リハビリテーション科

 

上田孝文

 

当科は循環器疾患、骨関節疾患、悪性腫瘍、HIVAIDS、呼吸器疾患に対して早期から治療を行っている。特に平成20年4月から作業療法士、言語聴覚士が配置され、脳血管障害、骨関節疾患、悪性腫瘍に対して急性期から総合的なリハビリテーションを行っている。さらに骨系統疾患、小児の発達障害や中枢神経障害に対しても積極的に取り組んでおり、その成果を学会・学術誌に公開している。

 

 

業績

B-1

農端芳之、関節運動学的アプローチ博田法と関節神経学的アプローチ、第3回日韓学術セミナー、韓国 安東市、2008629

B-3

農端芳之、教育講演、関節運動学的アプローチ博田法の基礎、日本関節運動学的アプローチ医学会理学・作業療法士会、第9回学術集会、名古屋、2008720