皮膚科・アレルギー科

 

田所丈嗣

 

当科では、国立病院機構が担うべき政策医療のなかでも皮膚腫瘍を含めた皮膚がんに重点を置いた診療に従事しており、皮膚がんの適切な診断と治療を診療内容の基本として、外科的ならびに内科的対応が可能です。当院は皮膚がんに対する手術療法ならびに化学療法、放射線療法などの集学的な治療を行える数少ない施設の一つであり、日本皮膚科学会認定皮膚科専門医をはじめ優れたスタッフと恵まれた医療設備のもと、皮膚がんに対する正確な診断と十分な説明、事実に裏付けられた治療をモットーに、皮膚がん患者の社会的な生活の質を第一とした診療を行い、皮膚がんの中核病院としての役割を果たすべく責任を持って診療にあたっています。また、皮膚腫瘍の診断は容易ではないものも多いためダーモスコピーによる非侵襲的な検査を導入し、臨床検査科病理部門との合同カンファレンスを行うことで診断精度を高めるとともに、治療方針を含めたセカンド=オピニオンの要請にも十分に応えられる体制を整えています。また、皮膚がん切除後の組織欠損に対しても、整容面に考慮した皮膚外科的な対応が可能です。更に、当科では、下肢静脈の弁不全によって発生する下肢静脈瘤に対する専門外来を開設し、非侵襲的な超音波ドップラー検査や脈圧波測定検査を用いた専門的な診療を行うともに、保存的治療に加えて短期入院による外科的治療を数多く経験し、良好な治療成績を残しています。一方、パッチテストによる金属アレルギー等の接触皮膚炎の診断と治療、あざの相談と治療など専門性の高い診療にも対応し、難治性皮膚疾患に関しても、地域の医療施設や近隣の総合病院から専門的な診療を要する患者を積極的に受け入れるとともに、当院において加療中の他科患者の皮膚疾患についても責任を持って診療にあたっています。以上のような当科における診療内容の性格上、病状説明や検査、処置等に十分な時間をかける必要性があり、安定期患者には密接な病診連携のもとに地域の医療機関における継続診療を勧めつつ、他の医療機関から広く紹介患者を受け入れることで地域のニーズに積極的に応えられるよう努力しています。また、平成16年度より政策医療ネットワークの共同臨床研究として「我が国の小児・成人アレルギー疾患患者実態調査」が行われています。アレルギー性疾患における治療管理法の効果を検証し、ガイドライン普及の実態を明らかにするとともにアレルギー患者治療管理状況を把握することを目的としたこの調査に当科も参加し、国立病院機構の診療レベルの向上に協力しています。

 

2007年度研究発表業績】

A-0

TERAO M, OZAWA K, SINUI S, MUROTA H, YOKOMI A, ITAMI S. A case of dermatomyositis complicated with pneumomediastinum, Mod Rheumatol 17:156-1592007

 

MUSO Y, OZAWA K, ITAMI S, YOSHIKAWA K. Fixed eruption due to quinine: Report of two cases, J Dermatol 34: 385-3862007

 

A-3

野口史人、小澤健太郎、岡田明子、今中愛子、田所丈嗣乳頭状エクリン腺腫の1皮膚科の臨床49:1499-15022007

 

小澤健太郎、山本志織:プロピルチオウラシルによるANCA関連血管炎、Visual Dermatology 6: 514-5162007

 

A-6

田所丈嗣国立病院機構大阪医療センター皮膚科「医者がすすめる専門病院〜大阪・奈良・和歌山」中村康生、pp434、ライフ企画、神奈川、20077

 

B-4

岡田明子、小澤健太郎、野口史人、今中愛子、田所丈嗣、辻仲利政、石井文人、橋本隆Gastrointestinal tumor (GIST) に合併した尋常性天疱瘡の1例。106回日本皮膚科学会総会、京都、20074

 

B-6

小澤健太郎、岡田明子、野口史人、池田彩、田所丈嗣:スウィート病の壱例。ひふ勉強会、大阪、20074

 

小澤健太郎、野口史人、池田彩、岡田明子、田所丈嗣:ゴーシェ病の経過中に生じたアジソン病。ひふ勉強会、大阪、20074

 

小澤健太郎、岡田明子、野口史人、池田彩、田所丈嗣Pigmented spindle cell nevus (Reed母斑)の1例。ひふ勉強会、大阪、20074

 

小澤健太郎、岡田明子、野口史人、池田彩、田所丈嗣Clear cell syringomaの1例。ひふ勉強会、大阪、20076

 

小澤健太郎、野口史人、池田彩、岡田明子、田所丈嗣Mixed carcinoma38回湾岸勉強会、神戸、20077

 

小澤健太郎、池田彩、岡田明子、野口史人、田所丈嗣:ケロイドを疑った皮膚線維腫の1例。ひふ勉強会、大阪、20077

小澤健太郎、岡田明子、池田彩、野口史人、田所丈嗣:顔面に生じた皮膚リンパ腫の1例。ひふ勉強会、大阪、20077

 

岡田明子、野口史人、今中愛子、小澤健太郎、田所丈嗣Atypical fibroxanthoma1例。100回近畿皮膚科集談会、大阪、20077

 

小澤健太郎、野口史人、岡田明子、池田彩、田所丈嗣:頭部のチャタテを主訴に受診した1例。ひふ勉強会、大阪、20079

 

小澤健太郎、池田彩、野口史人、岡田明子、田所丈嗣:両肘頭に生じたリウマチ結節の1例。ひふ勉強会、大阪、20079

 

岡田明子、小澤健太郎、池田彩、野口史人、田所丈嗣:リベド血管炎でフォロー中、急速に右足壊疽に陥り切断となった1例。183回大阪皮膚科症例検討会、大阪、20079

 

小澤健太郎、野口史人、岡田明子、池田彩、田所丈嗣:腰部に生じた増殖性外毛根鞘腫。ひふ勉強会、大阪、200710

 

小澤健太郎、池田彩、岡田明子、野口史人、田所丈嗣:多発性骨髄腫患者に生じた皮膚リンパ球腫。ひふ勉強会、大阪、200710

 

今中愛子、小澤健太郎、野口史人、岡田明子、上平朝子、笹川淳、田所丈嗣AIDS患者に発症したChronic ulcerative herpes1例。58回日本皮膚科学会中部支部学術大会、京都、200710

 

小澤健太郎、野口史人、池田彩、岡田明子、田所丈嗣:大腿に生じたエクリン汗孔癌の1例。ひふ勉強会、大阪、200711

 

池田彩、野口史人、岡田明子、小澤健太郎、田所丈嗣:両側肘頭の皮内結節の1例。184回大阪皮膚科症例検討会、大阪、200711

 

小澤健太郎、池田彩、野口史人、岡田明子、田所丈嗣:胸部に生じたNodular hiradenoma1例。ひふ勉強会、大阪、200712

 

小澤健太郎、野口史人、池田彩、岡田明子、田所丈嗣:毛の炎を伴った前腕の環状肉芽腫。ひふ勉強会、大阪、20081

小澤健太郎、野口史人、池田彩、岡田明子、田所丈嗣:色素性母斑と診断されていた爪甲下悪性黒色腫。ひふ勉強会、大阪、20081

 

小澤健太郎、野口史人、岡田明子、池田彩、今中愛子、田所丈嗣原発巣、鼠径リンパ節転移巣の自然消退を認めた足底悪性黒色腫39回湾岸勉強会、神戸、20081

 

小澤健太郎、池田彩、野口史人、岡田明子、田所丈嗣頭部に生じた隆起性皮膚線維肉腫ひふ勉強会、大阪、20082

 

池田彩、野口史人、岡田明子、小澤健太郎、田所丈嗣Clear cell syringoma1405回日本皮膚科学会大阪地方会、大阪、20082

 

小澤健太郎、池田彩、野口史人、永松麻紀、田所丈嗣頭部のPoroid hiradenoma1ひふ勉強会、大阪、20083

 

小澤健太郎、岡田明子、野口史人、池田彩、田所丈嗣背部に生じた巨大石灰化上皮腫ひふ勉強会、大阪、20083

 

B-7

田所丈嗣FTCによる色素沈着。FTC皮膚変色臨床試験検討会、東京、20075

 

B-8

田所丈嗣:皮膚外科。大阪大学講義、大阪、20074

 

田所丈嗣:皮膚がんについて。大阪健康セミナー、大阪、20077

 

小澤健太郎:薬疹について。大阪健康セミナー、大阪、20077

 

田所丈嗣:褥瘡;なりたちと治療。褥瘡対策勉強会、大阪市、200710

 

田所丈嗣:病理学各論X(皮膚)。看護学校講義、大阪、200712