patients with chronic hepatitis C. J Gastroenterol  41:862-872

 

SAKAKIBARA M, KANTO T, INOUE M, KAIMORI A, YAKUSHIJIN T, MIYATAKE H, ITOSE I, MIYAZAKI M, KUZUSHITA N, HIRAMATSU N, TAKEHARA T, KASAHARA A, HAYASHI NQuick generation of fully maure dendritic cells from monocytes with OK432, low-dose prostanoid, and interferon-alpha as potent immune enhancers. Journal of Immunother 29:67-77,2006

 

YAKUSHIJIN T, KANTO T, INOUE M, OZE T, MIYAZAKI M, ITOSE I, MIYATAKE H, SAKAKIBARA M, KUZUSHITA N, HIRAMATSU N, TAKEHARA T, KASAHARA A, HAYASHI NReduced expression and functional impaiement of Toll-like receptor 2 on dendritic cells in chronic hepatitis C patients : Hepatology Research 34:156-162,2006

 

YUKI N, HIJIKATA Y, KATO M, KAWAHARA K, WAKASA KSquamous cellcarcinoma as a rare entity of primary liver tumor with grave prognosis. Hepatology Research 36:322-327, 2006

 

A-1

加藤道夫B型慢性肝炎の病態をどう把握し、治療方針を立てるか? Medical Practice 23(1)51-55,2006

 

結城暢一、林紀夫:B型慢性肝炎の治療、Journal of Viral Hepatitis 日本語版(7)2-162006

 

A-2

北田学利、葛下典由、三善英知、田村信司、林紀夫:HBe抗原陰性B型慢性肝炎患者におけるラミブジン投与中止時期についての検討。肝臓47(11)516-517,2006

 

藤谷和正、里見絵里子、竹野淳、平尾素宏、辻仲利政、中森正二、三嶋秀行、池永雅一、柏崎正樹、池田昌弘:進行胃癌による上部消化管狂狭窄に対するステント療法の意義。癌と化学療法1623-16262005(再)

 

A-5

熊田博光、豊田成司、後藤賢一郎、井廻道夫、藤原研司、横須賀收、佐藤信紘、安田清美、泉並木、市田隆文、本多政夫、小島紘一、吉岡健太郎、富田栄一、熊田卓、加藤道夫、吉原治正、下村宏之、山田剛太郎、向坂彰太郎、谷川久一:Genotype1かつ低ウイルス量、あるいはgenotype2C型慢性肝炎に対するPEG-インターフェロンα-2bとリバビリン24週併用療法の有効性 インターフェロンα-2bとリバビリン24週併用療法との比較 肝胆膵52(4)645-6632006

 

葛下典由HCV蛋白導入樹状細胞を用いた樹状細胞ワクチンの構築(奨励研究報告)、Liver Forum in Kyoto 8回学術集会記録集20-252006

 

B-2

KITADA T, MURAKAMI T, MATSUDA T, MINAMITANI K, SAKURAI K, OSUGA K, KUZUSHITA N, MIYOSHI E, TAMURA S, NAKAMURA H, HAYASHI N, KISHINO BUsefulness of the real-time virtual sonography on the radiofrequency ablation of hepatocellular carcinoma. 2006 American Gastroenterological Association meetingGastroenterology, San Francisco, 20065

 

KUZUSHITA N, KATO M, MITA E, TODAKA A, SHIRAHATA N, YUKI N, YAMAMOTO K, IKEDA M, WANDS JRVaccination with prorwin-transduced dendritic cells elicit a sustained response to hepatitis C viral antigens.2006 Fifth JSH Single Topic Conference, Nagasaki, 20069

 

KUZUSHITA N, KATO M, MITA E, TODAKA A, SHIRAHATA N, YUKI N, YAMAMOTO K, IKEDA M, WANDS JRVaccination with prorwin-transduced dendritic cells elicit a sustained response to hepatitis C viral antigens. 2007 Asian Pacific Association for the Study of the Liver(APASL),Kyoto,20073

 

MICHIDA T, NAKAMURA T, UEDA T, OTA T, HAYASHI N, IZUMI Y, NISHIMURA Y, TODAKA A, SHIRAHATA N, IYODA K, YAMAMOTO K, KATO M, IKEDA MExpanded indication of endoscopic submucosal dissection(ESD)for early gastric cancer (GC)-Clinical outcomes of a prospective study. DDW, San Francisco, 20065

 

YUKI N, NAGAOKA T, NUKUI K, OMURA M, HIKIJI K, KATO MIFN plus LAM enhance early HBV loss compared to LAM monotherapy in treatment-refractory patients, 2007 Asian Pacific Association for the Study of the Liver(APASL), Kyoto, 20073

 

B-3

葛下典由、林紀夫、Steven MossH.pylori感染p27kip1遺伝子欠損マウスを用いた胃発癌モデル。10回日本肝臓学会大会、札幌、200610

 

道田知樹、赤坂智史、林義人、林三保、清水聡、内藤雅文、片山和宏、弓場健義、山崎芳郎、池田昌弘:早期胃癌に対する胃癌ESD適応拡大研究の成績術前診断と長期成績の面より79回日本胃癌学会総会シンポジウム、名古屋、20073

 

結城暢一、松本真治、田所健一、加藤道夫、山口敏和:C型慢性肝炎肝組織におけるマイナス鎖HCVRNA定量の意義。42回日本肝臓学会総会、京都、20065

 

結城暢一、長岡貴幸、加藤道夫:難治性ウイルス肝炎に対する新しい治療の基礎的臨床的検討、B型慢性肝炎ラミブジン治療におけるIFN併用効果治療前HBV増殖レベルによる層別解析42回日本肝臓学会総会、京都、20065

 

結城暢一、長岡貴幸、加藤道夫B型肝炎の治療治療中止後寛解率よりみたB型慢性肝炎ラミブジン治療におけるIFN併用効果10回日本肝臓学会大会、札幌、200610

 

B-4

井上路代、考藤達哉、薬師神崇行、榊原充、宮竹英希、糸瀬一陽、宮崎昌典、小瀬嗣子、葛下典由、平松直樹、竹原徹郎、笠原彰紀、林紀夫:C型慢性肝炎患者におけるNKT細胞の樹状細胞活性化アジュバントとしての有用性。42回日本肝臓学会総会、京都、20065

 

北田学利、村上卓道、葛下典由、松田高明、平本博、中条和也、南谷かおり、大須賀慶吾、田村信司、中村仁信、岸野文一郎、林紀夫:Real-time Virtual Sonography(RVS)ガイド下ラジオ波焼灼療法(RFA)の有用性についての検討。42回日本肝臓研究会、東京、20067

 

北田学利、村上卓道、葛下典由、松田高明、南谷かおり、中条和也、大須賀慶吾、三善英知、中村仁信、岸野文一郎、田村信司、林紀夫:Real-time Virtual Sonography(RVS)ガイド下ラジオ波焼灼療法(RFA)の有用性についての検討。10回日本肝臓学会大会、札幌、200610

 

戸高明子、名和誉敏、西田勉、平松直樹、辻晋吾、池田昌弘stage IV胃癌に対するfirst line TS-1+CDDP併用療法の検討。―second line治療選択も含めた92回日本消化器病学会総会、福岡、20064

 

戸高明子太田高志林典子西村安司泉裕子上田高志中村剛之白畠伸宏伊与田賢也里見絵里子道田知樹結城暢一山本佳司加藤道夫池田昌弘Gastric antral vascular ectasiaに対する内視鏡治療の有用性とその適応。71回日本消化器内視鏡学会総会、東京、20065

 

戸高明子太田高志林典子西村安司泉裕子上田高志中村剛之白畠伸宏伊与田賢也里見絵里子道田知樹結城暢一山本佳司加藤道夫池田昌弘Gastric antral vascular ectasiaに対する内視鏡治療の有用性とその適応。DDW Japan 2006、札幌、200610

 

戸高明子藤田実西出憲史長谷川裕子林典子太田高志西村安司白畠伸宏葛下典由三田英治結城暢一山本佳司加藤道夫池田昌弘Gastric Antral Vascular Ectasia症例における内視鏡像と治療の適応。3回日本消化管学会総会、東京、20072

 

道田知樹中村剛之上田高志太田高志林典子西村安司泉裕子戸高明子白畠伸宏伊与田賢也結城暢一山本佳司加藤道夫池田昌弘:早期胃癌に対するESD適応拡大の課題術前診断精度と長期成績の面よりDDW Japan 2006、札幌、200610

 

宮崎昌典、考藤達哉、井上路代、小瀬嗣子、糸瀬一陽、宮竹英希、榊原充、薬師神崇行、葛下典由、平松直樹、竹原徹郎、笠原彰紀、林紀夫:C型慢性患者由来DCサブセットにおけるToll様受容体の発現と機能。42回日本肝臓学会総会、京都、20065

 

宮崎昌典、考藤達哉、小瀬嗣子、井上路代、糸瀬一陽、宮竹英希、榊原充、薬師神崇行、葛下典由、平松直樹、竹原徹郎、笠原彰紀、林紀夫:C型慢性肝炎の病態におけるミエロイド樹状細胞のToll様受容体とRIG-1の意義。10回日本肝臓学会大会、札幌、200610

 

B-5

道田知樹、内藤雅文、池田昌弘:早期胃癌に対するESD適応拡大研究の成績術前診断と長期成績の面より77回日本消化器内視鏡学会近畿地方会シンポジウム、京都、20069

 

B-6

太田高志戸高明子白畠伸宏葛下典由三田英治山本佳司加藤道夫池田昌弘:異ポリープ、大腸LSTを伴った蛋白漏出性胃腸症の1例。180回日本内科学会近畿地方会、京都、20069

 

太田高志:高齢者に対するPEG-IFNα2b/Ribavirin併用療法の現況。OVICC、大阪、200611

 

太田高志三田英治葛下典由結城暢一加藤道夫C型慢性肝炎に対するペグインターフェロン・リバビリン併用療法。平成18年度第2回国立病院機構共同研究、肝炎連絡協議会、長崎、20072

加藤道夫:当院におけるC型慢性肝炎に対するIFN治療。学術講座「最新のC型肝炎治療」、東京、20064

 

加藤道夫C型慢性肝炎に対する最新のIFN治療。4回大阪肝疾患ミーティング、大阪、20065

 

加藤道夫PegIFN+Ribavirin併用治療成績と無効例に対する対策。42回日本肝臓学会総会ランチョンセミナー、京都、20065

 

加藤道夫C型慢性肝炎に対するインターフェロン治療の最前線。庄内肝臓勉強会、山形、20066

 

加藤道夫C型慢性肝炎に対する最新のIFN治療。城東区医師会学術講習会、大阪、20066

 

加藤道夫C型慢性肝炎の治療。肝炎セミナー、東京、20066

 

加藤道夫:ここまで進んだC型肝炎の最新治療。市民公開講座、大阪、20067

 

加藤道夫:ウイルス性肝炎治療と病診連携。大垣内科勉強会、岐阜、20067

 

加藤道夫C型慢性肝炎に対する最新のインターフェロン治療。21回肝臓を診る会、札幌、20067

 

加藤道夫:ペグインターフェロン・リバビリン併用療法の治療成績と無効例への対策。舞鶴肝臓カンファレンス、舞鶴、20067

 

加藤道夫:ウイルス肝炎に対するインターフェロン療法の現況。学術講演会、大津、20067

 

加藤道夫C型慢性肝炎と最新の治療について。なにわ臨床懇話会勉強会、大阪、20067

 

加藤道夫B型慢性肝炎のステージ分類と最新の治療。28回姶良肝臓同好会、鹿児島、20069

 

加藤道夫:ステージ分類によるB型慢性肝炎の病態把握。2回(通算20回)日本臨床内科医学会ランチョンセミナー、東京、20069

 

加藤道夫:肝癌撲滅を目指したC型慢性肝炎治療―IFN自己注射の適用と治療成績DDW-Japan 2006ランチョンセミナー、札幌、200610

 

加藤道夫C型慢性肝炎の治療。肝炎セミナー、大阪、200610

 

加藤道夫:ウイルス性肝炎診断と治療の進歩。田辺市・日高・西牟婁郡三医師会学術講演会、和歌山、200611

 

加藤道夫:「怖がらないで肝臓病、早く見つけて元気で長生き」−C型肝炎の検診、治療、療養生活について−。肝炎肝がん啓発普及講習会、大阪、200611

 

加藤道夫:ウイルス肝炎治療の進歩。1回大阪消化器懇話会、大阪、200611

 

加藤道夫:最近のウイルス肝炎の治療、平成18年度肝疾患研修会、長崎、200611

 

加藤道夫C型慢性肝炎に対する新しい治療法。5回大阪肝疾患ミーティング、大阪、200612

 

加藤道夫B型慢性肝炎のステージ分類と最新の治療−エンテカビル登場後−。B型肝炎 Conference in Gifu、岐阜、200612

 

加藤道夫B型慢性肝炎・肝硬変に対する経口抗ウイルス療法・治療の現状と将来の展望。B型肝炎治療に関する座談会、大阪、200612

 

西出憲史白畠伸宏戸高明子西村安司太田高志林典子長谷川裕子藤田実葛下典由三田英治山本佳司加藤道夫池田昌弘:上部消化管内視鏡で発見した早期十二指腸癌の5例。77回日本消化器内視鏡学会近畿地方会、京都、20069

 

結城暢一:輸血感染症−肝炎ウイルスのoccult感染−。30回日本血液事業学会総会、札幌、200610

 

B-8

結城暢一B型肝炎治療の最前線。市民公開講座、大阪、20066

 

結城暢一:医師臨床研修制度について。済生会病院指導医講習会、大阪、20069

 

結城暢一:新医師臨床研修の概説。兵庫医大指導医講習会、神戸、20069

 

結城暢一:新制度化における医師臨床研修について。滋賀医大指導医講習会、大津、20069

 

結城暢一:医師臨床研修のあるべき姿。大阪医大指導医講習会、大阪、20069

 

結城暢一:新医師臨床研修制度が始まって。関西医大指導医講習会、神戸、200610

 

結城暢一:新制度下における医師臨床研修における指導について。医療研修推進財団プログラム責任者養成講習会(第2回)、神戸、200611

 

結城暢一:新制度下における医師臨床研修における指導について。医療研修推進財団プログラム責任者養成講習会(第3回)、神戸、200611

 

結城暢一:医師臨床研修制度について。医学生のための臨床研修病院説明会、大阪、20073

 

結城暢一:医師臨床研修の概況と問題点。近畿臨床研修管理委員長会議、大阪、20073