消化器科

 三田英治

 消化器科は、@ 肝炎・肝癌診療、A 内視鏡治療、B 消化器癌に対する化学療法を診療の3つの柱にしました。論文や学会発表も、この3つの柱を中心に活動しています。

 まずC型肝炎およびB型肝炎に対する抗ウイルス療法ですが、その診療患者数が日本でもベスト3にランクされ、国内のみならず海外の学会・学術誌に情報発信してまいりました。本年度もC型肝炎に対するペグインターフェロン・リバビリン併用療法の有効性、特に難治群とされるHCV genotype 1型かつ高ウイルス量に対する同治療では、late responderに対する48週から72週へ治療期間を延長することでウイルス排除率が向上することを、国内でも他施設にさきがけて報告しました。また血中のC型肝炎ウイルス量の測定に高感度のアッセイが導入されましたが、自主研究として従来法と新規のアッセイ法(Real-time PCR法)を比較して、Real-time PCR法の方が高感度であること、そのため効果判定の時期が後ろにずれこむことを報告しました。当科のB型肝炎に対する抗ウイルス剤(特に核酸アナログ)治療も国内で高い評価を受けている領域です。現在、核酸アナログnaïveB型肝炎に対してはエンテカビルが第一選択薬ですが、投与例数がすでに100例を超え、短期治療成績を報告しています。最新のガイドラインでは、ラミブジン耐性のB型肝炎に対してはアデホビルの併用が推奨されていますが、ガイドライン作成の厚生労働省の班会議でも、アデホビルの治療成績を報告してきました。さらに急性肝炎に対する疫学的考察、HBV genotype Aの急性肝炎に対するエンテカビルの介入によるキャリア化阻止の検討などを発表しています。

 内視鏡治療では、若手の優秀な内視鏡医の育成に力をそそぎ、診療レベルの向上ははかってきました。特に早期胃癌に対する粘膜下層剥離術(ESD)は拡大内視鏡・色素内視鏡の進歩により、早期胃癌の診断が可能となりました。その結果、症例数の増加、適応拡大の検討、安全性の検討といった課題をこなせるようになり、学会で報告できるまでに成熟してきました。

 消化器癌に対する化学療法は、近年めざましい進歩をとげています。消化器科の3つの柱の中で、最近になって力を入れている分野です。ようやく本年度から、この分野でも学会報告ができるレベルになりました。近々、多彩な分子標的薬の認可が予定されており、今後さらなる発展が期待される領域といえます。

 上記のほかにも、臨床的に稀な症例や貴重な経験症例の報告をしています。特に症例報告は専修医の初めての学会発表の場として、消化器科をあげて専修医指導に力を入れています。今後も、診療・教育とともに臨床研究の成果を国内外に発信してゆきたいと思います。

 

2008年度研究発表業績】

A-0

HIRAMATSU N, OZE T, YAKUSHIJIN T, INOUE Y, IGURA T, MOCHIZUKI K, Imanaka K, KANEKO A, OSHITA M, HAGIWARA H, MITA E, NAGASE T, ITO T, INUI Y, HIJIOKA  T, KATAYAMA K, TAMURA  S, YOSHIHARA H, IMAI Y, KATO M, YOSHIDA Y, TATSUMITOHKAWA K, KISO S, KANTO T, KASAHARA A, TAKEHARA T, HAYASHI N Ribavirin dose reduction raises relapse rate dose-dependently in genotype 1 patients with hepatitis C responding to pegylated interferon alfa-2b plus ribavirin. J Viral Hepatitis, in press.

KITADA T, MURAKAMI T, KUZUSHITA N, MINAMITANI K, NAKAJO K, OSUGA K, MIYOSHI E, NAKAMURA H, KISHINO B, TAMURA S, HAYASHI N Effectiveness of real-time virtual sonography-guided radiofrequency ablation treatment for patients with hepatocellular carcinomas. Hepatol Res 38: 565-5712008

 

KURASHIGE N, HIRAMATSU N, OHKAWA K, YAKUSHIJIN T, KISO S, KANTO T, TAKEHARA T, KASAHARA A, DOI Y, YAMADA A, OSHITA M, MITA E, HAGIWARA H, NAGASE T, YOSHIHARA H, HAYASHI E, IMAI Y, KATO M, KASHIHARA T, HAYASHI N Factors contributing to antiviral effect of adefovir dipivoxil therapy added to ongoing lamivudine treatment in patients with lamivudine-resistant chronic hepatitis B. J Gastroenterol, in press.

 

KURASHIGE N, HIRAMATSU N, OHKAWA K, OZE T, INOUE Y, KUROKAWA M, YAKUSHIJIN T, Igura T, KISO S, KANTO T, TAKEHARA T, TAMURA S, KASAHARA A, OSHITA M, HIJIOKA T, KATAYAMA K, YOSHIHARA H, HAYASHI E, IMAI Y, KATO M, HAYASHI N Initial viral response is the most powerful predictor of the emergence of YMDD mutant virus in chronic hepatitis B patients treated with lamivudine. Hepatol. Res. 2008 May:38(5):450-456

 

KUROKAWA M, HIRAMATSU N, OZE T, MOCHIZUKI K, YAKUSHIJIN T, KURASHIGE N, INOUE Y, IGURA T, IMANAKA K, YAMADA A, OSHITA M, HAGIWARA H, MITA E, ITO T, INUI Y, HIJIOKA  T, YOSHIHARA H, INOUE A, IMAI Y , KATO M , KISO S, KANTO T, TAKEHARA T, KASAHARA A, HAYASHI N Effect of interferon alpha-2b plus ribavirin therapy on incidence of hepatocellular carcinoma in patients with chronic hepatitis. Hepatology48(Suppl):880A-881A2008A-0

 

KUROKAWA M, HIRAMATSU N, TAKEHARA T, OZE T, YAKUSHIJIN T, IGURA T, MOCHIZUKI K, IMANAKA K, OSHITA M, HAGIWARA H, MITA E, HIJIOKA T, INUI Y, KATAYAMA K, YOSHIHARA H, IMAI Y, KATO M, KISO S, KANTO T,KASAHARA A, HAYASHI NEffect of Interferon alfa-2b plus ribavirin therapy on incidence of hepatocellular carcinoma in patients with chronic hepatitis. Hepatology 48(Suppl):880A2008

 

 

KUZUSHITA N, MITA E, NAKAZURU S, SONG C, OHTA T, HASEGAWA H, MORITA K, YUKI N, YAMAMOTO K, KATO MEffect of twice daily intravenous interferon-βbooster treatment given for two weeks in patients still HCV-RNA positive at week 24 of peginterferon α-2B plus ribavirin therapy. Hepatology48(Suppl):333A2008

 

OHKAWA K, TAKEHARA T, KATO M, HIKITA H, SASAKAWA A, KOHGA K, UEMURA A, SAKAMORI R, YAMAGUCHI S, MIYAGI T, ISHIDA H, TATSUMI T, HAYASHI NSupportive activity of precore and pres2 viral genomic changes against replication of lamivudine-resistant hepatitis B virus. Hepatology48(Suppl):713A2008

 

OZE T, HIRAMATSU N, YAKUSHIJIN T, KUROKAWA M, IGURA T, MOCHIZUKI K, IMANAKA K, YAMADA A, OSHITA M, HAGIWARA H, MITA E, ITO T, INUI Y, HIJIOKA T, YOSHIHARA H, HAYASHI E, INOUE A, IMAI Y, KATO M, YOSHIDA Y, TATSUMI T, OHKAWA K, KISO S, KANTO T, KASAHARA A, TAMURA S, TAKEHARA T, HAYASHI NExtended treatment with peginterferon alfa-2b and ribavirin combination therapy can suppress the relapse rate after treatment of chronic hepatitis C genotype 1 patients with late viral response. Hepatology48(Suppl):853A-854A 2008 

 

OZE T, HIRAMATSU N, YAKUSHIJIN T, INOUE Y, IGURA T, MOCHIZUKI K, IMANAKA K, KANEKO A, OSHITA M, HAGIWARA H, MITA E, NAGASE T, ITO T, INUI Y, HIJIOKA T, KATAYAMA K, YOSHIHARA H, IMAI Y, KATO M, YOSHIDA Y, TATSUMI T, OHKAWA K, KISO S, KANTO T, KASAHARA A, TAMURA S, TAKEHARA T, HAYASHI NRibavirin dose reduction raises relapse rate dose-dependently in genotype 1 patients with chronic hepatitis C responding to pegylated interferon alfa-2b plus ribavirin. Hepatology48(Suppl):859A-860A2008

 

OZE T, HIRAMATSU N, YAKUSHIJIN T, KUROKAWA M, IGURA T, MOCHIZUKI K, IMANAKA K, YAMADA A, OSHITA M, HAGIWARA H, MITA E, ITO T, INUI Y, HIJIOKA  T, TAMURA  S, YOSHIHARA H, HAYASHI E, INOUE A, IMAI Y, KATO M, YOSHIDA Y, TATSUMITOHKAWA K, KISO S, KANTO T, KASAHARA A, TAKEHARA T, HAYASHI N Peginterferon alfa-2b affects early virologic response dose-dependently in patients with chronic hepatitis C genotype 1 during treatment with pegylated interferon alfa-2b plus ribavirin. J Viral Hepatitis, in press.

 

SASAKI H, ITOH H, MATSUMOTO H, TAKAHASHI S, SATO Y, YAMADA S, OKAGAKI A, KUZUSHITA N, C BanCase of Budd-Chiari syndrome 3 months after vaginal delivery. J Obstet Gynaecol Res 34: 605-6082008

 

TOYAMA T, HAN CHU LEE, JACK R, WANDS, MIRAN KIM Noncanonical Wnt11 signaling inhabits hepatocellular carcinoma cell proliferation and migration. Hepatology48(Suppl):968A-969A2008

 

YATSUHASHI H, KATO M, NAKAMUTA M, MASAKI N, KOHNO H, KOMEDA T, SATOH T, HIJIOKA T, KOMATSU T, YAGURA M, HAYASHI S, OTA H, MURO T, KOBAYASHI M, KOGA M, YANO K, TAURA N, KOMORI A, ABIRU S, NAKAMURA M, FUJIOKA H, MIGITA K, ISHIBASHI HPrediction of virological response by combining data mining analysis and step-wise regression in HCV genotype 1 patients treated with pegylated interferon α-2B and ribavirin. Hepatology48(Suppl):535A2008

 

YUKI N, NAGAOKA T, NUKUI K, OMURA M, HIKIJI K, KATO MAdding interferon to lamivudine enhances the early virologic response and reversion of the precore mutation in difficult-to-treat HBV infection, Journal of Gastroenterology 43:457-463, 2008

 

YUKI N, MATSUMOTO S, KATO M, YAMAGUCHI THepatic transcriptional responses of TLR3/RIG-1significance in peginterferon plus ribavirin treatment. Hepatology48(Suppl):858A2008

 

A-3

井上裕子、伊与田賢也、葛下典由三田英治加藤道夫Peginterferon α-2bRibavirin併用療法における0-2/0-4 ratioを用いた超早期治療効果予測。肝臓 49(9):452-4532008

 

A-4

三田英治加藤道夫:ウイルス性肝炎のプライマリケア“C型肝炎「高齢者の治療」。診断と治療、96:521-5242008

 

三田英治加藤道夫:高齢者におけるPeg-IFNα2b/Ribavirin併用療法の特徴。消化器科、46:437-4412008

 

三田英治加藤道夫:2型、高ウイルス量症例におけるリバビリン併用ペグインターフェロン療法。Modern Physician28:20-242008

 

B-2

KUZUSHITA N, MITA E, NAKAZURU S, SONG C, OHTA T, HASEGAWA H, MORITA K, YUKI N, YAMAMOTO K, KATO MEffect of twice daily intravenous interferon-βbooster treatment given for two weeks in patients still HCV-RNA positive at week 24 of peginterferon α-2B plus ribavirin therapy. Hepatology48(Suppl):77A2008

 

TOYAMA T, HAN CHU LEE, JACK R, WANDS, MIRAN KIM Noncanonical Wnt11 signaling inhabits hepatocellular carcinoma cell proliferation and migration. Hepatology48(Suppl):254A2008

 

OHKAWA K, TAKEHARA T, KATO M, HIKITA H, SASAKAWA A, KOHGA K, UEMURA A, SAKAMORI R, YAMAGUCHI S, MIYAGI T, ISHIDA H, TATSUMI T, HAYASHI NSupportive activity of precore and pres2 viral genomic changes against replication of lamivudine-resistant hepatitis B virus. Hepatology48(Suppl):189A2008

 

OZE T, HIRAMATSU N, YAKUSHIJIN T, INOUE Y, IGURA T, MOCHIZUKI K, IMANAKA K, KANEKO A, OSHITA M, HAGIWARA H, MITA E, NAGASE T, ITO T, INUI Y, HIJIOKA T, KATAYAMA K, YOSHIHARA H, IMAI Y, KATO M, YOSHIDA Y, TATSUMI T, OHKAWA K, KISO S, KANTO T, KASAHARA A, TAMURA S, TAKEHARA T, HAYASHI NRibavirin dose reduction raises relapse rate dose-dependently in genotype 1 patients with chronic hepatitis C responding to pegylated interferon alfa-2b plus ribavirin. Hepatology48(Suppl):227A2008

 

OZE T, HIRAMATSU N, YAKUSHIJIN T, KUROKAWA M, IGURA T, MOCHIZUKI K, IMANAKA K, YAMADA A, OSHITA M, HAGIWARA H, MITA E, ITO T, INUI Y, HIJIOKA T, YOSHIHARA H, HAYASHI E, INOUE A, IMAI Y, KATO M, YOSHIDA Y, TATSUMI T, OHKAWA K, KISO S, KANTO T, KASAHARA A, TAMURA S, TAKEHARA T, HAYASHI NExtended treatment with peginterferon alfa-2b and ribavirin combination therapy can suppress the relapse rate after treatment of chronic hepatitis C genotype 1 patients with late viral response. Hepatology48(Suppl):225A 2008

 

YATSUHASHI H, KATO M, NAKAMUTA M, MASAKI N, KOHNO H, KOMEDA T, SATOH T, HIJIOKA T, KOMATSU T, YAGURA M, HAYASHI S, OTA H, MURO T, KOBAYASHI M, KOGA M, YANO K, TAURA N, KOMORI A, ABIRU S, NAKAMURA M, FUJIOKA H, MIGITA K, ISHIBASHI HPrediction of virological response by combining data mining analysis and step-wise regression in HCV genotype 1 patients treated with pegylated interferon α-2B and ribavirin. Hepatology48(Suppl):145A2008

 

YUKI N, MATSUMOTO S, KATO M, YAMAGUCHI THepatic transcriptional responses of TLR3/RIG-1significance in peginterferon plus ribavirin treatment. Hepatology48(Suppl):227A2008

 

YUKI N, MATSUMOTO S, KATO M, YAMAGUCHI T. Hepatic transcriptional responses of TLR3/RIG-I signaling to HCV replication: significance in peginterferon plus ribavirin treatment, AASLD Annual Meeting, 200811月、米国、サンフランシスコ

 

B-3

葛下典由三田英治加藤道夫Peg-IFNα2b/Ribavirin併用療法抵抗性C型慢性肝炎患者に対するIFNβブースター治療効果.第12回日本肝臓学会大会・第50回日本消化器病学会大会合同、東京、200810

 

B-4

井上裕子、平松直樹、竹原徹郎、小瀬嗣子、薬師神崇行、大川和良、考藤達哉、今中和穂、土井喜宣、山田晃、萩原秀紀、伊藤敏文、桐山和雄、福井弘幸、肱岡泰三、吉原治正、今井康陽、林英二朗、加藤道夫、林紀夫:Genotype1型高ウイルス量以外のC型肝炎に対するPeg-IFN/Ribavirn併用療法の治療成績。第44回日本肝臓学会総会、松山、20086

 

B-4

井上裕子、平松直樹、竹原徹郎、小瀬嗣子、薬師神崇行、望月 圭、笠原彰紀、尾下正秀、金子 晃、三田英治、永瀬寿彦、乾 由明、肱岡泰三、稲田正己、吉原治正、井上敦雄、今井康陽、林英二朗、加藤道夫、林 紀夫:Genotype 2C型肝炎に対するPeg-IFN/Ribavirin併用療法の治療効果予測。第12回日本肝臓学会大会、東京、200810

 

井上裕子、平松直樹、竹原徹郎、小瀬嗣子、薬師神崇行、望月 圭、笠原彰紀、尾下正秀、金子 晃、三田英治、永瀬寿彦、乾 由明、肱岡泰三、稲田正己、吉原治正、井上敦雄、今井康陽、林英二朗、加藤道夫、林 紀夫:Genotype 2C型肝炎に対するPeg-IFN/Ribavirin併用療法の治療効果予測。第12回日本肝臓学会大会、東京、200810

 

太田高志三田英治葛下典由満田千晶荒木学末村茂樹大田真紀代末吉由佳藤田実西出憲史長谷川裕子宋昌浩森田香織里見絵理子中水流正一結城暢一山本佳司加藤道夫:核酸アナログ製剤未使用のB型慢性肝疾患患者に対するエンテカビルの治療成績。第12回日本肝臓学会大会、東京、200810

 

大田真紀代三田英治葛下典由満田千晶荒木学末村茂樹末吉由佳藤田実西出憲史長谷川裕子宋昌浩太田高志森田香織里見絵理子中水流正一結城暢一山本佳司加藤道夫:アンプリコア法とReal-time PCR法による血中HCV-RNA量の比較―Genotype 2型血清を用いた検討。第12回日本肝臓学会大会、東京、200810

 

小瀬嗣子、平松直樹、竹原徹郎、薬師神崇行、巽智秀、井倉 技、望月圭、今中和穂、山田 晃、萩原秀紀、三田英治、伊藤敏文、福井弘幸、片山和宏、田村信司、吉原治正、今井康陽、林英二朗、加藤道夫、林 紀夫:難治性C型肝炎に対するPeg-IFN/Ribavirin長期投与の有用性について−多施設(OLF)共同研究−。第12回日本肝臓学会大会、東京、200810

 

小瀬嗣子、平松直樹、倉繁奈緒、黒川三佳、井上裕子、薬師神崇行、井倉 技、今中和穂、尾下正秀、萩原秀紀、伊藤敏文、乾 由明、吉原治正、今井康陽、加藤道夫、考藤達哉、竹原徹郎、笠原彰紀、田村信司、林 紀夫:肝線維化進展C型肝炎症例におけるPeg-IFN/Ribavirin併用療法の有用性−多施設(OLF)共同研究−。第94回日本消化器病学会総会、福岡、20085

 

小瀬嗣子、平松直樹、竹原徹郎、黒川三佳、薬師神崇行、井倉 技、木曽真一、尾下正秀、金子 晃、萩原秀紀、三田英治、乾 由明、肱岡泰三、稲田正己、吉原治正、井上敦雄、今井康陽、林英二朗、加藤道夫、林 紀夫:難治性C型肝炎に対するPeg-IFN/Ribavirin長期投与の有用性について−多施設(OLF)共同研究−。第44回日本肝臓学会総会、松山、20086

 

小瀬嗣子、平松直樹、竹原徹郎、倉繁奈緒、薬師神崇行、巽智秀、笠原彰紀、今中和穂、北田学利、山田晃、尾下正秀、伊藤敏文、永瀬寿彦、乾 由明、片山和宏、吉原治正、井上敦雄、今井康陽、加藤道夫、林 紀夫:難治性C型肝炎に対するPeg-IFN/Ribavirin併用療法でのEVR例における薬剤adherenceの影響−多施設(OLF)共同研究−。第44回日本肝臓学会総会、松山、20086

 

小瀬嗣子、平松直樹、竹原徹郎、黒川三佳、薬師神崇行、井倉 技、木曽真一、尾下正秀、金子 晃、萩原秀紀、三田英治、乾 由明、肱岡泰三、稲田正己、吉原治正、井上敦雄、今井康陽、林英二朗、加藤道夫、林 紀夫:難治性C型肝炎に対するPeg-IFN/Ribavirin長期投与の有用性について−多施設(OLF)共同研究−。第44回日本肝臓学会総会、松山、20086

 

小瀬嗣子、平松直樹、竹原徹郎、薬師神崇行、巽智秀、井倉技、望月圭、今中和穂、山田晃、萩原秀紀、三田英治、伊藤敏文、福井弘幸、片山和宏、田村信司、吉原治正、今井康陽、林英二朗、加藤道夫、林 紀夫:難治性C型肝炎に対するPeg-IFN/Ribavirin長期投与の有用性について−多施設(OLF)共同研究−。第12回日本肝臓学会大会、東京、200810

 

葛下典由三田英治末吉由佳大田真紀代西出憲史藤田実森田香織,戸明子,白畠伸宏,山本佳司結城暢一,池田昌弘,加藤道夫HIV/HBV重複感染症例に対する核酸アナログ治療。第94 日本消化器病学会総会、福岡、20085

 

葛下典由三田英治中水流正一満田千晶末村茂樹荒木学末吉由佳大田真紀代藤田実西出憲史長谷川裕子太田高志森田香織宋昌浩里見絵理子結城暢一山本佳司加藤道夫Peg-IFNα2b/Ribavirin併用療法抵抗性C型慢性肝炎患者に対するIFNβブースター治療。第44回日本肝臓学会総会、松山、20086

 

倉繁奈緒、平松直樹、大川和良、小瀬嗣子、薬師神崇行、井倉技、木曽真一、考藤達哉、笠原彰紀、竹原徹郎、北田学利、今中和穂、土井喜宣、山田晃、尾下正秀、萩原秀紀、永瀬寿彦、吉原治正、林英二朗、今井康陽、加藤道夫、林紀夫:OLF参加施設におけるB型慢性肝疾患に対する核酸アナログ療法の治療成績。第44回日本肝臓学会総会、松山、20086

 

倉繁奈緒、平松直樹、大川和良、薬師神崇行、望月圭、木曽真一、考藤達哉、竹原徹郎、北田学利、今中和穂、土井喜宣、山田晃、尾下正秀、萩原秀紀、永瀬寿彦、吉原治正、林英二朗、今井康陽、加藤道夫、林紀夫:OLF参加施設におけるB型慢性肝疾患に対するエンテカビルの治療成績。第12回日本肝臓学会大会、東京、200810

 

(座長)里見絵理子:各施設における緩和ケアチーム介入に難渋した症例検討。大阪がん緩和ネット研究会、大阪、20085

 

里見絵理子尾池真理松山和代松岡暖奈戸高絹代永田智依世関山隆史廣常秀人天野栄三渋谷博美辻仲利政:緩和ケアチームの継続的活動の意義〜3年半の5チームを振り返って〜。第13回日本緩和医療学会総会、静岡、20087

 

里見絵理子尾池真理松山和代戸高絹代石川綾加上田純子渡辺真弓松岡暖奈森田眞子関山隆史廣常秀人天野栄三渋谷博美辻仲利政:大阪医療センター「がんサポートチーム」の活動。JPAP®全国大会、静岡、20087

 

里見絵理子:がん性疼痛治療と緩和ケアチームの関わり。第5回中河内緩和医療研究会講演会、大阪、20087

 

里見絵理子尾池真理松山和代戸高絹代石川綾加上田純子渡辺真弓松岡暖奈森田眞子関山隆史廣常秀人天野栄三渋谷博美辻仲利政:がんサポートチームの現状と展望。第46回癌治療学会学術集会、名古屋、200811

 

里見絵理子:オピオイドローテーション。JPAP® Painカンファレンス、大阪、200811

             

里見絵理子尾池真理松山和代戸高絹代石川綾加上田純子渡辺真弓松岡暖奈森田眞子関山隆史廣常秀人天野栄三渋谷博美辻仲利政:がんサポートチームの現状と今後の課題。第61回国立病院総合医学会、東京、200811

 

里見絵理子:オーストラリアの緩和ケアに学ぶ。JPAP®メディアセミナー、東京、200811

 

里見絵理子:がん性疼痛と事例検討。山梨県緩和ケア研修会、山梨、200812

 

里見絵理子:オピオイドを開始するとき。大阪府主催緩和チーム研修会、大阪、20091

 

里見絵理子:消化器症状〜嘔気・嘔吐〜。日本緩和医療学会緩和ケア基本教育指導者講習会、大阪、20091

 

里見絵理子:がんサポートチーム介入患者の在宅移行状況。第2回法円坂緩和ケアセミナー、大阪、20092

 

里見絵理子:オピオイドを開始するとき。うずら@PEACE緩和ケア研修会、京都、20092

 

里見絵理子松山和代上田純子原聡:緩和ケアと連携〜オーストラリアの緩和ケア体制から学ぶもの〜。第4回関西がんチーム医療研究会、大阪、20092

 

里見絵理子:オピオイドを開始するとき。豊能地区緩和ケア研修会、大阪、20093

 

里見絵理子:緩和ケアチームとがん性疼痛治療。緩和ケアチームセミナー、大阪、20093

 

里見絵理子:緩和ケアチームの運営。八尾市民病院緩和ケア委員会、大阪、20093

 

里見絵理子McCulloch Houseを訪問して〜カンファレンスと病棟回診に学ぶ〜。JPAP® Academic information200910-102009                                             

             

里見絵理子:緩和ケアチームにおける薬剤師の職能。国立病院機構薬剤師専門技能研修会、大阪、20092

 

末吉由佳三田英治葛下典由荒木学末村茂樹満田千晶大田真紀代藤田実西出憲史太田高志宋昌浩長谷川裕子森田香織里見絵理子中水流正一結城暢一山本佳司加藤道夫Genotype 2型・高ウイルス量のC型慢性肝炎症例に対するPeg-IFNα-2b・リバビリン併用療法の治療効果−アンプリコア法とリアルタイムPCR法の比較−。第37回日本肝臓学会東部会、東京、12

 

高田晃宏中森正二辻江正徳宮本敦黒川幸典安井昌義池永雅一宮崎道彦平尾素宏藤谷和正三嶋秀行辻中利政森田香織葛下典由三田英治加藤道夫岩佐葉子、竹田雅司、真能正幸:骨転移を契機に発見された異所性肝細胞癌の1例。第94回日本消化器病学会総会、福岡、20085

 

西出憲史三田英治葛下典由大田真紀代末吉由佳藤田実太田高志、林 典子、長谷川裕子森田香織、戸明子、白畠伸宏、結城暢一山本佳司、池田昌弘、加藤道夫:セロタイプ2型・高ウイルス量のC型慢性肝炎に対するPeg-IFN-α2b/リバビリン併用療法の当科における治療成績。第44回日本肝臓学会総会、松山、20086

 

長谷川裕子三田英治葛下典由大田真紀代末吉由佳藤田実西出憲史太田高志,林典子、森田香織、戸明子、白畠伸宏、結城暢一山本佳司、池田昌弘、加藤道夫:当科におけるB型急性肝炎の特徴と核酸アナログ治療に関する検討。第94回日本消化器病学会総会、福岡、20085

 

長谷川裕子三田英治葛下典由満田千晶荒木学末村茂樹大田真紀代末吉由佳藤田実西出憲史宋昌浩太田高志森田香織里見絵理子中水流正一結城暢一山本佳司加藤道夫70歳以上の高齢者に対するペグインターフェロンα2b・リバビリン併用療法の特徴。第50回日本消化器病学会大会、東京、10

 

藤田実三田英治葛下典由荒木学末村茂樹満田千晶大田真紀代末吉由佳西出憲史太田高志宋昌浩長谷川裕子森田香織里見絵理子中水流正一結城暢一山本佳司加藤道夫:当科におけるB型急性肝炎の特徴と治療介入に関する検討。

37回日本肝臓学会東部会、東京、12

 

三田英治葛下典由大田真紀代末吉由佳藤田実西出憲史太田高志、林典子、長谷川裕子森田香織、戸明子、白畠伸宏、結城暢一山本佳司、池田昌弘、加藤道夫HCV-RNA陰性化時期からみたgenotype 1型・高ウイルス量例に対するPeg-IFNα-2b・リバビリン併用療法の治療効果アンプリコア法とTaqMAN法の比較。第44 日本肝臓学会総会、松山、20086

 

結城暢一、加藤道夫、山口敏和:肝組織TLR3発現レベルによるPEG-IFN/Ribavirin 72週長期投与の治療前効果予測。第44回日本肝臓学会総会、松山、20086

             

B-8

結城暢一:新しい医師臨床研修制度。神戸大学指導医講習会、神戸、20084

 

結城暢一:医師臨床研修の現状と問題。卒後臨床研修フォーラム in OSAKA大阪、20086

             

結城暢一:医師臨床研修の今後。大阪大学指導医講習会、大阪、20089

 

結城暢一:臨床研修病院指導体制に係る問題点。兵庫医科大学指導医講習会、神戸、20089

 

結城暢一:指導医のための医師臨床研修制度解説。関西医科大学指導医講習会、大阪、200811

 

結城暢一:医師臨床研修の現状と今後。大阪医科大学指導医講習会、大阪、20091

             

結城暢一:医学生のための医師臨床研修制度解説。近畿管内臨床研修病院説明会、大阪、20092