産 科

伴千秋

 

産科は、異常なく経過した人だけでなく様々な合併症をもった妊娠にも、できるだけ自然なお産を体験してもらえるよう努力している。

 産科的合併症は経過が急で母体・胎児に重篤な異常を来すことも多い。またそれ以外の合併症も、非妊娠とは異なる病像を呈したり、妊娠経過に重大な影響を与えることがよくある。このような場合、従来の産科診療は、「とにかく早くお産を終わらせる」ことに重心を置きすぎていた様に思う。子宮内の胎児の状態を知りようもなく、言わばブラック・ボックスを扱っているようなものであったからやむを得ない面もあったが、例えば糖尿病妊婦では、妊娠中に胎児が胎内死亡することがあるために、糖尿病の重症度にしたがって数週間以上も人工的に早産させていた。その結果救われる児もあったが、逆に早産のために死亡したり重篤な後遺症を残したりした児も多かった。

 しかし胎児心拍モニタリング・超音波断層法が導入されて子宮内の胎児の状態を推測することが可能となり、個々の事例に応じたリスク管理をすることが可能になってきた。新しい知識・技術を駆使して「とにかく早くお産を終わらせる」という診療の陰の部分を是正し、症例に応じた適切な個別管理を行うことを通じて、より適正な診療体系を作っていくことが当科の基本目標である。

 また小児脳神経外科グループと協力して、水頭症など先天性中枢神経奇形をもつ胎児の出生前診断と治療を数多く手がけるほか、当院がエイズ診療拠点病院であるため、HIV合併妊娠の管理にも積極的に取り組んでいる。

  

 産科の業績は、婦人科と共に掲載

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

婦人科

伴千秋

 婦人科は、大阪における子宮癌治療の草分けとして出発・発展し、全国でも屈指の婦人科癌治療施設として、世界産婦人科連合(FIGO)の悪性腫瘍登録機関の1つに選ばれている(我が国では当院と岡山・熊本・長崎・北里大学の5施設)。診療の中心は「がん」であり、入院患者の大部分は悪性腫瘍患者で、年間の症例数は150例前後である。

 このような日常の診療の中から浮かび上がってくる「癌患者の妊孕能や排尿を始めとする日常生活機能の温存」、「5生率が十分でない進行癌患者に対する、化学療法を含めた集学的治療の効果」などを当面の課題として、手術術式の改良・手術適応の見直し・最適な補助療法の組み合わせの検討などを進めており、その成果を順次発表している。

 また、子宮筋腫や卵巣嚢腫をはじめとした良性疾患においても、術後後遺症の最少化・必要な機能の温存を第一義とした治療を旨としている。

 

A-0

SASAKI H,ITOH H,MATSUMOTO H,TAKAHASHI S,SATO Y,YAMADA S,OKAGAKI A,KUZUSHITA N,BAN C:「Case of Budd-Chiari syndrome 3 months after vaginal delivery」、J.Obstet.Gynaecol.Res.Vol.34,No.4 Part U:605-608,August 2008

 

A-3

佐藤幸保伊東宏晃:「やせ・肥満妊婦への保健指導」、ペリネイタルケア271):13-162008

 

A-3

伴千秋岡垣篤彦伊東宏晃高橋秀元佐々木浩呂江松本久宣神谷まひる渡辺悠里子:「HIV母子感染」、医学書院 臨床婦人科産科626):868-8732008

 

A-3

伴千秋岡垣篤彦山田成利佐々木浩呂江松本久宣宮崎有美子渡辺悠里子神谷まひる:「術中および術後合併症 イレウス」、金原出版 産婦人科の実際5711):1813-18182008

 

B-1

伊東宏晃

Special Symposium:Developmental Origins of adult Obesity-A Potential Potential Problem un Japanese People-

15th Congress of Asia and Oceania Perinatal Society (FAOPS)、名古屋、20085

 

 

B-3

佐々木浩呂江伊東宏晃松本久宣高橋秀元佐藤幸保山田成利岡垣篤彦伴千秋

分娩後3ヶ月に多量の腹水をきたし、肝静脈血栓によるBudd-Chiari症候群と診断された1症例

60回日本産科婦人科学会学術講演会、横浜、2008412日〜15

 

B-3

佐藤幸保松本久宣佐々木浩呂江高橋秀元山田成利伊東宏晃岡垣篤彦伴千秋

小細胞癌成分を伴った子宮頸部腺癌の1

60回日本産科婦人科学会学術講演会、横浜、2008412日〜15

 

B-3

伊東宏晃

胎生期から乳幼児期における栄養環境と成長後の生活習慣病発症のリスク

60回日本産科婦人科学会学術講演会、横浜、2008412日〜15

 

B-3

伊東宏晃

胎生期の低栄養と成人期の肥満

19回環境ホルモン学会(日本内分泌攪乱化学物質学会)、東京、20086

 

B-4

岡垣篤彦

ユーザーインターフェース層を可塑化したカード型電子カルテの使用状況調査と後利用データの業務支援系システムへのフィードバック状況

28回医療情報学連合大会、横浜、200811

 

B-5

伊東宏晃

胎生期と成人病の関わりについて

東京オペグループ 実験セミナーIN大阪、大阪、20086

 

B-5

伊東宏晃

DOHaD研究:我が国における現状と今後の課題

1回伊勢志摩DOHaDカンファレンス、津、20086

B-5

神谷まひる岡垣篤彦松本久宣佐々木浩呂江佐藤幸保高橋秀元山田成利伊東宏晃伴千秋岩佐葉子真能正幸

リンパ節と子宮傍結合織に平滑筋腫症を認めた子宮頚癌の1

118回近畿産科婦人科学会学術集会、大阪、20086

 

B-5

渡辺悠里子高橋秀元神谷まひる宮ア有美子松本久宣佐々木浩呂江山田成利岡垣篤彦伴千秋児玉良典岩佐葉子真能正幸

上皮内癌にadenoid basal carcinomaが合併した1

118回近畿産科婦人科学会学術集会、大阪、200811