脳神経外科

 

森内秀祐

 

当科は近畿癌センター、近畿循環器病センター、西日本災害拠点を併せもつ政策医療に取り組む基幹病院の脳神経外科として、脳・脊髄腫瘍、脳血管障害、頭部外傷および小児脳神経外科疾患を扱っております。脳卒中内科、救命救急、小児科、放射線科、リハビリテーション科、病理診断科、その他関連諸科の専門医および看護師、理学療法士、栄養師、薬剤師、医療相談員等と協力し、脳科学に基づいた診断、治療を行い、患者様に満足していただける治療の提供を心がけております。

(1) 脳・脊髄腫瘍では、悪性脳腫瘍はもとより、髄膜腫、下垂体腫瘍、神経鞘腫などの良性脳腫瘍に対しても、ニューロナビゲーター神経内視鏡などの最先端の画像技術を駆使する医療機器を用いた手術療法、化学療法、放射線治療、定位放射線治療(エックスナイフ)、免疫療法などを提供し、低侵襲的手術と生活の質の改善を目指しております。先端医療センターも兼備し、自由医療ではありますが、悪性脳腫瘍に対する活性化自己リンパ球療法(CD3-LAKを随時提供可能です。さらに樹状細胞療法の提供を準備中です。またヘルペスウイルスを用いた遺伝子治療の臨床応用も準備中です。

(2) 脳血管障害では、急性期脳卒中ケアユニット(SCUによる脳血管障害に対する24時間対応の救急体制をとっており、脳動脈瘤や脳出血に対する緊急開頭術、脳血管内治療の体制を作っております。さらに、脳卒中内科と協力して超急性期脳梗塞に対するt-PA療法も積極的に行っております。脳血管内治療では、頚動脈狭窄に対するステント留置術未破裂脳動脈瘤や破裂動脈瘤に対するコイル塞栓術といったメスを用いない低侵襲治療も多く行っております。

(3) 頭部外傷では、災害拠点病院の救命救急センターとして、24時間体制で取り組んでおり、第三次救急として、救急専門医と連携して質の高い救急医療を提供しております。

(4) 小児脳神経外科では、先天性中枢神経系異常(水頭症、脊髄髄膜瘤、脳瘤、クモ膜嚢腫など)、小児脳腫瘍、モヤモヤ病など小児の全般的脳疾患を対象とし、小児科、産科、泌尿器科、助産師、心理療法士等と共同し、トータルなサポート体制を敷いています。なかでも、脊髄髄膜瘤のトータルケアができるように、神経因性膀胱に専門医を招聘し、二分脊椎症外来(完全予約制)を行っております。

 脳神経外科は、この病院に来られた患者さんが『この病院に来て良かった』と、思える医療を目指して努力しております。

 

2007年度研究発表業績】

A-0

MORI H, NINOMIYA K, KANEMURA Y, YAMASAKI M, KINO-OKA M, TAYA M. Image cytometry for analyzing regional distribution of cells inside human neurospheres. J Biosci Bioeng 103(4):384-387, 2007

 

KATO T, KANEMURA Y, SHIRAISHI K, MIYAKE J, KODAMA S, HARA M. Early response of neural stem/progenitor cells after X-ray irradiation in vitro. NeuroReport 18(8):895-900, 2007

 

NAKANO A, KANEMURA Y, MORI K, KODAMA E, YAMAMOTO A, SAKAMOTO H, NAKAMURA Y, OKANO H, YAMASAKI M, ARITA N. Expression of the neural RNA-binding protein Musashi1 in pediatric brain tumors. Pediatr Neurosurg 43(4):279-284, 2007

 

MORI H, FUJITANI T, KANEMURA Y, KINO-OKA M, TAYA M. Observational examination of aggregation and migration during early phase of neurosphere culture of mouse neural stem cells. J Biosci Bioeng 104(3):231-234, 2007

 

HATTORI Y, OHTA S, HAMADA K, YAMADA-OKABE H, KANEMURA Y, MATSUZAKI Y, OKANO H, KAWAKAMI Y, TODA M. Identification of a neuron-specific human gene, KIAA1110, that is a guanine nucleotide exchange factor for ARF1. Biochem Biophys Res Commun 364(4):737-742, 2007

 

KATO M, MIYA F, KANEMURA Y, TANAKA T, NAKAMURA Y, TSUNODA T.  Recombination rates of genes expressed in human tissues. Hum Mol Genet 17(4):577-586, 2008

 

A-1

山崎麻美子どもの脳を守る−小児脳神経外科医の報告。集英社、東京、20075

 

A-3

寺元千佳埜中正博、山田淳二、立石明広、山中 巧、林 淑文山崎麻美:胎児期水頭症管理における家族サポートの重要性。小児の脳神経 324):292-2962007

 

A-4

金村米博山崎麻美水頭症発症の分子メカニズム、Medical Science Digest 33(10):2-32007

 

林 淑文森内秀祐尾崎友彦高垣匡寿モリス シェイン埜中正博山中一功中島 伸山崎麻美真能正幸竹田雅司上平朝子:免疫異常に合併し、悪性リンパ腫との鑑別を要した脳内病変の5例。脳神経外科速報 177):855-8612007

 

山崎麻美:女性医師の勤務環境改善プロジェクトに取り組んでみえてきた問題点。

循環器専門医 1529):285-2892007 

 

田中順子、加藤天美、尾崎由和、山崎麻美:定位的ラジオ波焼灼術により、てんかん発作および情動障害が改善した視床下部過誤腫の1例。てんかん研究252):81-872007

 

中島 伸:事前確率について。脳神経外科速報181):62-652008

 

中島 伸:事前確率の応用。脳神経外科速報182):198-2012008

 

中島 伸:生野菜が大切。脳神経外科速報183):316-3192008

 

森竹浩三、山崎麻美、森 惟明、菊池晴彦:胎児期水頭症−疫学調査20年の軌跡−。   脳神経外科361):7-242008

 

A-6

中島 伸:暗闇が怖い。レジデントノート91):145-1482007

 

中島 伸30秒プレゼンテーション。レジデントノート92):255-2572007

 

中島 伸:誰でもできる2次元診断法。レジデントノート93):421-4242007

 

中島 伸:目が見えない!。レジデントノート94):567-5692007

 

中島 伸:応用問題。レジデントノート95):708-7102007

 

中島 伸:本当だっただ。レジデントノート96):873-8752007

 

中島 伸:転院希望の行方。レジデントノート97):1029-10322007

 

中島 伸:思い出深い意識障害症例。レジデントノート98):1242-12442007

 

中島 伸:病を学び、ともに成長。レジデントノート99):1396-13982007

 

中島 伸:超整理術。レジデントノート910):1562-15642008

 

中島 伸:化け神様の見回り。レジデントノート911):1710-17122008

 

中島 伸:腰痛顛末記。レジデントノート912):1781-17842008

 

中島 伸:勤務医とマスメディア「メディアの役割は大きいが、多面的な報道姿勢が必要だ」。ジャミック ジャーナル283):212008

 

B-1

YAMASAKI M : Molecular Biolpgy of Congenital Hydrocephalus and Guideline for Fetal

Hydrocephalus. International Celebratory Symposium for 50th Anniversary of department of neurosurgery, Seoul National University, Seoul, Sept ,2007

 

YAMASAKI MVentricular peritoneal shunt in neonate.  12th Asian Australasian Congress of neurological surgeons/World Federation of Neurosurgical Societies Interim Meeting.  Nagoya  November,2007

 

YAMASAKI M: X-linked hydrocephalus and molecular biology of congenital hydrocephalus. 12th Asian Australasian Congress of neurological surgeons/World Federation of Neurosurgical Societies Interim Meeting.  Nagoya , November ,2007

 

YAMASAKI M; Guideline for diagnosis and treatment of fetal hydrocephalus. 12th Asian Australasian Congress of neurological surgeons/World Federation of Neurosurgical Societies Interim Meeting.  Nagoya , November,2007

 

NONAKA M, MORRIS J. S, RIN Y, MORIUCHI S,YAMASAKI M: Surgery of spinal lipoma. 12th Asian Australasian Congress of neurological surgeons/World Federation of Neurosurgical Societies Interim Meeting.  Nagoya , November, 2007

 

B-2

KANEMURA Y, SHOFUDA T, YAMAMOTO A, MORI H, OKANO H, YAMASAKI M: Gene expression profiling of human neural stem/progenitor cells and analysis of genes involved in differentiation. 5th ISSCR Annual Meeting, Cairns, Queensland, Australia, 20076

 

OZAKI T, MORRIS J.S, RIN Y, TAKAGAKI M, NONAKA M, YAMANAKA K, NAKAJIMA S, YAMASAKI M, MORIUCHI S : A Case of intramedullary Metastasis of a Primary Third Left Finger Giant Cell Bone Tumor Fifteen Years after Lung Metastasis. 12th Asian Australasian Congress of neurological surgeons/World Federation of Neurosurgical Societies Interim Meeting.  Nagoya , November, 2007

 

MORIUCHI S :Less invasive surgery for the total resection of metastatic brain tumor using a navigating system enhances the quality of life of patients. 12th Asian Australasian Congress of neurological surgeons/World Federation of Neurosurgical Societies Interim Meeting.  Nagoya  November, 2007

 

MORISS J.S, RIN Y, OZAKI T, TAKAGAKI M, NONAKA M, YAMANAKA K, NAKAJIMA S, YAMASAKI M, MORIUCHI SClinical differentiation between enhanced intracerebral lesions inPatients with immune suppression . A case study of 5 patients. 12th Asian Australasian Congress of neurological surgeons/World Federation of Neurosurgical Societies Interim Meeting.  Nagoya , November, 2007

 

B-3

埜中正博林 淑文尾崎友彦高垣匡寿モリス シェイン山中一功中島 伸森内秀祐山崎麻美:ゴアテックス人工硬膜の係留脊髄手術への影響−再手術の検討−。

35回日本小児神経外科学会、千葉、20075

 

埜中正博林 淑文尾崎友彦高垣匡寿モリス シェイン山中一功中島 伸森内秀祐山崎麻美:受傷機転に虐待が疑われる頭部外傷例の諸問題。35回日本小児神経外科学会、千葉、20075

 

山崎麻美:ワーク・ライフ・バランスの観点から−子育て支援を中心に−。61回国立病院総合医学会、名古屋、200711

 

山崎麻美:子どもの脳を守る−あるべき医療と家族のサポート。日本イアンドナルド超音波講座 アドバンストセミナー2008、大阪、20081

 

山崎麻美:胎児期の水頭症A to Z日本イアンドナルド超音波講座 アドバンストセミナー2008、大阪、20081

 

B-4

金村米博正札智子山本篤世 英樹、岡野栄之、山崎麻美:ヒト神経幹細胞/前駆細胞およびその分化細胞における遺伝子発現特性の検討。5回幹細胞シンポジウム、淡路、20075

 

林 淑文埜中正博尾崎友彦高垣匡寿モリス シェイン山中一功中島 伸森内秀祐山崎麻美:頭蓋内圧の急激な低下により症状が出現したと考えられるキアリU型奇形の2例。35回日本小児神経外科学会、千葉、20075

 

英樹正札智子山崎麻美金村米博:ヒト神経幹細胞/前駆細胞のneurosphere形成が及ぼす増殖促進効果。5回幹細胞シンポジウム、淡路、20075

 

寺元千佳深井照美埜中正博林 淑文山崎麻美:思春期の受診体験により医療不信となっていた脊髄髄膜瘤の一症例との関わりを通して。24回日本二分脊椎研究会、千葉、20076

 

英樹正札智子山崎麻美金村米博:ヒト神経幹細胞/前駆細胞のneurosphere形成過程の解析。25回日本ヒト細胞学会学術集会、東京、20078

 

正札智子 英樹山本篤世森内秀祐山崎麻美、有田憲生、金村米博:脳腫瘍がん幹細胞選択的に発現する遺伝子の探索。8回日本分子脳神経外科学会、西宮(兵庫)、20079

 

英樹、紀ノ岡正博、田谷正仁、山崎麻美金村米博:ヒト神経幹細胞の分化率の評価。59回日本生物工学会大会、東広島、20079

 

モリス シェイン森内秀祐尾崎友彦高垣匡寿林 淑文埜中正博山中一功中島 伸山崎麻美:後頭部腫瘤で発見された無症候性腎癌の一例。66回社団法人 日本脳神経外科学会総会、東京、200710

 

高垣匡寿森内秀祐林 淑文尾崎友彦シェイン モリス埜中正博山中一功中島 伸山崎麻美:胃形質細胞腫を原発とした巨大転移性頭蓋骨腫瘍の一例。66回社団法人 日本脳神経外科学会総会、東京、200710

 

山中一功高垣匡寿中島 伸モリス シェイン林 淑文尾崎友彦埜中正博森内秀祐CEA high risk郡に対する頚動脈ステント留置術(CAS)の治療成績。66回社団法人 日本脳神経外科学会総会、東京、200710

 

森内秀祐埜中正博モリス シェイン高垣匡寿林 淑文尾崎友彦山中一功中島 伸山崎麻美:ニューロナビゲーターを用いた転移性脳腫瘍の低侵襲小開頭腫瘍摘出術。66回社団法人 日本脳神経外科学会総会、東京、200710

 

林 淑文森内秀祐尾崎友彦高垣匡寿モリス シェイン埜中正博山中一功中島 伸山崎麻美真能正幸竹田雅司上平朝子:免疫異常に合併し、悪性リンパ腫との鑑別を要した脳内病変の5例。66回社団法人 日本脳神経外科学会総会、東京、200710

埜中正博モリス シェイン高垣匡寿林 淑文尾崎友彦山中一功中島 伸山崎麻美森内秀祐:血行再建術後も虚血症状を認めるもやもや病の治療選択。66回社団法人 日本脳神経外科学会総会、東京、200710

 

尾崎友彦森内秀祐林 淑文高垣匡寿シェイン モリス埜中正博山中一功中島 伸山崎麻美上田孝史竹田雅司真能正幸:左中基節骨原発の巨細胞腫が肺転移後に脊髄髄内転移を呈した非常に稀な1例。66回社団法人 日本脳神経外科学会総会、東京、200710

 

高垣匡寿山中一功林 淑文尾崎友彦シェイン モリス埜中正博中島 伸森内秀祐CAS後、約2週間後に発症したhyperperfusion syndromeの症例。23NPO法人 日本脳神経血管内治療学会総会、神戸、200711

 

山中一功高垣匡寿林 淑文尾崎友彦シェイン モリス埜中正博中島 伸森内秀祐、若山 暁、山崎麻美:脳動脈瘤コイル塞栓術後の再発例とその要因。23NPO法人 日本脳神経血管内治療学会総会、神戸、200711

 

山崎麻美林 淑文シェイン モリス埜中正博:脳室腹腔シャント術における合併症の工夫。25回日本こども病院神経外科医会、東京、200711

 

シェイン モリス埜中正博林 淑文尾崎友彦高垣匡寿山中一功中島 伸森内秀祐山崎麻美:乳児特発性小脳出血の一例。25回日本こども病院神経外科医会、東京、200711

 

埜中正博シェイン モリス林 淑文高垣匡寿尾崎友彦山中一功中島 伸森内秀祐山崎麻美:当院における脊髄脂肪腫の手術適応・術式。25回日本こども病院神経外科医会、東京、200711

 

森内秀祐埜中正博モリス シェイン中島 伸山中一功高垣匡寿林 淑文尾崎友彦金村米博山崎麻美:ナビゲーターによる転移性脳腫瘍の低侵襲小開頭腫瘍摘出術。12回日本脳腫瘍の外科学会、神戸、200711

 

森内秀祐山崎麻美中島 伸山中一功埜中正博高垣匡寿林 淑文尾崎友彦:乳癌転移性脳腫瘍の早期発見治療のための転移時期予測指標についての検討。25回日本脳腫瘍学会、東京、200712

 

尾崎友彦森内秀祐高垣匡寿林 淑文Sheyne morris埜中正博山中一功中島 伸山崎麻美Epidermoidとの鑑別を要したCPangleLipoma. 25回日本脳腫瘍学会、東京200712

 

高垣匡寿山中一功尾崎友彦シェイン モリス埜中正博中島 伸森内秀祐:当院にて経験したtrue p-com aneurysmの2例。37回日本脳卒中の外科学会、京都、20083

 

山中一功高垣匡寿林 淑文尾崎友彦シェイン モリス埜中正博森内秀祐:脳動脈瘤コイル塞栓術後再治療とその要因。37回日本脳卒中の外科学会、京都、20083

 

尾崎友彦山中一功林 淑文高垣匡寿シェイン モリス埜中正博中島 伸森内秀祐CAS施工後、約2週間で発症したhyperperfusion syndrome1例。33回日本脳卒中学会総会、京都、20083

 

B-5

林 淑文寺元千佳埜中正博モリス シェイン尾崎友彦高垣匡寿山中一功中島 伸森内秀祐山崎麻美:開腹手術時に体外ドレナージが有用であった脳室腹腔シャント例の2例。24回日本二分脊椎研究会、千葉、20076

 

B-6

林 淑文埜中正博山中 巧尾崎友彦高垣匡寿山中一功中島 伸森内秀祐山崎麻美:内視鏡下透明中隔開窓術にナビゲーションシステム有用であった1例。65回近畿脳腫瘍研究会、千里(大阪)、20074

 

尾崎友彦高垣匡寿林 淑文シェイン モリス埜中正博山中一功森内秀祐上田孝史竹田雅司真能正幸:脊髄髄内転移を呈した左環指基節骨原発の巨細胞腫の1例。65回近畿脳腫瘍研究会、千里(大阪)、20074

 

尾崎友彦森内秀祐中島 伸山中一功埜中正博モリス シェイン林 淑文高垣匡寿山崎麻美:クラニオフィックスとバイオペックス併用による右蝶形骨縁内側−海綿静脈洞部髄膜腫の術後側頭部陥凹回避の工夫。大阪大学医学部脳神経外科関連病院懇話会大阪、20077

 

山中一功:頚動脈ステント留置術(CAS)における周術期徐脈低血圧危険因子の検討。

8回近畿脳神経血管内治療学会、豊中(大阪)、20079

 

林 淑文森内秀祐尾崎友彦高垣匡寿モリス シェイン埜中正博山中一功中島 伸真能正幸山崎麻美:診断に苦慮したTcell lymphomaの一例。66回近畿脳腫瘍研究会、豊中(大阪)、20079

 

モリス シェイン埜中正博林 淑文尾崎友彦高垣匡寿山中一功中島 伸森内秀祐山崎麻美:乳児特発性小脳出血の一例。42回日本小児神経学会近畿地方会、大阪、200710

 

埜中正博モリス シェイン林 淑文寺元千佳松岡暖奈尾崎友彦高垣匡寿山中一功中島 伸森内秀祐山崎麻美:虐待が疑われる乳児頭部外傷例への対応の検討。

42回日本小児神経学会近畿地方会大阪、200710

 

尾崎友彦山中一功林 淑文高垣匡寿シェイン モリス埜中正博中島 伸森内秀祐CAS後、約2週間後に発症したhyperperfusion syndromeの症例。14回大阪脳血管内治療研究会200710

 

尾崎友彦森内秀祐山崎麻美中島 伸山中一功埜中正博モリス シェイン高垣匡寿MRI脂肪抑制画像が有用であった小脳橋角部脂肪腫の1例。大阪、大阪大学医学部脳神経外科関連病院懇話会20081

 

B-8

中島 伸:めまい疾患教育用モデル作成の提案。1回次世代医療システム産業化フォーラム2007、大阪、20074

 

中島 伸:日常診療と医療事故。大阪大学医学部付属病院講演、大阪、20074

 

山崎麻美:特別講演「先天性水頭症をめぐる最近の話題」−先天性水頭症の分子遺伝学的研究と胎児期水頭症ガイドラインについて−。57回日本小児科学会滋賀地方会、滋賀、20075

 

山崎麻美:これからの女性医師のあり方。女性医師支援フォーラム(平成18年度選定文部科学省公募プログラム「地域医療等社会的ニーズに対応した質の高い医療人養成推進プログラム」)、秋田、20077月 

 

山崎麻美:女性医師の勤務環境改善の取り組み。岡山県医師会女医部会総会、岡山県医師会主催、岡山、20077

 

中島 伸:医療現場におけるコミュニケーションスキル。新任中間監督者研修、大阪、20077

 

森内秀祐:悪性脳腫瘍に対する活性化自己リンパ球療法について。12回法円坂 地域医療フォーラム〜脳神経外科の最前線〜、大阪、200710

 

金村米博:脳神経外科領域における研究の最前線〜神経幹細胞とがん幹細胞の研究〜。12回法円坂 地域医療フォーラム〜脳神経外科の最前線〜200710

 

山崎麻美:女性医師勤務環境改善プロジェクト。労働者健康福祉機構主催 第5回労災財病院女性医師フォーラム、名古屋、200711

 

中島 伸:適切な診療記録記載について。大阪南医療センター講演会、大阪、200711

 

山崎麻美:二分脊椎症とうまくつきあうために。日本二分脊椎症協会広島支部 広島支部設立30周年記念行事特別講演、広島、200711

 

中島 伸:医療安全について。訟務実務研修、大阪、200712

 

山崎麻美:女性医師の勤務改善について。全国国立病院院長協議会関東信越支部勉強会、埼玉 20081

 

森内秀祐:最善で最良の集学的治療を目指してー大阪医療センターにおける悪性脳腫瘍治療に係わる取り組み。市民公開セミナーがんとの闘い・新しい医療への挑戦〜患者さんの望むがん治療、大阪、20081

 

中島 伸:拡大医療安全管理委員会について。医療安全管理研修、大阪、20081

 

中島 伸:医療研修。損害保険料率算出機構医療研修、大阪、20082

 

中島 伸:日常診療虎の巻。1Tasaka Memorial Lecture、広島、20082

 

中島 伸:医療安全の原点。医療安全管理者養成研修会、大阪、20082

 

山崎麻美:女性医師の勤務環境改善のとりくみ。香川大学医学部大学地区職員研修会講演、香川、20082

 

山崎麻美:子どもの脳を守る。日本医師会 平成19年度母子保健講習会、東京、20082

 

山崎麻美:法的脳死判定について。社団法人日本臓器移植ネットワーク西日本支部 第2回「臓器の提供に関する懇話会」、大阪、20083

 

森内秀祐:悪性グリオーマに対するテモゾロミドを用いた治療方法。多地点合同メディカルカンファレンス、大阪、20083

 

B-9

山崎麻美:子どもの脳といのちへの想い。NHKラジオ深夜便 こころの時代、大阪、20078