外科

 

辻仲利政

 

外科は、がん治療および外科治療における標準治療の確立と先進医療の開発を目的として、以下の方針に基づいて臨床と研究を行ってきました。

1)      専門性および先進性の高い医療(臓器別専門治療体制)

2)      医療の質の向上とチーム医療の推進

3)      標準治療の確立と臨床共同研究の推進

4)      各種がんに対する集学的治療の推進

5)      外科手術の改善と向上

その結果として、本年度も多くの学会発表と司会および講演を行ってきました。学会発表の数に比べて論文数が少ない欠点も是正されてきました。と久慈重要な臨床研究に関する論文に共著者として関わることができたのは大きな成果です。チーム医療推進の結果として、外科病棟に関係する看護師および薬剤師、栄養士からも多くの学会発表がなされました。依頼講演の件数もいっそう増加し、外部評価と病院評価の向上に役立っていると考えています。若手医師に対しても教育的効果を兼ねて積極的に研究発表を推進してきました。

今後も積極的な活動を継続したいと考えています。

 

2008年度研究発表業績】

A-0

MIYAGAKI H, FUJITANI K, TSUJINAKA T, HIRAO M, YASUI M, KASHIWAZAKI M, IKENAGA M, MIYAZAKI M, MISHIMA H, NAKAMORI S. The significance of gastrectomy in advanced gastric cancer patients with non-curative factors. Anticancer Research  28 : 2379 - 2384, 2008

 

KATO T, MISHIMA H.A phase U study of irinotecan in combination with doxifluridine, an intermedicate from of capecitabine, in patients with metastastic colorectal cancer. Cancer Chemother Pharmacol 61(2)275 – 278, 2008

 

MAKINO T, FUJITANI K,TSUJINAKA T,HIRAO M,KASHIWZAKI M,NAKAMORI S,IKENAGA M,MISHIMA H,MASUDA N,SAWAMURA T.Role of percutaneous transhepatic biliary drainage in patients with obstructive jaundice caused by local recurrence of gastric cancer. Hepato-Gastroeuterology 55 54 – 57, 2008

 

FUJITANI K, TAKIUCHI H,GOTO M,IMAMURA H,FURUKAWA H,IMANO M,IMAMOTO H,KIMURA Y,ISHIDA H,FUJITANI K,NARAHASHI H,SHIMOKAWA T. Multi-center phase II study for combination therapy with paclitaxel/doxifluridine to treat advanced/recurrent gastric cancer showing resistance to S-1 (OGSG0302). Jpn J Clin Oncol  38 176 – 181, 2008

 

FUJITANI K, HAN-KWANG YANG,KUROKAWA Y,DO JOONG PARK,TSUJINAKA T,BYUNG-JOO PARK,FUKUDA H,SUNG HOON NOH,BOKU N,YUNG-JUE BANG,SASAKO M,JONG-INN LEE Randomized controlled trial comparing gastrectomy plus chemotherapy with chemotherapy alone in advanced gastric cancer with a single non-curable factor :Japan Clinical Oncology Group Study JCOG 0705 and Korea Gastric Cancer Association Study KGCA01. Jpn J Clin Oncol 38 (7) 504 – 506, 2008

 

MIYAGAKI H, FUJITANI K,TSUJINAKA T,HIRAO M,YASUI M.,KASHIWAZAKI M,IKENAGA M,MIYAZAKI M,MISHIMA H,NAKAMORI S.The significance of gastrectomy in advanced gastric cancer patients with non-curative factors. Anticancer Res  28 2379 – 2384, 2008

 

KODAMA K,HIGASHIYAMA M,TAKAMI K,ODA K,OKAMI J,MAEDA J,KOYAMA M,NAKAYAMA T. Treatment strategy for patients with small peripheral lung lesion(s):intermediate-term results of prospective study. European Journal of Cardio-thoracic Surgery 341068 – 1074, 2008

 

HIGASHIYAMA M, ODA K,OKAMI J,MAEDA J,KODAMA K,TAKAMI K,MORINAGA K,TAKANO T,KOBAYASHI H. In Vitro-Chemosensitivity Test Using the Collagen Gel Droplet Embedded Culture Drug Test (CD-DST) for Malignant Pleural Mesothelioma:Possibility of Clinical Application. Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery 14 (6) 355 – 362, 2008.12

 

HIRAO M, KUROKAWA Y,FUJITANI K,TUJINAKA T,NAKAMORI S,MISHIMA H,TAKAMI K.IKENAGA M,YASUI M,OMIYA H,TSUJIE M,MIYAMOTO A.Neoadjuvant Chemotherapy of The Combination of NAFNedaplatinNED),AdriamycinADM),and 5−Fluorouracil5FUfor Treatment of Advanced Esophageal Cancer. International  Journal of Cancer Sapplement Willey - Blackwell , Switzer land ,2008.8

 

HIRAO M, KUROKAWA Y,FUJITANI K,TSUJINAKA T.Randomized Controlled Trial of Roux-en-Y ersus Rho-haped-Roux-en-Y Reconstruction After Distal Gastrectomy for Gastric Cancer.  World Journal of Surgery 33 290 - 295 , Springer, 2008 . 11

 

MASUDA N, TAGUCHI T, NAKAYAMA T, SHIBA E, WATATANI M, KUREBAYASHI J,TAKATSUKA Y,  SAKAMOTO J, NOGUCHI S. Capecitabine and paclitaxel combination chemotherapy for inoperable or recurrent breast cancer:a phase I dose-finding study by the Kinki Breast Cancer Study Group. Cancer Chemother Pharmacol 61(6):989-995,2008

 

MIYOSHI Y, KUROSUMI M, KUREBAYASHI J, MATSUURA N,TAKAHASHI M,TOKUNAGA E, EGAWA C, MASUDA N, KIM S J, OKISHIRO M, YANAGISAWA T, UEDA S, TAGUCHI T, TAMAKI Y, NOGUCHI S. Topoispmerase Ualpha-positive and BRCA1-negative phenotype:Cancer Letters 264: 44-53,2008

 

TOI M, NAKAMURA S, KUROI K, IWATA H, OHNO S, MASUDA N,KUSAMA M,YAMAZAKI K, HISAMATSU K, SATO Y, KASHIWABA M, KAISE H, KUROSUMI M, TSUDA H, AKIYAMA F, OHASHIY, TAKATSUKA Y. Phase Ustudy of preoperative sequential FEC and docetaxel predicts of pathological response and disease free survival

Breast Cancer Res Treat  Sep 19110:531-539,2008.

 

MASUDA N, TAGUCHI T, NAKAYAMAT, SHIBA E, WATATANI M, KUREBAYASHI J, TAKATSUKA Y, SAKAMOTO J, NOGUCHI S. Capecitabine and paclitaxel combination chemotherapy for inoperable or recurrent breast cancer: a phase I dose-finding study by the Kinki Breast Cancer Study Group, Cancer Chemother Pharmacol 2008 ,61 :989-995

 

MIYOSHI Y, KUROSUMI M, KUREBAYASHI J,MATSUURA N, TAKAHASHI M,TOKUNAGA E, EGAWA C,MASUDA N, KIM S J, OKISHIRO M,YANAGISAWA T,UEDA S,TAGUCHI T,TAMAKI Y, NOGUCHI SLow nuclear grade but not cell proliferation predictive of pathological  complete response to docetaxel in human breast cancersJ Cancer Res Clin Oncol(2008)134,561-567,2008

 

MAKINO T,FUJITANI K,TSUJINAKA T,HIRAO M,KASHIWAZAKI M,NAKAMORI S,IKENAGA M,MISHIMA H,MASUDA N,SAWAMURA T,Role of percutaneous Transhepatic Biliary Drainage in Patients with Obstructive Jaundice Caused  by Local Recurrence of Gastric Cancer,HEPATO-GASTROENTEROLOGY 2008,55: 54-57 ,2008

 

SASAKO M, SANO T, YAMAMOTO S, KUROKAWA Y, NASHIMOTO A, KURITA A, HIRATSUKA M, TSUJINAKA T, KINOSHITA T, ARAI K, YAMAMURA Y, OKAJIMA K. Japan Clinical Oncology Group. D2 lymphadenectomy alone or with para-aortic nodal dissection for gastric cancer. N Engl J Med 359: 453-62, 2008

 

KUROKAWA Y, SASAKO M.: Recent advances in chemotherapy and chemoradiotherapy for gastrointestinal tract cancers: adjuvant chemoradiotherapy for gastric cancer. Int J Clin Oncol 13: 479-82, 2008

 

KUROKAWA YKATAI H, FUKUDA H, SASAKO M. Gastric Cancer Surgical Study Group of the Japan Clinical Oncology Group. Phase II study of laparoscopy-assisted distal gastrectomy with nodal dissection for clinical stage I gastric cancer: Japan Clinical Oncology Group Study JCOG0703. Jpn J Clin Oncol 38: 501-3, 2008

 

MINAMI Y,HASUIKE Y,TAKEDA Y,TSUJINAKA T:Metachronous double cancer of the gallbaladder and pancreas associated with pancreaticobiliary maljunction. J Hepatobiliary Pancreat Surg 15(3) 330-333, 2008

 

HIRAO M, KUROKAWA Y, FJITANI K, TSUJINAKA T. Randomized Controlled Trial of Roux-en-Y Versus Rho-Shaped-Roux-en-Y Reconstruction After Distal Gastrectomy for Gastric Cancer. World J Surg 33: 290-5, 2009

 

FUJITANI K, YANG HKKUROKAWA Y, PARK DO J, TSUJINAKA T, PARK BJ, FUKUDA H, NOH SH, BOKU NBANG YJ, SASAKO M, LEE JI. Gastric Cancer Surgical Study Group of Japan Clinical Oncology Group; Korea Gastric Cancer Association. Randomized controlled trial comparing gastrectomy plus chemotherapy with chemotherapy alone in advanced gastric cancer with a single non-curable factor: Japan Clinical Oncology Group Study JCOG 0705 and Korea Gastric Cancer Association Study KGCA01. Jpn J Clin Oncol 38: 504-6 2008

 

TSUJINAKA T,FUJITANI K,HIRAO M,KUROKAWA Y. Current status of chemoradiotherapy for gastric cancer in Japan. Int J Clin Oncol 13: 117-20, 2008

 

YOKOYAMA T,YOKOYAMA A,KUMAGAI Y,OMORI T,KATO H,IGAKI H,TSUJINAKA T,MUTO M,UOKOYAMA M,WATANABE H: Health Risk Appraisal Models for Mass screening o Esophageal and Cancer in Japanese Men.Cancer Epidemiology Biomarkers&Prevention 17(10):2846-2854,2008

 

YOKOYAMA A,KUMAGAI Y,YOKOYAMA T,OMORI T,KATO H,IGAKI H,TSUJINAKA T,MUTO M,YOKOYAMA M,WATANABE H: Health Risk Appraisal Models for Mass screening for Esophageal and Pharyngeal Cancer:An Endoscopic Follow-up Study of Cancer-Free Japanese Men. Cancer Epidemiology Biomarkers&Prevention 18(2):

651-655,2009

 

A-1

三嶋秀行 :消化器がん化学療法のキードラッグ(3Capecitabine 、「消化器がん化学療法2007」: 113 - 121、日本メディカルセンター、2008

 

三嶋秀行 :消化器瘻、「 消化器外科NURSING 」: 215 - 219 、メディカ出版、大阪、2008

 

三嶋秀行 :がん化学療法、「 消化器外科NURSING 」: 313 - 317 、メディカ出版、大阪、2008

 

藤谷和正 :審査腹腔鏡検査のポイント、「 胃外科の要点と盲点(第1版) in press 文光堂、東京、2008

 

A-    2

辻仲利政RTOG Trial 8911USA Intergroup 113)の長期追跡結果:食道癌における術前化学療法と手術の併用療法および手術単独療法を比較した無作為化試験、Digestive Surgery 9(1)42008

 

辻仲利政:重症肺血症における強化インスリン療法とpentastarch蘇生法、Digestive Surgery 9(2):42008

 

辻仲利政NST活動の実践[臨床編] 胃全摘術後の摂食・嚥下障害例の栄養管理、NSTハンドブック 疾患・病態別の栄養管理 理論と実践」 東口高志 編: 345- 356、医療ジャーナル社、2008

 

中森正二、大東弘明 血管内皮細胞開裂の研究法、「がん転移研究の実験手法」 済木育夫 愛甲孝(日本がん転移学会 編集)221 - 227、金芳堂、京都、2008 8

 

中森正二 膵癌における糖鎖関連バイオマーカーの実際とその可能性、「遺伝子医学MOOK11;臨床糖鎖バイオマーカーの開発−糖鎖機能の解明とその応用」 成松 久:273 - 277、メディカル ドゥ、大阪、2008 9

 

藤谷和正 、高橋由美子 食道の良性疾患・悪性疾患 、「 消化器外科NURSING 辻仲利政 138 - 147、メディカ出版、2008

 

藤谷和正 、安原加奈 食道切除術 消化器外科NURSING 辻仲利政 245 - 254、メディカ出版、2008

 

平尾素宏 、坂本真菜 胃の良性疾患、悪性疾患、「 消化器外科看護マニュアル 」: 148 - 154、メディカ出版、2008 3

 

平尾素宏 、坂本真菜 胃切除術 消化器外科看護マニュアル 255 - 261 メディカ出版 2008 3

 

増田慎三: マンモグラフィ読影の基本−典型的所見を呈する症例による読影−石灰化、「マンモグラフィ画像読影ハンドブックー乳がん検診における読影技術の向上を目指して」遠藤登喜子、81-116, 永井書店 、大阪、20081

 

増田慎三: 科学的根拠に基づく乳がん診療ガイドライン2004−2007 解説、「今日の治療方針20081599-1606、医学書院、東京、200810

 

増田慎三: 8.治療薬の種類と特徴 1)抗癌剤、「インフォームドコンセントのための図説シリーズ乳癌薬物療法」 戸井雅和、48-59、医薬ジャーナル社、大阪、20081

 

TOKUDA Y, KURIYAMA K, NAKAMOTO A, CHOI S, YUTANI K, KUNITOMI Y, HANEDA K, KAWAI M, MASUDA N, TAKEDA M, NAKAMURA H Evaluation of Suspicious Nipple Discharge by Magnetic Resonance Mammography Based on Breast Imaging-Reporting and Data System Magnetic Resonance Imaging Descriptors,Journal of Computer Assisted Tomography,2008

 

YOSHIDA K, NOSE T, MASUDA N, YAMAZAKI H, KOTSUMA T, YOSHIDA M, YAMAMURA J, MASUDA H, SHIN E, NAKABA H, KOMOIKE Y, TOKUDA Y, TAKEDA M, KURIYAMA K.Preliminary result of accelerated partial breast irradiation after breast-conserving surgery.  Breast Cancer,2008 Sep 20.[Epub ahead of print]

 

SHIDA TKIBA TTAKEDA MMATSUYAMA KTERAMUKAI SISHIWATA RMASUDA NTAKATSUKA YNOGUCHI SISHIOKA CFUKUSHIMA MOHUCHI NPhase U study of capecitabine and trastuzumab combination  chemotherapy in patients with HER2 overexpressing metastatic breast cancers resistant to both anthracyclines and taxanes.  Cancer Chemother Pharmacol , 2008 Dec 12(Epub)

 

池永雅一 クリティカルパスの使い方、いちからわかる超入門 、「 消化器外科NURSING 辻仲利政編 106 - 112、メディカ出版、2008 1

 

池永雅一 、東海林利江 結腸切除術、いちからわかる超入門、「 消化器外科NURSING 辻仲利政編 285 - 290、メディカ出版、2008 3

 

池永雅一 、東海林利江 直腸切除術、いちからわかる超入門 、「 消化器外科NURSING 辻仲利政編 291 - 297、メディカ出版、2008 3

 

安井昌義 、東海林利江 消化器外科の疾患とケア入門 大腸の良性疾患 、「 消化器外科NURSING 辻仲利政編 159 - 165、メディカ出版、2008 3

 

安井昌義 、東海林利江 消化器外科の疾患とケア入門 大腸の悪性疾患 、「 消化器外科NURSING 辻仲利政編 166 - 171、メディカ出版、2008 3

 

安井昌義 、前田梨佐 消化器外科の疾患とケア入門 腹腔鏡下胆嚢摘出術 、「 消化器外科NURSING 辻仲利政編 262 - 267、メディカ出版、2008 3

 

辻江正徳 、西藤絵美 肝臓の良性疾患 、「 消化器外科NURSING 辻仲利政 編: 172 - 179、メディカ出版、2008

 

辻江正徳 、西藤絵美 肝切除術 消化器外科NURSING 辻仲利政 編: 279 - 284、メディカ出版、2008

 

A-    3

宮崎道彦、辻江正徳安井昌義池永雅一三嶋秀行宮本敦史大宮英泰平尾素宏高見康二藤谷和正中森正二辻仲利政 壊死性筋膜炎(フルニエ症候群)の診断と治療、臨床外科 63 (11) : 295 - 2982008

 

宮崎道彦、三嶋秀行安井昌義池永雅一辻江正徳宮本敦史大宮英泰平尾素宏高見康二藤谷和正中森正二辻仲利政 完全直腸脱に対するDelorme手術 外科 7013: 1505 - 1510 2008

 

三嶋秀行 私はFOLFOXを選ぶ 臨床腫瘍プラクティス 41):45 - 47 2008

 

三嶋秀行 StageV結腸癌術後補助化学療法-外科医の立場から-重要性と患者説明のポイント、癌の臨床 547): 591 - 5962008

 

三嶋秀行 薬の知識/カペシタビン(ゼロ−タR 臨床消化器内科 238): 899 - 9022008

 

三嶋秀行 StageUV補助化学療法のエビデンス コンセンサス癌治療 72): 88 - 912008

 

三嶋秀行 辻仲利政 よくみられる抗がん剤の副作用とその対応 外科治療 98 suppl. ): 53 - 592008

 

藤谷和正 わが国における胃癌化学療法−エビデンスと実地臨床での治療戦略− Therapeuitic Research 2910): 1693 - 1698、ライフサイエンス出版、2008

 

藤谷和正 平尾素宏黒川幸典辻江正徳安井昌義宮本敦史池永雅一三嶋秀行中森正二辻仲利政 非治癒胃癌に対する治療戦略−胃切除の意義とタイミング−、癌の臨床 5411): in press2008

 

藤谷和正 小川久貴、竹田雅司、平尾素宏安井昌義、柏ア正樹、池永雅一宮崎道彦三嶋秀行中森正二真能正幸辻仲利政 外科切除およびPaclitaxel,S-1を用いた集学的治療により2年後にCRが確認された腹膜偽粘液腫の1例、 癌と化学療法 353): 523 - 5272008

 

平尾素宏 消化器外科専門医試験 想定問題と解説 86 食道癌及び食道疾患 31 1): 126、へるす出版、東京、2008

 

平尾素宏 消化器外科専門医試験 想定問題と解説 90 食道癌及び食道疾患 31 2): 258、へるす出版、東京、2008

 

平尾素宏 消化器外科専門医試験 想定問題と解説 92 食道癌及び食道疾患 31 3 391、へるす出版、東京、2008

 

平尾素宏 消化器外科専門医試験 想定問題 「食道癌」 消化器外科 31 4): 523 、へるす出版、東京、2008

 

中村清吾、増田慎三、岩田広治、戸井雅和、黒井克昌、黒住昌史、津田均、秋山太: 原発乳癌に対するFEC followed by docetaxel 100mg/m2 併用療法による術前化学療法の検討 -JBCRG02-「乳癌の臨床」23(2) : 111-117,2008

 

大村仁昭、藤谷和正、山崎秀哉、平尾素宏安井昌義増田慎三、柏崎正樹、池永雅一宮崎道彦高見康二三嶋秀行中森正二辻仲利政:化学放射線療法(DOC+RC)によりClinical CR が得られた耐術不能噴門部進行胃癌の1例、「癌と化学療法」34(12)2147-21492008

 

多根井智紀、増田慎三、石飛真人、徳田由紀子吉田謙真能正幸竹田雅司辻仲利政:乳頭分泌液中CEAにおけるイムノクロマトグラフィー(ICGA)法と酵素免疫測定(EIA)法の比較検討、「乳癌の臨床」23(2):123-1282008

 

池永雅一 三嶋秀行安井昌義宮崎道彦辻仲利政 安全で確実な吻合を目指した直腸癌器械吻合術 手術 621): 81 - 86、金原出版、 2008 1

 

池永雅一 三嶋秀行安井昌義宮崎道彦中森正二辻仲利政 大腸癌治療ガイドラインに対する認識度調査ー本施設での普及へのアプローチー 日本大腸肛門病会誌 615): 228 - 2342008

 

池永雅一 三嶋秀行安井昌義宮崎道彦中森正二辻仲利政 結腸癌手術におけるSliding side to side anastomosis (スライディング側々吻合) 日本大腸肛門病会誌 615): 272 - 2732008

 

池永雅一 三嶋秀行安井昌義宮崎道彦中森正二辻仲利政 がん専門施設における緊急手術症例にかかわる大腸外科医の窮状 日本大腸肛門病会誌 616 311 - 3142008

    

池永雅一 安井昌義宮崎道彦三嶋秀行中森正二辻仲利政 小切開創からの注射シリンジを用いた癒着防止吸収性バリア(セプラフィルム)挿入法 日本大腸肛門病会誌 616): 347 - 3492008

 

池永雅一 、西田尚弘、安井昌義宮崎道彦、三嶋秀行中森正二辻仲利政 脳室腹腔、腰部クモ膜下腔腹腔シャントを有する大腸癌手術の周術期管理 日本大腸肛門病会誌 622): 116 - 1202009

 

池永雅一 大腸(結腸右半切除術、腹腔鏡下S状結腸切除術、直腸低位前方切除術) Ope nursing 2008 2310): 1075 - 11302008

 

三木友一朗 池永雅一、日浦祐一郎、安井昌義三嶋秀行辻仲利政 出血済精査中に小腸ダブルバルーン内視鏡検査にて発見した成人回腸異所性膵の1例 日臨外会誌 698): 1982 - 19872008

 

小川昌美 増田慎三山村順増田紘子 若年者乳癌における化学療法中の卵巣機能保持の工夫、乳癌の臨床 in press2009

 

A-    4

辻仲利政:消化器がん手術前の免疫増強栄養剤の投与効果、外科治療 986):953- 9552008

 

辻仲利政:周術期栄養管理の現状と課題、外科治療 99(2)156- 1622008

 

辻仲利政:イレウスの病態、治療方針に応じた栄養管理を探る、G.I Research 16(6)63- 692008

 

宮崎道彦、三嶋秀行池永雅一安井昌義中森正二辻仲利政、吉川宣輝 下部直腸癌にたいする肛門腹式直腸切除術,経肛門側端(経肛門Baker)吻合の術後長期成績とQOL日本大腸肛門病学会雑誌 61 (5) : 235 - 2392008

 

宮崎道彦、三嶋秀行池永雅一安井昌義中森正二辻仲利政 拠点病院におけるHIV陽性肛門疾患に対する治療成績と現況、日本大腸肛門病学会雑誌 61 (6) : 285 - 2902008

 

宮崎道彦、三嶋秀行安井昌義池永雅一中森正二辻仲利政 全周瘢痕性肛門狭窄にたいする後方肛門形成術、日本大腸肛門病学会雑誌 62 (2) : 127 - 1282009

 

増田慎三:  誌上ディベート、HER2陽性乳がんの再発治療-単剤療法を推奨する立場から、Cancer Board 乳癌」1(1)37-422008

 

増田慎三 :臨床試験の紹介 SUN1107試験、Cancer Board 乳癌」1(1) : 56, 2008

 

増田慎三 :用語解説 遺伝子発現解析 Mamma PrintMamma (Breast Cancer Update from AstraZeneca)60: 18-21,2008

 

増田紘子増田慎三 : Meeting Report 16回日本乳癌学会学術総会,がん分子標的治療 7(1):72-74,2008

 

黒川幸典:がん臨床試験の準備と実践−有害事象の取扱いと個人情報保護、日本癌治療学会誌 43: 1217-192008

 

黒川幸典、笹子三津留:胃癌 基礎・臨床研究のアップデート−標準手術、日本臨床 66: 351-54 2008

 

黒川幸典平尾素宏藤谷和正辻仲利政:国際共同臨床試験−研究者主導日韓共同試験.腫瘍内科  2: 233-372008

 

黒川幸典、福田治彦:癌の臨床試験のデザインとその特徴.Cancer Treatment Navigator 中川和彦編: 46-47、メディカルレビュー社、東京、200811

 

A-5

増田慎三:第16回日本乳癌学会学術集会記録集に掲載する 同学術集会における発表演題「HER2陽性再発乳癌の一次治療とTrastuzumab30分投与の安全性に関する検討」の原稿執筆及び校閲、「第16回日本乳癌学会学術集会記録集」2008

 

A-6

増田慎三: 「ホルモン療法を始めたら気をつけたい骨粗鬆症」上記冊子の原稿執筆、「ホルモン療法を始めたら気をつけたい骨粗鬆症」2008

 

B-1

OMIYA H. Video Mediastinoscopy and 3D Bronchoscopy-The New Frontiers in Diagnosis of Thoracic Diseases. POST GRADUATE CME MEETING , Malaysia,2009 .3

 

B-2

URA T, SATOH T,TSUJINAKA T,SASAKI Y,YAMAZAKI Y,MUNAKATA M,OKAMURA S,YAMADA Y,HYODO I,SAKATA Y:Phase I study of irinotecan with individualized dosing based on UGT1A1 polymorphism in japanese patients with gastrointestinal cancer.(UGTO0601).44th ASCO Annual Meeting,Chicago(USA),2008.6

 

NAKAMORI S, EGUCHI H, ENDO W. KASHIWAZAKI M, SUGIMOTO K, TAKEDA Y, TOHNO K, MONDEN M, DOKI Y, MORI M. Multicenter phaseU study of the combination of S-1 administration prior to gemcitabine for unresectable/recurrent pancreatic cancer.  2009 Gastrointestinal Cancers Symposium(ASCO), San Francisco(USA) , 2009. 1

 

NAKAMORI STSUJIE M, MIYAMOTO AKUROKAWA Y, YASUI M, IKENAGA M, MIYAZAKI M, HIRAO M, FUJITANI K, MISHIMA HTSUJINAKA T. Expression of equilibrative nucleoside transporterl is a novel marker of 5-fluorouracil resistance in human pancreatic cancer.  62 nd Annual Cancer Symposium 2009(SSO), Phoenix(USA) , 2009. 3

 

MISHIMA H, NAGATA N,KATO T,FUJII M,TAKEMOTO H,OKUYAMA Y,TOMINAGA H,SAKAMOTO J.Multicenter phase U sutudy of FLOX for metastatic colorectal cancer (CRC) patients in Japan : SWIFT3 stady. 2009 GASTRO INTESTINAL CANCERS SYMPOSIUM , San Francisco(USA),2009.1

 

FUJITANI K, TSUJINAKA T,HIRAO M,KUROKAWA Y. :Impact of visceral fat on operative morbidity in patients with gastric cancer 14回ヨーロッパ腫瘍外科学会, Holland, 2008.9

 

FUJITANI KA randomized phase U trial of S1 plus irinotecan versus S1 plus paclitaxel in advanced gastric cancer as a first-line treatment (OGSG0402). 2009 GASTRO INTESTINAL CANCERS SYMPOSIUM , San Francisco(USA),2009.1

 

HIRAO M, KUROKAWA Y,FUJITANI K,TUJINAKA T,NAKAMORI S,MISHIMA H,TAKAMI K,IKENAGA M,YASUI M,OMIYA H,TSUJIE M,MIYAMOTO A.:Neoadjuvant Chemotherapy of The Combination of NAFNedaplatinNED),AdriamycinADM),and 5Fluorouracil5FUfor Treatment of Advanced Esophageal Cancer. UICC World Congress ,Switzer land,2008.8

 

SATO N, IWATA H, MASUDA N, NAKAMUA S, YAMAMOTO N, KUROI K, KUROSUMI M, TSUDA H, AKIYAMA F, TOI MNeoadjuvant docetaxel(DOC75)followed by fluorouracil, epirubicin, cyclophosphamide (FEC100) in primacy operable breast cancer:results of a multicenter phase II trialEuropean Breast Cancer Conference、ベルリン、

(ドイツ)、20084

 

IWASE H, YAMAMOTO Y, OHTAKE T, MASUDA N, YAMASHITA H, SAJI S, KIMIJIMA I, Kasahara Y,  ISHIKAWA T, SAWAKI MClinical usefulness of high-dose toremifene for patients failed by treatment with aromatase inhibitorEuropean Breast Cancer Conference、ベルリン(ドイツ)20084

 

ISHIDA T, KIBA T, TAKEDA M, MATSUYAMA K, TERAMUKAI N, MASUDA N, TAKATSUKA Y, NOGUCHI S, FUKUSHIMA M, OHUCHI NPhase U study capecitabine and trastuzumab combination chemotherapy in patients with HER2-overexpressing metastatic breast cancers after failure of  both anthracyclines and taxanes.44th Annual Meeting of the American Socieety of Clinical Oncology ASCO ,  シカゴ(アメリカ)、20085

 

OHSUMI S, INAJI H, OHANASHI Y, SUEMASU K, NISHIMURA R, MASUDA N, AKASHI-TANAKA S, MURAKAMI S, IKEDA T, NISHI TProspective study of wide local excision and endocrine therapy WithOut Radio Therapy (WORTH)for node-negative ,estrogen receptor -positive early breast cancer with negative histologic margins(WORTH trial,Protocol 1:Three year interim results44th Annual Meeting of the American Socieety of Clinical Oncology ASCO 、シカゴ(アメリカ)、20085

 

MUKAI H, WATANABE T, MITSUMORI M, TSUDA H, NAKAMURA S, MASUDA N, YAMAMOTO N, SSHIBATA T, SATO A, AOGI KSafety and efficacy trial of preoperative sequeintial chemo-radiation therapy for the nonsurgical treatment (NST) in early breast cancer (EBC)44th Annual Meeting of the American Socieety of Clinical Oncology ASCO 、シカゴ(アメリカ)、20085

 

IWATA H, MASUDA N, RAI Y, ANAN K, TAKEUCHI T, KOHONO N, TAKEI H, YANAGITA Y, NOGUCHI S:Estradiol(E2)suppression with monthly versus 3-monthly goserelin treatment in premenopausal patients with early breast cancer, 2008 Breast Cancer Symposium、ワシントン(アメリカ)、20089

 

MASUDA N, YAMAMURA J, MASUDA H, OGAWA M, NAKAMORI S, TSUJINAKA T: Retrospective analysis of  first-line trastuzumab treatment for Japanese patients with HER2-positive breast cancer.  2008 Breast Cancer Symposium、ワシントン(アメリカ)、20089

 

MASUDA N, IWASE H, YAMAMOTO Y, OTAKE H, YAMASHITA H, SAJI S, KIMIJIMA I, KASAHARA Y, ISHIKAWA T, SAWAKI M, HOZUMI YEffect of high-dose toremifene for patients who failed treatment with atomatase inhibitor (HI-FAIR Study)2008 Breast Cancer Symposium、ワシントン(アメリカ)、20089

 

TAGUCHI T, NAKAYAMA T, MASUDA N, YOSHIDOME K, AKAGI K, NISHIDA Y, YOSHIKAWA Y, OGINO N, ABE C, SAKAMOTO J, NOGUCHI SLow-dose capecitabine (X) monotherapy as first -line chemotherapy (CT) for metastatic breaset cancer (MBC):KBCSG 04082008 Breast Cancer Symposium、ワシントン(アメリカ)、20089

 

OHNO S, TOI M ,KUROI K, AOGI K, IWATA H, MASUDA N, NAKAMURA SNeoadjuvant Chemotherapy in Japan:Clinical Studies of Japanese Breast Cancer Reserche Group(JBCRG)15 World COngress on Breast Diseases  ,The East Meeting The West,3rd Shanghai Breast Cancer Symposium、上海(中国)200810

 

SAKURAI M, TODAKA K, TAKEDA N, KAMIGAKI S, ANAMI S, SHIKATA A, UENO H, ISEKI C, FUJII C, FUJINO M, YAMAMURA J, MASUDA H, ISHITOBI M, NAKAYAMAT, MASUDA N Multicenter phase II study of a frozen glove to prevent docetaxel-induced onycholysis and cutaneous toxicity for the breast cancer patients (Kinki Multidisciplinary Breast Oncology Group: KMBOG-0605).  San Antonio Breast Cancer Symposium、サンアントニオ(アメリカ)200812

 

MASUDA N, NAKAYAMA T, MATSUNAMI N, KASHIWABA M, KAMIGAKI S, YAMAMURA J, ANAMI S, TAKEDA M, YASUMURA Y, TAGUCHI TPhase II trial of neoadjuvant 5-fluorouracil, epirubicin and cyclophosphamide (FEC100) followed by weekly paclitaxel and trastuzumab (PH) for HER2 positive breast cancer

San Antonio Breast Cancer Symposium、サンアントニオ(アメリカ)、200812

 

TANAKA M, TAMURA K, ANAN K, OHNO S, NISHIMURA R, YAMAMOTO Y, MASUDA N, MITSUYAMA S Oral combination chemotherapy with capecitabine and cyclophosphamide in patients with metastatic breast cancer: phase II study San Antonio Breast Cancer Symposium、サンアントニオ(アメリカ)200812

 

AIHARA T, TAKATSUKA Y, OSUMI S, AOGI K, HOZUMI Y, IMOTO S, MUKAI H, IWATA H, WATANABE T, SHIMIZU C, NAKAGAMI K, TAMURA M, ITO T, MASUDA N, OGINO N, HISAMATSU K, MITSUYAMA S, ABE H, YAMAGUCHI T, OHASHI Y Phase III randomized adjuvant study of tamoxifen alone versus sequential tamoxifen and anastrozole in postmenopausal women with hormone-responsive breast cancer: N-SAS BC03 study.

San Antonio Breast Cancer Symposium、サンアントニオ(アメリカ)200812

 

NAKAGAMI K, INOUE K, MIZUTANI M, HOZUMI Y, FUJIWARA Y, MASUDA N, TSUKAMOTO F, SAITO M, OHASHI Y, SANO M, NOGUCHI S Randomized phase III study of trastuzumab monotherapy followed by docetaxel and trastuzumab versus the combination of trastuzumab and docetaxel as first-line treatment in patients with HER2 positive metastatic breast cancer.  San Antonio Breast Cancer Symposium、サンアントニオ(アメリカ)200812

 

WATANABE T, KURANAMI M, INOUE K, MASUDA N, AOGI K, OHNO S, IWATA H, MUKAI H, TANAKA S, YAMAGUCHI T, OHASHI YPhase III two by two factorial comparison of doxorubicin and cyclophosphamide followed by a taxan vs. a taxan alone, and paclitaxel vs. docetaxel in operable node positive breast cancer results of the first interim analysis of NSASBC02 trial.  San Antonio Breast Cancer Symposium、サンアントニオ(アメリカ)200812

 

OGAWA.M, MASUDA N, YAMAMURA J, MASUDA H, KARITA M, NAKAMORI S, TSUJINAKA T,

Protection of ovarian function with an LH-RH analogue during chemotherapy in young

Breast cancer patients. St.Gallen Oncology Conference Primary therapy of early breast cancer, サンクト・ガレン(スイス)20093

 

IWATA H,MASUDA N,TOYAMA T,TAIRA N,YAMAMOTO Y,SAJI S,KASHIWABA M, YAMAGUCHI T,OHASHI Y, A phase V study of adjuvant endocrine therapy with or without chemotherapy for postmenopausal breast cancer patients who responded to Neoadjuvant letrozole. St.Gallen Oncology Conference Primary therapy of early breast cancer, サンクト・ガレン(スイス)20093

 

YASUI M,IKEDA M,NAKAMORI S,MIYAMOTO A,TSUJIE M,IKENAGA M,MIYAZAKI M,FUJITANI K,Mishima H,TSUJINAKA T.: Prevention of hepatocellular carcinoma -Laparoscopic splenectomy reverses thrombocytopenia in patients with hepatitis C cirrhosis. 14回ヨーロッパ腫瘍外科学会Holland,2008.9

 

YASUI M,IKEDA M,MIYAZAKI M,MISHIMA H,KUROKAWA Y,TSUJIE M,MIYAMOTO A,HIRAO M,FUJITANI K,NAKAMORI S,TSUJINAKA T:Laparoscopic rectal Transection using both instrument for open surgery and endostapler .11回世界内視鏡外科学会、横浜、 2008.9

 

KUROKAWA Y,YAMAGUCHI T, YOSHIMURA K, YAMAMOTO S, BOKU N, SHIMADA Y, OHTSU A, FUKUDA H. Evaluation of heterogeneities in treatment effects and baseline risks among hospitals: additional result of JCOG9912 phase III trial for advanced gastric cancer. 44th ASCO Annual Meeting ,Chicago (USA) , 2008.6

 

KUROKAWA Y, SASAKO M, ANDO N, SANO T, IGAKI H, IWASAKI Y, TSUBURAYA A, FUKUDA H.:Validity of response criteria in neoadjuvant chemotherapy against gastric and esophageal cancer: Additional analyses of multicenter JCOG trials. 2009 ASCO Gastrointestinal Cancers Symposium, San Francisco (USA), 2009.1

 

SAITOU T, HIRAO M,KUROKAWA Y,FUJITANI K,TSUJINAKA T.: Multiple Lugol Voiding Lesion Is One of the Possible Risk Factor of Multiple Cancers in Patients with T1N0 Esophageal Cancer. 11th World Congress of the International Society for Diseases of the Esophagus , Hungary,2008.9

 

OGAWA M, MASUDA N,YAMAMURA J,MASUDA H.Procection of ovarian fumction with an LH-RH analogue during chemotherapy in young breast cancer patients St. Gallen oncology conferences .11th international conference ,Switzrland, 2009.3

 

B-3

辻仲利政:胃切除後の吻合法-進化するBest Practice-108回日本外科学会定期学術集会、長崎、20085

 

辻仲利政:「胃癌外科治療コンセンサス」。81回胃癌学会総会、東京、20093

 

辻仲利政:胃癌化学療法-CPT-11の位置づけとUGT1A1測定の意義、81回胃癌学会総会、東京、20093

 

武田裕、中森正二、柏ア正樹、宮本敦史、秋田裕史、橘高信義、小林省吾、丸橋繁、李千萬、種村匡弘、永野浩昭、北川透、堂野恵三、梅下浩司、門田守人 膵癌に対する治療方針。 108 日本外科学会定期学術集会、長崎、2008 5

 

武田裕、中森正二宮本敦史、秋田裕史、橘高信義、小林省吾、丸橋繁、李千萬、種村匡弘、永野浩昭、北川透、堂野恵三、梅下浩司、門田守人 通常型膵管癌の治療戦略。 20 日本肝胆膵外科学会・学術集会、山形、2008 5

 

中森正二辻江正徳宮本敦史、武田裕、黒川幸典安井昌義池永雅一平尾素宏藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 再発例から見た非浸潤性および微小浸潤性膵管内乳頭粘液性腫瘍に対する手術。 20 日本肝胆膵外科学会・学術集会、山形、2008 5

 

宮崎道彦、三嶋秀行安井昌義池永雅一辻江正徳宮本敦史平尾素宏藤谷和正中森正二辻仲利政 深部痔瘻(隅越分類V,W)にたいする手術と治癒向上のための工夫。 63 日本消化器外科学会総会、札幌、2008 7

 

武田裕、中森正二宮本敦史、秋田裕史、橘高信義、小林省吾、丸橋繁、種村匡弘、永野浩昭、北川透、堂野恵三、梅下浩司、土岐祐一郎、門田守人 膵癌に対する術前化学放射線療法。 46 日本癌治療学会総会、名古屋、2008 10

 

(司会)辻仲利政:「術前放射線療法、高用量化学療法施行例に対する消化器癌手術:私はこうしている」。63回日本消化器外科学会定期学術総会、札幌、20087

 

(座長)辻仲利政:「バリアンス分析3」。9回日本クリニカルパス学会学術集会、埼玉、200811

 

(座長)辻仲利政:「栄養管理とクリニカルパス」。9回日本クリニカルパス学会学術集会、埼玉、200811

 

(司会)辻仲利政:「胃癌化学療法コンセンサス1-術前化学療法」、81回胃癌学会総会、東京、20093

 

(座長)中森正二 「通常型膵癌」。 20 日本肝胆膵外科学会・学術集会、山形、2008 5

 

(座長)中森正二 「分子標的治療2」。 17 日本がん転移学会学術集会・総会、鹿児島、2008 7

 

(座長)中森正二 「遺伝子発現の意義」。 19 日本消化器癌発生学会総会、大分 別府市、2008 8

 

藤谷和正 2nd line を行なうかBSCを行うか迷う症例。 81回日本胃癌学会総会、東京、2009 3

 

増田慎三: 一般演題 「エラストグラフィ」 にての 座長、20回 日本乳腺甲状腺超音波診断会議、茨城、20084

 

吉田謙、吉田岑雄、山崎秀哉、古妻理之、増田慎三徳田由紀子栗山啓子、能勢隆之:ワークショップ『小線源治療の現在地』乳癌APBI・当院におけるAPBIの手技、日本放射線腫瘍学会小線源治療部会第10回研究会、岡山、20086

 

堀口慎一郎、黒井克昌、高橋將人、山下啓子、佐藤伸昭、岩田広治、増田慎三、中村清吾、戸井雅和:プレジデンシャルシンポジウム 「術前化学療法における治療効果予測因子としてのHER2/TOPOUα解析の意義(JBCRG−TR01)」、16回日本乳癌学会、大阪、20089

 

大住省三、稲治英生、秋山太、末益公人、西村令喜、増田慎三、明石定子、村上茂、池田正、西常博、飯野佑一、高塚雄一、徳永祐二、林弘人、中村清吾、大橋靖雄: プレジデンシャルシンポジウム 「乳房温存術後の放射線治療の個別化に向けて」、16回日本乳癌学会、大阪、20089

 

山本尚人、岩田広冶、佐藤信昭、増田慎三、中村清吾、黒井克昌、黒住昌史、津田均、秋山太、戸井雅和:シンポジウム2・JBCRG03:Docetaxel 75 followed by FEC 100による 術前化学療法、16回日本乳癌学会、大阪、20089

 

増田紘子増田慎三山村順小川昌美竹田雅司徳田由紀子吉田謙古妻理之真能正幸中森正二辻仲利政:シンポジウム2。術前化学療法の経験から学んだこと-今後の展望、16回日本乳癌学会、大阪、20089

 

穂積康夫、相原智彦、末益公人、武井寛幸、竹原めぐみ、大住省三、斉藤毅、増田慎三、大橋靖雄:パネルディスカッション1 閉経後乳癌におけるexemestaneanastrozole,tamoxifenの骨代謝への影響N-SAS BC 04の一年次の中間報告、16回日本乳癌学会、大阪、20089

 

増田慎三山村順増田紘子小川昌美戸高絹代上野裕之三嶋秀行中森正二、辻仲利政:パネルディスカッション3HER2陽性再発乳がんの1次治療とTrastuzumab30分投与の安全性に関する検討、16回日本乳癌学会、大阪、20089

 

清水千佳子、増田慎三、枝園忠彦、山村順増田紘子、木下貴之、藤原康弘:パネルディスカッション3 HER2陽性乳癌に対する術前化学療法後の予後に影響を与える因子の検討、16回日本乳癌学会、大阪、20089

 

枝園忠彦、木下貴之、吉田美和、北條隆、明石定子、清水千佳子、米盛勧、増田慎三、藤澤知己、津川浩二郎、井上賢二、青儀健二郎:パネルディスカッション5 転移性乳癌に対する早期原発巣切除の意義〜NCCHのデータとJCOG乳腺班の研究計画、16回日本乳癌学会、大阪、20089

 

中山貴寛、田口哲也、増田慎三、吉留克英、赤木謙三、西田幸弘、吉川幸伸、荻野信夫、阿部千草、坂本純一、野口眞三郎:パネルディスカッション5 転移・再発乳癌に対する一次化学療法としてのCapecitabineの有効性と安全性の評価(KBCSGU相試験)、16回日本乳癌学会、大阪、20089

 

増田慎三:ランチョンセミナー10 今からできる個別化治療への挑戦、16回日本乳癌学会、大阪、20089

 

増田慎三、山下啓子、向井博文、大野真司:サテライトシンポジウム3 乳癌の術後補助療法〜第11回St.Gallen コンセンサス会議を予想する、16回日本乳癌学会、大阪、20089

 

小川昌美増田慎三山村順増田紘子戸高絹代上野裕之三嶋秀行中森正二辻仲利政:ワークショップ1 若年者乳癌における化学療法中の卵巣機能保持の工夫、16回日本乳癌学会、大阪、20089

 

増田慎三:イブニングセミナー「HER2陽性乳がん治療の新展開」での講演、21回日本乳腺甲状腺超音波診断会議、大阪、20089

 

増田慎三:乳頭異常分泌症例に対する赤外観察カメラシステム(PDE)を用いたMicrodochectomyICG蛍光Navigation Surgery セミナー2008、東京、200810

 

増田慎三:パネルディスカッション19 乳癌臨床試験を円滑に進めるための医師・チーム・患者さんのより良い関係構築に向けて乳癌臨床試験を円滑に進めるために−臨床試験を計画する立場から−、第46回日本癌治療学会総会、名古屋、200810

 

増田慎三:HER2陽性乳癌治療の現状と今後の展望、第70回日本臨床外科学会総会ランチョンセミナー、東京、200811

 

黒川幸典、笹子三津留、佐野武、吉村健一、山本精一郎:胃癌標準手術および拡大手術による術後障害の検討−JCOG9501/9502附随研究−。63回日本消化器外科学会、札幌、20087

 

黒川幸典:有害事象の取扱いと個人情報保護。46回日本癌治療学会コメディカルセミナー、名古屋、200810

 

黒川幸典、笹子三津留、朴成和、佐野武、大津敦、山口拓洋、福田治彦:胃癌の標準手術および標準化学療法における施設間差解析 -JCOG3相試験附随研究-46回日本癌治療学会、名古屋、200810

 

B-4

前田梨佐勝田枝理子四方文子中村真由子田坂一枝辻仲利政:電子化パスに於ける看護師の認識と看護業務の実態調査。10回日本医療マネジメント学会学術総会、名古屋、20086

 

勝田枝理子前田梨佐四方文子中村真由子田坂一枝辻仲利政:消化器外科看護師の絶食患者に対する口腔ケアの認識と実態調査。10回日本医療マネジメント学会、名古屋、20086

 

李優希山岡奈津子前田梨佐江口美華森純子中村真由子田坂一枝山田真美高田晃宏辻仲利政:術後早期シャワー浴導入とバリアンスとの関係。9回日本クリニカルパス学会学術集会、埼玉、200811

 

森田有美松田恵里箱田真知子白潟初実竹内由紀鳥山明子松尾彩今西健二内海繁敏、鞍田三貴、三田英治東堂龍平辻仲利政:小腸ストーマ造設症例に対する栄養管理〜NST介入による経験〜。24回日本静脈経腸栄養学会、鹿児島、20091

 

鳥山明子箱田真知子竹内由紀森田有美松尾彩今西健二内海繁敏三木友一朗小川久貴三田英治東堂龍平辻仲利政:小腸ストマ造設後NSTが介入した婦人科疾患の2症例。24回日本静脈経腸栄養学会、鹿児島、20091

 

辻仲利政黒川幸典、川田順司、瀧口修司、藤原義之、藤田淳也、今村博司、宮代勲、飯島正平、森正樹、土岐祐一郎:cT2/3胃癌手術における網嚢切除の意義に関するランダム化比較試験:中間解析結果。第81回胃癌学会総会、東京、20093

 

瀧内比呂也、辻仲利政、古河洋:セカンドライン化学療法における臨床試験の問題点。81回胃癌学会総会、東京、20093

 

木村豊、町田浩久、藤谷和正、山本守敏、矢野浩司、瀧内比呂也、辻仲利政、古河洋:腹膜転移を伴う高度進行・再発胃癌におけるTS-1/TXL併用療法の臨床第V相試験(OGSG0401)。第81回胃癌学会総会、東京、20093

 

長谷川裕子藤谷和正太田高志宋昌浩森田香織里見絵理子外山隆中水流正一葛下典由黒川幸典平尾素宏三田英治辻仲利政:胃癌術後再発症例における化学療法の効果に対するS-1 adjuvantの影響。7回日本臨床腫瘍学会学術集会、名古屋、20093

 

(司会)辻仲利政:「胃化学療法3」。46回日本癌治療学会総会、名古屋、200810

 

(座長)辻仲利政:手技。24回日本静脈経腸栄養学会、鹿児島、20091

 

 

中森正二辻江正徳宮本敦史、柏ア正樹、黒川幸典安井昌義池永雅一平尾素宏藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 切除不能・再発胆道癌に対するTS-1先行ジェムザール併用化学療法の検討。 20 日本肝胆膵外科学会・学術集会、山形、2008 5

 

秋田裕史、武田裕、中森正二、橘高信義、小林省吾、丸橋繁、永野浩昭、北川透、堂野恵三、梅下浩司、門田守人 当科における分枝型IPMNの手術適応の検討。 20 日本肝胆膵外科学会・学術集会、山形、2008 5

 

中森正二辻江正徳宮本敦史安井昌義池永雅一平尾素宏藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 胆・膵癌術後再発例に対するTS-1先行Gemcitabine併用化学療法。 63 日本消化器外科学会総会、札幌、2008 7

 

中森正二辻江正徳宮本敦史黒川幸典安井昌義池永雅一平尾素宏藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 切除不能・再発膵癌に対する2次治療としてのTS-1先行投与Gemcitabine併用療法の検討。 39 日本膵臓学会大会、横浜、2008 7

 

宮崎道彦、池永雅一安井昌義三嶋秀行中森正二辻仲利政 難治(再発)痔瘻にたいするHydrogen Peroxide(オキシドール)注入術中経肛門エコーの試み。 63 日本大腸肛門病学会学術集会、東京、2008 10

 

柏ア正樹、宮本敦史辻江正徳黒川幸典安井昌義池永雅一平尾素宏藤谷和正三嶋秀行真能正幸、伊倉義弘、辻仲利政中森正二 大腸癌肝転移に対するFOLFOX術前化学療法肝切除20例の検討。 46 日本癌治療学会総会、名古屋、2008 10

 

中森正二辻江正徳宮本敦史、川村美貴、黒川幸典安井昌義池永雅一平尾素宏藤谷和正、多賀谷光正、三嶋秀行辻仲利政 TS-1治療中に可逆性後部白質脳症症候群(RPLS)を発症した再発胆管癌の1例。 46 日本癌治療学会総会、名古屋、2008 10

 

中森正二辻江正徳宮本敦史黒川幸典安井昌義池永雅一平尾素宏藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 切除不能進行・再発膵癌に対する2次治療としてのTS-1先行Gemcitabine併用療法。 46 日本癌治療学会総会、名古屋、2008 10

 

中森正二辻江正徳宮本敦史黒川幸典安井昌義池永雅一平尾素宏藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 安全な膵消化管吻合をめざして。 70 日本臨床外科学会総会、東京、2008 11

 

(座長)中森正二 「胆・膵 研究2」。 63 日本消化器外科学会総会、札幌、2008 7

 

(座長)中森正二 「合併症」。 39 日本膵臓学会大会、横浜、2008 7

 

(座長)中森正二 「大腸-化学療法2」。 50 日本消化器病学会大会、東京、2008 10

 

(司会)三嶋秀行 大腸 化学療法。63回日本消化器外科学会総会、札幌、2008 7

 

三嶋秀行 大腸がん化学療法近年の進歩〜欧米の標準治療の日本での展開〜。46回日本癌治療学会総会、名古屋、2008 10

 

(司会)三嶋秀行 大腸癌術後補助化学療法の現状と展望。70回日本臨床外科学会総会、東京、2008 11

 

藤谷和正平尾素宏黒川幸典辻江正徳安井昌義宮本敦史池永雅一三嶋秀行中森正二辻仲利政 腹腔内の脂肪蓄積が胃切除後の合併症発生に及ぼす影響。 63回日本消化器外科学会総会、札幌、2008 7

 

藤谷和正平尾素宏黒川幸典辻江正徳安井昌義宮本敦史池永雅一見康二三嶋秀行中森正二辻仲利政 進行胃癌症例における PCS(Paclitaxel-Cisplatin-S1) 療法のfeasibility study 46回日本癌治療学会総会、名古屋、2008 10

 

藤谷和正三木友一朗平尾素宏黒川幸典中森正二辻仲利政 肝転移を伴う胃癌の予後因子から見た治療方針。 81回日本胃癌学会総会、東京、2009 3

 

(司会)藤谷和正 進行癌。 81回日本胃癌学会総会、東京、2009 3

 

見康二大宮英泰黒川幸典辻仲利政、前田純、岡見次郎、尾田一之、東山聖彦、児玉憲 肺癌手術摘出肺の肺静脈血中癌細胞のRT-PCR法による検出とその再発予測因子としての意義 108回日本外科学会定期学術集会、長崎、2008 5

 

見康二大宮英泰黒川幸典辻江正徳安井昌義宮本敦史池永雅一宮崎道彦平尾素宏藤谷和正三嶋秀行中森正二、富成伸次郎、上平朝子、白阪琢磨、辻仲利政 HIV関連ニューモシスチス肺炎による嚢胞性変化から発症した同時性両側気胸に対する手術経験 25回日本呼吸器外科学会総会、宇都宮、2008 5

 

見康二大宮英泰黒川幸典辻江正徳安井昌義宮本敦史池永雅一宮崎道彦平尾素宏藤谷和正三嶋秀行中森正二辻仲利政 PET-CTでの悪性度の不均質性を評価しえた巨大縦隔脂肪肉腫1 51回関西胸部外科学会学術集会、富山、2008 6

 

見康二大宮英泰、小河原光正、栗山啓子、真能正幸、前田純、岡見次郎、尾田一之、東山聖彦、児玉憲 超多発肺癌の術後経過観察による自然史の解明。 49回日本肺癌学会総会、北九州市、2008 11

 

平尾素宏藤谷和正辻仲利政中森正二見康二池永雅一安井昌義大宮英泰辻江正徳宮本敦史黒川幸典 当院NAFを用いたNeoadjuvant chemotherapy の検討。62回日本食道学会学術集会 東京、2008 6

 

平尾素宏藤谷和正黒川幸典中森正二三嶋秀行池永雅一安井昌義辻江正徳宮本敦史辻仲利政 食道癌サルベージサージェリーの問題。 63回日本消化器外科学会総会、札幌、2008 7

 

平尾素宏辻仲利政藤谷和正黒川幸典中森正二三嶋秀行見康二池永雅一増田慎三宮本敦史安井昌義山村順大宮英泰辻江正徳 頚部食道癌切除再建法の工夫。 70回日本臨床外科学会総会、東京、2008 11

 

平尾素宏黒川幸典藤谷和正中森正二三嶋秀行見康二池永雅一安井昌義大宮英泰辻江正徳宮本敦史辻仲利政 胃癌切除術後機能評価法の標準化−前向き臨床試験結果からの探索−。 81回日本胃癌学会総会、東京、2009 3

 

徳田由紀子栗山啓子、中本篤、河合美佐、羽田孝司、國富裕樹、油谷健司、崔秀美、増田慎三、竹田雅司:BI-RADS MRIに基づいた乳頭異常分泌症例の検討、67回日本医学放射線学会総会学術集会、横浜、20084

 

増田紘子増田慎三山村順、竹田雅司、徳田由紀子吉田謙古妻理之真能正幸中森正二辻仲利政:興味深い画像所見を呈した微小浸潤を伴う嚢胞内癌の1例、20回 日本乳腺甲状腺超音波診断会議,茨城、20084

 

岩田広治、柏葉匡寛、佐治重衡、遠山竜也、増田慎三、平成人、山本豊、山口拓洋、大橋靖雄:乳がんの初期治療術前ホルモン療法の新規臨床試験 (N-SAS BC 06: NEOS study)第33回乳癌懇話会、長崎、20085

 

今田慎也増田慎三山村順増田紘子中森正二真能正幸徳田由紀子、竹田雅司、辻仲利政6回の局所再発を繰り返したのち頚椎遠隔転移をきたした悪性葉状腫瘍の1例、33回日本外科系連合学会学術集会、東京、20086

 

大竹徹、山本豊、増田慎三、山下啓子、佐治重衡、君島伊造、笠原善郎、石川孝、澤木正孝、岩瀬弘敬:一般演題(口演) アロマターゼ阻害剤不応性の進行・再発乳癌に対する高用量トレミフェンの臨床的有用性(HI-FAIR Study)16回日本乳癌学会、大阪、20089

 

松並展輝、増田慎三、森本卓、中山貴寛、野村孝、石飛真人、神垣俊二、山村順、塚本文音、大橋靖雄、田口哲也、辻仲利政:一般演題(口演)日本人乳癌における4サイクルTC(Docetaxel/Cyclophosphamide)療法のfeasibilityに関する検討、16回日本乳癌学会、大阪、20089

 

阿南敬生、光山昌珠、田中真紀、大野真二、西村令喜、山本豊、増田慎三、田村和夫:アントラサイクリン既治療の転移性乳癌に対するゼローダとエントキサン併用第2相臨床試験、16回日本乳癌学会、大阪、20089

 

相良吉昭、雷哲明、青儀健二郎、伊藤良則、増田慎三、渡邊純一郎、堀口淳、徳留拓人、高嶋成光:ixabepiloneのタキサン系耐性でアンスラサイクリン系投与歴を有する転移性乳癌に対する臨床第2相試験、16回日本乳癌学会、大阪、20089

 

三木友一朗増田慎三山村順増田紘子小川昌美竹田雅司徳田由起子真能正幸中森正二辻仲利政:一般演題(口演) 乳頭異常分泌症例に対する赤外観察カメラシステム(PDE)を用いたMicrodochectomy(第2報)

16回日本乳癌学会、大阪、20089

 

今田慎也増田慎三山村順増田紘子小川昌美竹田雅司真能正幸中森正二、辻仲利政:一般演題(口演) ICG−赤外観察カメラシステム(PDE)を用いたセンチネルリンパ節生検、16回日本乳癌学会、大阪、20089

 

徳田由紀子栗山啓子、中本篤、吉田謙、古妻理之、増田慎三増田紘子山村順、竹田雅司:一般演題(口演) 乳腺MRIにおける読影者間一致率の検討・乳頭異常分泌症例を用いて、16回日本乳癌学会、大阪、20089

 

小川久貴増田慎三山村順増田紘子中森正二辻仲利政:一般演題(口演) 切除不能乳癌局所病巣へのMohs paste外用の試み、16回日本乳癌学会、大阪、20089

 

山村順増田慎三増田紘子小川昌美竹田雅司真能正幸中森正二辻仲利政:一般演題(口演)術前針生検標本と手術標本との病理診断結果の検討、16回日本乳癌学会、大阪、20089

 

増田慎三:一般演題(口演30):術前薬物療法の座長、16回日本乳癌学会、大阪、20089

 

増田慎三:口演25 乳腺 術後化学療法日本人乳癌におけるTC(Docetaxel/Cyclophosphamide)療法6サイクルのfeasibilityに関する検討、第46回日本癌治療学会総会、名古屋、200810

 

増田慎三:口演 118 乳腺・基礎・その他にて座長を務める。第46回日本癌治療学会総会、名古屋、200810

 

木下貴之、青儀健二郎、山本尚人、藤澤知巳、増田慎三、津田均、岩本恵理子、関邦彦:高度医療に係る早期乳がんに対するラジオ波焼灼療法(RFA)多施設共同研究、第46回日本癌治療学会総会、名古屋、200810

 

増田慎三、森本卓、中山貴寛、松並展輝、野村孝、石飛真人、神垣俊二、山村順、塚本文音、大橋康雄、田口哲也、辻仲利政:日本人乳癌におけるTC(Docetaxel/Cyclophosphamide)療法6サイクルのfeasibilityに関する検討、第46回日本癌治療学会総会、名古屋、200810

 

中山貴寛、増田慎三、神垣俊二、山村順、八田万依、田口哲也、坂本純一:進行・再発乳癌に対するPaclitaxelと Cyclophosphamide併用療法における多施設共同第T相試験、第46回日本癌治療学会総会、名古屋、200810

 

今田慎也増田慎三小川昌美増田紘子山村 順黒川幸典辻江正徳安井昌義大宮英泰宮本敦史池永雅一平尾素宏高見康二藤谷和正三嶋秀行中森正二、竹田雅司真能正幸辻仲利政:術後化学療法後の乳房温存術における適切な切除範囲決定方法の工夫、第46回日本癌治療学会総会、名古屋、200810

 

増田紘子増田慎三山村 順小川昌美苅田真子中森正二、児玉良典、竹田雅司、真能正幸辻仲利政:術前化学療法からみたTriple Negative乳癌における病理学的効果と予後の検討、第70回日本臨床外科学会総会、東京、200811

 

山村 順増田慎三小川昌美増田紘子苅田真子森内秀祐児玉良典真能正幸、中森正二:シンポジウム3 乳癌脳転移57症例の検討、第70回日本臨床外科学会総会、東京、200811

 

小川昌美山村 順増田慎三増田紘子苅田真子、竹田雅司、児玉良典真能正幸中森正二辻仲利政:術前化学療法を施行した男性の腋窩部異所性乳癌の1例、第70回日本臨床外科学会総会、東京、200811

 

古川順康、古妻嘉一、増田慎三、中谷守一、松並展輝、畑埜武彦、中島 直、竹川直哉、本田育子、田口哲也、西 敏夫、寺田 央、弥生恵司:大阪府の乳癌検診の現状と課題 口演(一般)第18回日本乳癌検診学会総会、名古屋、200812

 

大宮英泰見康二辻仲利政中森正二三嶋秀行藤谷和正平尾素宏宮崎道彦池永雅一宮本敦史増田慎三安井昌義辻江正徳山村順黒川幸典、栗山啓子、真能正幸 原発性肺癌におけるFDG-PETによる肺門・縦隔リンパ節診断に関する検討。108回日本外科学会定期学術集会、長崎、2008 5

 

大宮英泰見康二辻仲利政、栗山啓子、真能正幸 転移性肺腫瘍手術例における術前FDGPETに関する検討。 25回日本呼吸器外科学会総会、宇都宮、2008 5

 

大宮英泰見康二、小河原光正、宮本智、辻仲利政真能正幸 気管支鏡検査における洗浄細胞診に関する検討。 31回日本呼吸器内視鏡学会学術集会、大阪、2008 6

 

大宮英泰見康二辻仲利政黒川幸典山村順辻江正徳安井昌義増田慎三池永雅一宮本敦史宮崎道彦平尾素宏藤谷和正三嶋秀行中森正二 自然気胸手術標本で偶然発見された肺癌の1例。 51回関西胸部外科学会学術集会、富山、2008 6

 

池永雅一三嶋秀行安井昌義宮崎道彦黒川幸典辻江正徳山村順宮本敦史大宮英泰増田慎三平尾素宏見康二藤谷和正中森正二辻仲利政 大腸癌手術の質とクリティカルパスの最適化をめざして−手術要因からの腸閉塞およびSSI予防−。 94回日本消化器病学会総会、福岡、2008 5

 

池永雅一安井昌義三嶋秀行宮崎道彦黒川幸典辻江正徳大宮英泰宮本敦史平尾素宏見康二藤谷和正中森正二辻仲利政 小切開創からの注射シリンジを用いた癒着防止吸収性バリア(セプラフィルム)挿入法。 33回日本外科系連合学会学術集会、舞浜、2008 6

 

池永雅一三嶋秀行安井昌義宮崎道彦黒川幸典辻江正徳大宮英泰宮本敦史平尾素宏見康二、藤谷和正、中森正二辻仲利政 直腸がん手術における京大婦人科式直腸鉤を用いた術野確保。 33回日本外科系連合学会学術集会、舞浜、2008 6

 

(座長)池永雅一 肛門腫瘍1 63回日本消化器外科学会総会、札幌、2008 7

 

池永雅一三嶋秀行安井昌義宮崎道彦辻江正徳宮本敦史平尾素宏藤谷和正中森正二辻仲利政 大腸癌治療短期成績の向上への努力と工夫。 63回日本消化器外科学会総会、札幌、2008 7

 

池永雅一三嶋秀行安井昌義宮崎道彦中森正二辻仲利政 大腸癌手術の術前腸管処置方法における受容性からみた下剤の検討。 63回日本大腸肛門病学会学術集会、東京、2008 10

 

池永雅一三嶋秀行安井昌義宮崎道彦黒川幸典山村順辻江正徳増田慎三大宮英泰宮本敦史平尾素宏見康二藤谷和正中森正二辻仲利政 大腸癌術前機械的腸管処置方法における下剤の受容性の検討。 70回日本臨床外科学会総会、東京、 2008 11

 

(座長)池永雅一 大腸癌1 5回日本消化管学会総会 東京、 2009 2

 

安井昌義池永雅一宮崎道彦三嶋秀行山村順黒川幸典辻江正徳増田慎三大宮英泰宮本敦史平尾素宏見康二藤谷和正中森正二辻仲利政 腹腔鏡補助下大腸手術後早期回復プログラムによる術後早期経口摂取開始の検討。 108回日本外科学会定期学術集会、長崎、2008 5

 

安井昌義池永雅一宮崎道彦三嶋秀行、池田正孝、関本貢嗣、平尾素宏藤谷和正中森正二辻仲利政 腹腔鏡下大腸切除術の技術継承〜新規導入施設への技術移植と導入後成績。 63回日本消化器外科学会総会、札幌、2008 7

 

安井昌義池永雅一宮崎道彦三嶋秀行黒川幸典辻江正徳宮本敦史平尾素宏藤谷和正中森正二辻仲利政 直腸癌における腹腔鏡下直腸切離の工夫<開腹手術用器械と腹腔鏡下手術用器械の併用>。 21回日本内視鏡外科学会総会・第11回世界内視鏡外科学会 共催、横浜、2008 9

 

安井昌義池永雅一宮崎道彦三嶋秀行中森正二辻仲利政 直腸癌に対する腹腔鏡下直腸(低位)前方切除術後・早期経口摂取の検討。 63回日本大腸肛門病学会学術集会、東京、2008 10

 

安井昌義池永雅一宮崎道彦三嶋秀行山村順黒川幸典辻江正徳増田慎三大宮英泰宮本敦史平尾素宏見康二藤谷和正中森正二辻仲利政 外科専修医への腹腔鏡下大腸切除術の手術手技教育。 70回日本臨床外科学会総会、東京、2008 11

 

宮本敦史中森正二辻江正徳黒川幸典山村順安井昌義増田慎三大宮英泰池永雅一宮崎道彦平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 大腸癌肝転移症例における肝切除前化学療法の意義に関する検討。 108回日本外科学会定期学術集会、長崎、 2008 5

 

宮本敦史中森正二辻江正徳、小濱圭祐、黒川幸典山村順安井昌義増田慎三大宮英泰池永雅一宮崎道彦平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行、岩佐葉子、竹田雅司、真能正幸辻仲利政 総腸間膜症を合併した下部胆肝癌の一切除例 20回日本肝胆膵外科学会・学術集会、山形、2008 5

 

宮本敦史中森正二辻江正徳黒川幸典山村順安井昌義増田慎三大宮英泰池永雅一宮崎道彦平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 胆嚢癌に対する外科的治療に関する検討。 20回日本肝胆膵外科学会・学術集会、山形、2008 5

 

宮本敦史中森正二辻江正徳黒川幸典安井昌義池永雅一平尾素宏藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 大腸癌肝転移切除症例に対する術前化学療法の安全性と効果。 63回日本消化器外科学会総会 札幌、2008 7

 

宮本敦史中森正二辻江正徳黒川幸典山村順安井昌義増田慎三大宮英泰池永雅一宮崎道彦平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 切除可能な大腸癌肝転移症例に対する術前化学療法の安全性および効果に関する検討。 46回日本癌治療学会総会 名古屋、2008 10

 

宮本敦史中森正二辻江正徳黒川幸典山村順安井昌義増田慎三大宮英泰池永雅一宮崎道彦平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 肝切除術における早期ドレーン抜去の試み。 21回日本外科感染症学会総会学術集会、札幌 2008 11

 

宮本敦史辻江正徳安達智洋黒川幸典山村順安井昌義増田慎三大宮英泰池永雅一平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行中森正二辻仲利政 消化器外科手術における手洗い法ー手術部位感染からの検討。 70回日本臨床外科学会総会、東京、 2008 11

 

宮本敦史中森正二辻江正徳黒川幸典山村順安井昌義増田慎三大宮英泰池永雅一宮崎道彦平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 術前全身化学療法が肝切除に及ぼす影響ー大腸癌肝転移症例での検討。 70回日本臨床外科学会総会 東京、 2008 11

 

宮本敦史中森正二辻江正徳黒川幸典山村順安井昌義増田慎三大宮英泰池永雅一宮崎道彦平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 肝切除後の早期ドレーン抜去に関する検討。 70回日本臨床外科学会総会、東京、200811

 

辻江正徳中森正二辻江正徳黒川幸典山村順安井昌義、柏ア正樹、増田慎三大宮英泰宮本敦史池永雅一宮崎道彦平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行辻仲利政真能正幸、竹田雅司: 腹腔鏡下胆嚢摘出術時および術後に診断された胆嚢癌症例と術前診断がついていた胆嚢癌症例の比較検討。 108回日本外科学会定期学術集会 長崎、2008 5

 

辻江正徳宮本敦史中森正二山村順黒川幸典安井昌義大宮英泰増田慎三池永雅一宮崎道彦平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 バリアランス解析による肝切除術クリニカルパスの検討。 20回日本肝胆膵外科学会・学術集会、山形、2008 5

 

辻江正徳宮本敦史中森正二黒川幸典安井昌義池永雅一平尾素宏藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 肝切除後のドレーン留置に関する検討。 63回日本消化器外科学会総会、札幌、2008 7

 

辻江正徳宮本敦史黒川幸典安井昌義大宮英泰池永雅一増田慎三平尾素宏藤谷和正見康二三嶋秀行辻仲利政中森正二 膵癌における ribonucleotide reductase M1 発現と gemcintabine 耐性との関係。 67回日本癌学会学術総会、名古屋、2008 10

 

辻江正徳宮本敦史中森正二山村順黒川幸典安井昌義池永雅一大宮英泰増田慎三平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 クリニカルパスのバリアランス解析による肝切除後に合併した感染症の検討。 21回日本外科感染症学会総会学術集会、札幌、 2008 11

 

辻江正徳中森正二宮本敦史黒川幸典山村順安井昌義大宮英泰池永雅一増田慎三平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行辻仲利政  当院での膵頭十二指腸切除術における膵空腸吻合の術式の変遷と膵液漏発生頻度。 70回日本臨床外科学会総会 東京、 2008 11

 

辻江正徳中森正二宮本敦史黒川幸典安井昌義池永雅一平尾素宏藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 肝切除術のクリニカルパスにおける適応の検討〜術後在院期間延長の要因について〜Indication of a Clinical Pathway for Hepatectomy 日本肝臓研究会、大阪、2008 5

 

黒川幸典辻仲利政藤谷和正、笹子三津留、佐野 武、福田治彦:日韓共同試験実施における問題点とその対処法。81回日本胃癌学会、東京、20093

 

小川久貴中森正二黒川幸典山村順辻江正徳安井昌義増田慎三宮本敦史大宮英泰池永雅一宮崎道彦平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 大量肝切除例における早期経腸栄養の臨床的意義。 108回日本外科学会定期学術集会 長崎、 2008 5

 

小川久貴中森正二宮本敦史辻江正徳安井昌義池永雅一宮崎道彦平尾素宏藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 集学的治療が奏功した遠隔リンパ節転移を伴う肝細胞癌の1例。 44回日本肝癌研究会 大阪、2008 5

 

小川久貴池永雅一黒川幸典山村順辻江正徳安井昌義増田慎三宮本敦史、大宮英泰、宮崎道彦平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行中森正二辻仲利政 Ogilie`s syndrome 1例。 183回近畿外科学会、谷町九丁目、2008 5

 

小川久貴中森正二宮本敦史辻江正徳安井昌義池永雅一宮崎道彦平尾素宏藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 長期生存が得られている、遠隔リンパ節転移を伴う肝細胞癌の一例。 33回日本外科系連合学会学術集会、舞浜、2008 6

 

小川久貴黒川幸典辻江正徳安井昌義宮本敦史大宮英泰池永雅一宮崎道彦平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行中森正二辻仲利政 幽門側胃切除後の長期栄養。 45回日本外科代謝栄養学会、仙台、2008 7

 

小川久貴藤谷和正黒川幸典平尾素宏辻江正徳宮本敦史安井昌義池永雅一宮崎道彦三嶋秀行辻仲利政中森正二 PCS(Paclitaxel -Cisplatin-S1)療法が著効した多発性肝転移を有する進行胃癌の2例。 46回日本癌治療学会総会 名古屋、2008 10

 

小川久貴安井昌義、池田正孝、辻江正徳宮本敦史中森正二黒川幸典大宮英泰池永雅一宮崎道彦平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 C型肝硬変における脾機能亢進症による血小板減少に対する腹腔鏡下脾臓摘出術の成績〜術後脾静脈、門脈血栓症の頻度について〜。 70回日本臨床外科学会総会、東京、 2008 11

 

山田真美安井昌義池永雅一宮崎道彦三嶋秀行黒川幸典山村順辻江正徳増田慎三大宮英泰宮本敦史平尾素宏見康二藤谷和正中森正二辻仲利政 高齢者に対する腹腔鏡補助下大腸手術の評価。 108回日本外科学会定期学術集会、長崎、 2008 5

 

山田真美辻江正徳宮本敦史平尾素宏藤谷和正三嶋秀行中森正二辻仲利政 当科での肝切除術クリティカルパスに於けるドレーン早期抜去の取組み。 10回日本医療マネージメント学会学術総会、名古屋、2008 6

 

山田真美藤谷和正平尾素宏黒川幸典安井昌義宮本敦史池永雅一三嶋秀行中森正二辻仲利政 進行再発胃癌に対する緩和手術の検討。 63回日本消化器外科学会総会、札幌、2008 7

 

山田真美辻江正徳宮本敦史黒川幸典安井昌義池永雅一平尾素宏藤谷和正三嶋秀行中森正二辻仲利政 胃切除既往症例に対する膵頭十二指腸切除術の検討。 70回日本臨床外科学会総会 東京、2008 11

 

安達智洋、岡本恭典、青野博之、宮本敦史黒川幸典辻江正徳安井昌義池永雅一平尾素宏藤谷和正三嶋秀行中森正二辻仲利政 肝部分切除術後に咽後膿瘍から波及した硬膜外膿瘍で四肢麻痺を認めた1例。 33回日本外科系連合学会学術集会、舞浜、2008 6

 

安達智洋宮本敦史辻江正徳見康二三嶋秀行中森正二辻仲利政 当院における十二指腸乳頭部癌15例の検討。 63回日本消化器外科学会総会、札幌、2008 7

 

安達智洋 辻江正徳中森正二黒川幸典大宮英泰池永雅一宮本敦史平尾素宏見康二藤谷和正辻仲利政 当院における膵頭十二指腸切除術施行後の手術部位感染(SSI)の検討。 39回日本膵臓学会大会、横浜、2008 7

 

安達智洋辻江正徳宮本敦史中森正二黒川幸典山村順安井昌義増田慎三大宮英泰池永雅一見康二平尾素宏藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 当院における膵頭十二指腸切除術後の手術部位感染の検討。 21回日本外科感染症学会総会学術集会 札幌、 2008 11

 

安達智洋宮本敦史中森正二辻江正徳山村順黒川幸典安井昌義増田慎三大宮英泰池永雅一平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 亜全胃温存膵頭十二指腸切除後の胃膵吻合部に発生した膵癌の1例。 70回日本臨床外科学会総会、東京、 2008 11

 

高田晃宏中森正二宮本敦史辻江正徳黒川幸典安井昌義池永雅一宮崎道彦平尾素宏藤谷和正三嶋秀行辻仲利政、森田香織、葛下典由、三田英治、加藤道夫、岩佐葉子、竹田雅司、真能正幸 骨転移を契機に発見された異所性肝細胞癌の一例。 94回日本消化器病学会総会、福岡、2008 5

 

高田晃宏安井昌義池永雅一宮崎道彦三嶋秀行山村順黒川幸典辻江正徳増田慎三宮本敦史大宮英泰平尾素宏見康二藤谷和正中森正二辻仲利政 大腸癌手術での癒着防止剤による腸閉塞予防に関する検討。 108回日本外科学会定期学術集会 長崎、 2008 5

 

高田晃宏三木友一朗山田真美辻江正徳池永雅一辻仲利政 胃癌術後術クリティカルパスについての検討。 10回日本医療マネージメント学会学術総会、名古屋、2008 6

 

高田晃宏三木友一朗後藤裕信山田真美、李優希、前田梨佐、江口美華、辻江正徳池永雅一辻仲利政 胃術後クリニカルパスのバリアランス分析。 9回日本クリニカルパス学会学術集会、大宮、2008 11

 

高田晃宏藤谷和正黒川幸典平尾素宏山村順辻江正徳安井昌義増田慎三池永雅一大宮英泰宮本敦史見康二三嶋秀行中森正二辻仲利政 胃癌術後に発症したSister Mary Joseph`nodule の一例。 70回日本臨床外科学会総会、東京、2008 11

 

高田晃宏辻江正徳中森正二宮本敦史黒川幸典安井昌義池永雅一宮崎道彦平尾素宏藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 希な血管走行を認めた胃幽門側切除後下部胆管癌の1例。 183回近畿外科学会、大阪、2008 5

 

今田慎也増田慎三山村順増田慎三中森正二真能正幸徳田由紀子、竹田雅司、辻仲利政 6回の局所再発を繰り返したのち頚椎遠隔転移をきたした悪性葉状腫瘍の1例。 33回日本外科系連合学会学術集会、舞浜、2008 6

 

今田慎也平尾素宏黒川幸典藤谷和正安井昌義宮本敦史池永雅一三嶋秀行中森正二辻仲利政 胃悪性リンパ腫に合併した胃印環細胞癌の一例。 63回日本消化器外科学会総会、札幌、 2008 7

 

今田慎也増田慎三山村順増田紘子小川昌美、児玉良典、竹田雅司、真能正幸中森正二辻仲利政 術後化学療法後の乳房温存術における適切な切除範囲決定方法の工夫。 46回日本癌治療学会総会、名古屋、2008 10

 

今田慎也宮本敦史池永雅一黒川幸典辻江正徳安井昌義大宮英泰平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行中森正二辻仲利政 大腸癌手術におけるSSIの現状とその対策。 21回日本外科感染症学会総会学術集会、札幌、2008 11

 

今田慎也安井昌義池永雅一三嶋秀行辻江正徳大宮英泰宮本敦史平尾素宏見康二藤谷和正中森正二、天野栄三、岡田俊樹、辻仲利政 下部消化管腹腔鏡下手術中の呼気終末二酸化炭素濃度の検討。 70回日本臨床外科学会総会、東京、2008 11

 

今田慎也増田慎三山村順増田紘子小川昌美、児玉良典、竹田雅司、真能正幸中森正二辻仲利政 ICG−赤外観察カメラシステム(PDE)を用いたセンチネルリンパ節生検。 16回日本乳癌学会学術総会、大阪、2008 9

 

三木友一朗池永雅一黒川幸典山村順辻江正徳大宮英泰安井昌義宮本敦史増田慎三宮崎道彦平尾素宏見康二藤谷和正中森正二辻仲利政 大腸癌術後における早期経口摂取。 108回日本外科学会定期学術集会、長崎、2008 5

 

三木友一朗高田晃宏山田真美辻江正徳池永雅一辻仲利政 大腸癌手術クリティカルパスにおけるバリアンスとその対策の標準化。 10回日本医療マネージメント学会学術総会、名古屋、 2008 6

 

三木友一朗宮崎道彦安井昌義宮本敦史池永雅一平尾素宏藤谷和正三嶋秀行中森正二辻仲利政 フルニエ症候群(壊死性筋膜炎)4例の治療経験。 63回日本消化器外科学会総会 札幌、2008 7

 

三木友一朗黒川幸典山村順辻江正徳安井昌義増田慎三宮本敦史大宮英泰池永雅一宮崎道彦平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行中森正二辻仲利政 十二指腸GISTの臨床病理学的検討。 46回日本癌治療学会総会、名古屋、2008 10

 

三木友一朗池永雅一後藤裕信高田晃宏山田真美辻江正徳辻仲利政 大腸癌クリニカルパスにおけるバリアランス分析。 9回日本クリニカルパス学会学術集会、大宮、2008 11

 

三木友一朗藤谷和正黒川幸典山村順辻江正徳安井昌義増田慎三大宮英泰宮本敦史池永雅一平尾素宏見康二三嶋秀行中森正二辻仲利政 胃癌肝転移における肝切除の適応。 70回日本臨床外科学会総会、東京、2008 11

 

三木友一朗宮本敦史平尾素宏黒川幸典辻江正徳安井昌義池永雅一藤谷和正三嶋秀行中森正二辻仲利政 脾動脈瘤に対して脾温存瘤切除術を施行した1例。 184回近畿外科学会、奈良、2008 12

 

三木友一朗辻江正徳、山戸昌樹、安井昌義池永雅一黒川幸典宮本敦史平尾素宏藤谷和正三嶋秀行中森正二辻仲利政 人工血管置換術後に発症した非閉塞性腸管虚血症(NOMI)の1例。 45回日本腹部救急医学会総会、東京、2009 3

 

三木友一朗藤谷和正黒川幸典辻江正徳安井昌義宮本敦史池永雅一平尾素宏三嶋秀行中森正二辻仲利政 胃癌肝転移症例における肝切除の意義。 81回日本胃癌学会総会、東京、2009 3

 

西塔拓郎平尾素宏藤谷和正黒川幸典辻仲利政 胃癌術前化学療法における栄養状態と化学療法の効果・術後合併症との関係。 45回日本外科代謝栄養学会、仙台、2008 7

 

西塔拓郎中森正二辻江正徳宮本敦史安井昌義池永雅一平尾素宏藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 治療方針に苦慮した巨大膵腫瘍の1例。 63回日本消化器外科学会総会、札幌、2008 7

 

西塔拓郎藤谷和正平尾素宏黒川幸典辻江正徳安井昌義宮本敦史池永雅一三嶋秀行中森正二辻仲利政 胃癌術前化学療法における栄養状態の化学療法効果・術後合併症への影響。 46回日本癌治療学会総会、名古屋、2008 10

 

西塔拓郎安井昌義池永雅一宮崎道彦三嶋秀行山村順辻江正徳増田慎三大宮英泰宮本敦史平尾素宏見康二藤谷和正中森正二辻仲利政 内臓脂肪が腹腔鏡下大腸癌手術に与える影響〜In Body 720 による測定〜。 70回日本臨床外科学会総会、東京、2008 11

 

西塔拓郎辻江正徳宮本敦史中森正二 治療方針に苦慮した巨大膵腫瘍の1例。 4Net Work Japan、大阪、2009 1

 

小川昌美中森正二安井昌義宮本敦史山村順黒川幸典辻江正徳、増田慎三、大宮英泰池永雅一宮崎道彦平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行、岩佐葉子、辻仲利政 胃切除後、大腸全摘後の家族性大腸腺腫症患者に発生した十二指腸乳頭部癌の一切除例。 20回日本肝胆膵外科学会・学術集会、山形、2008 5

 

小川昌美池永雅一安井昌義宮崎道彦平尾素宏藤谷和正三嶋秀行中森正二辻仲利政 管外発育型小腸GIST1例。 33回日本外科系連合学会学術集会、舞浜、2008 6

 

小川昌美池永雅一安井昌義宮本敦史宮崎道彦平尾素宏藤谷和正三嶋秀行中森正二辻仲利政 多血症が誘因と考えられた上腸間膜静脈血栓症の1例。 63回日本消化器外科学会総会、札幌、2008 7

 

小川昌美山村順増田慎三増田紘子苅田真子、竹田雅司、児玉良典、真能正幸中森正二辻仲利政 術前化学療法を施行した男性の腋窩部異所性乳癌の一例。 70回日本臨床外科学会総会、東京、2008 11

 

小川昌美増田慎三山村順増田紘子戸高絹代、上野裕之、三嶋秀行中森正二辻仲利政 若年者乳癌おける化学療法中の卵巣機能保持の工夫。 16回日本乳癌学会学術総会、大阪、 2008 9

 

後藤裕信高田晃宏三木友一朗山田真美辻江正徳池永雅一黒川幸典平尾素宏藤谷和正辻仲利政 当院での食道術後のクリニカルパスの検討。 9回日本クリニカルパス学会学術集会、大宮、2008 11

 

後藤裕信池永雅一安井昌義宮崎道彦三嶋秀行黒川幸典山村順辻江正徳増田慎三大宮英泰宮本敦史平尾素宏見康二藤谷和正中森正二辻仲利政 放射線性腸炎に合併した梅の種子による食餌性イレウスの1例。 45回日本腹部救急医学会総会、東京、2009 3

 

末田聖倫辻江正徳小川久貴黒川幸典山村順安井昌義増田慎三宮本敦史大宮英泰池永雅一宮崎道彦平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行中森正二、岩佐葉子、矢嶋敬史郎、辻仲利政 HIV感染症フォロー中に赤痢アメーバ感染症を合併したと考えられる急性虫垂炎の一例。 184回近畿外科学会、奈良、2008 12

 

B-5

辻仲利政:食道癌の術前術後栄養管理とイミュノニュートリション。18回近畿輸液栄養・研究会、大阪、20089

 

(司会)辻仲利政:創閉鎖のベストプラクティス。183回近畿外科学会、大阪、20085

 

三嶋秀行:大腸癌治療。第一回中信がん治療セミナー 、慈泉会相澤病院外科、20085

 

三嶋秀行:大腸癌の分子標的薬で悩まないために。 第2回長野県東北信アバスチン適性使用推進カンファレンス、長野ホテル国際212008 6

 

(司会)三嶋秀行:大腸癌の分子標的薬で悩まないために。アバスチン適性使用推進カンファレンス、ホテル阪神、2008 4

 

三嶋秀行:大腸癌の分子標的薬で悩まないために。2回茨城県アバスチン適性使用カンファレンス、つくば国際会議場、2008 6

 

三嶋秀行:結腸がん術後補助化学療法で悩まないために。 Chugai Colorectal Cancer Symposium、大阪国際会議場、2008 6

 

三嶋秀行:大腸癌化学療法で悩まないために。53回釧路外科集会、釧路全日空ホテル、2008 7

 

三嶋秀行:大腸癌術後補助化学療法で悩まないために。桜山学術セミナー、名古屋市立大学、2008 11

 

三嶋秀行:大腸癌術後補助化学療法で悩まないために。弘前大腸疾患懇話会、ホテルニューキャッスル、2008 10

 

三嶋秀行:大腸癌の分子標的薬で悩まないために。Chugai Colorectal Symposium 京王プラザホテル札幌、2008 11

 

三嶋秀行:大腸癌の術後補助化学療法で悩まないために。大腸がん術後補助学療法セミナー、ロイヤルパーク高松、2008 11

 

三嶋秀行:大腸癌の化学療法で悩まないために。17回金曜学術講演会、社会保険紀南病院、2008 11

 

三嶋秀行 大腸がん治療戦略〜外科治療から化学療法まで〜。46回日本癌治療学会総会、名古屋国際会議場、2008 10

 

三嶋秀行:大腸癌の分子標的薬で悩まないために。 3回山梨アバスチン適正使用推進カンファレンス、アピオ甲府、2008 11

 

藤谷和正:胃癌術後化学療法の変遷−UFTを再考する−。SAMIT Core Meeting in 阪神、大阪、2008 6

 

藤谷和正:胃癌における術前・術後化学療法の試み−micrometastasisの制御を目指して−。1st Gastrointestinal Oncology Foram in Kyoto、京都、2008 9

 

藤谷和正:進行・再発胃癌に対する化学療法の潮流−Triplet regimen の開発と展望−。関西胃がん治療セミナー、大阪、2008 11

 

見康二:多発癌肺の要因と病態に関する研究。平成20年度厚生労働省がん研究助成金研究「肺がん要因と病態に関する研究」(16-1)班班会議、つくば、2008 11

 

(座長)平尾素宏:胃上部早期胃癌に対する術式に関する前回コホート観察研究。 14回上部消化官疾患分科会総会、大阪、2008 11

 

増田慎三: 「乳癌治療の最前線」座長と総合司会を務める、12回乳癌治療セミナー、大阪、20084

 

増田慎三 :「早期乳癌における周術期化学療法の新しい流れ」の特別講演、山形乳癌治療情報交換会、山形、20084

 

増田慎三:Discussion 」 「日常診療での治療法に迷う症例検討3症例」での座長、第一回Osaka Breast Cancer School、大阪、20085

 

増田慎三:「早期乳癌における周術期化学療法の新しい流れ」特別講演、5回和歌山乳癌ラウンドテーブルディスカッション、和歌山、20086

 

増田慎三:「早期乳癌における周術期化学療法の新しい流れ」特別講演、静岡乳癌化学療法懇話会、静岡、20086

 

増田慎三:「癌薬物療法における皮膚障害とその対策」においての一般演題座長、 およびパネルディスカッション司会を行う、3回癌支持療法勉強会、大阪、20086

 

増田慎三:Work shopTでの「乳癌治療に対する最新の医学的知見の普及及び 今後の治療法の検討」乳癌最新情報解説を行う、AstraZeneca Breast Cancer Educational Workshop、京都、20087

 

増田慎三:「これからの乳がん治療ー個別化治療に向けて」講演、乳がん学術講演会、大阪、20087

 

増田慎三:パネルディスカッション「進行・再発乳癌に対する化学療法における経口フッ化ピリミジン系抗癌剤の位置付け」におけるパネリスト「経口フッ化ピリミジン系抗癌剤の役割と展望」ケーススタディ  パネルディスカッサント、

大阪乳癌学術講演会、大阪、20088

 

増田慎三山村順、増田紘子小川昌美、苅田真子児玉良典真能正幸:「ER陽性閉経前乳癌の術前化学療法を考える」、120回阪神乳腺疾患談話会、大阪、20089

 

増田慎三:早期乳癌における周術期化学療法の新しい流れ、長崎乳癌化学療法懇話会、長崎、200810

 

増田慎三:「臨床試験の進め方」、第二回Osaka Breast Cancer School、大阪、200810

 

増田慎三:ブレストケアナースセミナーでの講演、演者、司会者を務める「これだけは知っておきたい乳癌臨床の最前線」、ブレストケアナースセミナー、大阪,200810

 

増田慎三:特別講演「術前化学療法の経験から学んだこと−今後の展望」、庄内乳癌化学療法学術講演会、山形200810

 

増田慎三:テーマ「乳癌治療の最新治験」においての座長を務める、13回乳癌治療セミナー、大阪、200811

 

増田慎三、これだけは知っておきたい乳癌診療の最前線、Osaka Medical Academy、大阪、200811

 

増田慎三:進行・再発乳癌の薬物療法-多剤同時併用療法か?単剤順次療法か?、カペシタビン第V相製造販売後臨床試験Investigator meeting、東京、200811

 

増田慎三:日本乳癌学会教育・研修委員会 教育セミナー「症例検討」「診断」navigator第6回 日本乳癌学会近畿地方会、京都、200812

 

増田慎三:総合司会、CSPOR臨床研究近畿地区説明会、京都、200812

 

増田慎三:「地域に根ざした乳癌臨床試験の実際」の講演、広島乳がん学術講演会、広島、20091

 

増田慎三:「乳癌最新情報の共有と実地臨床への応用」、Breast Cancer Conference in Osaka 2009,、大阪、20091

 

増田慎三:乳癌治療に対する最新の医学的治験の普及及び今後の治療法の検討についての講演、討論、3Kansai Breast Cancer Expert Conference、大阪、20091

 

増田慎三:Session UTranslational reserch から臨床へ」にて「内分泌療法耐性症例に対する臨床研究」の講演、12th Breast Cancer Up-to-Date Meeting、東京、20092

 

増田慎三:「HER2陽性乳癌の初期治療戦略」についての講演、ハーセプチン講習会、鳥取、20092

 

増田慎三:特別講演「乳癌周術期薬物療法の工夫」を行う、39回広島乳腺疾患研究会、広島、20092

 

増田慎三: テーマ「乳癌内分泌療法 Up to Date」の講演、第6回「日本乳癌学会九州地方会ランチョンセミナー」、福岡、20093

 

増田慎三:「St .Gallenコンセンサス会議2009を振返って」についての講演、Kyoto Breast Cancer Summit 、京都、20093

 

(座長)池永雅一:小腸1日本消化器病学会近畿支部第89回例会、大阪、20089

 

池永雅一:大腸癌治療に対する質向上への工夫。 肥後橋 消化器病フォーラム in 2008、大阪、2008 10

 

池永雅一:アウトカム評価に基づく大腸癌手術。 64回手術手技懇話会、大阪、 2009 3

 

池永雅一:当院におけるクリティカルパス委員会の活動状況。 平成20年度近畿ブロック医療技術研修「クリティカルパス研修会」、大阪、2009 2

 

安井昌義:腹腔鏡下脾臓摘出術の取り組み〜特にC型慢性肝炎患者の治療のために。 3回肝臓専門医プログラム、大阪、2008 10

 

安井昌義 池永雅一宮崎道彦三嶋秀行辻仲利政:大腸に対する低侵襲手術の現状。肥後橋消化器病フォーラム、大阪、2008 10

 

B-6

三浦あゆみ今西健二白潟初実櫻井真知子森岡亜希子辻阪真衣子梶原絹代上野裕之三嶋秀行辻仲利政:外来化学療法患者の栄養評価に関する研究。4回関西がんチーム医療研究会、大阪、20092

 

白潟初実三浦あゆみ竹内由紀森田有美鳥山明子松尾彩今西健二内海繁敏辻仲利政:術前経口補液提供開始と患者満足度調査。4回関西がんチーム医療研究会、大阪、20092

 

中森正二 膵癌治療の現状。膵癌治療に関する多地点カンファレンス、大阪、2008 4

 

三嶋秀行:大腸癌肝転移に対する化学療法。大腸癌肝転移治療フォラム、ウエスティンホテル大阪、2008 6

 

三嶋秀行:大腸癌化学療法の本邦での現状と今後の展望。10回大阪BCM研究会 ヒルトン大阪、2008 9

 

三嶋秀行:大腸癌の分子標的薬で悩まないために。 オホーツク大腸癌化学療法セミナー、北見東急イン、2008 9

 

三嶋秀行:大腸癌の分子標的薬で悩まないために。 大腸癌化学療カンファレンス、旭川グランドホテル、2008 10

 

三嶋秀行:大腸癌化学療法で悩まないために。 横須賀消化器癌化学療法学術講演会 神奈川県横須賀セントラルホテル、2008 9

 

三嶋秀行:大腸癌の化学療法で悩まないために。 17回金曜学術講演会、社会保険紀南病院、2008 11

 

増田慎三 :マンモグラフィ講習会「乳癌の臨床」講演、20回マンモグラフィ講習会、名古屋、200810

 

増田慎三:マンモグラフィ講習会「グループ実習:石灰化(応用編)」講演、20回マンモグラフィ講習会200810

 

増田慎三:大阪医療センターにおける術前化学療法と機能温存手術、厚生労働省がん研究助成金「17-7」秋山班班会議、東京、200811

 

増田紘子増田慎三山村順小川昌美、苅田真子児玉良典徳田由紀子吉田謙古妻理之竹田雅司真能正幸中森正二辻仲利政:乳房腫瘍が皮膚を穿破し救急受診した1症例、第6回 日本乳癌学会近畿地方会、京都、200812

 

B-8

辻仲利政:がん臨床試験。7回東北臨床腫瘍セミナー、仙台、20084

 

辻仲利政:「これからのがんチーム医療のあり方について」がん診療:大阪医療センターの目指すもの。文部科学省 がんプロフェッショナル養成プラン インテンシブコース定期講習会、広島、20085

 

辻仲利政:総論 消化器外科ナースに求められること。22回消化器外科看護セミナー「ナースのための消化器外科」、東京、20091

 

辻仲利政:総論 消化器外科ナースに求められること。22回消化器外科看護セミナー「ナースのための消化器外科」、神戸、20092

 

三嶋秀行:消化器 がん化学療法。 22回消化器外科看護セミナー「ナースのための消化器外科」、東京、2009 1

 

三嶋秀行:消化器 がん化学療法。 22回消化器外科看護セミナー「ナースのための消化器外科」、神戸、2009 2

 

平尾素宏:主要疾患とケア@食道・胃 22回消化器外科看護セミナー「ナースのための消化器外科」、東京、2009 1

 

平尾素宏:主要疾患とケア@食道・胃。 22回消化器外科看護セミナー「ナースのための消化器外科」、神戸、2009 2

 

辻江正徳:主要疾患とケアB肝・胆・膵。 22回消化器外科看護セミナー「ナースのための消化器外科」 、東京、2009 1

 

辻江正徳:主要疾患とケアB肝・胆・膵 22回消化器外科看護セミナー「ナースのための消化器外科」、神戸、2009 2

 

池永雅一:主要疾患とケアA大腸・直腸。 22回消化器外科看護セミナー「ナースのための消化器外科」、東京、2009 1

 

池永雅一:主要疾患とケアA大腸・直腸 22回消化器外科看護セミナー「ナースのための消化器外科」、神戸、2009 2

 

安井昌義:日常遭遇する代表的な手術(イレウス、虫垂炎など)。 22回消化器外科看護セミナー「ナースのための消化器外科」、東京、2009 1

 

安井昌義:日常遭遇する代表的な手術(イレウス、虫垂炎など)。 22回消化器外科看護セミナー「ナースのための消化器外科」、神戸、2009 2

 

KUROKAWA Y. Neoadjuvant treatment for GIST. 2008 Korean GIST Multidisciplinary Symposium., Seoul (Korea),2008.11