がんサポートチーム

2009年度研究発表業績】

A-3

松山和代, 里見絵理子, 上野裕之, 井上敦介, 尾池真理, 戸高絹代, 吉田哲彦, 関山隆史, 廣常秀人, 末田聖倫, 宮本敦史, 中森正二, 辻仲利政, 小森勝也:低用量マトリックス型フェンタニルパッチによりがん性疼痛が良好となり化学療法の導入が可能であった膵がんの1  癌と化学療法, 36(8) : 1351-1353, 20098.

 

松山和代, 上野裕之, 齋藤誠, 井上敦介, 庄野裕志, 里見絵理子, 小川朝生, 山内一恭, 本田芳久, 桑原健, 小森勝也:モルヒネ持続皮下注射からオキシコドン徐放錠へのオピオイドローテーション後せん妄が発現した1症例  医療, 63(4) : 254-258, 20094

 

A-6

上田純子「認定看護師に聞く!がん性疼痛QA」隔月刊「がん患者ケア」日総研出版 33:9-10 20101

 

B-3

森田眞子:がん医療からみたジェンダー。日本心理臨床学会第28回秋季大会自主シンポジウム「ジェンダーコンシャスなアプローチ(5)病院臨床から見るジェンダー」、東京、20099

 

B-4

里見絵理子吉田哲彦、関山隆史、上田純子尾池真理梶原絹代松山和代井上敦介渡辺真弓廣常秀人辻仲利政:精神疾患を有するがん患者への緩和ケアについて〜緩和ケアチーム介入例の検討〜。第15回日本緩和医療学会学術大会、大阪、20096

 

上田純子尾池真理梶原絹代四方文子道川綾加森岡亜希子、竹ノ内須賀子、里見絵理子:がん看護実践をする看護師が感じるジレンマとその対処〜診断期と治療期に焦点をあてて〜。第15回日本緩和医療学会学術大会、大阪、20096

 

松山和代井上敦介里見絵理子上田純子尾池真理上野裕之山内一恭本田芳久廣常秀人辻仲利政小森勝也:低用量マトリックス型フェンタニル貼付剤の有用性。第15回日本緩和医療学会学術大会、大阪、20096

 

上田純子尾池真理梶原絹代四方文子道川綾加森岡亜希子、竹ノ内須賀子、里見絵理子:「がん看護を実践する看護師が感じるジレンマとその対処〜看護教育に焦点をあてて〜」 第63回国立病院総合医学会 仙台 200911

 

B-6

里見絵理子:がん性疼痛治療に難渋した子宮頚癌の一例  大阪緩和ケアチームカンファレンス 大阪 2009 10

 

松山和代井上敦介上野裕之里見絵理子上田純子 梶原絹代 山内一恭本田芳久 廣常秀人小森勝也 辻仲利政:がん性疼痛治療における薬剤師の地域連携〜がんサポートチームセミナー実施におけるアンケート調査報告から〜、第5回関西がんチーム医療研究会、大阪、200910

 

上田純子石井和子里見絵理子梶原絹代四方文子石川綾加徳永尚美辻仲利政:がん患者の症状に対するアロマセラピーの有効性の検討。第6回関西がんチーム医療研究会、大阪、20103

 

B-8

里見絵理子:在宅医療における緩和ケア。 城東区医師会学術講演会 大阪 20094

 

廣常秀人:せん妄 大阪医療センター緩和ケア研修会 大阪 20094

 

里見絵理子:がん性疼痛治療とチーム医療 オピオイド検討会 in  NARA 奈良 2009年4月

 

上田純子:医療用麻薬使用とリスクマネージメント オンコロジーセミナー大阪 20095

 

里見絵理子:がん性疼痛の評価と治療 厚生労働省委託事業日本緩和医療学会緩和ケア教育のための指導者講習会 大阪 20096

 

廣常秀人:せん妄症状 厚生労働省委託事業日本緩和医療学会精神腫瘍教育のための指導者講習会 大阪 20096

 

道川綾加:医療用麻薬使用とリスクマネージメント オンコロジーセミナー大阪 20096

 

松山和代:医療用麻薬使用の基本 服薬指導  サポートチームセミナー 大阪 20097

 

井上敦介:医療用麻薬使用の基本 オピオイド各論 サポートチームセミナー 大阪 20097

 

里見絵理子:オピオイドを開始するとき 大阪市立総合医療センター緩和ケア研修会 大阪 20096

 

里見絵理子:地域連携と治療・療養の場の選択 市立岸和田市民病院緩和ケア研修会 大阪 2009年7月

 

里見絵理子:オピオイドを開始するとき 国立病院機構大阪南医療センター緩和ケア研修会 大阪 20098

 

里見絵理子:がん性疼痛 近畿大学緩和ケア研修会 大阪 20098

 

里見絵理子:緩和ケアチームとがん性疼痛治療 島根県立中央病院学術講演会 出雲 20099

 

里見絵理子:緩和ケアチームとがん性疼痛薬物治療 赤穂市民病院院内講演会 赤穂 20099

 

里見絵理子:がん緩和医療 法円坂フォーラム 大阪 200910

 

里見絵理子:緩和ケアチームにおける医師の役割(GW)  国立がんセンター緩和ケアチーム研修会 大阪 200910

 

上田純子:「がん性疼痛治療とチーム医療」 関西医大滝井病院学術講演会 大阪 200910

 

森田眞子:緩和ケアにおける心理的援助病院での心理士の役割。がんサポートチームセミナー、大阪、200911

 

松山和代:がん薬物療法におけるチーム医療としての薬剤師の実務、メディカルスタッフのためのオンコロジーセミナー in 帯広、帯広、200911

 

里見絵理子:がん性疼痛事例検討(GW) 厚生労働省委託事業日本緩和医療学会緩和ケア教育のための指導者講習会 船橋 200911

 

里見絵理子:がん性疼痛の薬物治療 大津赤十字病院学術講演会 大津 200912

 

里見絵理子:がん性疼痛治療について〜医師向け緩和ケア研修会PEACEから学ぶもの~奈良県病院薬剤師会学術講演会 橿原 200912

 

里見絵理子:がん性疼痛の薬物治療  研修医レクチャー 大阪 200912

 

今西健二:栄養と輸液 サポートチームセミナー 大阪 20101

 

里見絵理子:緩和ケア研修会改善のためのワークショップ(GW) 緩和ケア研修会指導者フォーラム 秋葉原 20101

 

里見絵理子:(座長) オンコロジストに知ってほしいがん性疼痛の基本 第3回法円坂緩和ケアセミナー 大阪 20103

 

里見絵理子:緩和ケアのチーム医療〜がん性疼痛治療と薬剤師に期待されること〜近畿国立病院薬剤師会学術講演会 大阪 20103