小 児 科

                多和昭雄

小児科では、以下の疾患に重点的に取り組んでいる。

新生児医療:先天性脳神経疾患の新生児、血液疾患および内分泌・代謝疾患の母親から出生した新生児、健康新生児ならびに病的新生児、HIV母子感染予防。

高度小児専門医療:先天異常、奇形、骨系統疾患、発育・発達障害、血液、がん、消化器、内分泌、膠原病、アレルギー、神経、心身症、感染症(HIV感染症を含む)。

成人化した小児難病治療:小児難病患者の内科専門外来への円滑なバトンタッチ。

臨床研究として、全国規模のgroup studyである小児白血病研究会(JACLS)およびinter-group studyである日本小児白血病リンパ腫研究グループ(JPLSG)の参加施設として白血病・悪性リンパ腫に関する治療研究を行っている。なかでも未分化大細胞性リンパ腫などの希少疾患に関しては国際的多施設共同研究にも参加している。いずれの場合も治療に直結した実践的な医療、患者のQOLの改善に資するための研究を心がけでいる。また、厚生労働省「周産期・小児・生殖医療におけるHIV感染対策に関する集学的研究」班、厚生労働省がん研究助成金「小児の難治性白血病、骨髄異形成症候群におけるゲノム異常解析と治療法に関する研究」班、厚生労働科学研究費がん臨床研究事業「小児造血器腫瘍の標準的治療の確立に関する研究」班の研究協力者、分担研究者として参加している。

 

【2006年度研究発表業績】

A-0

SHIMADA A, TAKI T, TABUCHI K, TAWA A, HORIBE K, TSUCHIDA M, HANADA R, TSUKIMOTO I, HAYASHI Y. KIT mutation, and not FLT3 internal tandem duplication, are strongly associated with a poor prognosis in pediatric acute myeloid leukemia with t(8;21): a study of the Japanese Childhood AML Cooperative Study Group, Blood 107:1806-1809, 2006

 

KOBAYASHI R, TAWA A, HANADA R, HORIBE K, TSUCHIDA M, TSUKIMOTO I. Extramedullary infiltration at diagnosis and prognosis in children with acute myelogenous leukemia, Pediatr Blood Cancer 48:393-398, 2007

 

INUKAI T, HIROSE K, INABA T, KUROSAWA H, HAMA A, INADA H, CHIN M, NAGATOSHI Y, OHTSUKA Y, ODA M, GOTO H, ENDO M, MORIMOTO A, IMAIZUMI M, KAWAMURA N, MIYAJIMA Y, OHTAKE M, MIYAJI R, SAITO M, TAWA A, YANAI F, GOI K, NAKAZAWA S, SUGITA K. Hypercalcemia in childhood acute lymphoblastic leukemia: frequent implication of parathyriod hormone-related peptide and E2A-HLF from translocation 17;19, Leukemia 21:288-296, 2007

 

SHIMADA A, TAKI T, KUBOTA C, TAWA A, HORIBE K, TSUCHIDA M, HANADA R, TSUKIMOTO I, HAYASHI Y. No nucleophosmin mutations in pediatric acute myeloid leukemia with normal karyotype: a study of the Japanese Childhood AML Cooperative Study Group, Leukemia 2007 Feb 22 [ Epub ahead of print ]

A-2

多和昭雄:急性骨髄性白血病( AML 「今日の小児治療指針 第14版」大関武彦、古川 漸、横田俊一郎、425-427、医学書院、20065

 

A-3

東野博彦、石崎優子、荒木敦、竹村司、多和昭雄、岡田義昭:小児期発症の慢性疾患患児の長期支援について小児-思春期-成人医療のギャップを埋める「移行プログラム」の作成をめざして小児内科 38:962-968,2006

 

國方徹也、井村総一、葛西健郎、尾崎由和、稲葉憲之:我が国におけるHIV母子感染の現状全国小児科施設に対する調査成績から周産期新生児誌 42: 871-876, 2006

 

A-4

多賀崇、富澤大輔、多和昭雄:小児急性骨髄性白血病治療−最近の戦略と今後の課題日本小児血液学会雑誌 20:84-94,2006 

 

多和昭雄:小児の治療指針 急性骨髄性白血病 Acute myeloid leukemia ( AML )小児科診療 69(Suppl.):466-469,2006

 

多和昭雄:小児疾患の診断治療基準 急性骨髄性白血病 acute myeloid leukemia小児内科 38(Suppl.):545-546,2006

 

稲葉憲之、大島教子、西川正能、岡崎隆行、庄田亜紀子、根岸正実、林田志峯、稲葉未知世、和田裕一、喜多恒和、外川正生、塚原優己、名取道也、牛島廣治、戸谷良造、五味淵秀人、尾崎由和、吉野直人、早川智、田中憲一、熊曙康:特集:母子感染をめぐる諸問題 予防と対策「スクリーニング無くして対策無し」、日本エイズ学会誌 9:6-10,2007

 

B-3

多和昭雄:急性骨髄性白血病ガイドライン。48回日本小児血液学会、大阪、200611

 

多和昭雄:慢性骨髄性白血病ガイドライン。48回日本小児血液学会、大阪、200611

 

B-4

國方徹也、井村総一、尾崎由和、葛西健郎、松田秀雄、和田裕一、塚原優己、稲葉憲之:我が国におけるHIV母子感染の現状全国小児科施設に対する調査成績42回日本周産期・新生児医学会学術集会、宮崎、20067

 

塚原優己、谷口晴記、和田裕一、蓮尾泰之、松田秀雄、箕浦茂樹、國方徹也、尾崎由和、葛西健郎、稲葉憲之:わが国のHIV感染妊娠の将来予測中長期展望の試み42回日本周産期・新生児医学会学術集会、宮崎、20067

田中順子、尾崎由和、山崎麻美、沖永剛志、加藤天美:定位的ラジオ波焼灼術で、てんかん発作および行動異常が改善した視床下部過誤腫の1例。40回日本てんかん学会、金沢、20069

 

嶋田明、市川仁、花田良二、多和昭雄、本郷輝明、迫正広、森本哲、堀部敬三、月本一郎、滝智彦:小児inv(16)-急性骨髄性白血病におけるKIT遺伝子変異はまれである。68回日本血液学会・第48回日本臨床血液学会合同総会、福岡、200610

 

嶋田明、滝智彦、田渕健、多和昭雄、花田良二、堀部敬三、土田昌宏、月本一郎、林泰秀:小児AMLにおける遺伝子異常の解析、AML99解析からわかったこと。48回日本小児血液学会、大阪、200611

 

中山秀樹、田渕健、多和昭雄、森本哲、小林良二、花田良二、今泉益栄、林泰秀、嶋田明、矢部普正、工藤寿子、浜本和子、堀部敬三、土田昌宏、月本一郎:小児AML99再発例の検討、48回日本小児血液学会、大阪、200611

 

工藤寿子、濱麻人、小島勢二、別所文雄、角南勝介、小林尚明、多和昭雄、月本一郎:AML99登録例におけるモザイクダウン症候群3症例の検討。48回日本小児血液学会、大阪、200611

 

尾崎由和、外川正生、葛西健郎、大場悟、國方徹也、吉野直人、榎本てる子、井村総一、戸谷良造、喜多恒和、和田裕一、塚原優己、稲葉憲之:わが国におけるHIV母子感染の現況小児科施設への全国アンケート調査から20回日本エイズ学会、東京、200611

 

上野圭司寺田志津子尾崎由和多和昭雄:特発性肺ヘモジデローシスの一男児例。20回近畿小児科学会、和歌山、20073

 

B-8

多和昭雄:小児血液がんU 急性骨髄性白血病。NPO法人つばさ定例フォーラム 血液がん〜より良い治療とより良い治療のために、東京、20067

 

多和昭雄:小児急性骨髄性白血病の治療戦略。7回小児白血病フォーラム、名古屋、200610

 

尾崎由和HIV感染妊婦から生まれた児の追跡調査。「周産期・小児・生殖医療におけるHIV感染対策に関する集学的研究」班研究成果発表会、宮崎、20072

 

多和昭雄:日常診療で困った症例に関する医師アンケート結果。小児気管支喘息フォーラムin 大阪 実地医家に役立つ小児気管支喘息診断から治療まで、大阪、20072

 

多和昭雄:子供の発熱疾患について〜診療所で発熱した子供を診たとき的確な診療をするために〜。8回ワンポイント・カンファレンス、大阪、20072

 

B-9

多和昭雄:若年性特発性関節炎。ラジオ大阪 アレルギー診察室、大阪、20071