歯科・口腔外科

有家 巧

当科では口腔、顎、顔面領域に生じる疾患を治療対象としている。すなわち 1) 歯および歯周組織疾患2) 口腔粘膜疾患 3) 顎骨疾患 4) 唾液腺疾患 5) 顎関節疾患 6) 神経疾患 7) 血液疾患(診断と口腔粘膜出血の処置)8) リンパ系疾患などの口腔外科疾患を扱っている。特に悪性腫瘍の治療においては頭頸部カンファランスや病理カンファランスに参加するとともに、関連科の協力を得て集学的な治療を積極的に行っている。一方総合病院の歯科口腔外科として、一般開業歯科医院では治療困難な全身管理(全身麻酔および周術期管理を含む)を要する患者さんの歯科治療や、入院患者さんの口腔管理も行っている。なかでも口腔ケアは、放射線治療、化学療法、骨髄移植、全身麻酔の術前(上部消化管疾患、肺がん等)、人工呼吸器装着および各種感染症などの患者における治療の遂行および入院期間に影響を与える大きな要因として認識されている。 

教育面では当科は歯学部学生の早期臨牀体験を受け入れ、歯科医師卒後研修の研修指定病院としてマッチングに参加し、平成20年度は1名の研修医を指導した。また日本口腔外科学会および日本顎関節学会の研修指定機関に指定され、専門医取得のための卒後教育も積極的に行っている。

臨床研究としては悪性腫瘍術後における顎骨再建と口腔機能再建、非関節性開口障害の診断と治療をそのテーマとし、また産科の協力を得て、妊婦の口腔衛生状態と低出生体重児との関係に関する研究や国立病院機構内の口腔ケアに関する研究にも参加している。

 

 

A−2

天野 晃、高田晴彦、柏原広美、大鶴 洋、小林 馨、林 勝彦、玉井和樹、栗田賢一、杉崎正志、紅林尚樹、中 奈央子、野間 昇、小木信美、高野伸夫、別部智司、鈴木 茂、山本雄嗣、有家 巧、近藤寿郎、今村佳樹、鴨志田義功、山本由美子、福本 裕:プライマリ・ケア歯科医のための医療面接、診断、治療(編者:杉崎正志、小林 馨)食事中に誤って義歯を飲んでしまった 128-133 ヒョーロン・パブリッシャーズ 東京2008

 

B−3

有家 巧、覚道健治:シンポジウム3 「開口障害の新しい概念−咀嚼筋腱・腱膜過形成症の病態と治療−」 咀嚼筋腱・腱膜過形成症の臨床所見 第21回日本顎関節学会 大阪 2008/7/1

 

B−4

有家 巧、鹿野 学、砂田典子、古川正幸、森脇信吉:口腔に生じた転移癌の2例 第62回国立病院総合医学会 東京 2008/11/1

 

正重 裕一, 有家 巧, 山本 浩貴, 鹿野 学,砂田典子,古川正幸,蝿庭秀也, 中嶋 正博, 覚道 健治:MFHが疑われた下顎悪性腫瘍の1例 第53回日本口腔外科学会 徳島 2008/10/1

 

森田章介,砂田典子,山田龍男,山本浩貴,古川正幸,鹿野 学,有家 巧, 覚道 健治:ビスフォスフォネート製剤投与の骨Paget病患者に併発した難治性上顎骨骨髄炎の一例 第53回日本口腔外科学会 徳島 2008/10/1

 

B−6

古川正幸、鹿野 学、森脇信吉、砂田典子、有家 巧:上顎歯槽部に生じた転移癌の1例 第39回日本口腔外科学会近畿地方会 神戸市 2008/6/1