薬剤科

 

                                                   前川孝史

 

 薬剤科では、当センターが診療体制を政策医療に特化する方針に基づき高度総合医療施設として

の機能を発揮するため、医薬品の適正使用および管理、医薬品に関するリスクマネジメント、院内感染サーベランス、病院経営への貢献、卒前卒後教育・研修の5項目を基軸として、薬剤管理指導、医薬品管理、医薬品情報提供、治験管理、薬剤師教育、感染防止対策などを実施している。また、スタッフ一人一人が危機意識を持ち、経営改善への積極的な取組みと患者中心の医療を目指し、医師、看護師、その他、多くの職種の方々の協力を得ながら、医療の最前線で専門的知識を駆使し、院内での薬剤師の役割を明確にし、他部門からの評価を得ることができるよう日々努力している。

 

1.薬剤管理業務・病棟薬剤業務
 患者個々の薬物療法に参画し、医薬品情報の提供と薬学的管理に基づいた情報の収集・評価・蓄積によって医薬品の適性使用を支援する薬剤管理指導業務は全病棟を対象に行っている。

常駐薬剤師による移動式クリーンベンチを用いての一般注射薬無菌混合調製は、平成187月に全病棟へのシステム導入を完了した。19年度は、月間約5700本の注射薬無菌調製を病棟にて実施している。

 また、全入院患者の持参薬チェックと電子カルテへの入力、病棟での患者毎の注射薬整理等も行っている。

2.抗癌剤・IVH製剤の無菌調製
 良質な医薬品の供給を目的に、薬剤科注射薬室の無菌室において一元的に、クリーンベンチ・安全キャビネットを用いた無菌混合調製を実施している。
 抗癌剤に関しては平成147月に外来化学療法室が開設され、全診療科の外来患者を対象に月間11001500本の無菌調製を行っている。また入院患者に対しては、17年度より取り組みを始めており、平成19年度は月間450650本の調製を行っている。また、化学療法委員会において承認されたプロトコールを対象に、薬剤科でプロトコールチェックを行い、安全管理の徹底を図っている。
3
.医薬品情報管理(収集・評価・提供)
 医薬品は、医薬品の使用者である患者の有効性・安全性を確保するために、適正に使用されなければならない。情報化社会の現在、医療の中で取り扱う情報は、正確かつ適正に管理される必要がある。薬剤科では医薬品情報の適正な管理と供給を行うために2名の専任スタッフを配置し、厚生労働省への副作用報告も積極的に行っている。

4.治験業務
 適正な治験実施については、国際的な評価に値する臨床データの作成が求められており、厚生労働省としても新GCPに基づく治験の実施について指導を強化しているところである。当薬剤科にあっても治験支援業務を行う薬剤師CRC(治験主任薬剤師1名、専任薬剤師1名)を配置している。
5
.外来おくすり相談室の充実
 薬剤科では政策医療のひとつであるHIV感染症患者に対する服薬指導を実施している。担当薬剤師は2名。HIV診療は外来が中心になることから、「外来おくすり相談室」を2室設置し、外来患者に対する服薬指導を行っている。
6
.卒前・卒後教育の充実
 平成19年度は4年制学部生を対象とし、2週間実習生を2名、4週間実習生を11名受け入れている。また、6年制学生の1年次早期体験学習として12名の受け入れも行うとともに、平成22年度からの長期実務実習義務化に向けての体制強化を図っているところである。

 

2007年度研究発表業績】

A-0

T. Makie, S. Nagai, A. Sasakawa, K. Kawamura, T. Kuwahara, Predicting Tenofovir Concentration on the Basis of Renal Factors Determined by Routine Tests, Am. J. Ther., 14, 514-518 (2007).

 

H. Gatanaga, T. Hayashida, K. Tsuchiya, M. Yoshino, T. Kuwahara, H. Tsukada, K. Fujimoto, I. Sato, M. Ueda, M. Horiba, M. Hamaguchi, M. Yamamoto, N. Takata, A. Kimura, T. Koike, F. Gejyo, S. Matsushita, T. Shirasaka, S. Kimura, S. Oka, Successful efavirenz dose reduction in HIV type 1-infected individuals with cytochrome P450 2B6 *6 and *26, Clin. Infect. Dis., 45, 1230-1237 (2007).

 

T. Kuwahara, S. Oda, T. Nakakura, M. Mori, T. Uehira, G. Okamoto, M. Yoshino, A. Sasakawa, K. Yajima, A. Umemoto, K. Takada, T. Makie,

Y. Yamamoto, Problems in three Japanese drug users with Human Immunodeficiency Virus infection, J. Med. Invest., 55, 156-160 (2008).

 

A-1

繻エ健吉野宗宏,白阪琢磨,抗HIV薬の副作用,日本エイズ学会誌9191-196(2007)

 

A-3

矢倉裕輝安井友佳子島本裕子阿南節子砂金秀美繻エ健新田剛前川孝史岩川精吾:注射用バンコマイシン塩酸塩の先発、後発医薬品投与患者間における血中トラフ濃度に関するレトロスペクティブな比較検討:日本病院薬剤師会雑誌,442,253-256

 

B-2

Yuko Shimamoto, Soichi Shiiki, Shinjiro Tominari, Takuma Shirasaka, Kyoko Fukumoto, Kazuyuki Ueno, Takeshi Kuwahara, Takashi Maekawa: The Effect of Dobutamine on the Pharmacokinetic of in a Patient Heart Failure, International Association of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology meeting 2007, Nice, France, Sep.2007

 

B-3

繻エ健,シンポジウム3:包括的HIVカウンセリングにいま求められるもの薬剤師の立場から心のケアを考える」,21回日本エイズ学会学術集会・総会,広島,200711月。

繻エ健,ランチョンセミナー9:抗HIV療法におけるモニタリング検査の意義と活用「血中濃度測定の意義と活用」」,21回日本エイズ学会学術集会・総会,広島,200711月。

 

B-4

繻エ健, HIV感染症治療における薬剤師の役割とHIV感染症専門薬剤師、5回九州山口ファーマシューテカルケアシンポジウム,長崎,20072月。

 

繻エ健, 吉野宗宏, 佐野俊彦, 小島賢一, 日笠聡, 白阪琢磨, 拠点病院における抗HIV療法と薬剤関連アンケート調査結果(第4報),21回日本エイズ学会学術集会・総会,広島,200711月。

 

白阪琢磨、上平朝子、織田幸子、下司有加、龍香織、治川知子、谷口智宏、矢嶋敬史郎、笹川淳、富成伸次郎、渡邊大、矢倉裕輝、永井聡子、牧江俊雄、山本善彦、吉野宗宏繻エ健、国立大阪医療センターにおけるキードラッグの推移と長期処方症例の検討,21回日本エイズ学会学術集会・総会,広島,200711月。

 

田中理恵、繻エ健、杉浦亙、加藤真吾、HPLCによるダルナビルの血中濃度測定法の開発、21回日本エイズ学会学術集会・総会,広島,200711月。

 

山本善彦、織田幸子、仲倉高広、繻エ健、岡本学、安尾利彦、吉野宗宏矢倉裕輝、龍香織、治川知子、下司有加、谷口智宏、矢嶋敬史郎、笹川淳、富成伸次郎、渡辺大、牧江俊雄、上平朝子、白阪琢磨、HIV感染者における薬物使用の実態調査、21回日本エイズ学会学術集会・総会,広島,200711月。

 

織田幸子、山本善彦、仲倉高広、安尾利彦、岡本学、龍香織、治川知子、安尾有加、矢倉裕輝吉野宗宏繻エ健、牧江俊雄、上平朝子、白阪琢磨、HIV感染者の薬物使用の問題:実態調査を踏まえて、21回日本エイズ学会学術集会・総会,広島,200711月。

 

杉浦亙、潟永博之、吉田繁、千葉仁志、小池隆夫、伊藤俊広、原孝、佐藤武幸、石ヶ坪良明、上田敦久、近藤真規子、今井光信、貞升健志、長島真美、福武勝幸、山元泰之、田中理恵、加藤信吾、宮崎菜穂子、岩本愛吉、藤野真之、仲宗根正、巽正志、椎野禎一郎、岡慎一、林田庸総、服部純子、伊部史朗、藤崎誠一郎、金田次弘、浜口元洋、上田幹夫、正兼亜季、大家正義、下条文武、田邊嘉也、渡辺香奈子、白阪琢磨、繻エ健、森治代、小島洋子、中桐逸博、高田昇、木村昭郎、南留美、山本政弘、松下修三、健山正男、藤田次郎、2003-2006年の新規HIV-1感染者における薬剤耐性頻度の動向、21回日本エイズ学会学術集会・総会,広島,200711月。

 

松山和代小川朝生戸高明子田中登美山中政子尾池真理戸高絹代松岡暖奈辻中利政桑原 健前川孝史:がん性神経障害性疼痛に対するガバペンチンの使用経験:12回日本緩和医療学会総会,岡山,20076

 

河合 実島本裕子酒井裕紀子桑原 健前川孝史史抗菌薬の適正使用に対するICT活動の効果、17回日本医療薬学会年会、群馬、20079

 

間 麻里齋藤 誠丸山直岳中筋千佳河野公美子豊田満知子矢倉裕輝服部雄司松山和代高原由香寺岡知香小林優子吉野宗宏政道修二桑原 健前川孝史:全入院患者を対象とする電子カルテを利用した持参薬報告システム、17回日本医療薬学会年会、群馬、20079

 

小野亜矢子上野裕之永田智依世鈴木敦子荒木麻里子桑原 健前川孝史術後嚥下(誤嚥)性肺炎の発症リスクとプロトンポンプインヒビター投与との関係17回日本医療薬学会年会、群馬、20079

 

早川直樹桑原 健福田良子梅原玲緒奈村田真依中本有香神谷明子内藤麻衣子戸矢亜衣子鎌田宏和辰巳晃造宮田美知梶田 絢太田実希海家亜希子綿谷早苗齋藤 誠前川孝史大阪医療センターにおける病棟薬剤業務システムの構築(第二報)17回日本医療薬学会年会、群馬、20079

 

永田智依世早川直樹宮本典子水戸祥子丸山和子竹之内須賀子水上ちえみ繻エ 健山田泰子前川孝史:薬剤師常駐化による病棟薬剤業務の検証(アンケート調査報告)、61回国立病院総合医学会、名古屋、200711

 

太田実希早川直樹鎌田宏和辰巳晃造中筋千佳、河合 実前川孝史福井好枝平田隆彦、綿谷早苗:薬剤師による手術室での薬剤管理システムの構築とその評価、61回国立病院総合医学会、名古屋、200711

 

吉野宗宏矢倉裕輝繻エ健富成伸次郎椎木創一渡邊大牧江俊雄山本善彦上平朝子白阪琢磨:初回治療における硫酸アタザナビルの使用経験:81回日本感染症学会・総会,京都20074

 

吉野宗宏矢倉裕輝繻エ 健龍香織治川知子織田幸子矢嶋敬史郎谷口智宏笹川淳富成伸次郎渡邊大牧江俊雄山本善彦上平朝子白阪琢磨Tenofovir 長期投与における腎機能の評価21回日本エイズ学会学術集会・総会,広島200711

 

矢倉裕輝吉野宗宏龍香織治川知子織田幸子矢嶋敬史郎谷口智宏笹川淳富成伸次郎渡邊大山本善彦牧江俊雄上平朝子白阪琢磨繻エ健ロピナビル・リトナビル配合剤の剤型変更に伴う血中濃度の変化及び副作用に関する比較検討21回日本エイズ学会学術集会・総会,広島200711

 

北川智子加藤亜紀櫻井真知子名畑優保小野恭子石山薫多和昭雄政道修二楠岡英雄是恒之宏:医師主導治験における標準業務手順書共通化の検討,7CRCと臨床試験のあり方を考える会議in横浜,神奈川,20079

 

B-5

上野裕之早川直樹齋藤 繻エ 戸高絹代森岡亜希子藤谷和正前川孝史辻仲利政:国立病院機構大阪医療センターの外来経口抗がん剤の使用状況について, 1 関西がんチーム医療研究会,大阪,20079

 

上野裕之 齋藤 戸高絹代 繻エ 三嶋秀行 前川孝史 辻仲利政 FOLFOX 療法における副作用の発現頻度について, 2 関西がんチーム医療研究会,大阪,20083

 

B-6

河野久美子早川直樹宮田美知豊田満知子戸矢亜衣子齋藤 誠桑原 健前川孝史:小児科病棟での注射薬調整監査システム導入に伴うリスクマネジメントへの取り組み、29回日本病院薬剤師会近畿学術大会、奈良、20082

 

太田実希早川直樹鎌田宏和辰巳晃造中筋千佳綿谷早苗河合 実齋藤 誠桑原 健福井好枝平田隆彦、前川孝史:29回日本病院薬剤師会近畿学術大会、奈良、20082

 

太田実希1早川直樹1永田智依世1村田真依1酒井裕紀子1小野亜矢子1松山和代1寺岡知香1服部雄司1安井みのり1矢倉裕輝1島田志美1島本裕子1間麻里1河合 実1齋藤 誠1本田芳久1繻エ 健1福井好枝2平田隆彦3前川孝史1:薬剤師による手術室での薬剤管理システムの構築とその評価、近畿国立病院薬剤師会学術集会20083

 

荒木麻里子早川直樹仲村弥栄子福田良子梅原玲緒奈中本有香神谷明子戸矢亜衣子、鎌田宏和辰巳晃造海家亜希子梶田 宮田美知丸山直岳中筋千佳河野公美子豊田満知子吉野宗宏上野裕之齋藤 本田芳久繻エ 前川孝史:大阪医療センターにおける病棟薬剤業務システムの構築(第二報)近畿国立病院薬剤師会学術集会20083

 

B-7

吉野宗宏:服薬指導の実際、H18年度HIV感染症研修会、大阪、20072

 

吉野宗宏HIV診療における外来チーム医療の実際−薬剤師の立場から:「服薬アドヒアランスの向上・維持に関する研究班」成果発表会名古屋、20073

 

吉野宗宏HIV全般について,南薬剤師会保険薬局部会,大阪,20074

 

吉野宗宏HIV診療における外来チーム医療の実際−薬剤師の立場から:「服薬アドヒアランスの向上・維持に関する研究班」成果発表会,新潟20076

 

吉野宗宏HIV診療における外来チーム医療の実際−薬剤師の立場から:「服薬アドヒアランスの向上・維持に関する研究班」成果発表会,富山20076

 

吉野宗宏:服薬支援の実際, HIV/AIDS研修 保健師コース,大阪,20077

 

吉野宗宏:抗HIV薬と服薬指導, HIV感染症セミナー,大阪,20077

 

吉野宗宏:服薬支援の実際, HIV/AIDS研修 看護師コース,大阪,20079

 

吉野宗宏HIV薬における服薬指導5回秋田県HIV治療研究会,秋田,20079

 

吉野宗宏HIV診療における外来チーム医療の実際−薬剤師の立場から:「服薬アドヒアランスの向上・維持に関する研究班」成果発表会,千葉20079

 

吉野宗宏:服薬支援の実際, HIV/AIDS研修 保健師コース,大阪,2007101

 

吉野宗宏:服薬支援の実際, HIV/AIDS研修 保健師コース,大阪,20071022

 

吉野宗宏:抗HIV薬と服薬指導,平成19年度北海道HIV/AIDS医療者研修会 薬剤師部門,札幌,200710

 

矢倉裕輝: HAART開始から10年目の課題, 平成19年度 近畿ブロック医療相談会,大阪, 200711

 

吉野宗宏:服薬指導の実際, H18年度HIV感染症研修会,大阪,20081

 

矢倉裕輝:抗HIV薬の服薬について, 医療通訳研修会, 大阪, 20082

 

B-8

繻エ健HIV診療における外来チーム医療の実際−薬剤師の立場から−、「服薬アドヒアランスの向上・維持に関する研究班」成果発表会、愛媛、20077月。

 

繻エ健,服薬援助とHIV感染症治療薬を取り巻く最近の話題−薬剤師の立場から−、中四国エイズブロック拠点病院連絡会議、広島、20078月。

 

繻エ健HIV/AIDS and Pharmaceutical Care, JAICA-HIV研修, 東京, 200710月。

 

島本裕子、富成伸次郎、谷口智宏、坪倉美由紀、阿島美奈、河合実、桑原健、前川孝史、白阪琢磨: 「バンコマイシン至適血中濃度到達時間における薬剤師介入ポイントの影響」、23回日本環境感染学会総会、長崎、20082

 

繻エ健吉野宗弘矢倉裕輝:「後天性免疫不全症候群」 病気と薬パーフェクトBOOK ,747-751 (2008)

 

島本裕子、上野和行:「感染性心内膜炎」「閉塞性動脈硬化症」病気と薬パーフェクトBOOK ,206-208,238-239 (2008)