臨床検査科

真能正幸

研究検査科は当センターに与えられた医療を推進するため精度保障された医療情報を迅速に医療現場に提供することを使命としている。職員は常勤医師3名(臨床検査管理医1名、病理専門医2名)、臨床検査技師39名(常勤30名、非常勤技師9名)と検査助手3名(非常勤3名)で構成されている。また、高度な専門的病理診断に対応するために3名の病理専門医を招聘している。日本臨床検査医学会、日本臨床細胞学会や日本環境感染症学会の認定をうけ、認定輸血検査技師指定施設でもある。

『精度管理』 臨床検査の精度は検査前に始まることから外来部門での採血を実施している。外部精度管理として複数の全国規模の調査に参加している。また、輸血検査(認定技師3名)、細胞検査(同4名)、細菌検査(同1名)や超音波検査(同5名)はそれぞれの専門学会が認定した技師がその任務にあたり、そして人材育成にも力を注いでいる。

『緊急検査』 緊急検査は夜間・休日(二名体制)を含めた24時間体制で対応している。生化学検査、感染症検査、血中薬物検査、血液学的検査、凝固検査および輸血管理業務が含まれ、三次救急を含む救命救急医療に寄与しており、その取扱件数は年々増加の一途をたどっている。また、診察前検査にも対応して日常の外来診療の充実に尽力している。

『輸血管理』 血液製剤の発注・検査・払出し等、輸血管理業務のすべてを検査科で一元管理することで、システムの強化、リスクの軽減を図り、適正な血液製剤の安全供給を行っている。また、副作用、使用状況や廃棄製剤などの情報を輸血療法委員会等に提供することにより、さらなる血液製剤の安全かつ適正な輸血の使用に貢献している。

『院内感染防止』 院内の診療レベルを図る上で院内感染対策がどの程度徹底しているかは大きな評価ポイントである。研究検査科から感染情報を臨床側に対し、リアルタイムで定期的に情報発信するとともにICTの主要メンバーとして中心的役割を果たしている。

『病理検査』 複雑な標本作製過程を、少ない人数で安定して出来るよう、積極的に機械化を導入し作業環境の改善のため、安全キャビネットや、プッシュ・プル換気装置付の切り出し台も設置されている。術中迅速診断を含む日常業務だけでなく、臨床各科とのカンファレンスや臨床病理検討会(CPC)などを通して、研修医の教育や、診療レベルの向上にも寄与している。

『生理検査』 患者のからだから出ている生体信号を調べる検査であり、循環器系、呼吸器系、消化器系、神経系、聴覚系等の様々な分野の検査実施している。直接に患者様と接する検査であるため、待ち時間を少なくし、意思の疎通することをこころがけ、迅速に正確な検査を提供できるように努めている。

 

A-0

MIZUUCHI E, SEMBA S, KODAMA Y, YOKOZAKI H. Down-modulation of keratin 8 phosphorylation levels by PRL-3 contributes to colorectal carcinoma progression, Int J Cancer. 124: 1802-10, 2009

 

KONISHI M, OCHIAI A, OJIMA H, HASEBE T, MANO M, OHTA T, ITO I, SASAKI K, YASUKAWA S, SHIMADA K, IWASAKI M, YANAGISAWA A.  A new histological classification for intra-operative histological examination of the ductal resection margin in cholangiocarcinoma, Cancer Sci. 2008 Dec 4. [Epub ahead of print]

 

A-2

TOKUDA Y, KURIYAMA K, NAKAMOTO A, CHOI S, YUTANI K, KUNITOMI Y, HANEDA K, KAWAI M, MASUDA N, TAKEDA M, NAKAMURA H. Evaluation of Suspicious Nipple Discharge by Magnetic Resonance Mammography Based on Breast Imaging-Reporting and Data System Magnetic Resonance Imaging Descriptors, Journal of Computer Assisted Tomography2008

 

A-3

多根井智紀、増田慎三、石飛真人、徳田由紀子吉田謙真能正幸、竹田雅司、辻仲利政:乳頭分泌液中CEAにおけるイムノクロマトグラフィー(ICGA)法と酵素免疫測定(EIA)法の比較検討、「乳癌の臨床」23(2):123-1282008

 

A-3

羽田孝司徳田由紀子河合美佐國富裕樹油谷健司栗山啓子真能正幸岡聖次:後腹膜に発生した巨大なdedifferentiated liposarcoma1例、臨床放射線53670-6742008

 

B-2

KONISHI E, NAKASHIMA Y, IWASA Y, YANAGISAWA A. Immunohistochemical comparative study of chondromyxoid fibroma, chondroblastoma and chondrosarcoma, using Sox9, p63 and CAM5.2, 98th Annual Meeting of the United States and Canadian Academy of Pathology, Boston, MA, U.S.A., March 2009.

 

B-3

増田紘子増田慎三山村 順小川昌美、竹田雅司、徳田由紀子吉田 謙古妻理之真能正幸中森正二辻仲利政:シンポジウム2。術前化学療法の経験から学んだこと-今後の展望、第16回日本乳癌学会、大阪、20089

 

B-4

徳田由紀子栗山啓子、中本篤、河合美佐羽田孝司國富裕樹油谷健司崔秀美増田慎三、竹田雅司:BI-RADS MRIに基づいた乳頭異常分泌症例の検討、第67回日本医学放射線学会総会学術集会、横浜、20084

 

B-4

増田紘子増田慎三山村順竹田雅司徳田由紀子吉田謙古妻理之真能正幸中森正二辻仲利政:興味深い画像所見を呈した微小浸潤を伴う嚢胞内癌の1例、茨城、20084

 

B-4

児玉良典、仙波秀峰、伊藤彰彦、横崎宏:スキルス胃癌細胞の組織形成と進展における胃癌細胞と間質細胞の相互作用因子の同定及び解析。第97回日本病理学会総会、金沢、20085

 

B-4

岩佐葉子、竹田雅司、真能正幸:子宮頚部扁平上皮癌に合併したintranodal leiomyomatosis1例。第97回日本病理学会総会、金沢、20085

 

B-4

高田晃宏中森正二辻江正徳宮本敦史黒川幸典安井昌義池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏藤谷和正三嶋秀行辻仲利政森田香織葛下典由、三田英治、加藤道夫、岩佐葉子、竹田雅司、真能正幸:骨転移を契機に発見された異所性肝細胞癌の一例。第94回日本消化器病学会総会、福岡、20085

 

辻江正徳中森正二黒川幸典山村順安井昌義、柏崎正樹、増田慎三大宮英泰宮本敦史池永雅一宮崎道彦平尾素宏高見康二藤谷和正三嶋秀行辻仲利政真能正幸、竹田雅司:腹腔鏡下胆嚢摘出術時および術後に診断された胆嚢癌症例と術前診断がついていた胆嚢癌症例の比較検討。第108回日本外科学会総会、長崎、20085

 

大宮英泰高見康二辻仲利政中森正二三嶋秀行藤谷和正平尾素宏、宮崎道彦、池永雅一宮本敦史増田慎三安井昌義辻江正徳山村順黒川幸典栗山啓子真能正幸:原発性肺癌におけるFDG-PETによる肺門・縦隔リンパ節診断に関する検討。第108回日本外科学会総会、長崎、20085

 

B-4

大宮英泰高見康二辻仲利政栗山啓子真能正幸:転移性肺腫瘍手術例における術前FDG-PETに関する検討。第25回日本呼吸器学会総会、宇都宮、20085

 

B-4

今田慎也増田慎三山村順増田紘子中森正二真能正幸徳田由紀子、竹田雅司、辻仲利政6回の局所再発を繰り返したのち頚椎遠隔転移をきたした悪性葉状腫瘍の1例。第33回日本外科系連合学会学術集会、東京、20086

 

B-4

大宮英泰高見康二小河原光正宮本智辻仲利政真能正幸:気管支鏡検査における洗浄細胞診に関する検討。第31回日本呼吸器内視鏡学会総会、大阪、20086

 

B-4

三木友一朗増田慎三山村 順増田紘子小川昌美、竹田雅司、徳田由起子真能正幸中森正二辻仲利政:乳頭異常分泌症例に対する赤外観察カメラシステム(PDE)を用いたMicrodochectomy(2報)。第16回日本乳癌学会、大阪、20089

 

B-4

今田慎也増田慎三山村 順増田紘子小川昌美、竹田雅司、真能正幸中森正二辻仲利政ICG-赤外観察カメラシステム(PDE)を用いたセンチネルリンパ節生検。第16回日本乳癌学会、大阪、20089

 

B-4

山村 順増田慎三増田紘子小川昌美、竹田雅司、真能正幸中森正二辻仲利政:一般演題(口演)術前針生検標本と手術標本との病理診断結果の検討。第16回日本乳癌学会、大阪、20089

 

B-4

柏崎正樹、宮本敦史辻江正徳黒川幸典安井昌義池永雅一平尾素宏藤谷和正三嶋秀行真能正幸伊倉義弘辻仲利政中森正二:大腸癌肝転移に対するFOLFOX術前化学療法 肝切除20例の検討。第46回日本癌治療学会総会、名古屋、200810

 

B-4

今田慎也増田慎三小川昌美増田紘子山村 順黒川幸典辻江正徳安井昌義大宮英泰宮本敦史池永雅一平尾素宏高見康二藤谷和正三嶋秀行中森正二、竹田雅司、真能正幸辻仲利政:術後化学療法後の乳房温存術における適切な切除範囲決定方法の工夫。第46回日本癌治療学会総会、名古屋、200810

 

B-4

高見康二大宮英泰小河原光正栗山啓子真能正幸、前田純、岡見次郎、尾田一之、東山聖彦、児玉憲:超多発肺癌の術後経過観察による自然史の解明。第49回日本肺癌学会総会、小倉、200811

 

B-4

増田一吉岩佐葉子大橋澄子林輝子糸山光麿山本信夫児玉良典真能正幸:脳原発悪性リンパ腫の5例。第47回日本臨床細胞学会秋期大会、東京、200811

 

B-4

木下幸保船坂裕久真能正幸:全自動核酸抽出装置AmpliPrepとリアルタイムPCR測定装置コバスTaqMan導入による核酸増幅検査の効率化。第55回日本臨床検査医学会学術集会、名古屋、200811

 

B-4

増田一吉船坂裕久真能正幸:喫煙が及ぼす喀痰細胞像の変化。第55回日本臨床検査医学会学術集会、名古屋、200811

 

B-4

末武貢船坂裕久真能正幸:当院における原虫検査の操作法と検出状況。第55回日本臨床検査医学会学術集会、名古屋、200811

 

B-4

増田紘子増田慎三山村 順小川昌美苅田真子中森正二児玉良典、竹田雅司、真能正幸辻仲利政:術前化学療法からみたTriple Negative乳癌における病理学的効果と予後の検討、第70回日本臨床外科学会総会、東京、200811

 

B-4

山村 順増田慎三小川昌美増田紘子苅田真子森内秀祐児玉良典真能正幸中森正二:シンポジウム3 乳癌脳転移57症例の検討、第70回日本臨床外科学会総会、東京、200811

 

B-4

小川昌美山村 順増田慎三増田紘子苅田真子、竹田雅司、児玉良典真能正幸中森正二辻仲利政:術前化学療法を施行した男性の腋窩部異所性乳癌の1例、第70回日本臨床外科学会総会、東京、200811

 

B-5

増田慎三山村順増田紘子小川昌美苅田真子児玉良典真能正幸:「ER陽性閉経前乳癌の術前化学療法を考える」、第120回阪神乳腺疾患談話会、大阪、20089

 

B-6

神谷まひる岡垣篤彦松本久宣佐々木浩呂江佐藤幸保高橋秀元山田成利伊東宏晃伴千秋岩佐葉子真能正幸:リンパ節と子宮傍結合織に平滑筋腫症を認めた子宮頸癌の1例。第118回近畿産婦人科学術集会、大阪、20086

 

B-6

岩佐葉子、小西英一、上田孝文角永茂樹、中嶋安彬、真能正幸:右手小指傍骨性腫瘤の1例 第42回日本骨軟部腫瘍研究会、福岡、200811

 

B-6

渡辺悠里子高橋秀元神谷まひる宮崎有美子松本久宣佐々木浩呂江山田成利岡垣篤彦伴千秋児玉良典岩佐葉子真能正幸:上皮内癌にadenoid basal carcinomaが合併した1例。第119回近畿産婦人科学術集会、大阪、200811

 

B-6

増田紘子増田慎三山村順小川昌美苅田真子児玉良典徳田由紀子吉田謙古妻理之、竹田雅司、真能正幸中森正二辻仲利政:乳房腫瘍が皮膚を穿破し救急受診した1症例。第6回日本乳癌学会近畿地方会、京都、200812

 

B-8

真能正幸:呼吸器疾患 特に腫瘍性病変の病理組織診断。大阪府臨床検査技師会病理特別講習会、大阪、20091