薬剤科

                                                   前川孝史

 薬剤科では、当センターが診療体制を政策医療に特化する方針に基づき高度総合医療施設としての機能を発揮するため、医薬品の適正使用および管理、医薬品に関するリスクマネジメント、院内感染サーベランス、病院経営への貢献、卒前卒後教育・研修の5項目を基軸として、薬剤管理指導、医薬品管理、医薬品情報提供、治験管理、薬剤師教育、感染防止対策などを実施している。また、スタッフ一人一人が危機意識を持ち、経営改善への積極的な取組みと患者中心の医療を目指し、医師、看護師、その他、多くの職種の方々の協力を得ながら、医療の最前線で専門的知識を駆使し、院内での薬剤師の役割を明確にし、他部門からの評価を得ることができるよう日々努力している。

 

1.薬剤管理業務・病棟薬剤業務
 患者個々の薬物療法に参画し、医薬品情報の提供と薬学的管理に基づいた情報の収集・評価・蓄積によって医薬品の適性使用を支援する薬剤管理指導業務は全病棟を対象に行っている。
 平成177月より全病棟を対象とした注射薬の1回分調剤、平成181月より、まず2病棟を対象に薬剤師が病棟に常駐し、病棟での注射薬セット、移動式クリーンベンチを用いて一般注射薬の無菌混合調製を開始し、平成187月に全病棟へのシステム導入を完了した。月間50006000本の注射薬の無菌調製を病棟で実施している。

 また、全入院患者の持参薬チェックと電子カルテへの入力、病棟での患者毎の注射薬整理等を行っている。

2.抗癌剤・IVH製剤の無菌調製
 良質な医薬品の供給を目的に、薬剤科注射薬室の無菌室において一元的に、クリーンベンチ・安全キャビネットを用いた無菌混合調製を実施している。
 抗癌剤に関しては平成147月に外来化学療法室が開設され、全診療科の外来患者を対象に月間10001100本の無菌調製を行っている。また入院患者に対しては、17年度より取り組みを初め、平成18年度は月間400500本の調製を行っている。また、化学療法委員会において承認されたプロトコールを対象に、薬剤科でプロトコールチェックを行い、安全管理の徹底を図っている。
3
.医薬品情報管理(収集・評価・提供)
 医薬品は、医薬品の使用者である患者の有効性・安全性を確保するために、適正に使用されなければならない。情報化社会の現在、医療の中で取り扱う情報は、正確かつ適正に管理される必要がある。薬剤科では医薬品情報の適正な管理と供給を行うために2名の専任スタッフを配置し、厚生労働省への副作用報告も積極的に行っている。

4.治験業務
 適正な治験実施については、国際的な評価に値する臨床データの作成が求められており、厚生労働省としても新GCPに基づく治験の実施について指導を強化しているところである。当薬剤科にあっても治験支援業務を行う薬剤師CRC(治験主任薬剤師1名、専任薬剤師1名)を配置している。
5
.外来おくすり相談室の充実
 薬剤科では政策医療のひとつであるHIV感染症患者に対する服薬指導を実施している。担当薬剤師は2名。HIV診療は外来が中心になることから、「外来おくすり相談室」を2室設置し、外来患者に対する服薬指導を行っている。
6
.卒前・卒後教育の充実
 平成18年度から薬学教育は6年制に移行した。現在は4年制学部生を対象とした1ヶ月または3ヶ月実務実習、大学院生を対象とした6ヶ月研修を積極的に受け入れている。また、6年制学生の1年次早期体験学習の受け入れも始めており、平成22年度からの長期実務実習義務化に向けての体制強化を図っているところである。

 

【2006年1月〜3月研究発表業績】

吉野宗宏:抗HIV薬と服薬援助、東北AIDS/HIV薬剤師研修会、仙台、20061

 

吉野宗宏:抗HIV薬の服薬指導-アドヒアランス維持のために、ブリストル・マイヤーズ社内研修会、東京、20063

 

【2006年度研究発表業績】

A-0

SAITO M, NAKAYAMA D, TAKADA M, HIROOKA K, YASUMURA YCarvedilol accelerate elevation of serum potassium in chronic heart failure patients administered spironolactone plus furosemide and either enalapril maleate or candesartan cilexetilJournal of Clinical Pharmacy and Therapeutics 2006, Vol. 31, issue 6, p535-540

 

A-2

繻エ健:血中濃度測定の重要性:岡慎一編:HIV Q&A、医薬ジャーナル社、2006.7、東京

 

繻エ健:ウイルス疾患指導料の加算に関連する薬剤業務:全国国立病院薬剤部科長協議会編:保険診療と病院薬剤業務、じほう社、2006.7、東京

 

吉野宗宏:抗HIV薬の相互作用:岡慎一編:HIV Q&A、医薬ジャーナル社、2006.7、東京

 

前川孝史:院内における医薬品の安全性確保:全国国立病院薬剤部科長協議会監修、病院薬局管理学、じほう社、2007.2、東京

 

A-4

繻エ健、チーム医療における医療コミュニケーション「HIVチーム」、薬事2006;48(4), 527-533

 

繻エ健、抗HIV療法における服薬アドヒアランスの維持、薬局2006, 57(10), 2920-2926

 

北川智子楠岡英雄:有害事象の取扱いと当局への対応、PHARMSTAGE Vol.6No.6  2006p54-61

吉野宗宏:服薬指導の重要性、治療 2006 Vol.88 P2903-2907

 

B-3

繻エ健:シンポジウム1HIV検査および検査体制「血中薬剤濃度のモニタリングとその意義」。20回日本エイズ学会学術集会・総会、東京、200611

 

繻エ健:シンポジウム13HIV診療における外来チーム医療「HIV薬の服薬と副作用、ウイルス疾患指導料算定の現状について」。20回日本エイズ学会学術集会・総会、東京、200612

 

B-4

上野裕之:がん薬物療法における薬剤師のトータルマネージメント。8回日本医療マネジメント学会学術総会、横浜、20066

 

松山和代:緩和ケアチーム専任薬剤師の薬剤管理指導業務により良好な疼痛コントロールが得られた一症例11回緩和医療学会、神戸、20066

 

庄野裕志:肝臓病教室における薬剤師のかかわり。60回国立病院総合医学会、京都、20069

 

上野裕之:脂肪乳剤における栄養サポートチームのアプローチについて〜当センターにおける使用調査から〜。16回近畿輸液・栄養研究会、大阪、20069

 

前川孝史:大阪医療センターにおける病棟薬剤業務システムの構築 -薬剤師の病棟常駐化への取り組み-60回国立病院総合医学会、京都、20069

 

繻エ健吉野宗宏、小住好子、寺門浩之、大金美和、奥村直哉、小山田統治、下司有加、織田幸子白阪琢磨HIV薬の服薬と副作用に関するアンケート調査、60回国立病院総合医学会、京都、20069

 

吉野宗宏永井聡子繻エ健前川隆史白阪琢磨硫酸アタザナビルの至適血中濃度の検討、60回国立病院総合医学会、京都、20069

 

寺岡知香上野裕之小島久仁子松山和代服部雄司小野亜矢子河合実北川智子高原由香酒井裕紀子梶田絢荒木麻里子宮田美知齋藤誠繻エ健前川孝史久田原郁夫:整形外科領域の化学療法における薬剤師の役割、16回日本医療薬学会年会、金沢 20069

 

中山大輔、齋藤誠服部雄司安村良男繻エ健前川孝史慢性心不全患者におけるロサルタンの血清尿酸値への影響、16回日本医療薬学会年会、金沢、20069

早川直樹庄野裕志川西園代政道修二齋藤誠吉野宗宏小林優子間麻里島本裕子繻エ健前川孝史加藤道夫:慢性C型肝炎患者におけるインターフェロン自己注射療法への支援、16回日本医療薬学会年会、金沢 20069

 

繻エ健早川直樹庄野裕志池村佳代庄子裕美鬼頭純香綿谷早苗永田智依世丸山直岳鈴木敦子中筋千佳河野公美子豊田満知子海家亜希子太田実希辰巳晃造前川孝史:大阪医療センターにおける病棟薬剤業務システムの構築(第一報)、16回日本医療薬学会年会、金沢、20069

 

北川智子政道修二櫻井真知子名畑優保小野恭子石山薫楠岡英雄、本村恭一、岳喜代春、清水健、谷口克己、是恒之宏:電子カルテにおける治験実施上の問題点とその対応、26回医療情報学連合大会(第7回日本医療情報学会学術大会)、札幌、200611

 

繻エ健早川直樹田中康晴前川孝史山崎麻美恵谷秀紀:薬剤師による病棟での注射剤無菌調製・持参薬チェックシステムの構築、1回医療の質・安全学会、東京、200611

 

繻エ健吉野宗宏佐野俊彦小島賢一日笠聡白阪琢磨拠点病院における抗HIV療法と薬剤関連アンケート調査結果(第3報)、20回日本エイズ学会学術集会・総会、東京、200611

 

繻エ健吉野宗宏、小住好子、寺門浩之、大金美和、奥村直哉、小山田純治、下司有加、織田幸子白阪琢磨HIV薬の服薬と副作用に関するアンケート調査、20回日本エイズ学会学術集会・総会、東京、200611

 

繻エ健古金秀樹衣笠浩子白阪琢磨:ウイルス疾患指導料加算に関するアンケート調査結果、20回日本エイズ学会学術集会・総会、東京、200611

 

吉野宗宏永井聡子繻エ健下司有加織田幸子笹川淳牧江俊雄山本善彦上平朝子白阪琢磨:硫酸アタザナビルの血中濃度と背景因子との関連性、20回日本エイズ学会学術集会・総会、東京、200612

 

島本裕子椎木創一富成伸次郎河合実白阪琢磨繻エ健前川孝史:心不全患者におけるDobutamine併用によるVancomycinクリアランスの変動 22回日本環境感染学会総会横浜20072

 

B-5

吉野宗宏:当院における抗HIVの変遷-院外薬局との連携の中で、南薬剤師会保険薬局部会、大阪、20065

 

上野裕之:悪心・嘔吐対策の評価薬剤師の立場からー、1回がん支持療法勉強会、大阪、20065

 

吉野宗宏HIV/AIDSについて、独立行政法人国立病院機構姫路医療センター、姫路、20066

 

吉野宗宏:服薬支援の実際、HIV/AIDS研修 保健師コース、大阪、20067

 

吉野宗宏:服薬支援の実際、HIV/AIDS研修 看護師コース、大阪、20069

 

吉野宗宏:服薬支援の実際、HIV/AIDS研修 看護師コース、大阪、200610

 

吉野宗宏:抗HIV薬の現状と服薬指導、万有製薬社内研修会、東京、200610

 

繻エ健HIV/AIDS and Pharmaceutical CareJAICA-HIV研修 東京200611

 

吉野宗宏HIV陽性者の高齢化問題 薬剤師の立場から。20回日本エイズ学会学術集会・総会、東京、200612

 

吉野宗宏:薬剤科の取り組み、屋敷恭一メモリアル講演会、大阪、200612

 

中島桂寺岡知香上野裕之齋藤誠繻エ健久田原郁夫前川孝史:当院におけるイホスファミドを用いた治療における血液毒性について、平成19年度近畿国立病院薬剤師会学術集会、大阪、20071

 

綿谷早苗早川直樹齋藤誠繻エ健前川孝史C型慢性肝炎患者におけるインターフェロン自己注射療法への支援、平成19年度近畿国立病院薬剤師会学術集会、大阪、20071


繻エ健早川直樹中島桂池村佳代綿谷早苗永田智依世丸山直岳鈴木敦子中筋千佳河野公美子豊田満知子海家亜希子太田実希梶田絢荒木麻里子宮田美知辰巳晃造前川孝史:大阪医療センターにおける病棟薬剤業務システムの構築(第一報)、平成19年度近畿国立病院薬剤師会学術集会、大阪、20071

 

B-9

繻エ健:ラジオNIKKEI病薬アワー「HIV感染症治療と服薬指導大阪20068

 

繻エ健HIV感染症専門薬剤師について、Pharmacy & Therapy2006No52

 

繻エ健:ラジオNIKKEI感染症アワー「HIV薬の剤型変更とQOL大阪200612