総合内科

  東堂龍平

 

 総合内科は,脳循環・高血圧グループ,腎臓グループ,糖尿病グループ,血液グループ,呼吸器グループの5グループで構成されており,以下に各グループ別に述べる。

 

脳循環・高血圧グループ(多賀谷 昌史)

 研究に関しては他施設共同研究として,脳血管疾患・心疾患に伴う血管イベント発症に関する実態調査(J-TRACE),脳血管疾患の再発に対する高脂血症治療薬HMG-CoA還元酵素阻害薬の予防効果に関する研究(J-STARS)などの多施設共同研究に参加しています。

 

腎臓グループ(和田 晃)
 当グループでは、慢性腎臓病、とりわけ慢性腎炎についてその診断と治療に積極的に取り組んでいる。また進行性腎障害の管理、慢性腎不全の合併症の予防と治療に取り組んでいる。
 IgA腎症に対するIgA腎症における腎組織病変のスコアー化と治療指針成に関する研究(国立病院共同臨床研究)、IgA腎症に対する扁摘ステロイドパルス療法の効果に関する他施設共同研究、IgA腎症に対するアンジオテンシンII受容体拮抗薬の効果に関する研究(厚生科学研究事業)、などが主テーマである。

 

糖尿病グループ(東堂 龍平)

 内分泌・代謝疾患としての糖尿病と,腎臓病としての糖尿病性腎症の2つのテーマに関連した臨床的研究を行っています。

 厚生労働科学研究として,糖尿病における血管合併症の発症予防と進展抑制に関する研究(JDCS)に取り組んでいます。国立病院機構政策医療ネットワーク共同臨床研究として,@糖尿病診療の標準化と患者教育に関する研究,A糖尿病合併症に対する戦略的治療,B2型糖尿病の二次予防,三次予防のための臨床疫学研究,C糖尿病性腎症発症進展阻止のための家庭血圧管理指針の確立,D腎疾患に対する腎臓移植,膵臓移植,膵島移植に関する臨床的研究に取り組んでいます。また,EEBM推進のための大規模臨床研究事業として,糖尿病性腎症発症進展阻止のための家庭血圧管理指針の確立(HBP-DN)に取り組んでいます。さらに、いくつかの多施設共同臨床研究(REACH STUDY, J-ACCESS2等)にも取り組んでいます。

 

血液グループ(井上 信正)

 政策医療(血液・造血器疾患ネットワーク)の近畿地区基幹医療施設,日本血液学会認定研修施設でもある。スタッフは臨床血液学を専門とする医師と無菌室看護など卓越した専門技術を有する看護婦およびコメディカルで構成される。造血器悪性疾患の化学療法,自家および同種造血幹細胞移植も行っている。関連大学病院(複数)のみならず近辺の血液を専門とする施設とも密接な関連を持ち,最新の情報を交換,最新の医療を行っている。

 

呼吸器グループ(小河原 光正)

呼吸器疾患は,人口の高齢化や大気汚染や喫煙等の影響により,悪性腫瘍や慢性閉塞性肺疾患が増加している。今年度はとりわけ悪性腫瘍の早期診断,治療(呼吸器外科,放射線科診断・治療,臨床検査診断部などと連携して),臨床的研究に積極的に取り組んでいる。

 禁煙運動の推進(禁煙外来など),関連病院とも密接に情報交換し,事実に裏付けられた最新の医療を行っている。

 

2007年度研究発表業績】

A-0

MISUZU S , NOBUMASA INOUE, KOHICHI O, KUNIMITSU  K, NAOKI  Y,TAKASHI O,YUKIHIRO T,KAZUTA Y,KAYOKO M,MASUO Yand HIROKAZU I: Downregulation of drs mRNA expression is associated with the progression of adult T-cell leukemia/lymphoma.  Int J Oncol:30,1343-1348,2007

 

A-0

KITAGAWA K, HOUGAKU H, YAMAGAMI H, HASHIMOTO H, ITOH T, SHIMIZU Y, TAKAHASHI D, MURATA S, SEIKE Y, KONDO K, HOSHI T, FURUKADO S, ABE Y, YAGITA Y, SAKAGUCHI M, TAGAYA M, ETANI H, FUKUNAGA R, NAGAI Y, MATSUMOTO M, HORI M, for the OSACA2 Study Group.  Carotid Intima-Media Thickness and Risk of Cardiovascular Events in High-Risk Patients.  Results of the Osaka Follow-Up Study for Carotid Atherosclerosis 2 (OSACA2 Study), Cerebrovasc Dis 24:35-422007
 

A-4

小原延章、恵谷秀紀:医療安全における病院薬剤師の役割、医療 61:664-665,2007

 

A-4

多賀谷昌史:脳卒中または一過性脳虚血発作後の高用量アトルバスタチン投与、分子脳血管病 6(2)215-2182007

 

A-4

和田晃、山川智之、川村正喜:大阪府下の結核症の現況、大阪透析研究会誌252号:227-2312007

 

A-6

東堂龍平:国立病院機構大阪医療センター総合内科(糖尿病グループ)紹介、医者がすすめる専門病院大阪・奈良・和歌山、P454、ライフ企画、神奈川県茅ヶ崎市、200786

 

A-6

東堂龍平:糖尿病性神経障害診断基準を中心に、大阪市東医師会月報20079月号:P3-420079

 

A-6

東堂龍平:糖尿病性神経障害診断基準を中心に東成医ニュース(大阪市東成区医師会誌)200712月号(No.431):P39-42200712

 

A-6

東堂龍平50周年をむかえ、大阪大学医学部第一内科糖尿病研究室50周年記念誌P22 大阪大学医学部第一内科糖尿病研究室、大阪、20081

 

B-2

Atsuhiko Okagaki, Hiroyuki Koretsune, Ryohei Todo and Hideo Kusuoka : Clinical Supporting System in Large-scaled General Hospital with Customized Interface Layer between Electronic Patient Record System and Filemaker Pro.  2007 IEEE/CME International Conference on Complex Medical Engineering-CME2007, Beijing China, 2007/5/22-26

 

B2

YOSHIHIRO F, MASANORI M, KOICHI K, HIDEO Y, AYAMI I, TOMOMI M, SEIJI K, HIROMICHI I, YASUAKI S, NISHIO K, NOBU A, JUNJI T, KAZUHIRO N, YASUNOBU K, YUTAKA I, NOBUMASA I, SATOSHI H, MASAKO S, TERUHIKO K, MASAMICHI Hara, MIYSUHIRO S, HIDEO Wada, MD10, MITSURU M, TOSHIYUKI M and YASUO :

Natural history of 33 patients with Upshaw-Schulman syndrome has revealed that all the gravida develop thrombocytopenia, often followed by thrombotic microangiopathy with stillbirth

49th ASH Annual Meeting and Exposition (American Society of Hematology), Atlanta, USA  200712

 

B2

TATSUNORI S, HIROKAZU N, TOMOYUKI W, NAOKUNI U,  SEIICHI O, TAKAHIRO Y, FUMIO K, SHUICHI H, KAZUTAKA S, HIROKAZU I, MORIO S, TETSUO N, TOMOMITU H and KEIZO H :

Addition of rituximab improved progression-free and overall survival in patients with B-cell lymphoma receiving doxorubicin-containing chemotherapy

49th ASH Annual Meeting and Exposition (American Society of Hematology), Atlanta, USA  200712

 

B-4

西村元伸、祖山暁子、関直人、加藤雅彦、島田典生、加藤泰久、東堂龍平、肥田和之
、伊勢田泉、長瀬教夫、吉住秀之、堀田義雄、東輝一朗:糖尿病(DM)腎症発症進展阻止のための家庭血圧管理指針の確立(第二報):国立病院機構腎ネット共同臨床研究。50回日本糖尿病学会年次学術集会仙台2007524-26

 

B-4

河野茂夫、斉藤濟美、海瀬和郎、島田典生、小山一憲、岩本正照、山家由子、能登裕、瀧秀樹、宮本恵宏、小河淳、東輝一朗、中川内玲子、泉有紀、服部正和、葛谷英嗣:わが国における糖尿病足病変について−国立病院機構多施設共同研究 第5報−。50回日本糖尿病学会年次学術集会仙台2007524-26

 

B-4

西村元伸、祖山暁子、関直人、加藤雅彦、島田典生、加藤泰久、東堂龍平、肥田和之、伊勢田泉、長瀬教夫、吉住秀之、堀田義雄、東輝一朗:糖尿病性腎症発症進展阻止のための家庭血圧管理指針の確立(第三報):国立病院機構腎ネットワーク共同臨床研究。50回日本腎臓病学会総会浜松2007525-27

 

B-4

辻真由美久保典代瀧秀樹東堂龍平:自殺を目的としてレボチロキシンNaを大量に内服した、糖尿病を合併した甲状腺機能低下例の一例。61回国立病院総合医学会、名古屋、20071116-17

 

B-4

森田有美鳥山明子今西健二内海繁敏堀内正行平石章小林祥晃竹立精司上野裕之鞍田三貴東堂龍平辻仲利政:適切なPEGからの食事補給法の検討。61回国立病院総合医学会、名古屋、20071116-17

 

B-4

寒谷亜衣子鳥山明子今西健二内海繁敏竹之内須賀子中田めぐみ鞍田三貴三田英治東堂龍平辻仲利政SGAを用いたスクリーニングによる栄養管理計画の妥当性について。29回臨床栄養学会総会、京都、20071116-18

 

B-4

竹内由紀鞍田三貴藤田朋子鳥山明子森田有美内海繁敏早川直樹藤井育子竹立精司三田英治葛下典由加藤道夫東堂龍平辻仲利政:肝疾患患者のInBody720による体組成測定及び栄養状態の検証。29回臨床栄養学会総会、京都、20071116-18

 

B-4

岡垣篤彦東堂龍平是恒之宏楠岡英雄:ユーザーインターフェース層を可塑化したカード型電子カルテの稼働後一年間の進化と問題点28回日本医療情報学連合大会、横浜、20071123-25

 

B-4

鞍田三貴、寒川亜衣子、今西健二内海繁敏竹之内須賀子中田めぐみ三田英治辻仲利政東堂龍平SGAを用いたスクリーニングによる栄養管理計画の妥当性について。11回日本病態栄養学会年次学術集会、横浜、2008112-13

 

B-4

寒谷亜衣子森田有美鳥山明子竹内由紀松尾彩今西健二内海繁敏鞍田三貴藤谷和正三田英治東堂龍平辻仲利政:大阪医療センターNSTにおける癌疾患の背景。23回日本静脈経腸栄養学会総会、京都、2008221

 

B-4

井上信正、中村裕香、野村香織、池田弘和同種造血幹細胞移植後、筋肉内に再発、再移植を施行したAML(M2)の一例 30回日本造血細胞移植学会総会2008229日、大阪市

 

B-4

野村香織、佐竹裕美子、池田弘和、井上信正心嚢液貯留で発症しR-CHOP+放射線療法が著効した心筋原発ホジキンリンパ腫の一例 第69日本血液学会、49回日本臨床血液学会合同総会、横浜市 200710

 

B-4

横澤敏也、矢野尊啓、鵜池直邦、井上信正、岡村精一、河野文夫、嶋崎明美、花田修一、下村荘司、西浦哲雄、堀田知光、堀部敬三イマニチブの導入による慢性骨髄性白血病の治療成績の向上:国立病院機構ネットワーク共同研究 69日本血液学会、第49回日本臨床血液学会合同総会、横浜市 200710

 

B-4

橋本弘行多賀谷昌史松本真林川村美貴藤原美都恵谷秀紀:コンピュータ画像解析を用いた頚動脈プラークの脳梗塞発症予測について。33 日本脳卒中学会総会、京都、20083

 

B-4

杉浦寿央、岡部真知子、中本ちさこ、田中秋生、和田晃:Resistive Indexは慢性腎臓病予後予測の良い指標である。50回日本腎臓学会学術総会、浜松市、H19525日〜27

 

B-4

村本記子、岡部真知子、三上典子、酒井佳奈紀、田中秋生、和田晃:ステロイド治療中にノカルジア感染症を発症したANCA陽性症例。37回日本腎臓学会西部学術大会、福井市、H191019日〜20

 

B-4

中本ちさこ、岡部真知子、田中秋生、杉浦寿央、和田晃:多発性骨髄腫に腎不全を合併し透析療法を施行した3症例。52回日本透析医学会学術集会、大阪市、H19615日〜17

 

B-4

米井敏郎,河原正明,小河原光正,西脇裕,久保田馨,湊浩一,小牟田清,藤田結花,三尾直士,中野喜久雄,折笠秀樹,福島雅典,古瀬清行:NSCLCにおけるVinorelbine+Gemcitabine-docetaxel療法とPaclitaxel+Carboplatin療法の無作為比較試験。47回日本呼吸器会総会,東京,2007510-12

 

B-5

和田晃:血尿の診断@臨床医からみた血尿診断のポイント〜腎臓内科医の立場から。第47回近畿医学検査学会、50回日本臨床検査医学会近畿支部総会、大阪市、H191124日〜25

 

B-5

橋本弘行:脳梗塞・動脈硬化治療における高感度CRP血中濃度測定意義について。3回高脂血症・高血圧談話会、大阪、20074

 

B-6

川村美貴藤原美都楠岡良子松本真林橋本弘行多賀谷昌史中森正二恵谷秀紀:がん外来化学療法中に発症した白質脳症の一例。31 NJM、大阪、20083

 

B-6

辻真由美:自殺を目的としてレボチロキシンNaを大量に内服した、糖尿病を合併した甲状腺機能低下例の一例。大阪糖尿病臨床カンファレンス、大阪、2007421

 

B-6

鞍田三貴菊川真由土手香名子寒谷亜衣子鳥山明子今西健二内海繁敏三田英治竹之内須賀子中田めぐみ東堂龍平辻仲利政SGAを用いたスクリーニングによる栄養管理計画の妥当性について。1回近畿NST研究会、大阪、200777

 

B-6

鞍田三貴寒谷亜衣子今西健二内海繁敏藤谷和正三田英治東堂龍平辻仲利政:大阪医療センターNSTにおける癌疾患の背景1回関西がんチーム医療研究会、大阪、200798

 

B-6

本名一紗三浦裕美寒谷亜衣子竹内由紀森田有美鳥山明子松尾彩今西健二内海繁敏鞍田三貴竹之内須賀子中田めぐみ藤谷和正三田英司東堂龍平辻仲利政:NST活動4年目の終末期患者への対応〜PCPalliative care)食の意義。1回関西がんチーム医療研究会、大阪、200798

 

B-6

菊川真由土手香名子寒谷亜衣子鳥山明子今西健二内海繁敏竹之内須賀子中田めぐみ鞍田三貴三田英治、東堂龍平、辻仲利政SGAを用いたスクリーニングによる栄養管理計画の妥当性について。17回近畿輸液・栄養研究会、大阪、2007915

 

B-6

久保典代瀧秀樹福島豊子辻真由美東堂龍平:ピオグリタゾン投与後脂肪肝の改善を認めた2型糖尿病の1例。44回日本糖尿病学会近畿地方会、大阪、2007113

 

B-6

西村元伸、祖山暁子、関直人、加藤雅彦、島田典生、加藤泰久、東堂龍平、肥田和之、利根淳仁,伊勢田泉、長瀬教夫、吉住秀之、堀田義雄、東輝一朗:家庭血圧の糖尿病性腎症予後に対する影響に関する検討(第三報):国立病院機構腎ネットワーク共同臨床研究。19回日本糖尿病性腎症研究会、東京、20071201-02

 

B-6

今西健二松尾彩竹内由紀寒谷亜衣子森田有美鳥山明子東野正明内海繁敏二村吉継鞍田三貴三田英治東堂龍平辻仲利政:大阪医療センターNSTにおける嚥下造影検査への取り組み。2回関西がんチーム医療研究会、大阪、200831

 

B6

井上信正、野村香織、佐竹裕美子、池田弘和RTHP-COP療法に合併した重症間質性肺炎の2 87回近畿血液学地方会、大阪市 2007621

 

B7

野村香織、井上信正、池田弘和、竹田雅司:不明熱およびリンパ節腫脹をきたした一例 56回大阪血液疾患談話会、大阪市 20077

 

B7

井上信正、野村香織、池田弘和、竹田雅司M蛋白血症の一例 56回大阪血液疾患談話会、大阪市 20077

 

B-7

小河原光正:肺非小細胞癌を合併し胸部放射線化学療法同時併用療法中にCD4の低下を認めたが,安全に治療が終了し有効(PR)が得られたHIVの一例。厚生労働科学研究費(エイズ対策研究推進事業)研究成果等普及啓発事業第10回白馬シンポジウムin金沢−エイズ研究最前線−,金沢、200828-9

 

B-8

小河原光正HIV感染症と結核/抗酸菌症。関西HIVカンファレンス2007秋の特別講演会、大阪、2007922

 

B-8

辻真由美:輸液管理における血糖管理。NSTカンファレンスセミナー、大阪、2007420

 

B-8

東堂龍平:糖尿病性神経障害 診断基準を中心に。大阪市港・大正区医師会学術講演会、大阪、2007511

 

B-8

東堂龍平:糖尿病(性)神経障害−Diabetic Neuropathy−大阪大学医学部内分泌・代謝学臨床講義 大阪、2007106

 

B-8

東堂龍平:糖尿病性神経障害診断基準を中心に大阪市東医師会学術講習会、大阪、20071024

 

B-8

東堂龍平:糖尿病性神経障害南大阪糖尿病フットケアセミナー、大阪、20071117

 

B-8

東堂龍平:糖尿病性神経障害診断基準を中心に大阪市東成区医師会生涯教育講演会、大阪、20071121

 

B-8

東堂龍平:糖尿病クイズ10平成19年度糖尿病教室バイキング、大阪、20071218