免疫感染研究室

 

室長 白阪琢磨

 

当研究室は臨床研究部が5室体制となったのを機に以前のウイルス研究室から免疫感染研究室と改名された。当研究室では現在、HIVAIDSに特化した研究を行っている。HIV感染症の治療は抗HIV剤を多剤併用するHAARTHighly active anti-retroviral therapy)の登場によって目覚ましく進歩をし、HIV感染症は慢性疾患と捉えられるようになった。しかし、治療上には、薬剤耐性ウイルスや副作用対策、完全な服薬の継続的実施の支援など多くの課題が残されている。また、感染者の中には少数ながら長期未発症者がいることも知られているがメカニズムは完全に解明されていない。当研究室では、研究テーマとしてHIV感染症に関する医学的研究から社会学的研究まで幅広く取り組んでいる。

 

2007年研究報告書】

    服薬アドヒアランスの向上・維持に関する研究:白阪琢磨

    自立困難なHIV陽性者のケア・医療に関する研究:白阪琢磨

    HIV感染症の医療体制の整備に関する研究:白阪琢磨

    薬剤耐性HIVの発生動向把握のための検査方法・調査体制確立に関する研究:白阪琢磨

    末梢CD4陽性Tリンパ球中の残存プロウイルス量とその活動指数は治療中断の指標となりうるかを明らかにする研究:白阪琢磨

    NeuroAIDSの発症病態と治療法の開発を目指した長期フォローアップ体制の構築:白阪琢磨

    エイズ発症予防に資するための血液製剤によるHIV感染者の調査研究:白阪琢磨

 

2007年度研究発表業績】

A-0

FUJISAKI S, FUJISAKI S, IBE S, ASAGI T, ITOH T, YOSHIDA S, KOIKE T, OIE M, KONDO M, SADAMASU K, NAGASHIMA M, GATANAGA H, MATSUDA M, UEDA M, MASAKANE A, HATA M, MIZOGAMI Y, MORI H, MINAMI R, OKADA K, WATANABE K, SHIRASAKA T, OKA S, SUGIURA W, KANEDA T. : Performance and Quality Assurance of Genotypic Drug-Resistance Testing for Human Immunodeficiency Virus Type 1 in Japan, Jpn.J.Infect.Dis 60 : 113-117, 2007

 

KAWASHIMA Y, SATOH M, OKA S, SHIRASAKA T, TAKIGUCHI M. : Different immunodominance of HIV-1-specific CTL epitopes among three subtypes of HLA-A 26 associated with slow progression to AIDS, BBRC366:612-616, 2008

 

KUWAHARA T, NAKAKURA T, ODA S, MORI M, UEHIRA T, OKAMOTO G, YOSHINO M, SASAKAWA A, YAJIMA K, UMEMOTO A, TAKADA K, MAKIE T, YAMAMOTO Y. : Problems in three Japanese drug users with Human Immunodeficiency Virus infection, The Journal of Medical Investigation 55(1,2) : 156-160, 2008

 

Miyatake A, Fujita M, Nagasaka Y, Fujita K, Tamari Y, Watanabe D, Nakano N, Hidari K and Suzuki Y.  : The New Role of Disodium Cromoglycate in the Treatment of Adults with Bronchial Asthma. Allergol Int.  Sep;56(3):231-9, 2007

 

A-2

白阪琢磨HIV感染症、「ファーマシューティカルケアファーストステップ」高久史麿、白神誠、藤上雅子、307308、医学書院、東京、20079

 

白阪琢磨HIV感染症/AIDS「三訂 地域看護学」、津村智恵子、402-409、中央法規出版、東京、20082

 

A-3

吉野宗宏矢倉裕輝原健富成伸次郎、椎木創一、渡邊大山本善彦上平朝子白阪琢磨:初回治療における硫酸アタザナビルの使用経験、感染症学雑誌812632007

 

白阪琢磨:国際的HAARTのガイドラインの動向、化学療法の領域23(7)27-332007

 

矢野邦夫、菊池嘉、高山義浩、白阪琢磨、中野眞人、鈴木謙二、福西左知、何俊郎、植地泰之、岩崎甫、岡慎一:エプジコム錠(ラミブジン/アバカビル硫酸塩)の日本人HIV感染症患者における薬物動態試験の検討、化学療法の領域24(1)87-9820081

 

藤崎誠一郎、藤崎彩恵子、伊部史朗、浅黄司、伊藤俊広、吉田繁、小池隆夫、大家正泰、渡邊香奈子、正兼亜季、上田幹夫、潟永博之、松田昌和、貞升健志、長島真美、岡田清美、近藤真規子、秦眞美、溝上泰司、森治代、南留美、白阪琢磨、岡慎一、杉浦亙、金田次弘:日本におけるHIV-1遺伝子型薬剤耐性検査のコントロールサーベイ、日本エイズ学会誌9(2)136-1462007

 

原健白阪琢磨:抗HIV療法における服薬アドヒアランスの維持 初回治療開始までに実施すべき服薬説明、薬局57(10) 42-482006

 

繻エ健吉野宗宏白阪琢磨:抗HIV薬の副作用、The Journal of AIDS Reseach9(3)191-1962007

 

A-4

白阪琢磨:エイズ医療の課題(1):ブロック拠点病院によるチーム医療体制の現状と課題、保健医療科学56(3)186-1912007

 

白阪琢磨:初回療法の考え方、The Journal of AIDS Reseach9(2)91-932007

 

白阪琢磨HAART-この10年間で変わったこと、変わらないこと、Medical Front International Limited112007

 

白阪琢磨:ヒト免疫不全ウィルス感染症と後天性免疫不全症候群、保健の科学49(10)674-6782007

 

白阪琢磨 82回総会教育講演 HIV合併抗酸菌症、結核82(11)845-8482007

 

A-6

白阪琢磨:国立大阪医療センターにおけるキードラッグの推移と5年以上処方症例の検討、Focus on HIV/AIDS14-152007

 

柏木宏之、白阪琢磨、松下彰宏、徳永ちえみ、川名奈央子:エイズに関する公開討論会「エイズに関する現状とその対策について」、大阪府医師会報35525-272007

 

白阪琢磨 : HIV感染者夜も通院可能に。読売新聞、200745日(木)朝刊21

 

白阪琢磨:エイズ治療新薬で前進。朝日新聞20071128日(水)朝刊

 

白阪琢磨:エイズ新薬 命を救う。朝日新聞、20071130日(金)朝刊

 

白阪琢磨:コントロール可能な病気。毎日新聞、20071225日(火)朝刊

 

白阪琢磨:生命と向き合う(1)大阪の医療現場から。大阪日日新聞、200813日(木)日刊

 

白阪琢磨:生命と向き合う(4)大阪の医療現場から。大阪日日新聞、200816日(日)日刊

 

B-3

岡慎一、福武勝幸、味澤篤、白阪琢磨HIV感染症治療レジメンガイドラインと実際。21回日本エイズ学会学術集会総会、広島、200711

 

加藤道夫上平朝子葛下典由三田英治白阪琢磨HIVHCVHBV重複感染症に対する抗肝炎ウイルス治療。21回日本エイズ学会学術集会総会、広島、200711

 

上平朝子HIV感染症患者におけるCMV感染症について。21回日本エイズ学会学術集会総会、広島、200711

 

白阪琢磨:アドヒアランスの向上に向けて−HIV感染者への取り組みから。40回日本小児呼吸器疾患学会ランチョンセミナー大阪、200711

 

B-4

繻エ健吉野宗宏、佐野俊彦、小島賢一、日笠聡、杉浦亙、白阪琢磨:拠点病院における抗HIV療法と薬剤関連アンケート調査結果(第4報)。21回日本エイズ学会学術集会総会、広島、200711

 

川戸美由紀、橋本修二、岡慎一、吉崎和幸、木村哲、福武勝幸、日笠聡、白阪琢磨:血液製剤によるHIV感染者の調査成績第2報 抗HIV薬の服用状況、副作用の関連性。21回日本エイズ学会学術集会総会、広島、200711

 

白阪琢磨上平朝子織田幸子下司有加龍香織治川知子谷口智宏矢嶋敬史郎笹川淳富成伸次郎渡邊大矢倉裕輝、牧江俊雄、山本善彦吉野宗宏繻エ健:国立大阪医療センターにおけるキードラッグの推移と長期処方症例の検討。21回日本エイズ学会学術集会総会、広島、200711

 

白阪琢磨、山元泰之、西田恭治、天野景裕、鈴木隆史、山中晃、福武勝幸、小田原隆、中村哲也、今村顕史、味澤篤、根岸昌功:日本人におけるTDF/FTC合剤(TVD)の使用経験について。21回日本エイズ学会学術集会総会、広島、200711

 

吉野宗宏矢倉裕輝繻エ健龍香織治川知子織田幸子矢嶋敬史郎谷口智宏笹川淳富成伸次郎渡邊大、牧江俊雄、山本善彦上平朝子白阪琢磨Tenofovir長期投与における腎機能の評価。21回日本エイズ学会学術集会総会、広島、200711

 

日高庸晴、古谷野淳子、安尾利彦、木村博和、鎌倉光宏、市川誠一:認知行動療法によるMSMを対象としたインターネットHIV予防介入研究1報 RCTによるプログラムの効果評価。21回日本エイズ学会学術集会総会、広島、200711

 

古谷野淳子、日高庸晴、安尾利彦、木村博和、鎌倉光宏、市川誠一:認知行動療法によるMSMを対象としたインターネットHIV予防介入研究2報 プログラムへの関与度維持の要因。21回日本エイズ学会学術集会総会、広島、200711

 

矢倉裕輝吉野宗宏龍香織治川知子織田幸子矢嶋敬史郎谷口智宏笹川淳富成伸次郎渡邊大、牧江俊雄、山本善彦上平朝子白阪琢磨繻エ健:ロピナビル・リトナビル配合剤の剤型変更に伴う血中濃度の変化及び副作用に関する比較検討。21回日本エイズ学会学術集会総会、広島、200711

 

島谷倫次、矢野邦夫、菊池嘉、高山義浩、白阪琢磨、中野眞人、鈴木謙二、岡慎一:エプジコム錠(ラミブジン/硫酸アバカビル)の日本人HIV感染症患者を対象とした薬物動態試験。21回日本エイズ学会学術集会総会、広島、200711

 

牧江俊雄矢嶋敬史郎谷口智宏笹川淳富成伸次郎渡邊大上平朝子山本善彦白阪琢磨CD4リンパ球とウイルス量の季節変動。21回日本エイズ学会学術集会総会、広島、200711

 

渡邊大岡本瑛里子蘆田美紗、椎木創一、笹川淳矢嶋敬史郎谷口智宏富成伸次郎、牧江俊雄、山本善彦上平朝子真能正幸白阪琢磨HIV-1感染症における血清サイトカイン値の解析。21回日本エイズ学会学術集会総会、広島、200711

 

山本善彦織田幸子仲倉高広繻エ健岡本学安尾利彦吉野宗宏矢倉裕輝龍香織治川知子下司有加谷口智宏矢嶋敬史郎笹川淳富成伸次郎渡邊大、牧江俊雄、上平朝子白阪琢磨HIV感染者における薬物使用の実態調査。第21回日本エイズ学会学術集会総会、広島、200711

 

織田幸子山本善彦仲倉高広安尾利彦岡本学龍香織治川知子安尾有加矢倉裕輝吉野宗宏繻エ健、牧江俊雄、上平朝子白阪琢磨HIV感染者の薬物使用の問題:実態調査を踏まえて。21回日本エイズ学会学術集会総会、広島、200711

 

仲倉高広白阪琢磨:大阪医療センターにおけるカウンセリング実施状況と今後の課題−1999年から2年間と2005年から2年間の比較、および物質関連の話題の比較を通して−。21回日本エイズ学会学術集会総会、広島、200711

 

尾谷ゆか、仲倉高広安尾利彦廣常秀人白阪琢磨:大阪医療センターにおけるHIV感染症患者の精神神経科受診状況についての調査。21回日本エイズ学会学術集会総会、広島、200711

 

安尾利彦、尾谷ゆか、白阪琢磨:感染告知後の適応困難状態において心理アセスメントを導入した事例。21回日本エイズ学会学術集会総会、広島、200711

 

古金秀樹上平朝子治川知子龍香織下司有加織田幸子矢嶋敬史郎谷口智宏笹川淳富成伸次郎、椎木創一、渡邊大、牧江俊雄、山本善彦白阪琢磨:当院における初診HIV患者の動向から見た医療連携の課題と予防啓発の必要性。21回日本エイズ学会学術集会総会、広島、200711

 

富成伸次郎笹川淳矢嶋敬史郎谷口智宏渡邊大、牧江俊雄、山本善彦上平朝子白阪琢磨:当院のHIV患者におけるクリプトコッカス症の臨床的検討。21回日本エイズ学会学術集会総会、広島、200711

 

治川知子増田雅子山根美由紀浅野智子龍香織垣端美帆宮本典子岡村稔子下司有加白阪琢磨:出張という形式へ変更後の院内レクチャーの効果。21回日本エイズ学会学術集会総会、広島、200711

 

山元泰之、西田恭治、天野景裕、鈴木隆史、山中晃、福武勝幸、入澤亮吉、加藤雪彦、斎藤万寿吉、坪井良治、小田原隆、中村哲也、今村顕史、味澤篤、根岸昌功、田所丈嗣、白阪琢磨 HIV感染症に対するエムトリシタビン投与による安全性と皮膚変色発現に関する検討(第3報)。21回日本エイズ学会学術集会総会、広島、200711

白阪琢磨、日笠聡、岡慎一、川戸美由紀、吉崎和幸、木村哲、福武勝幸、橋本修二:血液製剤によるHIV感染者の調査成績 第1報 CD4値、HIV-RNA量と治療の現状の推移。21回日本エイズ学会学術集会総会、広島、200711

 

笹川淳上平朝子河村紀代美三田英治加藤道夫白阪琢磨 HIVHBV重複感染におけるEntecavir使用4症例について。21回日本エイズ学会学術集会総会、広島、200711

 

上平朝子加藤道夫矢嶋敬史郎谷口智宏笹川敦、椎木創一、富成伸次郎渡邊大、牧江俊雄、山本善彦白阪琢磨:当院におけるHIVHCV重複感染例の現状。21回日本エイズ学会学術集会総会、広島、200711

 

杉浦亙、潟永博之、吉田繁、千葉仁志、小池隆夫、伊藤俊広、原孝、佐藤武幸、石ヶ坪良明、上田敦久、近藤真規子、今井光信、貞升健志、長島真美、福武勝幸、山元泰之、田中理恵、加藤信吾、宮崎菜穂子、岩本愛吉、藤野真之、仲宗根正、巽正志、椎野禎一郎、岡慎一、林田庸総、服部純子、伊部史朗、藤崎誠一郎、金田次弘、浜口元洋、上田幹夫、正兼亜季、大家正義、下条文武、田邊嘉也、渡辺香奈子、白阪琢磨、繻エ健、森治代、小島洋子、中桐逸博、高田昇、木村昭郎、南留美、山本政弘、松下修三、健山正男、藤田次郎:2003-2006年の新規HIV-1感染者における薬剤耐性頻度の動向。21回日本エイズ学会学術集会総会、広島、200711

 

B-5

仲倉高広男性とセックスをする男性を夫に持つ女性、ジェンダーコンシャスなアプローチ(3)家族とジェンダー日本心理臨床学会第26回大会自主シンポジウム、東京、20074

 

白阪琢磨:「HIV感染症の診療連携早期発見のポイント」。26回大阪STI研究会、大阪、20076

 

白阪琢磨HIV感染症/AIDSにおける遺伝子診断について。13Osaka Respiratory Disease Conference、大阪、20081

 

白阪琢磨:身近な感染症:HIV感染症/AIDS12Infectious Disease Seminar in Kyoto、京都、20082

 

B-6

岩破俊博佐々木典子安村良男渡邊大竹田雅司、池田善彦:産褥性心筋症との鑑別が困難だった、ループス心筋心膜炎の1例。182回日本内科学会近畿地方会、大阪、20075

 

安井行彦、木村友則、小尾佳嗣、佐藤壽浩、林晃正、矢嶋敬史郎富成伸次郎 上平朝子村本記子和田晃:急速進行性糸球体腎炎症候群とネフローゼ症候群を呈したHIV関連腎症の1症例。183回日本内科学会近畿地方会、大阪、20079

 

B-8

白阪琢磨:リウマチ薬物療法の諸課題。リウマチ薬物療法アドバイザリー・カンファレンス、大阪、20074

 

仲倉高広:看護学生のメンタルヘルスについて。大阪医療センター附属看護学校特別講義、大阪、20074

 

仲倉高広:健康管理・メンタルヘスルについて、大阪医療センター平成18年度新採用職員研修、大阪、20074

 

白阪琢磨HIV感染症/エイズについて。平成19年度学校におけるエイズ・性感染症研修会~大阪府立野崎高等学校、大阪、20075

 

白阪琢磨:病院・ホスピス・施設の現状。18期ビハーラ活動者養成研修会、京都、20075

 

白阪琢磨:日本人におけるFTCの有用性・安全性について。鳥居薬品株式会社講演会、東京、20075

 

白阪琢磨:新規抗HIV治療薬の今後の展望。HIV Round Table Discussion in Osaka、大阪、20075

 

白阪琢磨HIV感染症/エイズについて。平成19年度学校におけるエイズ・性感染症研修会〜門真市立第五中学校、大阪、20076

 

白阪琢磨HIVと人権。平成19年度人権擁護士養成講座、大阪、20076

 

白阪琢磨HIV診療における外来チーム医療マニュアルの検討〜チーム医療とは〜。HIV診療におけるチーム医療」シンポジウム、新潟、20076

 

仲倉高広HIV診療における外来チーム医療マニュアルの検討〜心理的支援〜。HIV診療におけるチーム医療」シンポジウム、新潟、20076

 

白阪琢磨HIV感染症/エイズについて。平成19年度学校におけるエイズ・性感染症研修会〜大阪府立香里丘高等学校、大阪、20076

 

白阪琢磨HIV診療における外来チーム医療マニュアルの検討〜チーム医療とは〜。HIV診療におけるチーム医療」シンポジウム、富山、20076

 

安尾利彦HIV診療における外来チーム医療マニュアルの検討〜心理的支援〜。HIV診療におけるチーム医療」シンポジウム、富山、20076

白阪琢磨HIV合併抗酸菌症。82回日本結核病学会総会、大阪、20076

 

上平朝子HIV感染症。関西医科大学3回生講義、大阪、20076

 

上平朝子HIV感染症診療の現状と課題。堺産婦人科医会学術講演会、大阪、20076

 

上平朝子HIV感染症診療の現状。淀川区医師会学術講演会、大阪、20076

 

仲倉高広:カウンセリング、平成19年度保健師助産師看護師実習指導者講習会、大阪、20076

 

白阪琢磨HIV感染症/エイズについて。平成19年度学校におけるエイズ・性感染症研修会〜大阪市立夕陽丘中学校、大阪、20077

 

白阪琢磨HIV感染症/エイズについて。性教育エイズ学習〜茨木市立忍頂寺小学校、大阪、20077

 

白阪琢磨HIV感染症/エイズについて。平成19年度学校におけるエイズ・性感染症研修会〜大阪府立守口東高等学校、大阪、20077

 

白阪琢磨:「HIV感染症診療の現状どう疑うか?」。87回「病診連携懇談会」、大阪、20077

 

白阪琢磨HIV診療における外来チーム医療マニュアルの検討〜チーム医療とは〜。HIV診療におけるチーム医療」シンポジウム、愛媛、20077

 

仲倉高広HIV診療における外来チーム医療マニュアルの検討〜心理的支援〜。HIV診療におけるチーム医療」シンポジウム、愛媛、20077

 

白阪琢磨HIVAIDS治療最前線。2007AIDS文化フォーラムin横浜、神奈川、20078

 

白阪琢磨HIV治療の現状と課題。64回姫路市医師会オープンシステム症例検討会、兵庫、20079

 

白阪琢磨:エイズ治療最前線・陽性告知について。平成19年度全国地方地自治体保健所等の青少年エイズ対策推進プラグラム京都、20079

 

白阪琢磨HIV感染症/エイズについて。平成19年度学校におけるエイズ・性感染症研修会〜大阪市長吉六反中学校、大阪、20079

 

白阪琢磨HIV診療における外来チーム医療マニュアルの検討〜チーム医療とは〜。HIV診療におけるチーム医療」シンポジウム、千葉、20079

 

仲倉高広:対人関係、京都橘大学特別講演会、京都、20079

 

安尾利彦外来診療の流れ チーム医療−カウンセラーの視点からHIV診療におけるチーム医療」シンポジウム、千葉、20079

 

白阪琢磨HIVAIDSの現状と課題 病態と最新の医療について。感染症対策にかかる保健師研修(応用編)、大阪、200710

 

白阪琢磨HIV感染症/エイズについて。平成19年度学校におけるエイズ・性感染症研修会〜大阪府立交野高等学校、大阪、200710

 

白阪琢磨織田幸子:社会福祉施設とHIV感染症。研修会「社会福祉施設とHIV陽性者」大阪200710

 

白阪琢磨HIV感染症エイズについて。日曜講演、京都、200710

 

白阪琢磨上平朝子HIV診療の最前線2007平成19年度北海道HIVAIDS医療者研修会(第16回北海道HIV臨床カンファレンス)、北海道、200710

 

仲倉高広HIV医療におけるカウンセリング。平成19年度北海道HIVAIDS医療者研修会(第16回北海道HIV臨床カンファレンス)、北海道、200710

 

仲倉高広:援助的コミュニケーション〜自ら変化しようという気持ちになるために医療従事者ができること〜。平成19年度北海道HIVAIDS医療謝研修会(第16回北海道HIV臨床カンファレンス)、北海道、200710

 

白阪琢磨HIVプライマリーケア(早期発見と専門医にどうつなげるか)。50回日本感染症学会中日本地方会学術集会 第55回日本化学療法学会西日本支部総会兵庫、200710

 

白阪琢磨HIV感染症/エイズについて。平成19年度学校におけるエイズ・性感染症研修会〜大阪府立東寝屋川高等学校、大阪、200710

 

安尾利彦:事例提供。近畿ブロックHIV医療におけるカウンセリング研修会、大阪、200710

 

白阪琢磨HIV感染症/エイズについて。平成19年度学校におけるエイズ・性感染症研修会〜枚方市立枚方中学校、大阪、200711

 

白阪琢磨:生活支援論:地域T大阪府立大学 平成19年度後期授業大阪、200711

 

白阪琢磨:性感染症エイズをふせぐ。平成19年度学校におけるエイズ・性感染症研修会〜大阪市立高津中学校、大阪、200711

 

上平朝子:日常診療での課題。平成19年度HIV感染症に関する研修会大阪、200711

 

白阪琢磨:社会福祉施設とHIV陽性者。(社)兵庫県老人福祉事業協会 平成19年度「施設長研修会」、兵庫、200711

 

白阪琢磨:エイズ教育(性教育)の進め方。平成19年度新規採用養護教諭研修(第9回)・養護教諭10年経験者研修(第9回)、大阪、200711

 

矢嶋敬史郎:外国人HIV陽性者療養支援に関わった医療従事者による事例。在日外国人の保健支援に役立つ「外国人HIV陽性者療養支援セミナー:大阪」、大阪、200711

 

仲倉高広:エイズカウンセリングを通してみえてくるもの、京都府朱雀高等学校、京都200711

 

白阪琢磨:成人看護学V援助論U HIV感染症と治療。大阪赤十字看護専門学校講義、大阪、200712

 

白阪琢磨HIV院内感染対策。国立循環器病センター感染症に関する研修、大阪、200712

 

白阪琢磨:自分を大切に−HIVAIDS/性感染症−。平成19年度学校におけるエイズ・性感染症研修会〜大阪市立長吉中学校、大阪、200712

 

白阪琢磨織田幸子:社会福祉施設とHIV感染症。社会福祉施設とHIV陽性者研修会、岡山、200712

 

白阪琢磨Culture of Human Rights – 人権文化を育む。大学主催秋季人権問題講演会、兵庫、200712

 

白阪琢磨:エイズに関する現状とその対策について 医療者の立場から。エイズに関する公開討論会、大阪、200712

 

仲倉高広:遺族相談会コメンター、大阪HIV薬害訴訟原告団、京都、200712

 

仲倉高広:エイズカウンセリングを通してみえてくるもの、京都府鴨沂高等学校、京都、200712

白阪琢磨: HIV感染症治療の現状。兵庫医科大学血液内科同窓会、兵庫、20081

 

白阪琢磨HIV感染症治療の現状。独立行政法人国立病院機構京都医療センター附属京都看護助産学校特別講義、京都、20081

 

白阪琢磨HIV/AIDSの現状と医療体制。大阪大学大学院医学系研究科医科学修士課程社会人コース健康政策学各論・社会環境医学セミナー講義「大阪のHIV/AIDSの現状と課題−行政・研究者医療者・教育者・市民−」、大阪、20081

 

上平朝子HIV感染症及び日和見疾患の治療。1回中国四国地方エイズ診療拠点病院医師のための研修会、広島、20081

 

上平朝子HIV医療の現状。大阪医療ソーシャルワーカー協会中堅者研修「HIV感染症とソーシャルワーク実践」、大阪、20081

 

仲倉高広:陽性告知時の心理的支援について、平成19年度エイズ対策研修会、京都、20081

 

渡邊大:内科臨床医のためのHIV感染症の知識−他人事ではないHIV感染症。中間法人大阪府内科医会定例講演会、大阪、20082

 

安尾利彦:最近のHIVの動向(心理)。財団法人エイズ予防財団ケア合同研修、東京20082

 

安尾利彦:事例提供。財団法人エイズ予防財団ケア合同研修、東京20082

 

B-9

白阪琢磨 : 日本のHIV感染・発症の現状は?。CBCラジオ「多田しげおの気分爽快!」2007524日(木)朝7:15放送

 

白阪琢磨B型肝炎の治療におけるHIV感染症を見落とさないために。ラジオNIKKEI「アボット 感染症アワー」20075月収録、2007824日放送