総合内科

東堂龍平

文責 多賀谷 昌史(脳循環・高血圧)

   和田 晃       (腎臓)

東堂 龍平     (糖尿病)

   井上 信正      (血液)

                                小河原 光正    (呼吸器)

 

 総合内科は、脳循環・高血圧グループ、腎臓グループ、糖尿病グループ、血液グループ、呼吸器グループの5グループで構成されており、以下に各グループ別に述べます。

 

脳循環・高血圧グループ

 研究に関しては他施設共同研究として、脳血管疾患・心疾患に伴う血管イベント発症に関する実態調査(J-TRACE)、脳血管疾患の再発に対する高脂血症治療薬HMG-CoA還元酵素阻害薬の予防効果に関する研究(J-STARS)などの多施設共同研究に参加しています。

 

腎臓グループ
 当グループでは、慢性腎臓病、とりわけ慢性腎炎についてその診断と治療に積極的に取り組んでいる。また進行性腎障害の管理、慢性腎不全の合併症の予防と治療に取り組んでいる。
 IgA腎症に対するIgA腎症における腎組織病変のスコアー化と治療指針成に関する研究(国立病院共同臨床研究)、IgA腎症に対する扁摘ステロイドパルス療法の効果に関する他施設共同研究、IgA腎症に対するアンジオテンシンII受容体拮抗薬の効果に関する研究(厚生科学研究事業)、などが主テーマである。

 

糖尿病グループ

 内分泌・代謝疾患としての糖尿病および内分泌疾患と、腎臓病としての糖尿病性腎症の2つのテーマに関連した臨床的研究を行っています。

 厚生労働科学研究として、糖尿病における血管合併症の発症予防と進展抑制に関する研究(JDCS)に参加しています。

国立病院機構政策医療ネットワーク共同臨床研究として、@糖尿病診療の標準化と患者教育に関する研究、A政策医療ネットワークを活用した内分泌疾患の診断・治療法の標準化と予後に関する包括的臨床共同研究、B糖尿病合併症に対する戦略的治療、C2型糖尿病の二次予防、三次予防のための臨床疫学研究、D糖尿病性腎症発症進展阻止のための家庭血圧管理指針の確立、E腎疾患に対する腎臓移植、膵臓移植、膵島移植に関する臨床的研究に参加しています。また、FEBM推進のための大規模臨床研究事業として、糖尿病性腎症発症進展阻止のための家庭血圧管理指針の確立(HBP-DN)G共同臨床研究指定研究として、医療者用/患者用クリティカルパスの内容のばらつきとバリアンス頻度及び在院日数との関連に関する研究に参加しています。

さらに、いくつかの多施設共同臨床研究(REACH STUDY J-ACCESS2等)にも参加しています。

 

血液グループ

 政策医療(血液・造血器疾患ネットワーク)の近畿地区基幹医療施設、日本血液学会認定研修施設でもある。スタッフは臨床血液学を専門とする医師と無菌室看護など卓越した専門技術を有する看護婦およびコメディカルで構成される。造血器悪性疾患の化学療法、自家および同種造血幹細胞移植も行っている。関連大学病院(複数)のみならず近辺の血液を専門とする施設とも密接な関連を持ち、最新の情報を交換、最新の医療を行っている。

 

呼吸器グループ

呼吸器疾患は、人口の高齢化や大気汚染や喫煙等の影響により、悪性腫瘍や慢性閉塞性肺疾患が増加している。今年度はとりわけ悪性腫瘍の早期診断、治療(呼吸器外科、放射線科診断・治療、臨床検査診断部などと連携して)、臨床的研究に積極的に取り組んでいる。

 禁煙運動の推進(禁煙外来など)、関連病院とも密接に情報交換し、事実に裏付けられた最新の医療を行っている。

 

2008年度研究発表業績】

A-0

KUBOTA K KAWAHARA M OGAWARA M NISHIWAKI Y KOMUTA K MINATO K TERAMUKAI S FUKUSHIMA M FURUSE K Vinorelbine plus gemcitabine followed by docetaxel versus carboplatin plus paclitaxel in patients with advanced non-small-cell lung cancer: a randomized open-label phase III study Lancet Oncol 9:1135-42 2008

 

A-4

橋本弘行、多賀谷昌史、恵谷秀紀:超音波による頚動脈プラーク診断の現状と展望、早期動脈硬化におけるプラーク出現・進展から狭窄頚動脈のプラーク破綻まで。日獨医報53:184-2022008

 

A-6

多賀谷昌史:脳卒中の治療と予防。南医師会会報 593号、47-48200810

 

多賀谷昌史SCU(脳卒中ケアユニット)の開設。ONHニュース、200812

 

東堂龍平:糖尿病のインスリン療法、東成医ニュース(大阪市東成区医師会誌)20092月号 No445):P18-2220093

 

B-4

河野茂夫、斉藤濟美、海瀬和郎、島田典生、小山一憲、山家由子、能登裕、瀧秀樹、宮本恵宏、小河淳、東輝一朗、木村博典、中川内玲子、泉有紀、服部正和、葛谷英嗣:わが国における糖尿病足病変治療の医療費について−国立病院機構多施設共同研究 第6報−。51回日本糖尿病学会年次学術集会、東京2008522-24

中川内玲子、斉藤濟美、海瀬和郎、島田典生、小山一憲、山家由子、能登裕、瀧秀樹、幸原晴彦、宮本恵宏、小河淳、木村博典、東輝一朗、泉有紀、葛谷英嗣、河野茂夫:わが国における糖尿病足病変患者における長期予後について−国立病院機構多施設共同研究 第7報−。51回日本糖尿病学会年次学術集会、東京2008522-24

 

鞍田三貴、寒谷亜衣子、森田有美鳥山明子今西健二内海繁敏東堂龍平、片寄由香、竹内由紀:外来糖尿病患者の体組成の特徴。51回日本糖尿病学会年次学術集会、東京2008522-24

 

大宮英泰、高見康二、小河原光正、宮本智、辻中利政、真能正幸: 気管支鏡検査における洗浄細胞診に関する検討。第31会日本呼吸器内視鏡学会学術集会。大阪、20086月。

 

河野雄平、斉藤大治、小島俊一、恵谷秀紀、土橋卓也、品川達也、桑島 巌、今井 潤、瀧下修一、柊山 幸志郎:家庭収縮期血圧に基づいた高血圧治療臨床試験HOSP研究、パイロットスタディ5年間の結果。第31回日本高血圧学会総会、札幌市、200810

 

井上千英子瀧秀樹佐々木桂子辻真由美東堂龍平:肝門部胆管癌術後に副腎不全を来した副腎性preclinical cushing症候群の一例。第62回国立病院総合医学会、東京、20081121-22

 

岡垣篤彦東堂龍平是恒之宏楠岡英雄:使える電子カルテ」は実現可能か?-ユーザーインターフェース層を可塑化したカード型電子カルテの現状。28回日本医療情報学会学術大会、横浜、20081123-25

 

高見康二、大宮英泰、小河原光正、栗山啓子、真能正幸、前田純、岡見次郎、尾田一之、東山聖彦、児玉憲:超多発癌の術後経過観察による自然史の解明。第49回日本肺癌学会総会。小倉、200811月。

 

松尾彩白潟初実今西健二内海繁敏井上久美子西野万寿子松本洋美、青野幸余玄富翰東野正明、鞍田三貴、三田英治辻仲利政東堂龍平:急性期病院における摂食・嚥下機能改善を依頼された患者の背景とNST嚥下チームの活動について。第12回日本病態栄養学会年次学術集会、京都、2009110-11

 

森田有美松田恵里箱田真知子白潟初実竹内由紀鳥山明子松尾彩今西健二内海繁敏、鞍田三貴、三田英治東堂龍平辻仲利政:小腸ストーマ造設症例に対する栄養管理〜NST介入による経験〜。第24回日本静脈経腸栄養学会、鹿児島、2009129-30

 

鳥山明子箱田真知子竹内由紀森田有美松尾彩今西健二内海繁敏三木友一郎小川久貴三田英治東堂龍平辻仲利政:小腸ストマ造設後NSTが介入した婦人科疾患の2症例。第24回日本静脈経腸栄養学会、鹿児島、2009129-30

 

川村美貴、橋本弘行、山中一功、尾崎友彦、玄富翰、神吉秀明、多賀谷昌史、森内秀祐、恵谷秀紀:頸動脈ステント留置術前における頸動脈エコー・MRIBlack blood法)検査の意義について。第34回日本脳卒中学会総会、松江市、20093

 

橋本弘行、多賀谷昌史、玄富翰、川村美貴、神吉秀明、恵谷秀紀

:頸動脈ステント留置術適応および術中リスク予測に対する超音波検査の役割について。第28回日本画像医学会総会、東京、20092

 

B-5

西村元伸、関直人、祖山暁子、利根淳仁、安東豊、東堂龍平:(シンポジウム4 CKDの治療を考える)家庭血圧から見た糖尿病性腎症の治療−国立病院機構腎ネット多施設共同研究より−。第38回日本腎臓学会東部学術学会、東京、20081011-12

 

B-6

久保典代瀧秀樹辻真由美東堂龍平:ピオグリタゾン投与後脂肪肝の改善を認めた2型糖尿病の1例。第2回大阪糖尿病臨床カンファレンス、大阪、2008510

 

川村美貴藤原美都松本真林橋本弘行多賀谷昌史、中森正二、恵谷秀紀:内服化学療法中にReversible posterior leukoencephalopathy syndromeRPLS)を呈した一例。 日本内科学会第185回近畿地方会、大阪市、20086


井上信正、野村香織、池田弘和 
γ
鎖病の一例
89回近畿血液学地方会、枚方市、2008621

今西健二中田めぐみ竹之内須賀子西野万寿子松本洋美内海繁敏三田英治東堂龍平辻仲利政:急性期病院におけるNSTシステムの変遷。第3回大阪NST研究会、大阪、20086

 

久保典代瀧秀樹福島豊子辻真由美東堂龍平:ピオグリタゾン投与後脂肪肝の改善を認めた2型糖尿病の1例。第2回大阪内分泌・代謝クリニカルカンファレンス、大阪、2008712

 

瀧秀樹15AGを指標としたナテグリニドの食後血糖改善効果。南・有志による勉強会、大阪、200810


野村香織、井上千英子、池田弘和、井上信正γ鎖病の一例33回日本骨髄腫研究会、広島市、20081115

戸川 敦、井上信正我が国の骨髄腫による死亡数(死亡率)の動態33回日本骨髄腫研究会、広島市、20081115

 

辻真由美瀧秀樹佐々木桂子井上千英子東堂龍平:摂食行動異常によりリチウム中毒を発症した躁鬱病合併2型糖尿病の1例。第45回日本糖尿病学会近畿地方会、大阪、20081122


井上信正、井上千英子、野村香織、池田弘和治療抵抗性多発性骨髄腫に対するサリドマイド有用性の検討187回日本内科学会近畿地方会、20081129

小河原光正PCPの経過中に肺に空洞を伴う腫瘤陰影を認め、経気管支生検にて非ホジキン悪性リンパ腫(diffuse large B-cell lymphoma)と診断したAIDSの一症例。厚生労働科学研究費(エイズ対策研究推進事業)研究成果等普及啓発事業 第11回白馬シンポジウムin 長崎-エイズ研究最前線、長崎、200812月。

 

B-8

橋本弘行tPA、頸動脈不安定プラークなど最近の脳梗塞に関する話題について。城東区医師会学術講演会、大阪市 20085

 

多賀谷昌史:脳卒中の治療と予防。平成20年度第2 南医師会勉強会、大阪市、20087

 

多賀谷昌史:脳卒中と高血圧。平成20年布施医師会学術講演会、東大阪、200811

 

東堂龍平:糖尿病と栄養。日本経腸静脈栄養学会NST専門療養士実地修練教育プログラム研修会、大阪、200863

 

東堂龍平:糖尿病性神経障害 〜診断法入門〜。中央区開業医病診連携の会、大阪、2008619

 

東堂龍平:糖尿病性神経障害の診断法入門。第2回大阪内分泌・代謝クリニカルカンファレンス(OEMCC)、大阪、2008712

 

東堂龍平:インスリン療法の実際。インスリン導入勉強会、大阪、2008724

 

多賀谷昌史:脳卒中の予防。第28回大阪健康セミナー、大阪医療センター、20089

 

東堂龍平:糖尿病神経障害 −Diabetic Neuropathy−。大阪大学医学部内分泌・代謝学臨床講義 大阪、2008108

 

東堂龍平:糖尿病と栄養管理。NSTセミナー、大阪、2008117

 

東堂龍平:実践ダイエット報告。平成20年度糖尿病教室バイキング、大阪、20081111

 

瀧秀樹:メタボリックシンドロームから特定健康診査・特定保健指導へ。第29回おおさか健康セミナー、大阪、20081115

玄富翰:急性期脳卒中におけるプライマリ・ケアの役割。平成20年ナニワネットワーク講演会、大阪市、200812

 

東堂龍平:糖尿病のインスリン療法。大阪市東成区医師会生涯教育講演会、大阪、20081218

 

東堂龍平:糖尿病 疾患の考え方。平成21年度八尾徳洲会総合病院病診連携室登録医の会、大阪、2009117