皮膚科・アレルギー科

田所丈嗣

 

当科では、国立病院機構が担うべき政策医療のなかでも皮膚腫瘍を含めた皮膚がんに重点を置いた診療に従事しており、皮膚がんの適切な診断と治療を診療内容の基本として、外科的ならびに内科的対応が可能です。当院は皮膚がんに対する手術療法ならびに化学療法、放射線療法などの集学的な治療を行える数少ない施設の一つであり、日本皮膚科学会認定皮膚科専門医をはじめ優れたスタッフと恵まれた医療設備のもと、皮膚がんに対する正確な診断と十分な説明、事実に裏付けられた治療をモットーに、皮膚がん患者の社会的な生活の質を第一とした診療を行い、皮膚がんの中核病院としての役割を果たすべく責任を持って診療にあたっています。また、皮膚腫瘍の診断は容易ではないものも多いためダーモスコピーによる非侵襲的な検査を導入し、臨床検査科病理部門との合同カンファレンスを行うことで診断精度を高めるとともに、治療方針を含めたセカンド=オピニオンの要請にも十分に応えられる体制を整えています。また、皮膚がん切除後の組織欠損に対しても、整容面に考慮した皮膚外科的な対応が可能です。更に、当科では、下肢静脈の弁不全によって発生する下肢静脈瘤に対する専門外来を開設し、非侵襲的な超音波ドップラー検査や脈圧波測定検査を用いた専門的な診療を行うともに、保存的治療に加えて短期入院による外科的治療を数多く経験し、良好な治療成績を残しています。一方、パッチテストによる金属アレルギー等の接触皮膚炎の診断と治療、あざの相談と治療など専門性の高い診療にも対応し、難治性皮膚疾患に関しても、地域の医療施設や近隣の総合病院から専門的な診療を要する患者を積極的に受け入れるとともに、当院において加療中の他科患者の皮膚疾患についても責任を持って診療にあたっています。以上のような当科における診療内容の性格上、病状説明や検査、処置等に十分な時間をかける必要性があり、安定期患者には密接な病診連携のもとに地域の医療機関における継続診療を勧めつつ、他の医療機関から広く紹介患者を受け入れることで地域のニーズに積極的に応えられるよう努力しています。また、平成16年度より政策医療ネットワークの共同臨床研究として「我が国の小児・成人アレルギー疾患患者実態調査」が行われています。アレルギー性疾患における治療管理法の効果を検証し、ガイドライン普及の実態を明らかにするとともにアレルギー患者治療管理状況を把握することを目的としたこの調査に当科も参加し、国立病院機構の診療レベルの向上に協力しています。

 

A-0

OHATA C, TADOKORO T, ITAMI S: Expression of estrogen receptor β in normal skin, melanocytic nevi and malignant melanomas. J Dermatol 35:215-221, 2008

A-0

PINCELLI C, NOBLESSE E, JUAN M, MARCONI A, TADOKORO T, DUMAS M, BONTE F: Neurotrophins and the skin. Chinese Journal of Dermatology 41 (8), 2008

A-3

野口史人、小澤健太郎、池田彩、岡田明子、田所丈嗣:アラセプリルによるStevens-Johnson Syndromeの1例.皮膚の科学 7:137-142, 2008

A-6

田所丈嗣国立病院機構大阪医療センター皮膚科「迷ったときの医者選び:関西」医療評価ガイド取材班、pp111、角川・エス・エス・コミュニケーションズ、東京、20084

 

B-1

PINCELLI C, NOBLESSE E, JUAN M, MARCONI A, TADOKORO T, DUMAS M, BONTE F: Neurotrophins and the skin. LVMH Recherche Symposium VIII, Shanghai20085

B-4

野口史人、小澤健太郎、池田 彩、岡田明子、田所丈嗣:マイコプラズマ感染症、硫酸セフピロム両者が発症に関与したと思われるTENの1例。第107回日本皮膚科学会総会 京都、20084

B-6

小澤健太郎、池田彩、野口史人、永松麻紀、申祥子、田所丈嗣帝王切開後に悪化したPruritic urticarial papules and plaques of pregnancyの1例。ひふ勉強会、大阪、20084

B-6

小澤健太郎、野口史人、池田彩、永松麻紀、田所丈嗣肝硬変に伴ったArterio venous hemangiomaの1例。ひふ勉強会、大阪、20084

B-6

小澤健太郎、岡田明子、野口史人、池田彩、田所丈嗣HIV患者に生じた陰嚢水腫40回湾岸勉強会、神戸、20084

B-6

小澤健太郎、池田彩、永松麻紀、野口史人、田所丈嗣爪甲破壊を伴った化膿性肉芽腫。ひふ勉強会、大阪、20085

B-6

小澤健太郎、野口史人、池田彩、永松麻紀、申祥子、田所丈嗣丹毒様癌の1例。ひふ勉強会、大阪、20085

B-6

野口史人、池田彩、小澤健太郎、田所丈嗣臨床的にDIHSを疑いサイトメガロウィルスの再活性化の関与が示唆された紅皮症型薬疹の1例186回大阪皮膚科症例検討会、大阪、20085

B-6

池田彩、野口史人、岡田明子、小澤健太郎、田所丈嗣粘液産生細胞を伴ったclear cell hidradenomaの1例407回日本皮膚科学会大阪地方会、大阪、20085

B-6

小澤健太郎、永松麻紀、野口史人、池田彩、申祥子、田所丈嗣膵癌の経ドレーン性implantation 転移の1例。ひふ勉強会、大阪、20086

B-6

小澤健太郎、申祥子、永松麻紀、野口史人、池田彩、田所丈嗣好酸球性蜂窩織炎?。ひふ勉強会、大阪、20086

B-6

野口史人、小澤健太郎、永松麻紀、申祥子、池田彩、田所丈嗣左肩甲部に生じた巨大石灰化上皮腫の1例101回近畿皮膚科集談会、神戸、20087

B-6

小澤健太郎、永松麻紀、野口史人、池田彩、申祥子、田所丈嗣後頭部のNevus lipomatosus superficialisに生じた基底細胞癌ひふ勉強会、大阪、20087

B-6

小澤健太郎、池田彩、申祥子、永松麻紀、野口史人、田所丈嗣日光角化症と診断されていた頬部のgranulomatous dermatitis41回湾岸勉強会、神戸、20088

B-6

小澤健太郎、池田彩、申祥子、永松麻紀、野口史人、田所丈嗣中指に生じた色素性エクリン汗孔腫。ひふ勉強会、大阪、20089

B-6

松井佐起、高橋 彩、山中隆嗣、種村 篤、吉良正浩、片山一朗、田所丈嗣、磯ノ上正明蛍光色素法でセンチネルリンパ節生検を行ったmelanomaの1例409回日本皮膚科学会大阪地方会、大阪、20089

B-6

池田彩、永松麻紀、申祥子、野口史人、小澤健太郎、田所丈嗣帝王切開後に遷延したpruritic urticarial papules and plaques during pregnancyの1例409回日本皮膚科学会大阪地方会、大阪、20089

B-6

小澤健太郎、申祥子、野口史人、池田彩、永松麻紀、田所丈嗣足趾に生じた悪性黒色腫。ひふ勉強会、大阪、200810

B-6

小澤健太郎、永松麻紀、申祥子、野口史人、池田彩、田所丈嗣陰茎に生じた悪性黒色腫ひふ勉強会、大阪、200810

B-6

野口史人、小澤健太郎、永松麻紀、申祥子、池田彩、田所丈嗣肝硬変に生じたarteriovenous hemangiomaの1例59回日本皮膚科学会中部支部学術大会、名古屋、200810

B-6

小澤健太郎、池田彩、永松麻紀、申祥子、野口史人、田所丈嗣血気胸に対して手術を試みた血管肉腫の1例。ひふ勉強会、大阪、200811

B-6

小澤健太郎、永松麻紀、申祥子、池田彩、野口史人、田所丈嗣原発不明のメルケル細胞癌による皮膚転移の1例。ひふ勉強会、大阪、200811

B-6

小澤健太郎、野口史人、永松麻紀、申祥子、池田彩、田所丈嗣タキソールによる強皮症様皮膚硬化の1例。ひふ勉強会、大阪、200812

B-6

小澤健太郎、申祥子、永松麻紀、池田彩、野口史人、田所丈嗣:凍結療法後に再発したエクリン汗孔腫の1例。ひふ勉強会、大阪、20091

B-6

小澤健太郎、永松麻紀、申祥子、池田彩、野口史人、田所丈嗣:右小指の爪甲下悪性黒色腫の1例。ひふ勉強会、大阪、20091

B-6

小澤健太郎、野口史人、永松麻紀、申祥子、池田彩、田所丈嗣左頬部に生じた有棘細胞癌?ケラトアカントーマ?43回湾岸勉強会、神戸、20092

B-6

永松麻紀、小澤健太郎、申祥子、池田彩、野口史人、田所丈嗣、中森正二ドレーンによってimplantaitonされた膵癌の皮膚転移の1例。第412回日本皮膚科学会大阪地方会、大阪、20093

B-7

TADOKORO T: Visible Color and Pigmentation. Guerlain Press Conference 、東京、200812

TADOKORO T: Whitening Effect; Evaluation and Comparison of the Efficacy of 2 Cosmetic Test Articles, after repeated Applications for 8 weeks, in the Japanese Female adult volunteer. Guerlain Press Conference 、東京、200812

B-8

田所丈嗣:皮膚外科。大阪大学医学部講義、大阪、20084

B-8

田所丈嗣:病理学各論X(皮膚)。看護学校講義、大阪、20093

B-8

田所丈嗣:抗がん剤による血管外漏出と中毒疹。オンコロジーセミナー、大阪、20093