麻酔科

 

岡田俊樹

 

年々、当院の手術件数は増加しており、2007年の麻酔科管理症例は2900症例でした。手術方法も、腹腔鏡下、血管内、小切開手術など低侵襲手術が増える傾向にあります。手術を受ける患者の年齢も新生児から100歳ちかい高齢者まで、幅広くなっています。麻酔科は、このように多様化した手術に対応し、安全かつ安心できる質の高い麻酔管理、痛みのない覚醒および早期離床を目指した術後疼痛管理を中心に、臨床研究を行っています。

また、研修医の麻酔科研修として、手術中の全身管理や血管確保などの手技の指導だけではなく、確実な挿管操作を習得させるための研究を行い、日々の指導に役立てています。

現在の取り組みを以下に示します。

術後鎮痛法として、患者自身による自己硬膜外鎮痛(Patient-Controlled Epidural Analgesia,PCEA)の導入およびその内容薬剤・至適投与量の検討

開胸手術症例に対する持続肋間神経ブロックの導入

鎮痛法の定時処方化−痛みに先行する鎮痛薬投与を目標とした疼痛管理

硬膜外麻酔以外の術後鎮痛法の確立

適切な挿管操作指導のための研究

 

2007年度研究発表業績】

A-4

島原由美子,平田隆彦:頭部顔面外傷 [外傷に対する緊急手術の麻酔と注意点,「救急・集中治療」 須加原一博,久木田一朗,1445-1449,総合医学社,東京,200711

 

B-3

渋谷博美:子育て中の常勤女性麻酔科医.日本麻酔科学会第54回学術集会,札幌,20075

 

B-4

天野栄三,松田智明,猿渡由美子,島川宣子,渋谷博美,平田隆彦:上腹部開腹手術後の Patient Controlled Epidural Analgesia(PCEA) による術後鎮痛法の検討ラリンゴマイクロ下声帯脂肪注入術の麻酔管理.日本麻酔科学会第54回学術集会,札幌,20075

 

猿渡由美子,天野栄三,松田智明,島川宣子,赤松哲也,平田隆彦:下腹部開腹消化管手術後の Patient Controlled Epidural Analgesia(PCEA) による術後鎮痛法の検討.日本麻酔科学会第54回学術集会,札幌,20075

 

 

渋谷博美,天野栄三,小西彩,直川里香,人見一彰,平田隆彦:初期臨床研修医と麻酔科専門医の Cormack/Lehane 分類の比較検討.日本麻酔科学会第54回学術集会,札幌,20075

 

 

坂田梓,天野栄三,松田智明,渋谷博美,高見康二,平田隆彦:胸部打撲を契機に診断された Gorham 病患者の麻酔経験..日本小児麻酔学会第13 回学術集会,宜野湾,200711

 

 

吉岡大輔,高橋俊樹,石坂透,樋口卓也,松田智明,平田隆彦:活動期感染性腹部動脈瘤術後に発症した乳び腹水に対してソマトスタチンが奏功した1例.日本集中治療医学会第35回学術集会,東京,20082