形成外科

 

吉龍澄子

 

19997月に大阪医療センター皮膚科内に形成外科の常勤医1名が赴任してスタートし、200041日より診療科として形成外科を標榜しました。形成外科は現在常勤1名、レジデント1名の2名体制で、20074月より外科の中で診療を行っています。

当院は形成外科学会の教育関連施設に認定され、形成外科専門医取得のための卒後教育にも当っています。

当科は、自科で行う診療および複数の科とのチーム医療における再建外科を2本の柱として行ってきました。院内での腫瘍外科手術の増加に伴い、チーム医療における再建外科としての比率がやや高くなっています。

自科としての診療では、主に顔面、頭頚部の皮膚悪性腫瘍、皮膚腫瘍、眼瞼形成術、ケロイド、瘢痕拘縮、顔面神経麻痺の形成手術を扱っています。

顔面の腫瘍の中でも特に眼瞼の腫瘍は、腫瘍の治療という点からだけでなく、眼瞼の機能、および整容的にも満足のいく治療を行うのが重要と考えて治療方針を決め、術式も工夫を行っています。眼瞼癌について放射線科、眼科の協力のもとに、手術だけでなく照射療法なども選択枝に入れて、十分な説明の上患者様の希望も考慮して治療方針を決定しています。

新たな試みとして顔面の皮膚癌について、四肢の腫瘍や乳癌でおこなわれているセンチネルリンパ節検査の導入を試み、その皮膚癌に適したリンパ節郭清を行う方針を採っています。

その他皮膚外科医としては治療困難な真性のケロイドに対して、切除後の放射線照射療法を含む治療に取り組み、症例に応じて、切除後放射線外照射あるいは組織内照射を行っています。

もう1つの診療の柱として当科では、院内の外科系各科の癌の切除後の再建に取りくんできました。頭頚部再建、乳癌再建が主なものですが、その他四肢、体幹の再建も増加しています。頭頚部再建は形成外科開設以来120例を超え、大部分がマイクロサージェリーによる遊離皮弁の症例です。耳鼻咽喉科、口腔外科、形成外科、放射線科で頭頚部カンファレンスを行い、術前の症例を検討しています。外科、耳鼻科、口腔外科、形成外科、放射線科、脳外科などによるチーム医療体制が良好なため、安定した再建成績を維持できており、現在まで再建皮弁の壊死などはありません。

乳房再建は、主に筋皮弁による再建を行ってきましたが、2007年より人工乳房による再建も開始し、患者様の再建の選択枝が増えました。

今後も悪性腫瘍、顔面の形成、再建外科、皮膚外科を中心に診療する方針です。

 

2007年度研究発表業績】

A-2

吉龍澄子吉田 謙:当科におけるケロイドの高線量率組織内照射療法。瘢痕・ケロイド治療ジャーナル 瘢痕・ケロイド治療研究会、76-79、全日本病院出版会、東京、2007515日発行

 

 

A-3

小林昌代吉龍澄子:陰嚢平滑筋肉腫の1例。形成外科50(11):1325-1330, 2007

 

B-3

吉龍澄子吉田 謙中庄谷奈々穂:ケロイドの高線量率組織内照射療法。第2回ケロイド・瘢痕ケロイド研究会、東京、20078

 

中庄谷奈々穂吉龍澄子:手背の血管外漏出による皮膚潰瘍に対しbFGF製剤および人工真皮の併用により植皮で再建した2症例。 第89回日本形成外科学会関西支部学術集会200712

 

B-4

吉龍澄子勝野昌代眼輪筋を含む上眼瞼内からの双茎皮弁による上眼瞼再建法。 50回日本形成外科学会総会・学術集会、東京、2007年4月

 

吉龍澄子:基底細胞癌を除く眼瞼の悪性腫瘍。 第23回皮膚悪性腫瘍学会学術大会、新潟、20075

 

吉龍澄子中庄谷奈々穂:当科におけるマイクロサージェリーによる頭頚部再建症例の検討。第34回日本マイクロサージェリー学会学術集会、福島、200710

 

有家 巧吉龍澄子木村一貴正重裕一鹿野 学:咽頭瘻の閉鎖に苦慮した舌癌の1例。第61回国立病院総合医学会、名古屋、200711

 

B-6

勝野昌代吉龍澄子:脂肪腫によるギオン管症候群の1例。第88回日本形成外科学会関西支部学術集会、岸和田市、20076

 

B-8

吉龍澄子:眼瞼の形成外科腫瘍から美容まで− 第2回大阪健康セミナー 20075

 

吉龍澄子:眼瞼の形成外科眼瞼腫瘍、眼瞼下垂 第10回法円坂地域医療フォーラム 20076