総合内科

東堂龍平

総合内科は、脳循環・高血圧グループ、腎臓グループ、糖尿病グループ、血液グループ、呼吸器グループの5グループで構成されており、以下に各グループ別に述べる。

 

脳循環・高血圧グループ

 研究に関しては他施設共同研究として、脳血管疾患・心疾患に伴う血管イベント発症に関する実態調査(J-TRACE)、脳血管疾患の再発に対する高脂血症治療薬HMG-CoA還元酵素阻害薬の予防効果に関する研究(J-STARS)などの多施設共同研究に参加しています。また班研究として、家庭血圧に基づいた高血圧の至適治療に関する大規模臨床研究(HOSP研究)、動脈壁不安定プラークの機能画像診断法の臨床実用化に関する研究(循環器病研究)での分担研究を行っています。

 

腎臓グループ
 当グループでは、慢性腎臓病、とりわけ慢性腎炎についてその診断と治療に積極的に取り組んでいる。また進行性腎障害の管理、慢性腎不全の合併症の予防と治療に取り組んでいる。
 IgA腎症における腎組織病変のスコアー化と治療指針成に関する研究(国立病院共同臨床研究)、IgA腎症に対するアンジオテンシンII受容体拮抗薬の効果に関する研究(厚生科学研究事業)、腎血流ドプラ法による慢性糸球体腎炎における尿細管間質病変の評価などが主テーマである。

 

糖尿病グループ

 内分泌・代謝疾患としての糖尿病と、腎臓病としての糖尿病性腎症の2つの政策医療に関連して、臨床および基礎的研究を行っています。

 厚生労働科学研究として、糖尿病における血管合併症の発症予防と進展抑制に関する研究(JDCS)に取り組んでいます。国立病院機構政策医療ネットワーク共同臨床研究として、@糖尿病診療の標準化と患者教育に関する研究、A糖尿病合併症に対する戦略的治療、B2型糖尿病の二次予防、三次予防のための臨床疫学研究、C糖尿病性腎症発症進展阻止のための家庭血圧管理指針の確立、D腎疾患に対する腎臓移植、膵臓移植、膵島移植に関する臨床的研究に取り組んでいます。また、国立病院機構共同臨床研究によるEBM推進のための大規模臨床研究事業として、糖尿病性腎症発症進展阻止のための家庭血圧管理指針の確立に取り組んでいます。さらに、いくつかの多施設共同臨床研究(REACH STUDY, J-ACCESS2等)にも取り組んでいます。

 

血液グループ

 政策医療(血液・造血器疾患ネットワーク)の近畿地区基幹医療施設、日本血液学会認定研修施設でもある。スタッフは臨床血液学を専門とする医師と無菌室看護など卓越した専門技術を有する看護婦およびコメディカルで構成される。造血器悪性疾患の化学療法、自家および同種造血幹細胞移植も行っている。関連大学病院(複数)のみならず近辺の血液を専門とする施設とも密接な関連を持ち、最新の情報を交換、最新の医療を行っている。

 

呼吸器グループ

呼吸器疾患は、人口の高齢化や大気汚染や喫煙等の影響により、悪性腫瘍や慢性閉塞性肺疾患が増加している。今年度はとりわけ悪性腫瘍の早期診断、治療(呼吸器外科、放射線治療、臨床検査診断部などと連携して)、臨床的研究に積極的に取り組んでいる。

 禁煙運動の推進(禁煙外来など)、関連病院とも密接に情報交換し、事実に裏付けられた最新の医療を行っている。

 

【2006年1月〜3月研究発表業績】

奥野綾子中本ちさこ田中秋生杉浦寿央和田晃:内シャント造設術後にMRSA感染症橈骨動脈瘤を併発した1例。66回大阪透析研究会、大阪、20063

 

仁木均橋本弘行多賀谷昌史永野恵子恵谷秀紀:無症候性頚動脈プラーク性状の経年変化と動脈硬化危険因子の関連について。29NJM、大阪、20063

 

恵谷秀紀:症例報告;脳死下臓器提供事例。日本臓器移植ネットワーク 近畿地区2006年 提供施設報告会、大阪、20063

 

仁木均橋本弘行多賀谷昌史永野恵子恵谷秀紀:動脈硬化危険因子と無症候性頚動脈プラーク性状経年変化の関連半定量評価による検討31回日本脳卒中学会総会、横浜、20063

 

瀧秀樹:知れば得する!生活習慣病の予防策 糖尿病について。関西サロン講演会、大阪、20061

 

瀧秀樹:臨床研修の現状。大阪糖尿病臨床を語る会、大阪、20062

 

【2006年度研究発表業績】

A-0

HASHIMOTO H, KITAGAWA K, HOUGAKU H, ETANI H, HORI M.C-reactive protein predicts carotid atherosclerosis progression in mild to moderate risk and middle-aged patients. Clin Invest Med ; 29:77-82.2006

 

SHIMAKAGE M, INOUE N, OHSHIMA K, KUWAHARA K, OKA T, YASUI K, Matsumoto K, INOUE H, WATARI A, HIGASHIYAMA S, YUTSUDO MDown-regulation of ASY/Nogo transcription associated with progression of adult T-cell leukemia/lymphoma. Int J Cancer119,1648-1653,2006

 

A-1

永野恵子:下肢静脈超音波検査、脳卒中急性期治療とリハビリテーション rt-PA時代のブレインアタック戦略、日本リハビリテーション病院・施設協会、急性期・回復期リハビリテーション検討委員会(橋本洋一郎、栗原正紀、原寛美、藤島一郎、石川誠)、77-80、南江堂、東京、20066

 

A-2

永野恵子、長束一行:頚動脈病変(超音波で診る)、新・心臓病診療プラクティス8 画像で心臓を診る、栗林幸夫、284-288、第1版、文光堂、東京、20069

 

A-3

松本雅則、松山友美、石指宏通、植村正人、秋山暢、富山順治、名取一彦、倉石安庸、今村豊、井上信正、日笠聡、清家雅子、小塚輝彦、原雅道、小亀浩市、宮田敏行、藤村吉博:Upshaw-Schulman症候群:妊娠時の仮面を被った血小板減少症、日本産婦人科・新生児血疫学会誌1530-402006

 

高田達郎、永野恵子、成冨博章、峰松一夫:中大脳動脈塞栓症に対する局所線溶療法における経時的NIHSSおよびJSS評価の意義、脳卒中、第28巻(3)、367-372

 

A-4

永野恵子:深部静脈血栓の検出法、「脳と循環」、第11巻(2)、69-7320065

 

永野恵子:脳血管障害の超音波検査の最前線 下肢静脈エコー、Medical Technology Vol353)、265-27120073

 

多賀谷昌史:脳卒中または一過性脳虚血発作後の高用量アトルバスタチン投与(SPARCL分子脳血管病6巻(2)、83-86、先端医学社、東京、20073

 

A-6

東堂龍平2型糖尿病の薬物療法-経口糖尿病治療薬について-南医師会会報、第573号P242006

 

東堂龍平:第八回(四十四回)大阪糖尿病協会会員総大会開催のお知らせ、大阪糖尿病協会会報、第138号P2200668

 

東堂龍平:第八回(四十四回)大阪糖尿病協会会員総大会開催にあたって、大阪糖尿病協会会報、第139号P1200698

 

東堂龍平:第八回(四十四回)大阪糖尿病協会会員総大会開催を終えて、大阪糖尿病協会会報、140号P12006125

東堂龍平瀧秀樹辻真由美福島豊子ら糖尿病教室のしおり version2、東堂龍平編、錦盛堂、大阪、20063

 

東堂龍平丸山直岳糖尿病のお薬 version2、東堂龍平編、錦盛堂、大阪、20063

 

東堂龍平内海繁敏今西健二鞍田三貴鳥山明子藤田朋子食事療法について〜糖尿病教育入院〜、東堂龍平編、錦盛堂、大阪、20063

 

B-2

KAWAHARA M, OGAWARA M, NISIWAKI Y, KUBOTA K, KOMUTA K, MINATO K, FUJITA Y, ORIGASA H, FUKUSHIMA M, FURUSE K“Phase III randomized study of vinorelbine (V), gemcitabine (G) follwoed by docetaxiel (D) (VGD) versus paclitaxel (P) and carboplatin  (PC) in patients (pts) with advanced non-small cell lung cancer (NSCLC) (Japan Multinational Trial Organization LC00-03). ” the 42th American Society of Clinical Oncology (ASCO)20066月,Atlanta.

 

KAWANO Y, MANNAMI T, SAITO D, KOJIMA S, ETANI H, TSUCHIHSHIM T, SHINAGAWA T, KUWAJIMA I, IMAI Y, TAKISHITA S, SASE K, SATO T, FUKUYAMA K, TOMOIKE HHypertension control based on home systolic pressure(HOSP) study;design and interim report of the main study. 2006 ISH, Fukuoka, 2006.10.15-19

 

KAWANO Y, MANNAMI T, SAITO D, KOJIMA S, ETANI H, TSUCHIHSHIM T, SHINAGAWA T, KUWAJIMA I, IMAI Y, TAKISHITA S, SASE K, SATO T, FUKUYAMA KStrict versus modest control of hypertension based on home systolic pressure:3 years report of the HOSP pilot study. 2006 ISH, Fukuoka ,2006.10.15-19

 

B-3

永野恵子:下肢エコー。ハンズオンセミナー講演。25回日本脳神経超音波学会盛岡市20064

 

B-4

北川一夫、山上宏、橋本弘行、伊藤泰司、清水義臣、高橋大介、金藤公人、坂口学、寳學 英隆、堀正二心血管イベント高リスク患者における頸動脈硬化重症度評価の意義。25回日本脳神経超音波学会盛岡市20064

 

橋本弘行多賀谷昌史仁木均永野恵子松本真林恵谷秀紀

超音波法による頚動脈プラーク性状の定量評価について。14回日本MR angiography研究会豊中市20066

 

 

 

早川直樹、田中康晴、前川孝史、山崎麻美、恵谷秀紀:薬剤師による病棟での注射剤調整・持参薬チェックシステムの構築。医療の質・安全学会第1回学術集会、東京、200611

 

永野恵子松本真林仁木均橋本弘行多賀谷昌史恵谷秀紀:院内で発症した虚血性脳血管障害の検討。32回日本脳卒中学会福岡市20073

 

北川一夫、山上宏、橋本弘行、伊藤泰司、清水義臣、高橋大介、金藤公人、坂口学、寳學 英隆、堀正二:心血管イベント高リスク患者における頸動脈硬化重症度評価の意義−OSACA2研究-32回日本脳卒中学会福岡市20073

 

新井浩司、東堂龍平、吉政康直、成瀬光栄:国立病院機構ならびにナショナルセンター等における糖尿病診断検査における現状と課題。49回日本糖尿病学会年次学術集会、東京、20065

 

坂根直樹、成宮学、石川公子、大星隆司、加藤泰久、小堀祥三、東堂龍平、能登裕、山田和範、大石まり子、森川浩子、黒江ゆり子:日本人における糖尿病教育アウトカム指標の開発。49回日本糖尿病学会年次学術集会、東京、20065

 

鈴木智子瀧秀樹鬼頭純香丸山直岳高原充佳難波奈々長岡弘子上西秀典東堂龍平:糖尿病性ケトーシスを発症したことを契機に緩徐進行性インスリン依存型糖尿病(SPIDDM)を疑われた1例。49回日本糖尿病学会年次学術集会、東京、20065

 

西村元伸、祖山暁子、島田典生、加藤泰久、能登裕、由良高文、東堂龍平、城戸雄一、吉住秀之、古巣朗、東輝一朗、加藤雅彦、冨永洋一、長瀬教夫、菅原照:糖尿病性腎症発症進展阻止のための家庭血圧管理指針の確立(第一報):国立病院機構共同臨床研究。49回日本糖尿病学会年次学術集会、東京、20065

 

今西健二藤田朋子真鍋悟内海繁敏鞍田三貴鈴木智子瀧秀樹沢村敏郎辻仲利政東堂龍平耐糖能異常を有するNST依頼患者の背景。49回日本糖尿病学会年次学術集会、東京、20065

 

河野茂夫、斉藤濟美、海瀬和郎、島田典生、小山一憲、岩本正照、山家由子、能登裕、瀧秀樹、幸原晴彦、宮本恵宏、野間興二、小河淳、木村博典、中川内玲子、泉有紀、服部正和、葛谷英嗣:本邦における糖尿病シャルコー足病変について−国立病院機構多施設共同研究 第4報−。49回日本糖尿病学会年次学術集会、東京、20065

 

福島豊子辻真由美中本ちさこ和田晃瀧秀樹東堂龍平:肋骨骨折によるバストバンド装着にてSIADHを来した2型糖尿病の1例。60回国立病院総合医学会、京都、20069

 

新井浩司、東堂龍平、吉政康直、成瀬光栄:国立病院機構ならびにナショナルセンター等における糖尿病診断検査における現状と課題。60回国立病院総合医学会、京都、20069

 

今西健二井上聡子森田有美鳥山明子藤田朋子内海繁敏四方文子樋口久子鞍田三貴三島秀行沢村敏郎東堂龍平辻仲利政:婦人科癌疾患における下部消化管広範囲切除に対する栄養管理とチーム介入。60回国立病院総合医学会、京都、20069

 

鳥山明子藤田朋子今西健二内海繁敏藤井育子竹之内須賀子鈴木厚子鞍田三貴加藤道夫三嶋秀行沢村敏郎東堂龍平辻仲利政:大阪医療センターオリジナルSGAの検討〜肝硬変、肝細胞癌患者のSGA評価と客観的評価のずれについて〜。60回国立病院総合医学会、京都、20069

 

鞍田三貴今西健二鳥山明子内海繁敏上野裕之竹之内須賀子鈴木厚子大西光雄三嶋秀行辻仲利政東堂龍平NST電子カルテシステムがNST活動に及ぼす影響19日本病態栄養学会、横浜、20071

 

鳥山明子藤田朋子今西健二内海繁敏藤井育子竹之内須賀子鈴木厚子鞍田三貴加藤道夫三嶋秀行沢村敏郎東堂龍平辻仲利政:大阪医療センターオリジナルSGAの検討〜肝硬変、肝細胞癌患者のSGA評価と客観的評価のずれについて〜。22回日本静脈経腸栄養学会、松山、20072

 

鞍田三貴 藤田朋子 井上聡子 内海繁敏 三嶋秀行 沢村敏郎 東堂龍平 辻仲利政 上平朝子 白坂琢磨HIV拠点病院におけるHIV感染患者に対するNST対応〜NST依頼HIV患者の背景について〜。22回日本静脈経腸栄養学会、松山、20072

 

上野裕之服部雄司原健今西健二鞍田三貴前川孝史沢村敏郎東堂龍平三嶋秀行辻仲利政:栄養サポートチームにおける脂肪乳剤の有効活用のための検証と方策について。22回日本静脈経腸栄養学会、松山、20072

 

西村元伸、祖山暁子、関直人、今澤俊之、加藤雅彦、島田典生、能登裕、加藤泰久、菅原照東堂龍平、安東豊、冨永洋一、肥田和之、伊勢田泉、城戸雄一、長瀬教夫、吉住秀之、堀田義雄、東輝一朗:糖尿病(DM)腎症発症進展阻止のための家庭血圧管理指針の確立(第二報):国立病院機構腎ネット共同臨床研究。18回日本糖尿病性腎症研究会、東京、200612

 

奥野綾子中本ちさこ杉浦寿央和田晃:慢性腎臓病管理における予後因子についての検討。49回日本腎臓学会学術総会東京、20066

 

中本ちさこ和田晃杉浦寿央久田原邦夫田中秋生奥野綾子:良性軟部腫瘍(腫瘍性石灰症)を合併し摘出術を施行した長期透析患者の1例。51回日本透析医学会年次学術集会横浜20066

 

阿部亨小河原光正、宮本智、鈴木俊伸:高齢者の肺内に急速に増大する巨大腫瘤を認め、手術にてその1部に癌を認めた1症。60回国立病院総合医学会、京都、20069

 

小河原光正,木村剛:「結核(TB)および非結核性抗酸菌症(NTM)合併HIV/AIDS症例における抗レトロウイルス療法(ART)導入後の免疫再構築症候群(IRS)に関する調査」。20回日本エイズ学会総会、東京、200611

 

小牟田清、河原正明、小河原光正、西脇裕、久保田馨、湊浩一、藤田結花、三尾直士、米井敏郎、中野喜久雄、折笠秀樹、福島雅典、古瀬清行:「NSCLCにおけるVinorelbine +Gemcitabine-docetaxel療法とPaclitaxel+Carboplatin療法の無作為比較試験」。47回日本肺癌学会総会、京都、200612

 

小河原光正:「結核(TB)および非結核性抗酸菌症(NTM)合併HIV/AIDS症例における抗レトロウイルス療法(ART)導入後の免疫再構築症候群(IRS)に関する調査」。厚生労働科学研究費(エイズ対策研究推進事業)研究成果等普及啓発事業第9回白馬シンポジウムin京都−エイズ研究最前線−、京都、200610

 

B-6

池田弘和野村香織佐竹裕美子井上信正Priapismで発症したNHL12回国立病院機構血液同好会京都市20069

 

井上信正浅野真依子野村香織佐竹裕美子池田弘和Allo-PBSCT施行5年後、筋肉内に再発したAML1例。2回国立病院機構血液同好会京都市20069

 

田中秋生岡部真知子中本ちさこ杉浦寿央和田晃自己免疫性膵炎の経過中、膜性腎症によるネフローゼ症候群を発症した1症例。36回日本腎臓学会西部学術大会熊本、 20069

 

岡部真知子中本ちさこ田中秋生杉浦寿央和田晃:僧帽弁閉鎖不全症による心不全を発症し、血液透析を必要としたANCA関連腎炎の1例。68回大阪透析研究会、大阪、 20073

 

岡垣篤彦是恒之宏東堂龍平楠岡英雄:高度なカスタマイズを可能としたカード型電子カルテの全面運用。10回日本医療情報学会春期シンポジウム、神戸、20066

 

松本真林多賀谷昌史永野恵子仁木均橋本弘行東堂龍平恵谷秀紀:女性ホルモン関連薬を内服中に発症した脳梗塞の2例。181回日本内科学会近畿地方会、大阪、200612

鳥山明子森田有美山本圭井上聡子藤田朋子今西健二内海繁敏藤井育子鞍田三貴三嶋秀行沢村敏郎東堂龍平辻仲利政:大阪医療センターオリジナルSGAの検討〜肝疾患におけるSGA評価と客観的評価のずれについて〜。1回近畿NST研究会、大阪、20067

 

上野裕之服部雄司原健今西健二鞍田三貴前川孝史三嶋秀行沢村敏郎東堂龍平辻仲利政:脂肪乳剤における栄養サポートチームのアプローチについて。16回近畿輸液栄養研究会、大阪、20069

 

B-7

橋本弘行多賀谷昌史恵谷秀紀:糖尿病と脳卒中の関連について、PROactive Stroke結果を考える −動脈硬化・炎症からのアプローチ

。大阪市、200611

 

B-8

多賀谷昌史:脳梗塞の治療・予防。日本脳卒中協会大阪支部主催、市民公開講座、大阪市、20065

 

永野恵子:下肢エコー。ハンズオンセミナー講演。11回京都脳神経・脈管超音波セミナー京都市200611

 

東堂龍平:糖尿病(性)神経障害。大阪大学医学部学生臨床講義、大阪、200610

 

東堂龍平NSTに関連した糖尿病。平成18年度大阪糖尿病協会顧問医栄養士会総会、大阪、20066

 

東堂龍平2型糖尿病の薬物療法経口糖尿病治療薬について大阪市南医師会勉強会、大阪、20066

 

東堂龍平:糖尿病(性)神経障害。DMエデュケーター勉強会、大阪、20073

 

東堂龍平:糖尿病薬物療法の諸課題に対する助言・指導。糖尿病薬物療法アダバイザリーカンファレンス、大阪、20067

 

東堂龍平:糖尿病の薬物療法およびNSTについて。ノボノルディスク株式会社関西ブロック勉強会、大阪、20068

 

東堂龍平CASE-Jを同日常診療に反映させるか。高血圧診療アダバイザリーカンファレンス、大阪、200611

 

瀧秀樹:メタボリックシンドロームの診断と治療。1回新緑あすなろ会病診連携カンファレンス、大阪、20067

 

瀧秀樹:メタボリックシンドロームって何?15回患者情報室勉強会、大阪、20068

 

瀧秀樹:高血圧を有する糖尿病の管理(治療)について。1回心・腎・糖尿病を考えた21世紀の治療戦略、大阪、20071

 

瀧秀樹:腎疾患を有する糖尿病の管理(治療)について。2回心・腎・糖尿病を考えた21世紀の治療戦略、大阪、20072

 

瀧秀樹:心血管疾患の予防を考慮した糖尿病治療。3回心・腎・糖尿病を考えた21世紀の治療戦略、大阪、20073

 

東堂龍平:糖尿病クイズ10平成18年度糖尿病教室試食会(バイキング)、大阪、200612

 

鈴木智子:低血糖や病気の時の対処法。平成18年度外来糖尿病教室、大阪、20064

 

東堂龍平:糖尿病と運動。平成18年度外来糖尿病教室、大阪、20065

 

辻真由美:インスリン療法。平成18年度外来糖尿病教室、大阪、20066

 

瀧秀樹:糖尿病の網膜症。平成18年度外来糖尿病教室、大阪、20068

 

福島豊子:糖尿病の神経障害。平成18年度外来糖尿病教室、大阪、20069

 

辻真由美:経口糖尿病治療薬の話。平成18年度外来糖尿病教室、大阪、200610

 

東堂龍平:糖尿病クイズ。平成18年度外来糖尿病教室、大阪、200712

 

福島豊子:フットケアの話。平成18年度外来糖尿病教室、大阪、20071

 

瀧秀樹:糖尿病の腎症。平成18年度外来糖尿病教室、大阪、20072

 

東堂龍平:糖尿病の自己管理。平成18年度外来糖尿病教室、大阪、20073

 

阿部亨:肺がんの内科的治療。14回おおさか健康セミナー、大阪、20065

 

小河原光正:肺癌の診断・治療における最近の話題。三徳会高知同門研究会、高知、200610