消化器科

 

池田昌弘

 

消化器科は消化管、肝、胆・膵の消化器全般にわたる疾患の診療を行うなかで、消化管、肝臓を中心に臨床研究を推進している。胆道を含め消化管の分野では、内視鏡診断と治療が中心となっている。

1.早期胃癌内視鏡切除: ITナイフを用いたsubmucosal dissectionは今までの蓄積に加え、NBI、拡大観察、EUSをとりいれ術前の診断制度が格段に向上した。その結果に基づいてより客観的な術式の定着と適応拡大をテーマとしてprospective studyをすすめている。胃以外の臓器(食道、十二指腸、大腸)への応用もすすめている。

2.QOL改善を目指した治療:狭窄解除、胃瘻造設等を対象として先進的な内視鏡技術を取り入れて臨床的研究をすすめている。

3.癌化学療法:切除不能消化管癌を対象にプロトコールを設定して有効性を検討している。最近増加している膵癌に対しても新しいレジメンや治験薬による治療をすすめている。

4.炎症性腸疾患:症例の増加とともに、新しい治療法と長期経過が研究対象となっている。クローン病、潰瘍性大腸炎とも治験が進行中である。ステロイド使用例における骨粗しょう症予防が自主研究対象となっている。

5.大腸ポリープ、癌症例が増加しており、内視鏡診断精度の向上を目指した色素内視鏡拡大内視鏡、EUSが研究対象として加わった。

 

肝疾患症例の大部分は肝癌、慢性肝炎、合併症を伴った肝硬変によって占められている。C慢性肝炎に対するインターフェロン治療患者数は西日本で最多、全国でも第3位である。また、B肝炎に対するエンテカビル投与患者数も、関西最多である。

1. 難治性C慢性肝炎に対するTwo–step IFN rebound therapy(当院で命名)は、その他の方法では奏功しないと考えられる症例にも効果があり、多くの施設で検討がなされ、良好な成績が得られている。

2. ペグインターフェロン・リバビリン併用治療におけるHCV RNA非消失例に対するIFNβブースター治療(当院で命名)は、ペグインターフェロン/リバビリン併用治療成績を向上させる優れた方法として注目されている。

3. 長崎医療センターが基幹病院である肝疾患ネットワークの一貫として5つの臨床研究と、厚生労働省肝炎克服等緊急対策研究事業「肝硬変に対する治療に関する研究」に参加している。また、東京大学医学部感染症内科小池教授を班長とした、厚生労働省科学研究費「HIV感染症に合併する各種疾患に関する研究」と、名古屋市立大学臨床分子医学分野溝上教授を班長とした「テーラーメイド治療を目指した肝炎ウィルスデーターベース構築に関する研究」にも同じく分担研究者として参加している。

4. 肝臓短期入院患者の増加によって平均在院日数の短縮と肝細胞癌、食道静脈瘤の早期診断による治療患者増が得られている。

5. 治験に関しては、現在10におよぶ肝疾患治療に関する開発治験が進行中である。

 

2007年度研究発表業績】

A-0

KITADA T, MURAKAMI T, KUZUSHITA N, MINAMITANI K, NAKAJO K, OSUGA K, MIYOSHI E, NAKAMURA H, KISHINO B, TAMURA S, HAYASHI N.Effectiveness of real-time virtual sonography-guided radiofrequency ablation treatment for patients with hepatocellular carcinomas, Hepatol Res 2008 Jau 16 ; [Epub ahead of print].

             

MIYATAKE H, KANTO T, INOUE M, SAKAKIBARA M, KAIMORI A, YAKUSHIJIN T, ITOSE I, MIYAZAKI M, KUZUSHITA N, HIRAMATSU N, TAKEHARA T, KASAHARA A, HAYASHI N.Impaired ability of interferon-alpha-primed Dendritic cells to stimulate Th1-type CD4 T-cell response in chronic hepatitis C. J Viral Hepat. 14: 404-122007

             

ITOSE I, KANTO T, MIYAZAKI M, MIYATAKE H, SAKAKIBARA M, YAKUSHIJI T, OZE T, HIRAMATSU N, TAKEHARA  T, KASAHARA  A, KATAYAMA K, KATO M, HAYASHI N,Involvement of dendritic cell frequency and function in virological relapse in pegylated interferon-alpha and ribavirin therapy for chronic hepatitis C patients.J Med Virol.79(5)511-521:2007

             

KOIKE K, KIKUCHI Y, KATO M, TAKAMATSU J, SHINTANI Y, TSUTSUMI T, FUJIE H, MIYOSHI H, MORHIYA K, YOTSUYANAGI H,Prevalence of hepatitis B virus infection in Japanese patients with HIV.Hepatol Res.,38(Issue3)310-314:2007

             

ITO K, TANAKA Y, KATO M, FUJIWARA K, SUGAUCHI F, SAKAMOTO T, SHINKAI N, ORITO E, MIZOKAMI M,Comparison of complete sequences of hepatitis B virus genotype C between inactive carriers and hepatocellular carcinoma patients before and after seroconversion.J Gastroenterol.42(10)837-844:2007

             

KURASHIGE N, HIRAMATSU N, OHKAWA K, OZE T, INOUE Y, KUROKAWA M, YAKUSHIJI T, IGURA T, KISO S, KANTO T, TAKEHAR A T, TAMURA S, KASAHARA  A, OSHITA M, HIJIOKA T, KATAYAMA K, YOSHIHARA H, HAYASHI E, IMAI Y, KATO M, HAYASHI N,Initial viral response is the most powerful predictor of the emergence of YMDD mutant virus in chronic hepatitis B patients  treated with lamivudine.Hepatol   Res.():2007

             

KANDA A, TAKEHARA T, OHKAWA K, KATO M, TASUMI T, MIYAGI T, SAKAMORI R, YAMAGUCHI S, UEMURA A, KOHGA K, SASAKAWA A, HIKITA H, KAWAMURA K, KANTO T, HIRAMATSU N, HAYASHI N,Early emergence of entecavir-resistant hepatitis B virus in a patient with hepatitis B virus/human immunodeficiency virus coinfection.Hepatol   Res.():2007

             

HIRAMATSU N, KURASHIGE N, OZE T, TAKEHARA T, KASAHARA A, OSHITA M, KATAYAMA K, YOSHIHARA H, IMAI Y, KAWATA S, TSUBOUCI H, KUMADA H, OKANOUE T, TAKUMU S, HAYASHI N,Early decline of hemoglobin can predict progression of hemolytic anemia during pegylated interferon and ribavirin combination therapy in patients with chronic hepatitis C.Hepatol   Res.38(1)52-59:2008

 

A-2       

結城暢一、長岡貴幸、加藤道夫lamivudine 抵抗出現防止を目指したIFN併用療法「コンセンサス肝疾患:B肝炎C肝炎の治療」岡上武、小俣政男、林紀夫、熊田博光編:51-55日本メデイカルセンター、東京、20076

             

池田昌弘:消化器疾患の主要な症状?腹痛?「消化器疾患最新の治療2007-2008」菅野健太郎、上西紀夫、井廻道夫、55-58南江堂、東京、20073

 

A-3       

結城暢一HBV感染臨床的治癒後の occult 感染。血液事業 30116-1172007

             

加藤道夫HBe抗原陽性例に対する治療。Expert Opinion on Hepatitis B2()382722007

             

加藤道夫:診療の秘訣 ペグインターフェロン・リバビリン併用治療抵抗性C慢性肝炎の診療.Moderan Physician,27(9)1284:2007

             

加藤道夫:私の処方 難治性C慢性肝炎に対するTwo-step IFN rebound therapy(TIRT).Moderan Physician,27(9)1291:2007

             

加藤道夫:B慢性肝炎に対するインターフェロン治療 -現況と今後の展望.医学のあゆ,223(2)153-156:2007

             

熊田博光、豊田成司、泉並木、岡上武、伊藤義人、加藤道夫、飯野四郎:HCV RNA定量キット コバスTaqMan HCV「オート」の検討|コバスTaqMan HCV「オート」に関する共同研究?中間報告|.医学と薬学,58(4)595-605:2007

 

A-4       

三田英治、加藤道夫:C肝炎「高齢者の治療」、「診断と治療96(3) 521-5242008

             

三田英治、加藤道夫:2型、高ウイルス量症例におけるリバビリン併用ペグインターフェロン療法、「Modern Physician28(1) 20-242008

             

加藤道夫:C肝炎の最新治療〜慢性肝炎の治療と肝発がんの予防〜.大阪肝臓友の会,122()6-17:2007

             

加藤道夫:ウイルス性肝炎に対する最新の抗ウイルス治療.西宮医師会医学雑誌,13()122-124:2007

             

加藤道夫:Genotype 1型・高ウイルス量のC型慢性肝炎症例に対するPeg-IFNα2b・リバビリン併用療法の治療成績― 72週投与の有効性について厚生労働科学研究費補助金肝炎等克服緊急対策事業(肝炎分野)八橋弘班.平成19年度総括・分担研究報告書,():2008

             

加藤道夫:HIV重複B急性肝炎に対する核酸アナログ治療に関する研究厚生労働科学研究費補助金エイズ対策事業小池和彦班.平成19年度総括・分担研究報告書,():2008

 

A-6       

結城暢一:臨床研修の歩き方、医学界新聞20076

             

里見絵理子:ドイツにおける緩和医療。週刊新潮52:17-372007

 

B-2        

L LONGATO, S de la MONTE, N KUZUSHITA, M HORIMOTO, B SLAGLE, A ROGERS, JR WANDS. Dual over-expression of insulin receptor substrate-1 and hepatitis BX gene causes pre-malignant changes in liver. 2007 American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD) 46: 74A 2007.

             

YUKI N, MATSUMOTO S, KATO M, YAMAGUCHI T Hepatic expression of innate immune molecules with respect to intrahepatic HCV replication and outcomes of peginterferon plus ribavirin combination treatment. 2007 American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD), 200711

 

B-3        

三田英治葛下典由加藤道夫:高齢者におけるPeg-IFNα2b/Rivavirin併用療法の特徴について。93回日本消化器病学会総会、青森、20074

             

結城暢一:医学生にとっての新医師臨床研修。27回医学会総会、大阪、20074

             

道田知樹、赤坂智史、池田昌弘:早期胃癌に対するESDの長期経過とESD御再発に対する治療成績。79回日本消化器内視鏡学会総会、パネルディスカッション、東京、20075

             

道田知樹、赤坂智史、池田昌弘:早期胃癌に対するESDの長期成績。JDDW2007シンポジウム、神戸、200710

             

道田知樹、赤坂智史、池田昌弘:早期胃癌適応外病変に対するESDの長期成績−EMR適応拡大 prospective study 対象症例での検討−。日本胃癌学会シンポジウムESD適応外病変の長期成績、20082月 

             

荒川裕昭、道田知樹、池田昌弘:幽門輪にかかる早期胃癌に対するESD日本消化管学会シンポジウムESD困難例への対策、20082月 

 

B-4        

葛下典由三田英治戸明子白畠伸宏結城暢一山本佳司池田昌弘加藤道夫HBV / HIV重複感染例に対する核酸アナログ治療。93回日本消化器病学会総会、青森、2007年4月

             

戸明子藤田実西出憲史長谷川裕子林典子太田高志西村安司白畠伸宏葛下典由三田英治結城暢一山本佳司加藤道夫池田昌弘AIDS患者に合併する消化器疾患とその臨床的意義。93回日本消化器病学会総会、青森、20074

             

北田学利、葛下典由、三善英知、田村信司、林紀夫:HBe抗原陰性B慢性肝炎患者におけるラミブジン投与中止時期についての検討。11回日本肝臓学会大会、神戸、200710

             

葛下典由三田英治林典子長谷川裕子太田高志西出憲史藤田実戸明子白畠伸宏結城暢一山本佳司加藤道夫池田昌弘HBV / HIV重複感染例におけるラミブジン・テノホビル併用治療効果。11回日本肝臓学会大会、神戸、200710月 

             

藤田実葛下典由三田英治林典子長谷川裕子太田高志西出憲史戸明子白畠伸宏結城暢一山本佳司加藤道夫池田昌弘HIV / HCV重複感染例におけるペグインターフェロン・リバベリン併用治療効果。11回日本肝臓学会大会、神戸、200710月 

             

結城暢一、長岡貴幸、加藤道夫:ウイルス感染史よりみた occult HBV 感染の病態。43回日本肝臓学会総会、東京、20076

             

林典子白畠伸宏大田真紀代末吉由佳西出憲史藤田実太田高志長谷川裕子戸明子葛下典由三田英治山本佳司加藤道夫池田昌弘:内視鏡上クローン病と鑑別困難であったエルシニア腸炎の2例。JDDW2007、神戸、200710

             

藤田実葛下典由三田英治林典子長谷川裕子太田高志西出憲史戸明子白畠伸宏結城暢一山本佳司加藤道夫池田昌弘HIV/HCV重複感染例におけるペグインターフェロン・リバビリン併用治療効果。JDDW2007、神戸、200710

             

葛下典由三田英治林典子長谷川裕子太田高志西出憲史藤田実戸明子白畠伸宏結城暢一山本佳司加藤道夫池田昌弘HIV/HBV重複感染例におけるラミブジン・デノホビル併用治療効果。JDDW2007、神戸、200710

 

B-5        

里見絵理子(座長):緩和ケアチーム どう作る どう運営する。2回関西がんチーム医療研究会、大阪、20083

             

道田知樹、赤坂智史、池田昌弘:早期胃癌に対するESDの現状。79回日本消化器内視鏡学会近畿地方会シンポジウム。大阪、20079

 

B-6        

林典子葛下典由三田英治加藤道夫:当院におけるHIV/HBV重複感染に対する核酸アナログ治療。11回大阪ウイルス性肝炎治療症例検討会(OVICC)、大阪、20075

             

長谷川裕子三田英治葛下典由加藤道夫:当科におけるB急性肝炎の特徴と治療介入に関する検討。12回大阪ウイルス性肝炎治療症例検討会(OVICC)、大阪、200711

             

葛下典由B急性肝炎に対する核酸アナログ治療。〜HIV / HBV 重複感染症例も含めて〜2B肝炎フォーラム、大阪、20082

             

太田高志白畠伸宏池田昌弘:当院のESDの現状。第1回Naniwa ESD Conference、大阪、20075

             

大田真紀代林典子森田香織戸明子白畠伸宏葛下典由三田英治山本佳司加藤道夫池田昌弘:進行胃癌に対する化学療法施行中に食道静脈瘤破裂をきたした1症例。183回日本内科学会近畿地方会。神戸、20079

             

末吉由佳葛下典由長谷川裕子大田真紀代西出憲史藤田実太田高志林典子戸明子白畠伸宏山本佳司加藤道夫池田昌弘:分娩後、急速かつ多量の腹水をきたしたBudd-Chiari症候群の1症例。87回日本消化器病学会近畿支部例会。大阪、20079

             

森田香織戸明子大田真紀代末吉由佳西出憲史藤田実太田高志長谷川裕子林典子白畠伸宏葛下典由三田英治山本佳司加藤道夫池田昌弘:直腸MALTリンパ腫の2例。79回日本消化器内視鏡学会近畿地方会。大阪、20079

             

三田英治加藤道夫葛下典由大田真紀代末吉由佳藤田実西出憲史入江裕子林典子太田高志森田香織戸明子白畠伸宏結城暢一山本佳司池田昌弘HCV-RNA陰性化時期からみたセロタイプT型・高ウイルス量症例のC慢性肝炎に解するPeg-IFN-a2b・リバビリン併用療法の治療効果72週連投与の有効性。37回日本肝臓学会西部会、長崎、200712

             

西出憲史加藤道夫三田英治葛下典由大田真紀代末吉由佳藤田実西出憲史入江裕子林典子太田高志森田香織戸明子白畠伸宏結城暢一山本佳司池田昌弘:セロタイプ2型・高ウイルス量のC慢性肝炎に対するPeg-IFN-a2b・リバビリン併用療法の当科における治療成績。37回日本肝臓学会西部会、長崎、200712

             

荒川裕昭、道田知樹、池田昌弘:幽門輪にかかる早期胃癌に対するESD。4回日本消化管学会総会、ESDフォーラム。大阪、20081

             

道田知樹、赤坂智史、池田昌弘:ESD適応外病変の長期成績。80回日本胃癌学会総会4ESD研究会、横浜、20082

             

三田英治:ジェノタイプ1・高ウイルス症例に対する当施設の治療成績ならびに治療の工夫。Hepatitis C Summit 2007 in OSAKA。大阪、20077

             

三田英治:当施設におけるC肝炎に対するペグイントロン+レベトール併用療法の現状。日本消化器病学会近畿支部第87回例会ランチョンセミナー、大阪、20079

             

三田英治:最新C慢性肝炎の病態と診断−日本における問題点。Medical Tribune C肝炎セミナー【大阪会場】新しいC肝炎診療の実際変わる診断と治療、大阪、20079

             

三田英治:核酸誘導体naive例に対するエンテカビルおよびラミブジン耐性例に対するアデホビルの当科における使用経験。大阪B肝炎セミナー、大阪、200711

             

三田英治C慢性肝炎に対するPeg-IFNα-2bRibavirin併用療法、特にT型・高ウイルス量例に対する72週投与の有効性について。37 日本肝臓学会西部会 ランチョンセミナー ペグインターフェロン+リバビリン併用療法の最近の話題、長崎、200712

 

B-8        

結城暢一:医師臨床研修の動向。兵庫医科大学指導医講習会、神戸、20079

             

結城暢一:新しい医師臨床研修。滋賀医科大学指導医講習会、大津、200710

             

結城暢一:今後の医師臨床研修。プログラム責任者養成講習会第1セッシヨン、神戸、200710

 

結城暢一:今後の医師臨床研修。プログラム責任者養成講習会第2セッシヨン、神戸、200710

             

結城暢一:新医師臨床研修制度の現状。大阪医科大学指導医講習会、大阪、200712

             

結城暢一:医師臨床研修の今後の動向。和歌山日赤病院指導医講習会、和歌山、20081

             

結城暢一:医学生のための医師臨床研修制度説明。2008年厚生労働省臨床研修病院説明会、大阪、20073

             

結城暢一:医師臨床研修の現状・法令順守に係る問題点・省令改正について。2008年厚生労働省臨床研修病院研修管理委員長会議、大阪、20083

             

里見絵理子尾池真理松山和代戸高絹代関山隆史廣常秀人松岡暖奈:大阪医療センターがんサポートチームの活動・疼痛コントロール悪化時に希死念慮を抱いた一例。第1回法円坂緩和ケアセミナー、大阪、20082

             

加藤道夫:最新のインターフェロン治療。泉佐野泉南学術講演会、大阪府、20074

             

加藤道夫C慢性肝炎に対するペグインターフェロン・リバビリン併用療法について。北海道大学C慢性肝炎学術講演会、北海道、20075

             

加藤道夫:ウイルス性肝炎に対する最新の治療。16回東神戸消化器疾患セミナー、兵庫県、20076

             

加藤道夫:ウイルス性肝炎に対する最新の治療。6回大阪肝疾患ミーティング、大阪府、20076

             

加藤道夫:ウイルス性肝炎に対する最新の治療。1回海南医師会学術講演会、和歌山県、20076

             

加藤道夫C肝炎の最新治療〜慢性肝炎の治療と肝発がんの予防。大阪肝臓友の会肝臓病後援会、大阪府、20076

             

加藤道夫B慢性肝炎とその最新の治療。なにわ臨床懇話会、大阪府、20077

             

加藤道夫B肝疾患に対するエンテカビルの投与適用と初期治療効果。26回犬山シンポジウム、岐阜県、20078

             

加藤道夫BC肝炎の正しい知識と治療法について。岸和田・貝塚肝炎肝がん学術講演会、大阪府、20079

             

加藤道夫B慢性肝炎のステージ分類と最新の治療〜エンテカビル登場後〜。Hyougo Liver Conference、兵庫県、20079

             

加藤道夫C慢性肝炎に対する最新の治療。大阪府東医師会学術講演会、大阪府、20079

             

加藤道夫:ウイルス肝炎に対する最新の抗ウイルス治療。西宮内科医会学術講演会、兵庫県、20079

             

加藤道夫C型肝炎治療におけるPeg-IFN/Ribavirin併用療法の現状と今後の対策。2回大阪肝疾患セミナー、大阪府、200710

             

加藤道夫B型慢性肝炎に対する最新の杭ウイルス治療。7回大阪肝疾患ミーティング、大阪府、200710

             

加藤道夫:ウイルス性肝炎に対する最新の治療」の講演を行う。25回尼崎消化器疾患談話会、兵庫県、200710

             

加藤道夫C型慢性肝炎治療、日米における最近の話題-当院におけるペグイントロン併用療法の現状と無効例の対策-JDDW 2007 Kobe 第11回日本肝臓学会大会 サテライトシンポジウム、兵庫県、200710

             

加藤道夫:「C型慢性肝炎難治症への挑戦 〜当院での工夫(TIRT72週併用法等)と最新の併用療法への期待〜。丸亀市医師会学術講演会、香川県、200710

             

加藤道夫C型慢性肝炎に対するIFN治療〜標準投与からMUDITへ〜(Multi-Device Interferon Therapy)。札幌学術講演会、北海道、200710

             

加藤道夫B型肝炎のステージ分類と最新の治療。3回高槻肝疾患研究会、大阪府、200711

             

加藤道夫:ウイルス性肝炎に対する最新の治療。10回西神戸消化器疾患セミナー、兵庫県、200711

             

加藤道夫C型肝炎に対する最新の治療。京都消化器医会学術講演会、京都府、200711

             

加藤道夫:考えてみませんか?『C型肝炎治療』-最新の杭HCV治療、その選択肢など-平成19年度近畿ブロック医療等相談会、大阪府、200711

             

加藤道夫B型疾患に対するエンテカビル治療。2B型肝炎Conference in Gifu、岐阜県、200711

             

加藤道夫C型慢性肝炎に対する最新の治療。地域医療勉強会、大阪府、200711

             

加藤道夫:当院におけるペグイントロン/レベトール併用療法の現状と治療抵抗性への対策。埼玉肝臓病研究会-C型肝炎学術講演会、栃木県、200712

             

加藤道夫B肝炎の最新の治療。大阪府医師会後援会、大阪府、200712

             

加藤道夫B慢性肝炎に対する最新の抗ウイルス治療。田辺市・日高郡・西牟婁郡医師会学術講演会、和歌山県、20081

             

加藤道夫C慢性肝疾患に対するインタ−フェロン療法。肝疾患学術講演会スミフェロン発売20周年記念、大分県、20082

             

加藤道夫C型肝硬変に対するインターフェロン療法。下関肝疾患談話会学術講演会、山口県、20082

             

加藤道夫C型慢性肝炎に対する最新治療」と題し講演する。3回十二番丁肝臓病勉強会、和歌山県、20083

             

加藤道夫C慢性肝炎に対するペグインターフェロン・リバビリン併用治療。新潟市学術講演会、新潟県、20083

             

加藤道夫C慢性肝炎に対する最新の治療〜ペグインターフェロン・リバビリン併用療法とペグインターフェロン単独療法〜。県南地区肝疾患フォーラム、秋田県、20083

 

B-9        

池田昌弘:消化性潰瘍の診断と治療。ABCラジオ 20076

             

加藤道夫C慢性肝炎に対するリバビリン併用ペグインターフェロン治療。ラジオ日経「医学の焦点」、大阪府、20083