耳鼻咽喉科

 

川上理郎

【耳鼻咽喉科の概要】

従来の臨床耳鼻咽喉科学は、額帯反射鏡を用いた聴器・鼻副鼻腔・咽頭・喉頸などの視診による器箕的疾患の診断学から始まっており、その治療学も、額帯反射鏡下の炎症性疾患の外科的治療が主な地位を占めていた。しかしながら近年の日本の疾病構造の変化による炎症性疾患の減少とともに、急速な高齢化や依然とした高頻度喫煙が原因となり、頭頚部外科学と称される、喉頭癌・口腔癌・中咽頭癌・下咽頭癌などの頸頚部癌の臨床が重要となっている。また最近の内視鏡や手術用顕微鏡のめざましい進歩と時を同じくして、聴覚障害・嗅覚障害・味覚障害・睡眠時呼吸障害(いびき)など、感覚器に対する機能改善医学や、音声言語障害など音声コミュニケーション障害に対する改善医学が社会的にも求められてきている。

大阪医療センター耳鼻咽喉科では、耳鼻咽喉科の象徴であった額帯反射鏡に頼った臨床から脱却して、各種の硬性および軟性の内視鏡と手術用顕微鏡を積極的に活用し、それらに最新のAV機器とレーザーやナビゲーションシステムなどを併用することにより、肉眼のみでは対応が不可能な微細な異常所見に対する他覚的かつ定量的な診療をめざしている。臨床面では、頭頚部悪性腫瘍疾恵を対象とした頸頚部外科学に主力を置いているが、その術後治療成績の向上をめざすだけでなく、外科、形成外科、放射線科などとチーム医療を行うことにより、各症例に応じた術後のQOLの改善に力をいれている。

また、耳鼻咽喉科特有の聴覚や平衡機能から音声機能までの、視覚を除いた主な感覚器に

対する機能改善医学、特に鼓室形成術、鼓膜形成術などの中耳手術、音声改善手術などにも力を注いでいる。現在重点を置いて検討している臨床の研究テーマは頭頸部腫瘍の術前リンパ節転移診断で、超音波断層検査と穿刺吸引細胞診を用いて頸部郭清術で摘出したリンパ節の病理学的検討結果と照合することによりその限界を明らかにすべく努力している。また、重複癌、原発不明癌についても臨床的検討を行い既に各学会で発表している。

嚥下障害に対しては輪状咽頭筋切断術、喉頭挙上術、喉頭気管分離術や嚥下造影検査などを行うにとどまらず東野医員を中心にNSTにも積極的に関与し貢献している。

【将来展望】

炎症性疾患患者数の減少と頭頸部腫瘍症例数の増加我々の場合、入院患者はほぼ全員手術患者であり、手術件数が患者数に直結するわけであるが、近年、癌などの重症症例および難易度の高い手術が増加しているため、副鼻腔炎、喉頭ポリープ、慢性扁桃炎などの良性疾患を今までのようにこなすことが困難になってきている。しかし、頭頸部腫瘍手術を良性疾患手術と並行してこなせるだけのマンパワーも手術枠も今のところない。また、頭頸部腫瘍の術後は慢性炎症などの良性疾患に比較し、はるかに「手がかかる」ため、入院患者数、手術件数自体は減少しているにもかかわらず、スタッフの病棟での仕事量自体は逆にかなり増加している。その中でもナビゲーション下の副鼻腔手術、鼓室形成術、嚥下改善手術、誤嚥防止手術、音声外科手術など耳鼻咽喉科としての専門性の高い手術も行えるよう努力している。以前に比べても全体としてはバランスの取れた国立病院にふさわしい高度な臨床が実現できつつあると確信している。

【平成19年度の耳鼻咽喉科スタッフ】

耳鼻咽喉科医長:川上理郎(日本耳鼻咽喉科学会認定専門医、日本気管食道科学会認定医)

耳鼻咽喉科医員:峰晴昭仁(日本耳鼻咽喉科学会認定専門医)

耳鼻咽喉科医員:東野正明(日本耳鼻咽喉科学会認定専門医)

【平成19年度耳鼻咽喉科退院実績】

 退院患者数:耳鼻科の入退院患者数は手術件数に大きく依存しており、手術の重症化に伴う手術件数の減少を受け、退院患者数は減少すると思われる。

【平成19年度耳鼻咽喉科手術実績】

総手術件数:348

頭頸部腫瘍症例:117

甲状腺腫瘍症例:15

唾液腺腫瘍症例:21

慢性副鼻腔炎症例:55

鼻中隔湾曲症症例:25

慢性扁桃炎症例:27

音声外科症例:43

鼓室形成、鼓膜形成:8

先に述べたように耳鼻咽喉科の手術症例は高度化、重症化しており、今後、ここ数年のように年間300例以上を確保し続けることは現状の常勤医体制のもとでは困難と思われる。

 

2007年度研究発表業績】

-0

Terada T, Kawata R, Higashino M, Tuji M, Takenaka H: Sudden dysphonia due to spontaneous bleeding in secondary parathyroid hyperplasia Arch Otolaryngol Head Neck Surg 133 608-602007

 

-0

Nimura Y, Mori Y, Inui T, Shoma Y, Takenaka H, Kubota T: Effects of CO2/HCO3-in Perilymph on the Endocochlear Potential in Guinea Pigs J Physiol Sci 57(1):15-22, 2007

 

-0

Yamamoto Y, Yamaji J ,Sakurai K, Higashino M, Nomi H, Takeda S, Okada M, Yamaguchi S, Takenaka H, Kubota T, Yoshida R :Essential role of monocytes in the in vitro production of IL-4 and Nonspecific IgE antibody by peripheral blood lymphocytes from mice sensitized sc once with cedar pollen J Interferon Cytokine Res, 27:1019-1030, 2007

 

A-3

櫟原健吾、李昊哲、河田了、東野正明、辻雄一郎、竹中洋、栗栖義賢、辻求:肩甲舌骨筋症候群例。耳鼻臨床 101143-1462008

 

A-3

長谷川恵子川上理郎、二村吉継、寺田哲也、櫟原崇宏、林伊吹、西川周治:原発不明頸部乳頭癌の1例。日気食会報 5960-642008

 

B-4

乾 崇樹,森 禎章,二村吉継,高巻京子,渡辺正仁,竹中 洋,窪田隆裕:血管条辺縁細胞に存在するL型Ca2チャネルの蝸牛内直流電位への関与。108回日本耳鼻咽喉科学会、石川県 平成195

 

B-4

長谷川恵子川上理郎二村吉継、寺田哲也:耳下腺悪性筋上皮腫の一例。69回耳鼻咽喉科臨床学会総会、東京都、平成197

 

B-4

乾 崇樹,森 禎章,渡辺正仁,二村吉継,高巻京子,荒木倫利,竹中 洋,窪田隆裕:蝸牛内直流電位の維持に対する血管条辺縁細胞LCa2チャネルの関与。17回日本耳科学会、福岡県、平成1910

 

B-4

萩森伸一,高巻京子,峰晴昭仁,金沢敦子,野中隆三郎,竹中 洋:大阪医大耳鼻科における鼓室形成術の工夫。17回日本耳科学会、福岡県、平成1910

 

B-4

峰晴昭仁,萩森伸一,高巻京子,乾 崇樹,金沢敦子,野中隆三郎,竹中 洋:大阪医大耳鼻科における鼓室形成術-cadaver dissection導入前後による比較-17回日本耳科学会、福岡県、平成1910

 

B-4

長谷川恵子川上理郎、伊藤加奈子、二村吉継、林伊吹:原発不明頸部転移癌症例の検討

萩森伸一、高巻京子、峰晴昭仁、金沢敦子、野中隆三郎、竹中洋:大阪医大耳鼻科における鼓膜形成の工夫と成績。18回日本頭頸部外科学会総会、京都市、平成202

 

B-4

櫟原崇宏、兵 佐和子、紀本有実子、東野正明、柚木歩、伊藤加奈子、寺田哲也、竹中洋:スギ花粉症における経年的疫学調査。26回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会、大阪市、平成202

 

B-4

伊藤加奈子、兵 佐和子、紀本有実子、東野正明、柚木歩、櫟原崇宏、寺田哲也、竹中洋:経年的疫学調査を用いたカモガヤ花粉感作要因の検討。26回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会、大阪市、平成202

B-4

二村吉継、川上理郎長谷川恵子、伊藤加奈子:左下肢巨細胞腫のフォロー中に発症した嚥下障害の1例。20回日本喉頭科学会総会、佐賀市、平成203

 

B-6

東野正明,楠見妙子,櫟原新平,寺田哲也:洛和会音羽病院における嚥下障害患者へのアプローチ。

97回日耳鼻学会京滋合同地方連合会。京都市、平成196

 

B-6

長谷川恵子二村吉継伊藤加奈子川上理郎:顎下腺結核の一例 日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会 第302回例会、大阪市、平成199

 

B-6

伊藤加奈子二村吉継長谷川恵子川上理郎:慢性硬化性顎下腺炎の一例 日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会 第302回例会、大阪市、平成199

 

B-6

二村吉継伊藤加奈子長谷川恵子川上理郎当院栄養サポートチーム(NST)における嚥下チームの活動日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会 第302回例会、大阪市、平成199

 

B-6

伊藤加奈子:頸部リンパ節腫脹の診断と治療頸部リンパ節の解剖 20回北摂頭頸部腫瘍懇話会、高槻市、平成199

 

B-6

長谷川恵子:症例提示 -原発不明癌- 20回摂頭頸部腫瘍懇話会、高槻市、平成199

 

B-6

二村吉継:症例提示 -カポジ肉腫- 20回北摂頭頸部腫瘍懇話会、高槻市、平成199

 

B-6

長谷川恵子川上理郎伊藤加奈子二村吉継:原発不明癌の一例。日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会 第303回例会、大阪市、平成1912

 

B-6

二村吉継川上理郎長谷川恵子伊藤加奈子白阪琢磨:中咽頭Kaposi肉腫の1例 日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会 第303回例会、大阪市、平成1912

 

B-6

金沢敦子,萩森伸一,峰晴昭仁,竹中 洋,東川雅彦:大阪医大耳鼻科における小児一側高度難聴症例について。日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会 第303回例会、大阪市、平成1912

 

B-6

長谷川恵子:甲状腺癌の1例 21回北摂頭頸部腫瘍懇話会、高槻市、平成202

 

B-6

東野正明:下咽頭癌の1例 21回北摂頭頸部腫瘍懇話会、高槻市、平成202

 

B-6

東野正明川上理郎長谷川恵子伊藤加奈子峰晴昭仁:顔面神経麻痺で発症した髄膜癌症の一例 日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会 第304回例会、大阪市、平成203

 

B-6

今西健二、松尾彩、竹内由紀、寒谷亜衣子、森田有美、鳥山明子、内海繁敏、東野正明、二村吉継、鞍田三喜、三田英治、東堂龍平、辻仲利政:大阪医療センターNSTにおける嚥下造影検査への取り組み。2回関西がんチーム医療研究会、大阪市、平成203

 

B-9

川上理郎 テレビ大阪 健康手帖 平成20224