循環器科

 

安村良男

 

循環器疾患は高齢化社会を反映して、1)動脈硬化を基礎としている、2)疾患が複合している、2)増加傾向にある、などの特徴がある。治療においては病態の解析が進歩し、症状の改善をめざすだけでなく、予後の改善をめざすことが基本となってきている。個々の仮説は大規模臨床試験で実証され、この試験結果に基づいたガイドラインが作成されている。我々、循環器医には直面している診療にガイドラインが適応されるか否か、その判断が問われると伴に個々の症例の特殊性に対応する柔軟性が要求されている。

虚血性心疾患:過去および将来的にも、この治療は循環器科の基本であり、当センター循環器科においても入院の約半数は虚血性心疾患またはその疑いである。虚血性心疾患の治療においては、最適の治療法を選択する医療レベルと冠動脈形成術の一流のスキルが要求される。この要求に沿う医療を提供する。また、虚血性心疾患の二次予防を重視する。特に、高血圧、糖尿病、高脂血症やメタボリック・シンドロームの治療に重点をおいている。

心不全:心不全は急性期治療と慢性期治療からなるが、いずれも幅広い知識と経験を要する。特に高齢者心不全に対する対応が重要である。急性期治療においては予後改善をめざした治療法の確立に取り組んでいる。

重症心不全:拡張型心筋症は難病(特定疾患)の一つであるが、循環器科では、本疾患を含む重症心不全治療を重点課題の一つとしている。
 不整脈診療:頻脈性不整脈に対する基本的なカテーテルアブレーション治療を提供する。また、高齢者心房細動に対して積極的にワーファリンを導入し、心原性脳梗塞の予防を行っている。
 心原性脳塞栓の予防:高齢者の一次予防で重要なものに心原性脳塞栓がある。心原性脳塞栓のうち約半数は非弁膜性心房細動(NVAF)が原因であり、70才以上の高齢者でNVAFが飛躍的に増加することから、この疾患群における脳梗塞の予防は極めて重要である。19984月より塞栓予防を目的とした「心房細動外来」を開設し、ハイリスク患者に予防的にワーファリンを使用することにより一次、二次予防に努めてきた。この分野において当院は全国でもオピニオンリーダー的存在であり、今後ワーファリンにかわる新しい抗凝固薬の開発治験にも大きな役割を果たしている。

 

2007年度研究発表業績

-2

安村良男強心薬はまだ必要か? 循環器疾患の治療 中外医学社 2007;288-291

 

安村良男カルペリチド 心腎相関の病態理解と診療 2008;272-277

 

-3

安村良男心不全治療の今昔 強心薬と利尿薬の位置づけ治療 2007;89:2083-2086

 

安村良男Ca2+感受性増強約:レボシメンダン 心不全 下 日本臨床 2007;65(増刊号5):169-172

 

安村良男病態からみた薬物療法で心不全を治す CIRCULATION Up-to-Date 2007;2:55-60

 

安村良男慢性心不全におけるβ遮断薬療法 日経メディカル 2007;36:216-219

 

-5

安村良男:急性心不全治療ガイドライン:薬物療法のポイントとそのエビデンス 心臓 2008;40:95-96

 

B3

篠田幸紀症例検討(ガイドラインの内と外と):Acute heart failure due to ischemic cardiomyopathy accompanied with severe left ventricular dysfunction. A case report. 11回日本心不全学会 シンポジウム 千葉

 

山元博義症例検討(ガイドラインの内と外と):A case difficult in the treatment of acute heart failure with hyperthyroidism after Stevens-Jhonson syndrome. 11回日本心不全学会 シンポジウム 千葉

 

安村良男慢性心不全治療:ACE阻害薬とβ遮断薬、どちらが先か55回日本心臓病学会 ランチョンセミナー、千葉

 

安村良男重症急性心不全のICU管理:重症心不全に対する薬物療法 PDE阻害薬とhANPの活用法35回日本集中治療医学界学術集会 シンポジウム、東京 

 

安村良男うっ血性心不全に対するβ遮断薬の使い方:導入時の注意と増量のこつ55回日本心臓病学会 教育講演、千葉

 

安村良男急性心不全における強心薬の使い方:55回日本心臓病学会 JCC教育プログラム、千葉

 

廣岡慶治安村良男虚血性心筋症に対する外科治療の遠隔成績:重症虚血性心筋症におけるナトリウム利尿ペプチド間欠投与の可能性21回日本冠疾患学会学術集会 外科シンポジウム、京都 

 

安村良男急性心不全治療の最前線:Pathophysiologic targets in the early phase of acute heart failure syndrome.72日本循環器病学会学術集会 Meet the Expert、福岡

 

安村良男慢性心不全治療:ACE阻害薬とβ遮断薬、どちらが重要か。72日本循環器病学会学術集会 ランチョンセミナー、福岡

 

B-6

小出雅雄大動脈弁狭窄症を合併し、急性心不全、急性心膜炎を発症したSLEの一例103回日本循環器学会近畿地方会大阪

 

石津宜丸右室内腫瘤を認めた心サルコイドーシスの一例103回日本循環器学会近畿地方会、大阪

 

石津宜丸DFTのため治療に難渋した若年VF survivorの一例103回日本循環器学会近畿地方会京都

 

中川彰人ARVCの特徴を有するBurugada症候群の一例103回日本循環器学会近畿地方会、京都

 

岩破俊博発作性高度房室ブロックの一例103回日本循環器学会近畿地方会、京都

 

廣岡慶治石津宜丸中川彰人小出雅雄岩破俊博篠田幸紀小向賢一山戸昌樹佐々木典子山元博義是恒之宏楠岡英雄安村良男

後脛骨動脈からのretrograde approachにより再疎通に成功した浅大腿動脈慢性完全閉塞の一例183回日本内科学会近畿地方会、神戸

 

佐々木典子Successful treatment of severe chronic heart failure by intermittent admission of carperitide who was once completely dependent on it: case report. 11回日本心不全学会、千葉

 

小出雅雄Dissociation between changes in birilubin and hemodynamic improvement in patients with acute heart failure. 11回日本心不全学会、千葉