循環器科

安村良男

 

@    循環器科紹介 安村良男

循環器疾患は高齢化社会を反映して、1)動脈硬化を基礎としている、2)疾患が複合している、2)増加傾向にある、などの特徴がある。治療においては病態の解析が進歩し、症状の改善をめざすだけでなく、予後の改善をめざすことが基本となってきている。個々の仮説は大規模臨床試験で実証され、この試験結果に基づいたガイドラインが作成されている。我々、循環器医には直面している診療にガイドラインが適応されるか否か、その判断が問われると伴に個々の症例の特殊性に対応する柔軟性が要求されている。

虚血性心疾患:過去および将来的にも、この治療は循環器科の基本であり、当センター循環器科においても入院の約半数は虚血性心疾患またはその疑いである。虚血性心疾患の治療においては、最適の治療法を選択する医療レベルと冠動脈形成術の一流のスキルが要求される。この要求に沿う医療を提供する。また、虚血性心疾患の二次予防を重視する。特に、高血圧、糖尿病、高脂血症やメタボリック・シンドロームの治療に重点をおいている。

心不全:心不全は急性期治療と慢性期治療からなるが、いずれも幅広い知識と経験を要する。特に高齢者心不全に対する対応が重要である。急性期治療においては予後改善をめざした治療法の確立に取り組んでいる。

重症心不全:拡張型心筋症は難病(特定疾患)の一つであるが、循環器科では、本疾患を含む重症心不全治療を重点課題の一つとしている。
 不整脈診療:頻脈性不整脈に対する基本的なカテーテルアブレーション治療を提供する。また、高齢者心房細動に対して積極的にワーファリンを導入し、心原性脳梗塞の予防を行っている。
 心原性脳塞栓の予防:高齢者の一次予防で重要なものに心原性脳塞栓がある。心原性脳塞栓のうち約半数は非弁膜性心房細動(NVAF)が原因であり、70才以上の高齢者でNVAFが飛躍的に増加することから、この疾患群における脳梗塞の予防は極めて重要である。19984月より塞栓予防を目的とした「心房細動外来」を開設し、ハイリスク患者に予防的にワーファリンを使用することにより一次、二次予防に努めてきた。この分野において当院は全国でもオピニオンリーダー的存在であり、今後ワーファリンにかわる新しい抗凝固薬の開発治験にも大きな役割を果たしている。

 

A 著述発表業績

A-0(英文著述)

 Iwasaku T et al  Successful catheter ablation to accessory atrioventricular pathway as cardiac resynchronization tehrapy in a patients with dilated cardiomyopathy.  Europace 2009;11:online published-ahead of print 6

 

Yasuoka Y, Naito J, Hirooka K, Chin W, Miyatake K, Kusuoka H, Koretsune Y

Right atrial spontaneous echo contrast indicates a high incidence of perfusion defects in pulmonary scintigraphy in patients with atrial fibrillation. Heart Vessels. 2009; 24: 32-6.

 

A-2 (単行本)

(1)   安村良男:急性心不全症例に対して、人工呼吸管理、補助循環を選択する基準は?急性期における強心薬の使い分けは?

「専門医のための薬物療法Q&A」中外医学社 2008;233-235 小室一成、北風政史編集

(2)安村良男:PDEIII阻害薬 

「心血管病薬物治療マニュアル」 中山書店 2008;269-271 山口徹監修

(3)安村良男:発症パターンからみた心不全のアプローチ;急性心不全の治療

「心不全診療skill upマニュアル」 羊土社 2008;41-47 北風政史 編

(4)安村良男:拡張型心筋症:薬物治療

  「新しい診断と治療のABC 心筋症」 最新医学社 137-145 松崎益徳 編集

安村良男

(5) 安村良男:抗狭心薬、β遮断薬、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬、アンジオテンシンII受容体拮抗薬 

「頻用薬・常用薬 上手に使っていますか?」 日本医事新報社 伊藤澄信編集

   

(6) 安村良男:β遮断薬のリバース・リモデリング

β遮断薬のすべて 第3版」  先端医学社 萩原俊男、築山久一郎、松崎益徳、島田和幸編集

(7) 安村良男:β遮断薬を知る β遮断薬はこうして活かされる

 心臓血管画像 MOOK2 産業開発機構株式会社 児玉和久 監修

 

A-3 (和文)

  Inoueバルーンによる経皮的肺動脈弁形成術(PTPV)が著効した成人肺動脈弁狭窄症(PS)の一例

Osaka Heart Club 2008;32:6-10

 石津宜丸

 

A-4 (雑誌)

 (1) 安村良男:強心薬

 循環器薬の使い方 2009   medicina 2008;16:20-23

 (2) 安村良男:β遮断薬時代の心不全治療における経口強心薬ピモベンダンの意義と使用法 2009 診療と新薬 2009;46:11-18

 

B口演発表業績

B-2

ESC congress 2008

  Utility of impedance cardiography for quantifying thoracic fluid content in patients with acute heart failuire.

  N Sasaki

 

B-4

56回日本心臓病学会

 ファイアサイド・シンポジウム1

 ハンプ使用後、強心薬を必要としたwarm and wetの一症例

 中川彰人

73回日本循環器学会

 ファイアサイド・セミナー24

  Carperitideの離脱に難渋した巨大心房、腎機能不全を伴う僧坊弁閉鎖不全の一例

 岩破俊博

 

B-4 

56回日本心臓病学会

(1) 心肺停止患者における循環器疾患における内訳と短期予後

 小出雅雄

 (2) 急性心不全におけるインピーダンスモニタリングの臨床応用 胸部体液量の測定

 佐々木典子

12回日本心不全学会学術集会

 (1) Determinants of plasma argininine vasopressin concentration in patients with acute heart failure.

  Takamaru Ishizu

  (2) Clinical characteristics of patients with acute heart failure associated with elevated blood pressure on admission.

  Toshihiro Iwasaku

 

 第73回日本循環器学会総会

 The pathophysiology of acute heart failure: The influence of systolic function on clinical characteristics.

 中川彰人

 

B-6

105回日本循環器学会近畿地方会

 (1) 著明な右心拡大と三尖弁逆流にて治療に難渋した右室梗塞の一例

 中川彰人

 (2) 難治性VFから心静止となるもPCPSにより救命できた閉塞性肥大型心筋症(HOCM)の一例

 石津宜丸

 (3) 診断に苦慮した心Fabry病の一例

 小向賢一

 (4) Inoueバルーンによる経皮的は肺動脈弁形成術(PTPV)が著効した成人肺動脈弁狭窄症(PS)の一例

 廣岡慶治

 

106回日本循環器学会近畿地方会 

(1) ASDを合併したportopulmanary hypertensionの一例

 谷口達典

(2) 深部静脈血栓症との鑑別を要した下腿血腫の3例

 中川彰人

(3) 潰瘍性大腸炎を合併した大動脈4尖弁の一例

 石津宜丸

 

B-7

28回心筋梗塞研究会

 著明な右室拡大と三尖弁逆流にて治療に難渋した右室梗塞の一例

  中川彰人

 

11回臨床心不全フォーラム

 慢性肺血栓塞栓症に伴う右心不全にドブタミンとナトリウム利尿ペプチドの併用が有用であった一例

  佐々木典子

 

大阪ベイエリアインターベンション研究会

山戸昌樹・谷口達典・濱野 剛・宇都宮 紫・中川彰人・小出雅雄・岩破俊博・石津宜丸・佐々木典子・山元博義・廣岡慶治・川口義廣・是恒之宏・楠岡英雄・安村良男

Tornusが抜去不能となった透析患者の一例

 

 第2回心不全エキスパート・ミーティング

 小出雅雄

 Carperitide中止後、TRPGが上昇した機能的MRを合併した左室機能不全の一例

 

C班研究・研究助成実績

 

1)助成制度名

2)氏名

3)研究課題名

4)研究代表者

5)助成金額

厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患等生活習慣病対策総合研究事業)

安村良男

(分担研究者)

ヒスタミンと心不全の関連についての検討―H2レセプターブロッカーは心不全を改善するか

北風政史

100万円