小児科

 

               多和昭雄

 

小児科では、以下の疾患に重点的に取り組んでいる。

新生児医療:先天性脳神経疾患の新生児、血液疾患および内分泌・代謝疾患の母親から出生した新生児、健康新生児ならびに病的新生児、HIV母子感染予防。

高度小児専門医療:先天異常、奇形、骨系統疾患、発育・発達障害、血液、がん、消化器、内分泌、膠原病、アレルギー、神経、心身症、感染症(HIV感染症を含む)。

成人化した小児難病治療:小児難病患者の内科専門外来への円滑なバトンタッチ。

臨床研究として、全国規模のgroup studyである小児白血病研究会(JACLS)およびinter-group studyである日本小児白血病リンパ腫研究グループ(JPLSG)の参加施設として白血病・悪性リンパ腫に関する治療研究を行っている。なかでも未分化大細胞性リンパ腫などの希少疾患に関しては国際的多施設共同研究にも参加している。いずれの場合も治療に直結した実践的な医療、患者のQOLの改善に資するための研究を心がけでいる。また、厚生労働科学研究費補助金 エイズ対策研究事業「周産期・小児・生殖医療におけるHIV感染対策に関する集学的研究」班の研究協力者、厚生労働省がん研究助成金「小児の難治性白血病、骨髄異形成症候群のゲノム異常の解析と治療法に関する研究」班の研究協力者、厚生労働科学研究費補助金 がん臨床研究事業「小児造血器腫瘍の標準的治療法の確立に関する研究」斑の分担研究者、政策医療ネットワーク研究U「慢性貧血患者に対する赤血球輸血の実態調査」および「血液・造血器疾患患者登録システムの基盤整備と運用に関する大規模臨床研究」の分担研究者として参加している。

 

A-0

Shimada A, Ichikawa H, Taki T, Kubota C, Hongo T, Sako M, Morimoto A,  Tawa A, Tsukimoto I, Hayashi Y: Low frequency of KIT gene mutation in pediatric acute myeloid leukemia with inv(16)(p13q22): a study of the Japanese Childhood AML Cooperative Study Group, Int J Hematol 86:289-290, 2007

 

Adachi S, Manabe A, Imaizumi M, Taga T, Tawa A, Tsurusawa M, Kikuchi A, Masunaga A, Tsuchida M, Nakahata TAcute myeloid leukemia with multilineage dysplasia in children, Int J Hematol 86:358-363, 2007

 

Kudo K, Kojima S, Tabuchi K, Yabe H, Tawa A, Imaizumi M, Hanada R, Hamamoto K, Kobayashi R, Morimoto A, Nakayama H, Tsuchida M, Horibe K, Kigasawa H, Tsukimoto I: Prospective study of a pirarubicin, intermediate-dose cytarabine, and etoposide regimen in children with Down syndrome and acute myeloid leukemia: the Japanese Childhood AML Cooperative Study Group, J Clin Oncol 25:5442-5447, 2007

 

Shimada A, Taki T, Kubota C,Itou T, Tawa A, Horibe K, Tsuchida M, Hanada R, Tsukimoto I, Hayashi Y: Japanese Childhood AML Cooperative Study Group: No nucleophosmin mutations in pediatric acute myeloid leukemia with normal karyotype: a study of the Japanese Childhood AML Cooperative Study Group, Leukemia 21:1307, 2007

 

Shimada A, Taki T, Kubota C,Itou T, Tawa A, Horibe K, Tsuchida M, Hanada R, Tsukimoto I, Hayashi Y: Japanese Childhood AML Cooperative Study Group: N822 mutation of KIT gene was frequent in pediatric acute myeloid leukemia patients with t(8;21) in Japan: a study of the Japanese childhood AML cooperative study group, Leukemia 21:2218-2219, 2007

 

Shimada A, Taki T, Tabuchi K, Taketani T, Hanada R, Tawa A, Tsuchida M, Horibe K, Tsukimoto I, Hayashi Y: Tandem duplications of MLL and FLT3 are correlated with poor prognoses in pediatric acute myeloid leukemia: a study of the Japanese Childhood AML Cooperative Study Group, Pediatr Blood Cancer 50:264-269, 2008

 

A-1

小児白血病・リンパ腫の診療ガイドライン2007年版」日本小児血液学会編(編集委員:堀部敬三、花田良二、多和昭雄、鶴澤正仁)金原出版、東京、20079

 

A-3

田中順子、加藤天美、尾崎由和山崎麻美:定位的ラジオ波焼灼術により、てんかん発作および情動障害が改善した視床下部過誤腫の1例、てんかん研究 25:81-87, 2007

 

A-4

多和昭雄:急性骨髄性白血病(特集:小児血液疾患における治療法の進歩)、小児科 48(7):987-996, 2007

 

多和昭雄:<急性骨髄性白血病> 第1寛解期同種血液幹細胞移植は化学療法に優っているのですか?(特集:小児白血病リンパ腫治療の背景とエビデンス)、小児内科 39(12):2212-2215, 2007

 

A-5

多和昭雄:小児急性骨髄性白血病の標準的治療法の確立に関する研究、厚生労働科学研究費補助金(がん臨床研究事業)「小児造血器腫瘍の標準的治療の確立に関する研究」平成18年度総括・分担研究報告書: 76-79, 20073

 

外川正生、吉野直人、高橋尚子、葛西健郎、高山直秀、國方徹也、大場 悟、金田次弘、尾崎由和、榎本てる子:HIV感染妊婦より出生した児の実態調査とその解析およびHIV感染妊婦とその出生児に関するデータベースの構築、厚生労働科学研究費補助金(エイズ対策研究事業)「周産期・小児・生殖医療におけるHIV感染対策に関する集学的研究」平成18年度総括・分担研究報告書: 80-97, 20073

 

A-6

多和昭雄:小児急性骨髄性白血病における治療の現況と展望、Kyo N0.152:i-xii, 2007

 

B-2

Shimada A, Taki T, Tabuchi K, Hanada R, Tawa A, Tsuchida M, Horibe K, Tsukimoto I, Hayashi Y: Mutations of MLL, KIT, RAS and NPM genes in pediatric acute myeloid leukemia and their clinical implication, A report from Japanese Childhood AML Cooperative Study Group. 2nd St. Jude-VIVA Forum in Pediatric Oncology,  Singapore,  March, 2008

 

Kudo k, Kojima S, Taga T, Tabuchi K, Yabe H, Tawa A, Imaizumi M, Hanada R, Hamamoto K, Kobayashi R, Morimoto A, Nakayama H, Tsuchida M, Horibe K, Kigasawa H, Tsukimoto I: Prospective study of a pirarubicin, intermediate-dose of cytarabine and etoposide regimen in children with Down syndrome and acute myeloid leukemia: The Japanese Childhood AML Cooperative Study Group. 2nd St. Jude-VIVA Forum in Pediatric Oncology,  Singapore,  March, 2008

 

Adachi S, Tawa A, Hanada R, Tabuchi K, Kigasawa H, Tsuchida M, Yabe H, Nakayama H, Kudo K, Kobayashi R, Hamamoto K, Imaizumi M, Morimoto A Tsuchiya S, Tsukimoto I, Horibe K: Outcome of the Japanese Clinical Trial-AML99 for Childhood Acute Myelogenous Leukemia: A report from the Japanese Childhood AML Cooperative Study Group. 2nd St. Jude-VIVA Forum in Pediatric Oncology,  Singapore,  March, 2008

 

B-3

多和昭雄:小児急性骨髄性白血病に対する治療戦略。49回日本小児血液学会、仙台、200712

 

B-4

嶋田明、滝智彦、多和昭雄、花田良二、堀部敬三、土田昌宏、月本一郎、林泰秀:急性骨髄性白血病におけるWT1 mRNAの高発現はFLT3遺伝子変異と相関する。69回日本血液学会、横浜、200710

 

嶋田明、滝智彦、多和昭雄、花田良二、堀部敬三、土田昌宏、月本一郎、林泰秀:急性骨髄性白血病の化学療法後のWT1 mRNAの高発現はFLT3遺伝子変異および予後と相関する。49回日本小児血液学会、仙台、200712

 

B-8

多和昭雄:小児AMLの治療戦略。6回京滋血液腫瘍懇話会、京都、20083

 

多和昭雄:小児のがんについて。小児慢性特定疾患療養指導講演会、東大阪、20083月 

 

尾崎由和:感染した妊婦さんから生まれた児の予後。「周産期・小児・生殖医療におけるHIV感染対策に関する集学的研究」班研究成果発表会、高知、200710

 

尾崎由和HIV陽性妊婦から生まれた赤ちゃん。大阪府立母子総合医療センター院内講演会、和泉、20082