眼科

大鳥安正

 当院眼科の特徴としては、国立大阪病院の時代から伝統的に網膜硝子体疾患(黄斑部疾患、網膜剥離、増殖糖尿病網膜症など)に対する手術治療を数多く手がけていることが挙げられます。3次元光干渉断層計(3D-OCT)の導入によって、特に黄斑疾患の手術適応を含めた診断精度及び治療の評価が格段に向上しました。様々な網膜硝子体疾患に対して、経験を積んだ専門医が外科的治療を積極的に行っています。近年、進歩のめざましい経結膜無縫合硝子体切除術も症例に応じて施行しております。この術式は、従来の結膜縫合と強膜縫合を要する経強膜硝子体切除術とほぼ同様の効果をあげ、さらに術後の異物感、炎症をより抑えることができる手技として、有用な手術です。今後の適応の拡大と術式の安定化が期待されます。

また、当院のもう一つの特徴として、緑内障に対する外科的治療も数多く手がけております。点眼治療で眼圧下降が得られないような緑内障に対しては、積極的に緑内障手術を行っております。また、閉塞隅角緑内障にも興味をもっており、超音波生体顕微鏡によって隅角閉塞のメカニズムを詳細に検討した上で、レーザー虹彩切開術を行うか水晶体再建術を行うかを決定しております。さらに、難治性緑内障の代表である血管新生緑内障に対しては、網膜硝子体専門医と緑内障専門医がコラボレーションするかたちで治療しております。新生血管に対する治療としては、受託研究審査委員会の承認を得て、抗血管新生因子であるベバシズマブ(アバスチン)が使用可能となっており、加齢黄斑変性や血管新生緑内障に対して臨床応用し、まだ十分とは言えないものの良好な結果の得られるケースもみられるようになってきております。難治性眼疾患に立ち向かう環境は若手医師にとって大変貴重な経験であり、「治らない病気をいかに治せばよいのか?」という疑問を若い頃に臨床の場で感じることが刺激になり、大学院に進学して研究を志す医師も少なくありません。

当院では年間約1500件の手術を行っていますが、その3分の2を占めるのが白内障手術です。患者さんのご希望や全身状態に応じて、12日入院または56日入院のどちらかを選んでいただいております。特に、眼科病棟のある11階北側から眺める大阪城の夜景は大変美しく、患者さんからも術後に「大阪城がとてもきれいに見えるようになった」とのお声をよく聞きます。眼科スタッフがそれぞれのパートでベストをつくして、最高の医療を行うことを心がけおりますので、今後とも患者さんのご紹介を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。以下にスタッフの紹介をさせていただきます。

 

    大鳥安正(昭63卒):眼科科長。大阪大学眼科臨床准教授。日本緑内障学会評議員。まじめな性格である反面、宴会では周囲を盛り上げることに徹します。緑内障に関する専門的な知識と手術経験が豊富です。

    建林美佐子(平2卒):網膜・硝子体疾患、黄斑部疾患を専門にしています。いつも沈着冷静であり的確な判断と助言をする当科のナンバー2。硝子体手術の経験が豊富です。

    板谷浩志(平5卒):網膜・硝子体疾患、黄斑部疾患を専門にしています。手術の経験は非常に豊富で、硝子体手術はもとよりその他、多種にわたる手術を手がけます。また、若手の教育と指導にはとても熱心で、医師はもとよりコメディカルの育成にも精力的に取り組んでおります。宴会隊長です。

    阪本吉広(平6卒):角膜疾患・ぶどう膜疾患を専門にしています。前眼部疾患外来の中心的存在で、木曜のコンタクト外来も担当しています。とても穏やかな優しい人柄で、立場的に上からも下からも頼りにされている存在です。

    林田康隆(平11卒):眼表面の再生医療を中心に大阪大学および米国マイアミ・眼表面センターで研究に携わっておりました。研究では眼表面・角膜を専門にしていましたが、現在は専ら硝子体手術や網膜剥離手術に取り組んでいます。

    濱本亜裕美(平13卒):緑内障、眼形成(眼瞼)を専門にしています。非常にしっかりした性格で上からも下からも頼りにされています。血管新生緑内障の治療に精力的に取り組んでいます。

    村上陽子(平16卒):眼科一般を担当しています。手術の腕にも磨きがかかり、何でもこなせる器用なところが魅力です。非常にがんばり屋さんであり、若手のホープです。

    冨田有輝(平17卒):眼科一般を担当しています。当科で一番若い人材で、期待の新人です。

 


 

A-0

1.        WAKABAYASHI T, OSHIMA Y, SAKAGUCHI H, IKUNO Y, MIKI A, GOMI F, OTORI Y, KAMEI M, KUKSAKA S, TANO Y. Intravitreal bevacizumab to treat iris neovascularization and neovascular glaucoma secondary to ischemic retinal diseases in 41 consecutive cases. Ophthalmology 115(9):1571-1580, 2008.

2.        MIKI A, OSHIMA Y, OTORI Y, KAMEI M, TANO Y. Efficacy of intravitreal bevacizumab as adjunct treatment with pars plana vitrectomy, endolaser photocoagulation, and trabeculectomy for neovascular glaucoma. Br J Ophthalmol 92(10):1431-1433, 2008.

3.        SAKIMOTO S, SAITO Y, NAKATA K, SAKAMOTO Y, TATEBAYASHI M. Surgical outcomes of epiretinal membrane removal after successful pars plana vitrectomy for retinal diseases. Jpn J Ophthalmol. 52(3):227-30, 2008.

4.        LI W, HE H, CHEN YT, HAYASHIDA Y, TSENG SC. Reversal of Myofibroblasts by Amniotic Membrane Stromal Extract. J Cell Physiol. 215(3):657-64, 2008.

5.        ZHU YT, HAYASHIDA Y, KHEIRKHAH A, HE H, CHEN SY, TSENG SC Characterization and Comparison of Intercellular Adherent Junctions Expressed by Human Corneal Endothelial Cells in vivo and in vitro. Invest Ophthalmol Vis Sci. 49(9):3879-86, 2008.

6.        KHEIRKHAH A, BLANCO G, CASAS V, HAYASHIDA Y, RAJU VK, TSENG SC. Surgical Strategies for Fornix Reconstruction Based on Symblepharon Severity. Am J Ophthalmol. 146(2):266-275, 2008.

7.        HE H, LI W, CHEN SY, ZHANG S, CHEN YT, HAYASHIDA Y, ZHU YT, TSENG SC. Suppression of Activation and Induction of Apoptosis in RAW264.7 Cells by Amniotic Membrane Extract. Invest Ophthalmol Vis Sci. 49(10):4468-75, 2008.

8.        SUGIYAMA H, MAEDA K, YAMATO M, HAYASHI R, SOMA T, HAYASHIDA Y, YANG J, SHIRAKABE M, MATSUYAMA A, KIKUCHI A, SAWA Y, OKANO T, TANO Y, NISHIDA K. Human Adipose Tissue-Derived Mesenchymal Stem Cells as a Novel Feeder Layer for Epithelial Cells. J Tissue Eng Regen Med. 2(7):445-9, 2008.

9.        SHEHA H, CASAS V, HAYASHIDA Y. The Use of Amniotic Membrane in Reducing Adhesions After Strabismus Surgery. J AAPOS. 13(1):99-101, 2009

 

A-2

OTORI Y. Use of purified retinal ganglion cells for an In Vitro Model to study glaucoma. Mechanisms of the Glaucomas, Disease processes and therapeutic modalities. Humana Press, Edited by Tombran-Tink J, Barnstable CJ, Shields MB, 2008.

 

A-3

高橋愛、阪本吉広村上陽子、崎元晋、濱本亜裕美、中田亙、建林美佐子、斉藤喜博:Immune recovery uveitisの発症に伴った網膜剥離の1例、臨眼 621875-18792008.

 

A-4

大鳥安正:臨床眼科、特集:糖尿病の眼合併症、糖尿病と続発緑内障、臨床眼科62:1816-1821,2008.

 

A-6

大鳥安正:緑内障点眼薬−選択のポイント、β遮断薬−持続型点眼薬の特徴、あたらしい眼科25:753-754, 2008.

大鳥安正:眼科プラクティス23、眼科薬物治療A to Z、図説作用機序、8緑内障薬−炭酸脱水酵素阻害剤−519-520,2008.

大鳥安正:あたらしい眼科、「緑内障Now!」緑内障、Q7.血管新生緑内障の特徴と管理は?あたらしい眼科25:120-123,2008.

 

B-2

ZHU Y, HAYASHIDA Y, HE H, CHEN SY, CHEN YT, TSENG SC.

Characterization and Comparison of Intercellular Adherent Junction in Human Cornea Endothelial Cells in vivo and in vitro Sphere Culture. 2008 ARVO (the Association for Research in Vision and Ophthalmology) Annual Meeting, Fort Lauderdale, Florida, USA, May 2008.

 

AKAMA TO, KITAYAMA K, HAYASHIDA Y, NISHIDA K. Responsible Enzymes for Elonqation of Corneal Keratan Sulfate Carbohydrate Backbone. 2008 ARVO (the Association for Research in Vision and Ophthalmology) Annual Meeting, Fort Lauderdale, Florida, USA, May 2008.

 

OTORI Y, MIKI A, MATUSHITA K. Anterior chamber measurement with the Pentacam for unilateral angle closure. SEAGIG/AACGC Meeting, Seoul, Korea, September 2008.

 

B-3

大鳥安正:シンポジウム4「ビデオセミナー 難治緑内障対策」濾過法修復のコツ、第19回日本緑内障学会シンポジウム、大阪、20089

 

大鳥安正:教育セミナー1、「隅角を診よう!」、隅角検査の意義、第19回日本緑内障学会教育セミナー、大阪、20089

 

大鳥安正:網膜神経節細胞の純粋培養のこつ、第112回日本眼科学会総会スキルトランスファー、横浜、20084

 

大鳥安正:隅角検査のコツ、第112回日本眼科学会総会サブスペシャルティーサンデー、横浜、20084

 

B-4

村上陽子、崎元晋、濱本亜裕美林田康隆阪本吉広板谷浩志建林美佐子大鳥安正:線維柱帯切除術後の脈絡膜剥離および脈絡膜出血にステロイドパルス治療が奏功した1症例、第19回日本緑内障学会、大阪、20089

 

村上陽子、日下俊次、大島佑介、田野保雄:Bevacizumab投与後に重篤な視力低下をきたした増殖糖尿病網膜症の2例、第62回日本臨床眼科学会、東京、200810

 

大鳥安正、高橋現一郎、桑山泰明、浦島充佳、QOL向上委員会:STAIを用いた緑内障患者におけるQOLの評価、第62回日本臨床眼科学会、東京、200810

 

B-5

大鳥安正:緑内障診断力を高めるための眼底読影のコツ、京阪地区眼科勉強会、大阪、20089

 

大鳥安正:エビデンスに基づく緑内障長期管理の問題点、キサラタンフォーラムin Osaka、大阪、20088

 

林田康隆Corneal Basal Epithelial Heterogeneity(角膜上皮幹細胞とニッチ)、再生医療実用化研究事業第八回角膜上皮再生グループミーティング、仙台200812

 

B-6

冨田有輝建林美佐子村上陽子濱本亜裕美林田康隆阪本吉広板谷浩志大鳥安正:乳癌に対する化学療法中に両眼性黄斑浮腫をきたした1症例、第368回大阪府眼科集談会、大阪、20092

 

冨田有輝村上陽子濱本亜裕美林田康隆阪本吉広板谷浩志建林美佐子大鳥安正:閉塞隅角眼における前房深度、水晶体厚、眼軸長測定の意義、第226OCC、大阪、20093

 

B-8

大鳥安正:眼力トレーニング 視神経乳頭のみかた、第112回日本眼科学会総会イブニングセミナー、横浜、20084

 

大鳥安正:緑内障−充実した病診連携を目指して−、中央区勉強会、大阪、20085

 

大鳥安正:もう迷わない視神経乳頭のみかた、北摂眼科クラブ、大阪、20085

 

大鳥安正:緑内障−充実した病診連携を目指して−、河地エリア勉強会、大阪、20086

 

大鳥安正:緑内障のための眼底読影のコツ、和歌山眼科医会勉強会、和歌山、20087

 

板谷浩志:加齢によって増加する目の病気、白内障、おおさか健康セミナー、大阪、20087

 

大鳥安正:加齢によって増加する目の病気、緑内障、おおさか健康セミナー、大阪、20087

 

建林美佐子:加齢によって増加する目の病気、網膜剥離、おおさか健康セミナー、大阪、20087

 

大鳥安正:緑内障診断のための眼底読影のコツ、鳥取講演会、鳥取、20088

 

大鳥安正:眼科検査のポイント、参天製薬講演会、大阪、200811

 

大鳥安正:もう迷わない!? 緑内障診断:眼底読影力を高めるコツ、第12回徳島眼科医会講演会、徳島、200811

 

大鳥安正:「眼循環で頭の体操!PARTU、専門バカになるな!」日本網膜硝子体学会・眼循環学会ランチョンセミナー、京都、200811

 

@    班研究・研究助成実績:特になし