心臓血管外科

 

高橋俊樹

 

当科では、救命、延命に加えて生活の質(Quality of lifeQOL)や安全性の向上を目指した心臓血管外科治療に取り組んでいます。近年、高齢の方や脳血管障害、慢性閉塞性肺疾患、肝機能障害、慢性透析、担癌などの様々な合併症を有する患者さんが増えて来ましたが、適切な術中心筋保護や脳保護、綿密な術後の集中管理に加えて低侵襲化や安全性に重点を置いた最新の手術術式を選択することにより、心筋梗塞や心室中隔穿孔、急性大動脈解離などの重症緊急手術も含めて極めて良好な手術成績が得られています。また、心房中隔欠損症などの比較的単純な先天性心疾患や僧帽弁疾患では、年齢、心機能、各種臓器機能、全身の動脈硬化の程度などのリスクも十分に検討した上で、創部を小さくしたMinimmaly invasive cardiac surgery (MICS)を積極的に行っています。

1)虚血性心疾患:冠動脈バイパス手術では、人工心肺装置を用いない低侵襲心拍動下冠動脈バイパス術を第一選択にしていますが、高度左室機能低下症例では人工心肺補助下の心拍動下吻合を行い完全血行再建に重点を置いています。動脈グラフトを駆使したグラフト開存率は極めて良好で、長期遠隔成績の優れた確実な冠血行再建を提供しています。また、虚血性心筋症に対しては左室縮小形成術、僧帽弁形成術、不整脈手術や両心室ペーシングも加えた複合的外科治療を行っており、循環器内科との集学的心不全治療の重要な一翼を担っています。(2)弁膜症:狭小弁輪大動脈弁疾患に対する有効弁口面積の大きい最新の人工弁、術後の抗凝固療法の回避を目指した僧帽弁形成手術+心房細動手術(メイズ手術)など、術後の心機能の回復やQOLを考慮した術式選択を第一主義としています。僧帽弁閉鎖不全症に対する弁形成術は、後尖病変のみならず高度な手術手技を要する前尖病変に対しても取り組んでおり、症例によってはMICSアプローチ下に前尖、後尖ともに形成術を行っています。また、高度左室機能低下症例に対してはultra-short actingβblockerを用いた心拍動下僧帽弁手術を導入し術後の強心薬もわずかという良好な結果が得られています。(3)先天性心疾患:心房中隔欠損症、心室中隔欠損症などの成人の先天性心疾患を対象としています。(4)大動脈・末梢血管外科:脳分離体外循環や循環停止法を駆使して弓部大動脈置換に取り組み、予定・緊急手術ともに良好な結果が得られています。とくに高齢者の弓部置換ではLong elephant trunk techniqueを用いて低侵襲化を図り、慢性閉塞性肺疾患や脳梗塞などの基礎疾患を有する重症患者さんにも対応しています。また、腹部大動脈瘤に対するステントグラフト治療も行っています。

 

2007年度研究発表業績】

A-0

Nishi H, Takahashi T, Matsumiya G, Takano H, Ichikawa H, Miyagawa H, Sawa Y. Preoperative assessment of congestive liver dysfunction using technetium-99 m galactosyl human serum albumin liver scintigraphy in patients with severe valvular heart disease. Surg Today 2007;37:564-9

 

Shudo Y, Taniguchi K, Matsue H, Takahashi T, Toda K, Hata H, Sawa Y. Successful total arch replacement with long elephant trunk for chronic aortic dissection. (DeBakey IIIB). Ann Thorac Surg 2007;84:659-661

Taniguchi K, Kuki S, Takahashi T, Masai T, Toda K, Matsue H, Hata H. Simple and uniform technique for combined repair of aortic arch and root replacement. Ann Thorac Surg 2007;84:677-679

 

Taniguchi K, Takahashi T, Toda K, Matsue H, Shudo Y, Shintani H, Mitsuno M, Sawa Y. Left ventricular mass: impact on left ventricular contractile function and its reversibility in patients undergoing aortic valve replacement. Eur J Card Thorac Surg 2007;32:588-595

 

Shudo Y, Takahashi T, Ohta M, Matsue H, Ikeda N, Taniguchi K. Successful resection of thymoma with intracaval and intracardiac extension. J Card Surg, 2007;22:330-2

 

Taniguchi K, Toda K, Hata H, Shudo Y, Matsue H, Takahashi T, Kuki S. Elephant trunk anastomosis proximal to origin of innominate artery in total arch replacement. Ann Thorac Surg 2007;84:1729-34

 

Adachi I, Kagisaki K, Yagihara T, Hagino I, Ishizaka T, Kobayashi J, Kitamura S.Unroofing aortic intramural left coronary artery arising from right pulmonary artery. Ann Thorac Surg. 2008 ;85:675-7

 

Tsunekawa T, Ishizaka T, Uemura H, Kagisaki K, Hagino I, Yagihara T. A case with heterotaxy reaching the Fontan procedure after unifocalizations. Int J Cardiol. 2007 ;120:e3-5. 

 

Adachi I, Yagihara T, Kagisaki K, Hagino I, Ishizaka T, Kobayashi J, Kitamura S, Uemura H. Preoperative small pulmonary artery did not affect the midterm results of Fontan operation. Eur J Cardiothorac Surg. 2007;32:156-62.

 

Koh M, Yagihara T, Uemura H, Kagisaki K, Hagino I, Ishizaka T, Kitamura S. Optimal timing of the Fontan conversion: change in the P-wave characteristics precedes the onset of atrial tachyarrhythmias in patients with atriopulmonary connection. J Thorac Cardiovasc Surg. 2007;133:1295-302.

 

Adachi I, Ishibashi-Ueda H, Yagihara T, Kagisaki K, Hagino I, Ishizaka T, Uemura H. Immunohistologic examination of pedicled autologous pericardium 9 years after implantation for an extracardiac conduit in Fontan pathway: comparison with in situ pericardium and pulmonary arterial tissue from the same patient. J Thorac Cardiovasc Surg. 2007;133:1101-3.

 

B-3

石坂透、高橋俊樹、樋口卓也、吉岡大輔:弁輪破壊例に対する弁輪部馬心膜パッチ再建を伴う弁置換術。38回日本心臓血管外科学会、福岡、20082

 

B-6

石坂透、高橋俊樹、藤田知之、塩満大樹、吉岡大輔:馬心膜パッチによる弁輪部補填再建を伴う弁置換術。50回関西胸部外科学会学術集会、大阪、20076

 

藤田知之、高橋俊樹、石坂透、塩満大樹、吉岡大輔:成人期AVSDに対するMVR術後遠隔期再手術の経験。50回関西胸部外科学会学術集会、大阪、20076

 

塩満大樹、高橋俊樹、石坂透、藤田知之、吉岡大輔:右室流出路高度狭窄による循環不全を呈し、感染性心内膜炎と穿孔性急性虫垂炎を併発した心臓肉腫の一例。50回関西胸部外科学会学術集会、大阪、20076

 

吉岡大輔、高橋俊樹、石坂透、藤田知之、塩満大樹:Valve detachmentを繰り返したPropionibacterium. Acnesによる大動脈弁位感染性心内膜炎の一例。50回関西胸部外科学会学術集会、大阪、20076

 

石坂透、高橋俊樹、樋口卓也、吉岡大輔:低左心機能・僧帽弁膜症に対するUltra-short acting βblockerを用いた心拍動下僧帽弁手術。53回近畿心臓外科研究会、大阪、20076

 

吉岡大輔、高橋俊樹、石坂透、樋口卓也:高度僧帽弁閉鎖不全症合併の虚血性心筋症に対するUltra-short acting βblockerを用いた心拍動下手術。24回循環器内科・外科フォーラム、大阪、20079

 

吉岡大輔、高橋俊樹、石坂透、樋口卓也:術後難治性乳糜腹水を併発した活動期感染性腹部大動脈瘤に対する一例。54回近畿心臓外科研究会、大阪、200711

 

吉岡大輔、高橋俊樹、石坂透、樋口卓也、松田智明、平田隆彦:活動期感染性腹部大動脈瘤術後に発症した乳糜腹水に対してソマトスタチンが奏功した1例。35回日本集中治療学会、東京、20082

 

樋口卓也、高橋俊樹、石坂透、吉岡大輔:アプローチに苦慮した直腸癌腹会陰式直腸切断術術後の感染性腹部大動脈瘤の一手術例、22回日本血管外科近畿地方会、尼崎、20083

 

B-8

高橋俊樹:低侵襲を目指した心臓大動脈手術:術後早期の回復とQOL向上を目指して。第二回東大阪循環器病診連携の会、大阪、20082