外科 消化器外科 呼吸器外科 乳腺外科 肛門外科

2009年度研究発表業績】

A-0

Osumi D, Takahashi M, Miyoshi E, Yokoe S, Lee SH, Noda K, Nakamori S, Gu J, Ikeda Y, Kuroki Y, Sengoku K, Ishikawa M, Taniguchi N. Core fucosylation of E-cadherin enhances cell-cell adhesion in human colon carcinoma WiDr cells. Cancer Sci. 20091005):888 - 8952009 5月)

 

Okauchi Y, Nammo T, Iwahashi H, Kizu T, Hayashi I, Okita K, Yamagata K, Uno S, Katsube F, Matsuhisa M, Kato K, Aozasa K, Kim T, Osuga K, Nakamori S, Tamaki Y, Funahashi T, Miyagawa J, Shimomura I  Glucagonoma diagnosed by arterial stimulation and venous sampling(ASVS) Internal Med 2009481025 - 103020096月)

 

Akita H, Zheng Z, Takeda Y, Kim C, Kittaka N, Kobayashi S, Marubashi S, Takemasa I, Nagano H, Dono K, Nakamori S, Monden M, Mori M, Doki Y, Bepler G. Significance of RRM1 and ERCC1 expression in resectable pancreatic adenocarcinoma. Oncogene. 20092832):2903 - 290920098月)

 

Ono M, Matsubara J, Honda K, Sakuma T, Hashiguchi T, Nose H, Nakamori S, Okusaka T, Kosuge T, Sata N, Nagai H, Ioka T, Tanaka S, Tsuchida A, Aoki T, Shimahara M, Yasunami Y, Itoi T, Moriyasu F, Negishi A, Kuwabara H, Shoji A, Hirohashi S, Yamada T. Prolyl 4-Hydroxylation of {alpha}-Fibrinogen A NOVEL PROTEIN MODIFICATION REVEALED BY PLASMA PROTEOMICS. J Biol Chem. 200928442):29041 - 29049200910月)

 

Iwatsuki M, Mimori K, Yokobori T, Ishii H, Beppu T, Nakamori S, Baba H, Mori M. Epithelial-mesenchymal transition in cancer development and its clinical significance. Cancer Sci. 20101; 1012):293 - 29920102月)

 

Nagata N, Kondo K,Kato T,Shibata Y,Okuyama Y, Ikenaga M,Tanemura H,Oba K,Nakao A,Sakamoto J,Mishima H . Multicenter phase U sutudy of FLOX for metastatic colorectal cancer (CRC) patients in Japan : SWIFT3 stady.  Hepatogastroenterology 2009 ; 56 ( 94-95 ) : 1346 - 1353 ( 2009 9 )

                        

Kono T, Mishima H, Shimada M, Morita S,Sakamoto J . Preventive Effect of Goshajinnkigan on Peripheral Neurotoxicity of FOLFOX Therapy: A Placebo-controlled Double-blind Randomized Phase II Study (the GONE Study) . JJCO 2009 ; 39 ( 12 ) : 847 - 849 ( 200912 )

                        

Fujitani K, Tsujinaka T, Yamasaki H, Hirao M,Yoshida K, Kurokawa Y . Feasibility study of S-1 plus weekly docetaxel combined with concurrent radiotherapy in advanced gastric cancer refractory to first-line chemotherapy. Anticancer Res  2009 ; 29 : 3385 - 3392 ( 2009 6 )

                        

Takami K, Omiya H,Higashiyama M,Maeda J,Okami J,Oda K,Tujinaka T,Kodama K . A Case Report of Large Thymic Hyperplasia Associated with Hyperthyroidism . Ann Thorac Cardiovasc Surg 2009 ; 15 ( 6 ) : 404 - 407 ( 2009 12 )

 

Yoshida K, Nose T, Masuda N,Yamazaki H, Kotsuma T,Yoshida M, Yamamura J,Masuda H, Shin E, Nakaba H, Komoike Y, Tokuda Y,Takeda M,Kuriyama K. Preliminary result of accelerated partial breast irradiation after breast-conserving surgery.Breast Cancer2009

;16: 105-112 (20097)

 

Shimizu C, Masuda N, Yoshimura K, Tsuda H, Mano M, Ando M, Tamura K, Fujiwara Y.Long-term Outcom and Pattern of Relapse after Neoadjuvant Chemotherapy in Patients with Human Epidermal Growth Factor Receptor 2-positive Primary Breast Cancer. Japanese Journal of  Clinical Oncology2009; 39(8):484-490 (20095)

 

Tamaki Y, Akiyama F, Iwase T, Kaneko T, Tsuda H, Sato K, Ueda S,Mano M, Masuda N, Takeda M, Tsujimoto M, Yoshidome K, Inaji H, Nakajima H, Komoike Y, Kataoka Tatsuki R. Nakamura S, Suzuki K, Tsugawa K, Wakasa K, Okino T, Kato Y, Noguchi S, Matsuura N.Molecular Detection of Lymph Node Metastases in Breast Cancer Patients:Results of a Multicenter Trial Using the One-Step Nucleic Acid Amplification Assay.Clin Cancer Res 2009; 15(8) 2879-2884 (20094)

 

Katsumata N, Watanabe T, Minami H, Aogi K, Tabei T, Sano M, Masuda N, Andoh J,

Ikeda T,Shibata T,Takashima S.  Phase Vtrial of doxorubicin plus cyclophosphamide(AC),docetaxel, and alternating AC and docetaxel as front-line chemotherapy for metastatic breast cancer: Japan Clinical Oncology Group trial (JCOG9802). Ann Oncol : official journal of the European Society for Medical Oncology / ESMO2009; 20(7):1210-1215 20093月)

 

Ishida T, Kiba T, Takeda M, Matsuyama K, Teramukai S, Ishiwata R, Masuda N, Takatsuka Y, Noguchi S, Ishioka C, Fukushima M, Ohuchi N. Phase II study of capecitabine and trastuzumab combination chemotherapy in patients with HER2 overexpressing metastatic breast cancers resistant to both anthracyclines and taxanes. Cancer Chemother Pharmacol 2009; 64(2):361-369(200911)

 

Kuroi K, Shimozuma K, Ohashi Y,Hisamatsu  K, Masuda N, Takeuchi A, Aranishi T, Morita S, Ohsumi S, H.Hausheer F. Prospective  assessment of chemotherapy-induced peripheral neuropathy due to weekly paclitaxel in patients with advanced or metastatic breast cancer(CSP-HOR 02 study).Support Care Cancer 2009;17 :1071-1080 (200911)

 

Mimori K,Kataoka A,Yamaguchi H,Masuda N, Kosaka Y, Ishii H, Ohno S, Mori M.Preoperative u-PAR Gene Expression in Bone Marrow Indicates the Potential Power of Recurrence in Breast  Cancer Cases.Ann Surg Oncol 2009; 16 :2035-2041(20094)

 

Inoue K,Nakagami K, Mizutani M,Hozumi Y, Fujiwara Y, Masuda N, Tsukamoto F, Saito M,Miura S, Eguchi K, Shinkai T, Ando M, Watanabe T,Masuda N,Ohashi Y,Sano M, Noguchi S.Randomized phase III trial of trastuzumab monotherapy followed by trastuzumab plus docetaxel versus trastuzumab plus docetaxel as first-line therapy in patients with HER2-positive metastatic breast cancer: the JO17360 Trial Group.Breast Cancer Reserch and Treatment2009;119(1):127-136 (20098)  

 

Yamamoto Y, Masuda N, Ohtake T, Yamashita H, Saji S, Kimijima I, Kasahara Y, Ishikawa T, Sawaki M, Hozumi Y, Iwase H.Clinical usefulness of high-dose toremifene in patients relapsed on treatment with an aromatase inhibitor.Breast Cancer 2009 ;  E-pub

 

Yamazaki H, Yoshida K, Kotsuma T, Kuriyama K, Masuda N, Nishimura T, Kobayashi K, Tsubokura T, Nihimura T.Longitudinal  pratical  measurement of skin color and moisture during and after breast-conserving therapy :influence of neoadjuvant systemic therapy.Jpn J Radiol 2009; 27 :309-315 (20096)

 

Onishi H,Masuda N,Takechi K, Nakayama T,Tatsuta M,Mihara N,Takamura M,Inoue Y, Kuriyama K, Kotsuma Y,Furukawa H,Murakami T,Nakamura H.Computed Radiography-based Mammography with 50-μm Pixel Size:Intra-individual Comparison with Film-screen Mammography for Diagnosis of Breast Cancers.AUR 2009; 16(7):836-841:(20097)

 

Masuda N,Nakayama T,Yamamura J,Kamigaki S,Taguchi T,Hatta M,Sakamoto J. Phase I study of combination therapy with weekly paclitazxel and cyclophosphamide for advanced or recurrent breast cancer.Cancer Chemother Pharmacol(Epub ahead if print)(20098)

 

Omiya H,Kikuyama A.Kubo A,Okishiro K,Kawaguchi T,Atagi S,Kawahara M,Takada M,Kusunoki Y. A Feasibility and Efficacy Study on Bronchoscopy With a Virtual Navigation System . Journal of Bronchology ; 17 ( 1 ) : 11 - 18 ( 2010 1 )

 

Kurokawa Y, Muto M, Minashi K, Boku N, Fukuda H . A Phase II Trial of Combined Treatment of Endoscopic Mucosal Resection and Chemoradiotherapy for Clinical Stage I Esophageal Carcinoma: Japan Clinical Oncology Group Study JCOG0508.  Jpn J Clin Oncol 2009 ; 39: 686 - 689 ( 2009 10 )

                        

Kurokawa Y, Hasuike N, Ono H, Boku N, Fukuda H . A phase II trial of endoscopic submucosal dissection for mucosal gastric cancer: Japan Clinical Oncology Group Study JCOG0607.  Jpn J Clin Oncol 2009 ; 39 : 464 - 466 ( 2009 7 )

                                               

Kurokawa Y, Sasako M . Challenges in performing surgical Randomized Controlled Trials in Japan.  Surgery 2009 ; 145 : 598 - 602 ( 2009 6 )

                       

Miki Y, Kurokawa Y,Hirao M,Fujitani K,Iwasa Y,Mano M,Nakamori S,Tsujinaka T . Survival Analysis of Patients With Duodenal Gastrointestinal Stromal Tumors . J Clin Gastroenterol 2010 ; 44 ( 2 ) : 97 - 101 ( 2010 2 )                        

 

A-2

辻仲利政:症状緩和手術と減量手術「 消化器外科NURSING 14(11): 1123-1133、メディカ出版、200911

 

武田裕、中森正二、北川透、小林省吾、丸橋繁、宮本敦史、江口英利、種村匡弘、永野浩昭、堂野恵三、梅下浩司、門田守人、森正樹、土岐祐一郎:膵癌に対する術前・術後補助療法 消化器病学の進歩原点から未来への情報発信 飯田三雄 300 - 305 、財団法人 日本消化器病学会 、東京都 20097

 

藤谷和正 審査腹腔鏡検査のポイント「 胃外科の要点と盲点(2) 荒井邦佳: 62 - 65 、文光堂 、東京 2009 7

      

藤谷和正辻仲利政 糖尿病患者における術前・術後の静脈・経腸栄養「 静脈・経腸栄養(第3版)基礎・臨床研究のアップデート 」: 415 - 418 、日本臨床社 、東京 2010 3

     

平尾素宏 主要疾患とケア(1)食道・胃テキスト ナースのための消化器外科 36 - 85 メディカ出版 大阪、 2009 10

      

増田慎三16.科学的根拠に基づく乳癌診療ガイドライン(2004-2007)解説、「今日の治療方針 Today's Thearapy」総編集 山口徹、北原光夫、福井次矢:1624-1631,医学書院、東京、20091

 

増田慎三W診断 3.腋窩リンパ節5)腋窩リンパ節微小転移の検索法と臨床的意義

「みんなに役立つ乳癌の基礎と臨床」:450-459,医薬ジャーナル社, 大阪, 2009 7

 

池永雅一辻仲利政安井昌義三嶋秀行 Y.各種疾患、病態における静脈・経腸栄養の実際 腸疾患 大腸癌手術における静脈・経腸栄養 日本臨牀 静脈・経腸栄養(第3版) 」、68 増刊号 ): 349- 352 、日本臨床社、 東京、2010 3      

 

A-3

小濱圭祐、日浦祐一郎、平尾素宏辻仲利政:胃癌術前マーキングクリップが注腸造影後に急性虫垂炎を誘発した1 「日救急医会誌」20(9)P.237-240 2009 9

                         

木村豊、町田浩久、藤谷和正、山本守敏、富永和作、矢野浩司、下川敏雄、瀧内比呂也、辻仲利政、古河洋:腹膜転移を伴う高度進行・再発胃癌におけるS-1Paclitaxel併用療法のFeasibility試験(OGSG0401)「 癌と化学療法」371:P.151-155、癌と化学療法社、2010 1

 

松山和代里見絵理子、上野裕之、井上敦介、尾池真理、戸高絹代、吉田哲彦、関山隆史、廣常秀人末田聖倫宮本敦史中森正二辻仲利政、小森勝也:低用量マトリックス型フェンタニルパッチによりがん性疼痛が良好となり化学療法の導入が可能であった膵がんの1例「癌と化学療法」368: P. 1351 - 1353 20098

 

星野宏光、武田裕、永野浩昭、中森正二、小林省吾、江口英利、丸橋繁、種村匡弘、北川透、梅下浩司、門田守人、土岐祐一郎、森正樹:S-1+Gemcitabine併用化学療法が著効し長期生存中の進行膵癌術後肝転移の1例「癌と化学療法」3612: P. 2419 - 2421 200911

 

大村仁昭、武田裕、永野浩昭、中森正二、小林省吾、丸橋繁、江口英利、種村匡弘、北川透、門田守人、森正樹、土岐祐一郎:動脈浸潤を伴うStageWa膵癌に対してGemcitabineを用いた化学放射線療法を施行し、根治切除可能となった1例「癌と化学療法」3612: P. 2428 - 2429 200911

 

小濱圭祐、増田慎三山村順、石飛真人、増田紘子、小川昌美、戸高絹代、田中登美、上野裕之、中森正二辻仲利政 乳癌患者におけるDocetaxelによる爪・皮膚障害と日常生活に及ぼす影響に関する検討「 癌と化学療法」364:P. 615-618、癌と化学療法社、20094月 

 

森田香織三田英治、宋昌浩、太田高志長谷川裕子中流水正一外山隆葛下典由、高田晃宏、辻江正徳宮本敦史、山本佳司、中森正二、加藤道夫:骨転移巣で発見された異所性肝細胞癌の1例「肝臓」50 7 : P. 383 - 389 20097

 

 Makino T, Hirao M,Fujitani K,Takeda M,Mano M,Tsujinaka T: Sustained complete response following combined nedaplatin+adriamycin+fluorouuracil therapy in a patient with superficial esophageal cancer -case report- 癌と化学療法」 367 P.1151-1154、癌と化学療法社、 2009 7  

 

小川久貴、辻江正徳宮本敦史辻仲利政中森正二、岩佐葉子、眞能正幸: 集学的治療が奏功したリンパ節転移を伴うStageWb肝細胞癌の1例「 肝臓」5010P. 571   -577 2009年   

 

小川昌美, 増田慎三山村順増田紘子 : 若年者乳癌における化学療法中の卵巣機能保持の工夫「乳癌の臨床」241):P.43-482009

 

増田慎三山村順田中麻紀子小川昌美徳田由紀子児玉良典真能正幸 :乳頭異常分泌例に対するICG蛍光法を用いた乳管葉部分切除「臨床雑誌「外科」719):P. 922-928,200910

 

安井昌義三嶋秀行池永雅一、宮崎道彦、中森正二辻仲利政 :直腸癌に対する腹腔鏡下低位前方切除術後・早期固形食摂取の検討 大腸肛門病学会雑誌 63 1 P.27 - 31 2010 1

                 

辻江正徳宮本敦史、柏崎正樹、池永雅一黒川幸典安井昌義平尾素宏藤谷和正三嶋秀行辻仲利政中森正二 :クリニカルパスのバリアンス解析による肝切除術後に合併した感染症の検討「 日本外科感染症学会雑誌 7 1 ):P.15 - 19 2010 2

                  

宮本敦史中森正二辻江正徳黒川幸典安井昌義池永雅一宮崎道彦平尾素宏藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 肝切除前全身化学療法の安全性と効果-大腸癌肝転移症例での検討- 癌と化学療法 36 12 ):P.2022 - 2024 2009 11                  

 

西塔拓郎 池永雅一安井昌義、宮崎道彦、三嶋秀行黒川幸典辻江正徳宮本敦史平尾素宏藤谷和正中森正二辻仲利政 リンパ節転移を伴った7mmの直腸カルチノイド腫瘍の1 癌と化学療法 36 ( 12 ) : P. 2251 - 22532009 11

 

三木友一朗池永雅一宮本敦志辻江正徳安井昌義、宮崎道彦、平尾素宏藤谷和正三嶋秀行中森正二辻仲利政 進行大腸癌に対して術前化学療法を併用し、拡大手術による根治を得た1 癌と化学療法 36 ( 12 ) : P. 2220 - 2222 2009 11

                    

三木友一朗、宮崎道彦、辻江正徳安井昌義池永雅一三嶋秀行 Fournier症候群の4 日本臨床外科学会雑誌 70 ( 7 ) : P. 2211 - 22142009 7

                    

三木友一朗辻江正徳山戸昌樹安井昌義池永雅一辻仲政利 人工血管置換術後に発症した非閉塞性腸管虚血症(NOMI)1 手術 64 ( 1 ) : P. 141 - 144 金原出版 2010 1

                   

後藤裕信安井昌義見康二池永雅一三嶋秀行辻仲利政 FDG-PETにて発見された肺腺癌の虫垂転移の1 日本臨床外科学会雑誌 70 ( 8 ) : P. 2392 - 2396 2009 8

    

後藤裕信池永雅一安井昌義三嶋秀行中森正二辻仲利政 放射線性腸炎に合併した梅の種子による食餌性イレウスの1 日本臨床外科学会雑誌 70 ( 1 ) : P. 93 - 972009 7

 

後藤裕信池永雅一辻江正徳、小川久貴、安井昌義辻仲利政 急性虫垂炎で発症した虫垂原発悪性リンパ腫の1 日本臨床外科学会雑誌 70 ( 12 ) : P. 3600 - 3604 2009 12  

         

A-4

中森正二黒川幸典:肝細胞癌転移形質遺伝子異常「日本臨床」67(増刊号3: P. 186 - 191 20095

 

三嶋秀行池永雅一安井昌義辻仲利政 消化器癌の化学療法最近の動向 大腸癌 消化器外科 32 : P. 1981 - 19912009 12

                    

三嶋秀行平尾素宏藤谷和正 化学療法に伴う消化管疾患 臨床消化器内科 24 ( 7 ) : P. 1060 - 10662009 6

                    

三嶋秀行CVポートの基礎知識 消化器外科NURSING 14 ( 5 ) : P. 65 - 69 2009 5

                    

藤谷和正、徳永伸也、後藤昌弘、黒川幸典、藤原義之、今村博司 :進行・再発胃癌に対する化学療法の潮流-タキソテールの有用性- Medical Tribune : P. 75 - 772009 8

                    

平尾素宏辻仲利政藤谷和正黒川幸典真能正幸 :今日の食道癌治療・特集「バレット食道癌の診断と治療」 外科治療 101 ( 5 ) : P. 592 - 599 、永井書店 大阪、2009 11

                    

平尾素宏 縫合不全ゼロをめざす消化管吻合術・特集「頚部食道切除後の吻合術」 手術 63 ( 9 ) : P. 1241 - 1246、金原出版、 東京、2009 8

                    

平尾素宏、勝田枝理子: 特集「なぜ?」からわかる臓器術式治療法別食事指導のポイント 消化器外科ナーシング 14 ( 6 ) : P. 22 - 28 メディカ出版、大阪、2009 6

                    

平尾素宏 特集「上部消化管内視鏡検査」 消化器外科ナーシング 14 ( 4 ) : P. 36 - 36、メディカ出版、 大阪、2009 4

                    

平尾素宏 :インタビュー・特集1病室で空腹を感じている患者がいる「術後経口食」のバラエティーはどうしたら増やせるのか−提言− ヘルスケア・レストラン 17 ( 12 ) : P. 16 - 17 日本医療企画JMP 東京、 2009 12

                    

増田慎三 :Create-X(JBCRG-04)試験「Cancer Board 乳癌」21):P70-70 、2009年 

 

増田慎三山村順田中麻紀子小川昌美:特集 乳癌の診療 Up to date 乳癌の術後補助療法決定のストラテジー「外科治療」1016):P. 674-680, 200912

 

増田慎三、浅尾高行、江藤正俊、江見泰徳、大野真司、狩野葉子、木村剛、斎田俊明、進伸幸、田口哲也、寺内文敏、猶本良夫、山崎直也:手足症候群「重篤副作用疾患別対応マニュアル」:p.1-38 20093.

 

池永雅一 臓器別に学ぶがんの知識・治療・栄養療法−大腸がん− Nutrition Care 2 ( 4 ) : P. 380 - 3842009 7

                    

黒川幸典 平尾素宏藤谷和正辻仲利政 進行胃がんに対する化学療法前胃切除の意義に関する日韓共同臨床試験−国境を越えたintergroup studyの開始 血液・腫瘍科 58 : P. 590 - 593 2009 5

                    

黒川幸典 レジデントからのQ&A−臨床試験の第T相・第U相・第V相・第W相とは何ですか 胃がんperspective 2 : P. 52 - 532009 9

                    

黒川幸典 DFSRFS:定義と臨床試験実施上の問題点「 腫瘍内科 4 : P. 430 - 4322009 11

                    

A-5

中森正二:膵癌化学療法における治療効果向上をめざして−トランスレーショナル・リサーチの結果に基づいた塩酸ゲムシタビン併用化学療法の臨床試験−。(財)がん集学的治療研究財団 29回一般研究助成 2009研究報告書 がん治療のあゆみ 29巻、P.21-2720103

 

増田慎三 -乳がん化学療法における皮膚・爪障害予防対策-Frozen Gloveの有効性に関する臨床的評価。「地域医療に関する研究助成報告」大阪大学医学部 学友会会誌200929,P.95-96200912

 

A-6

辻仲利政:臨床徴候の認められない気管内緑膿菌感染患者における死亡率の増加「 The Word on Digestive Surgery 101):P.4-4、エクセプタ・メディカ、2009 4        

 

辻仲利政:がん患者と自殺「 癌と人」36P.5-9 20095

                        

辻仲利政:バレット食道癌「 The Word on Digestive Surgery102P.2- 3、エクセプタ・メディカ、 2009 10月 

 

中森正二:治療が難しい「再発膵がん」の最新治療 がんサポート 深見輝明 40 - 43 、株式会社エビデンス社 、東京都 20095

 

平尾素宏、立原啓介 :インタビュー・医診伝心・胃カメラは怖くない、こんなに進化している。 大人組Kansai 51 5 :P. 94 - 95、プラネットジアース、東京、 2009 5              

 

B-1

Tsujinaka T, Fujitani K,Yang H,Kurokawa Y,Park B,Fukuda H,Noh S,Boku N,Bang Y,Sasako M,Lee J. A randomized controlled trial comparing gastrectomy plus chemotherapy with chemotherapy alone in advanced gastric cancer with a single non-curable factor:JCOG0705 and KGCA01. The 8th International Gastric Cancer Congress, Krakow ,Poland,20096

 

Toi M, Iwata H, Masuda N, Ohno S, Nakamura S, Nakayama T, Kashiwaba M, Kamigaki S, Aogi K, Ueno K, Kuroi K.The first report of the association between the recurrence score and risk of recurrence in Japanese population. Kyoto Breast Cancer Consensus Conference 2009 International Convention, Kyoto, Japan, 20094

 

Masuda N.Preoperative systemic therapy and local management A Case of HER2 positive breast cancer.Kyoto Breast Cancer Consensus Conference 2009 International Convention, Kyoto,Japan, 20094

 

Kurokawa Y, Sasako M,Sano T,Igaki H,Iwasaki Y,Tsuburaya A,Fukuda H . Validity of response criteria in neoadjuvant chemotherapy against gastric cancer. 8th International Gastric Cancer Congress , Krakow , 2009 06

 

B-2

Tsujinaka T,Fujitani K,Hirao M,Kurokawa Y. Influence of visceral fat and body mass index on operative morbidity in gastric cancer patients undergoing gastrectomy.The 8th International    Gastric Cancer Congress , Krakow,Poland,20096

 

Tsujinaka T,Satoh.T,Ura.T,Sasaki.Y,Yamazaki.K,Munakata.M,Yamada.Y, Ishizuka N,HyodoI,Sakata Y. The comprehensive analysis of UGT1A genetic polymorphisms in patients with metastatic gastrointestinal cancer treated with irinotecan chemotherapy.34thESMO Multidisciplinary Congress, Berlin,Germany,20099

 

Hasegawa H, Fujitani K,Hirao M,Nakazuru S,Kuzusita N,Mita E,Tsujinaka T. The effect of S-1 adjuvant chemotherapy on survival following recurrence and efficacy of first-line treatment in patients with recurrent gastric cancer. Gastrointestinal cancers symposium, Orlando,U.S.A,20101

 

Sakata Y, Satoh T,Tsujinaka T,Ura T,Sasaki Y,Yamazaki K,Yamada Y,Munakata M,Ishizuka N,Hyodo I. Safety and pharmacokinetic (PK) profile in high risk group based on UGT1A1 6and 28 polymorphisms: detailed analysis of UGT0601 genotype-directed dose finding study.

 34thESMO Multidisciplinary Congress, Berlin,Germany,20099

 

Nakamori S, Tsujie M, Miyamoto A, Kurokawa Y, Yasui M, Ikenaga M, Hirao MFujitani K, Mishima H, Tsujinaka T Impact of the combination of S-1 administration prior to gemcitabine as a second-line therapy for unresectable/recurrent pancreatic cancer. 2010Gastrointestinal Cancers Symposium , Orlando USA , 2010 1

 

Adachi T, Fujitani K , Kurokawa Y, Hirao M, Tsujinaka T . Comparison between squamous cell carcinoma (SCC) and adenocarcinoma (AC) occurred in the vicinity of gastroesophageal junction (GEJ) , 8th International gastric Cancer Congress , Krakow, Poland , 2009 6

    

Yamada M,Fujitani K , Kurokawa Y, Hirao M, Tsujinaka T . Palliative surgery for incurable gastric cancer , 8th International gastric Cancer Congress , Krakow, Poland , 2009 6

    

Masuda H, Masuda N, Kodama Y, Ogawa M, Karita M, Yamamura J, Mano M, Nakamori S, Tsujinaka T,Predictive factors for effectiveness of neoadjuvant chemoterapy in triple negative breast cancers. IMPAKT  Breast Cancer ConferenceImproving care and knowledge through translational  research),Brussel,Belgium20095

 

Kawaguchi K, Ishiguro H, Morita , Nakamura S, Ohno S, Masuda N,  Iwata H,  Aogi K, Kuroi K, Toi M.Correlation between docetaxel-induced skin toxicity and the use of steroids and H2 blockers: A multi-institution survey,2009 ASCO Annual Meeting,Orland,USA,20095

 

Kinoshita T, Yamamoto N, Fujisawa T, Masuda N, Hojo T, Aogi K,Seki K,Tsuda H.A phase U trial of  image-guided radiofrequncy ablation of small breast carcinomasu:Results of a multicenter study in Japan,2009 ASCO Annual Meeting,Orland,USA,20095

 

Kubota K,  Kunitoh H, Seto T, Shimada N, Tsuboi M, Okamoto H, Masuda N, Maruyama R, Shibuya M, Watanabe K. A randomized phase II trial of adjuvant chemotherapy with docetaxel (DOC) plus cisplatin (CIS) versus paclitaxel (PAC) plus carboplatin (CAR) in patients with completely resected non-small cell lung cancer (NSCLC): Safety and feasibility data from trial TORG 0503. 2009 ASCO Annual Meeting,Orland,USA,20095

 

Sato N, Masuda N, Saji S, Takei H, Yamamoto Y, Sasano H, Toi M. Neoadjuvant exemestane for 24 weeks in postmenopausal women with hormone receptor positive  stage U or VA breast cancer (JFMC34-0601) .2009 ASCO Annual Meeting,Orland,USA,20095

 

Masuda N, Ando M, Aogi K, Ino H, Iwata H,Tokuda Y, Nakamura S, Yamamoto N, Fujiwara Y. Randomized phase U study of neoadjuvant  chemotherapy and trastuzumab for  operable breast cancer with overexpression of HER2. 2009 ASCO Annual Meeting, Orland, USA,20095

 

Watanabe T, Kuranami M, Inoue K, Masuda N, Aogi K, Iwata H, Mukai H, Tanaka S, Yamaguchi T, Ohashi Y. Phase V trial comparing 4-cycle doxorubicin plus cyclophamide followed by 4-cycle taxan with 8-cycle taxan as adjuvant therapy for node-positive breast cancer:Results of N-SAS-BC02 trial. 2009 ASCO Annual Meeting, Orland, USA,20095

 

Sagara Y, Ohno S, Iwata H, Yamamoto N, Yoshida M, Iwase H, Masuda N,  Nakamura S, Taniguchi H, Noguchi S. Three dose regimens of fulvestrant in advanced breast cancer: Results from a double-blind, comparative study (FINDER 1). ASCO Breast ,San Francisco,USA,200910

 

Yamamura  J, Masuda N, Tanaka M, Ogawa M, Kodama Y,  Takeda M, Manou M, Nakamori S, Tsujinaka T.Evaluation of the confidence in pathologic diagnosis by core needle biopsy for conducting preoperative, personalized treatment for breast cancer . ASCO Breast , San Francisco,USA, 200910

 

Masuda N, Yamanaka T, Iwata H, Ohno S, Nakamura S, Kashiwaba M, Kamigaki S, Aogi K, Ueno T, Toi M. Coparison of Molecular characterization of ER+early-stage cancer by standardized quantitative RT-PCR analysis between Japanese and North American populations.

ASCO Breast, San Francisco,USA,200910

 

Kinoshita T, Fujisawa T, Yamamoto N, Aogi K, Masuda N, Tsuda H, Nagao T, Hojo T.  A phase I/II study of radiofrequency ablation as local therapy for early breast carcinomas: A multicenter study in Japan.ASCO Breast, San Francisco,USA,200910

 

Imada S , Fujitani K,Tsujinaka T,Yamasaki H,Hirao M,Yoshida K,Kurokawa Y . A feasibility study of S-1 plus weekly docetaxel combined with radiotherapy was conducted in patients with recurrent gastric cancer refractory to first-line chemotherapy , 8th International Gastric Cancer Congress , Krakow , 2009 6

    

Miki Y , Fujitani K,Kurokawa Y,Hirao M,Tsujinaka T . Prognostic factors in patients with curatively resected liver metastases from gastric cancer , 8th International Gastric Cancer Congress , Krakow , 2009 6

    

Saitou T , Fujitani K,Kurokawa Y,Hirao M,Tsujinaka T . The influence of nutritional status on the effect and toxicity of neoadjuvant chemotherapy and the incidence of postoperative complications , 8th International Gastric Cancer Congress , Krakow , 2009 06

   

B-3

(司会) 辻仲利政、馬場秀夫: 切除可能胃癌に対するNeoadjuvant療法。第64回日本消化器外科学会総会、大阪、20097

 

三浦あゆみ辻仲利政今西健二、白潟初美、櫻井真知子森岡亜希子辻阪真衣子梶原絹代上野裕之三嶋秀行 :外来化学療法患者における栄養障害患者の存在:簡易栄養スクリーニングを用いた検討。第25回日本静脈経腸栄養学会、 東京、20102

 

宮崎道彦、安井昌義池永雅一三嶋秀行中森正二辻仲利政:裂肛感染痔瘻の検討。第64 日本大腸肛門病学会学術集会 福岡市 200911

 

武田裕、中森正二、永野浩昭、秋田裕史、小林省吾、丸橋繁、江口英利、種村匡弘、北川透、堂野恵三、梅下浩司、門田守人、森正樹、土岐祐一郎:切除可能StageWa膵癌に対する術前放射線化学療法の意義。第71 日本臨床外科学会総会 京都市 200911

 

(座長)中森正二 :ワークショップ8:「がん転移診断・治療」。 18 日本がん転移学会学術集会・総会 旭川市 20097

 

(座長)中森正二 :ワークショップ(2-1:「消化器癌の基礎と臨床:大腸癌-1」。 20 日本消化器癌発生学会総会 広島市 200911

 

三嶋秀行 ランチョンセミナー:大腸癌肝転移に対する抗EGFR薬の役割 。第21回日本肝胆膵外科学会・学術集会 、名古屋 2009 6

    

三嶋秀行 ヤングドクターズセミナー1 どう治療する:再発大腸癌-セツキシマブの使い方を教えます。 47回日本癌治療学会学術集会 、横浜 2009 10

    

藤谷和正平尾素宏黒川幸典辻江正徳安井昌義宮本敦史池永雅一三嶋秀行中森正二辻仲利政 pN3腹部大動脈周囲リンパ節転移陽性胃癌に対する外科切除の意義と限界 64回日本消化器外科学会総会 大阪、2009 7

    

藤谷和正 ランチョンセミナー:外科医による更なる治療率の向上を目指して、胃がん術前・術後補助化学療法 64回日本消化器外科学会総会、 大阪、 2009 7

    

藤谷和正、山田真美、平尾素宏黒川幸典辻江正徳安井昌義宮本敦史池永雅一三嶋秀行中森正二辻仲利政 治癒切除不能胃癌における緩和手術のもたらすメリットとその適応 47回日本癌治療学会学術集会 、横浜、 2009 10

    

藤谷和正、安達智洋、平尾素宏黒川幸典辻江正徳安井昌義大宮英泰宮本敦史池永雅一見康二三嶋秀行中森正二辻仲利政 食道胃接合部浸潤胃癌におけるリンパ節廓清効果からみた適切な胃切除範囲 71回日本臨床外科学会総会 京都 2009 11

藤谷和正 この症状をどうする?−胃- 71回日本臨床外科学会総会、京都 2009 11

   

藤谷和正長谷川裕子黒川幸典平尾素宏中水流正一中森正二辻仲利政 S1術後補助化学療法後の新たな課題 82回日本胃癌学会総会、 新潟、 2010 3

    

藤谷和正 黒川幸典平尾素宏辻仲利政 胃癌におけるNeoadjuvant chemotherapy の現状と課題 82回日本胃癌学会総会、 新潟、2010 3

    

増田慎三:サテライトシンポジウム3 乳癌の術後補助療法 St. Gallen コンセンサス会議を踏まえて〜についての講演。第17回日本乳癌学会学術総会、東京、20097

 

増田慎三:示説討論92「トリプルネガティブ」の座長。第17回日本乳癌学会学術総会、東京、20097

 

増田慎三:乳腺-5 において座長を務める。第71回日本臨床外科学会総会、京都、200911

 

増田慎三、青儀健二郎、岩田広治、上野貴之、大野真司、柏葉匡寛、黒井克昌、佐藤信昭、中村清吾、中山貴寛、戸井雅和: シンポジウム16 新薬導入による乳癌治療の新たなる展開―JBCRGにおける乳癌術前薬物療法の経験から得た新規治療法開発の展望。第47回癌治療学会、横浜、200910

 

増田慎三:一般演題1 乳腺1にての座長。第11Sentinel Node Navigation Surgery 研究会学術集会、東京、200911

 

宮本敦史中森正二辻江正徳黒川幸典山村順安井昌義増田慎三大宮英泰池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 肝切除後のドレーン管理-早期ドレ−ン抜去の妥当性に関する検討- 22回日本外科感染症学会総会、 宇部、2009 12

    

宮本敦史中森正二辻江正徳黒川幸典山村順安井昌義増田慎三大宮英泰池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 肝切除前化学療法の安全性と効果-大腸癌肝転移症例での検討 31回日本癌局所療法研究会、 宇部、 2009 6

    

宮本敦史中森正二辻江正徳黒川幸典山村順安井昌義増田慎三大宮英泰池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 肝切除術における合併症低減に向けた取り組み 。第71回日本臨床外科学会総会、 京都、 2009 11

    

黒川幸典藤谷和正平尾素宏辻江正徳安井昌義宮本敦史池永雅一三嶋秀行中森正二辻仲利政 減量手術の臨床的意義を検討した後向き研究と日韓共同RCT 82回日本胃癌学会、 新潟、 2010 3

    

Kurokawa Y, Fujiwara Y, Takiguchi S, Fujita J, Imamura H, Miyashiro I, Iijima S, Kimura Y, Ebisui C, Doki Y Randomized controlled trial of omental bursectomy for cT2-3 gastric cancer: Results of first interim analysis. 82回日本胃癌学会、 新潟、 2010 3

    

B-4

(座長)辻仲利政 :化学放射線療法U 63回日本食道学会学術集会、横浜、20096

 

山田真美、平尾素宏黒川幸典池永雅一藤谷和正中森正二辻仲利政:治療に難渋した食道癌術後乳糜胸水の2例。第63回日本食道学会学術集会 、横浜、20096

 

安達智洋、藤谷和正平尾素宏黒川幸典安井昌義宮本敦史池永雅一三嶋秀行中森正二辻仲利政 Siewert分類12に発生した扁平上皮癌と腺癌の差異について。第63回日本食道学会学術集会、 横浜、20096

 

柏崎正樹、武田裕、眞能正幸辻仲利政中森正二 成人に発症した肝間葉性過誤腫の1切除例。第64回日本消化器外科学会総会、大阪、20097

 

(座長)辻仲利政:クリティカルパス-3。第63回国立病院総合医学会 、仙台、200910

 

藤田和代 森純子中村真由子福井好枝辻仲利政 消化器外科病棟における禁食中の口腔ケアへの認識とその実態-クリニカルパス変更後の追跡調査-。第10回日本クリニカルパス学会学術集会、岐阜、2009 12

 

(座長) 辻仲利政 胃 集学的治療・その他。第47回日本癌治療学会学術集会、横浜、200910

 

前田梨佐山岡奈津子森純子中村真由子福井好枝辻仲利政:術後早期シャワー浴実行可能性とバリアンスの関係。第10回クリニカルパス学会学術集会、岐阜、 2009 12

 

(司会) 辻仲利政:安全な胃癌手術のコツ-新しいエナジーデバイスをどう生かすか?- 。第71回日本臨床外科学会総会ランチョンセミナー16、京都、2009 11

 

座長) 辻仲利政:周術期栄養管理8。第25回日本静脈経腸栄養学会、東京、20102

 

鳥山明子森田有美今西健二三賀森学佐々木桂子三田英治藤堂龍平辻仲利政 :消化吸収不良症候群を呈した胃切除術後患者対するアプローチと対応について。                                 25回日本静脈経腸栄養学会、東京、20102

 

安達智洋、藤谷和正平尾素宏黒川幸典山村順辻江正徳安井昌義増田慎三大宮英泰宮本敦史池永雅一見康二三嶋秀行中森正二辻仲利政 胃食道接合部付近に発生した扁平上皮癌と腺癌の差異について。第109回日本外科学会定期学術集会、 福岡、20094

 

小川久貴、藤谷和正黒川幸典山村順辻江正徳安井昌義増田慎三宮本敦史大宮英泰池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏見康二三嶋秀行中森正二辻仲利政 内臓脂肪断面積の測定-InBody 720CTscanとの相関。第109回日本外科学会定期学術集会、福岡、20094

 

宮崎道彦、安井昌義池永雅一三嶋秀行辻江正徳宮本敦史大宮英泰見康二平尾素宏藤谷和正黒川幸典中森正二辻仲利政 「あなたならどうする?」-われわれの直腸脱に対する治療戦略とその成績- 109回日本外科学会定期学術集会、福岡、20094

 

司会) 辻仲利政:胃・十二指腸B 。第46回日本腹部救急医学会総会、 富山、20103

 

武田裕、北川透、中森正二、秋田裕史、橘高信義、小林省吾、丸橋繁、種村匡弘、永野浩昭、堂野恵三、梅下浩司、門田守人、森正樹、土岐祐一郎:膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)の手術適応と術式。 109 日本外科学会定期学術集会 福岡市 20094

 

小川久貴、中森正二辻江正徳宮本敦史黒川幸典安井昌義大宮英泰池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行辻仲利政:大量肝切除術後における早期経腸栄養と早期経静脈栄養の比較、検討。 21 日本肝胆膵外科学会・学術集会 名古屋市 20096

 

本田一文、尾野雅哉、中森正二、井岡達也、奥坂拓志、土田明彦、廣橋説雄、山田哲司:質量分析による早期膵がんの検出:多施設共同検証研究。 68 日本癌学会学術総会 横浜市 200910

 

尾野雅哉、本田一文、中森正二、奥坂拓志、井岡達也、土田明彦、廣橋説雄、山田哲司:2DICALによる新規血液バイオマーカーの探索とその検証。 68 日本癌学会学術総会 横浜市 200910

 

宮崎道彦、池永雅一安井昌義三嶋秀行中森正二辻仲利政:「専門医としての宿命」-HIV陽性肛門疾患61例の治療経験。 64 日本大腸肛門病学会学術集会 福岡市 200911

 

宮崎道彦、池永雅一安井昌義三嶋秀行中森正二辻仲利政:括約筋温存痔瘻根治術の治療成績。 64 日本大腸肛門病学会学術集会 福岡市 200911

 

(司会)中森正二:サージカルフォーラム:「分子標的・遺伝子治療1」。 109 日本外科学会定期学術集会 福岡市 20094

 

(司会)中森正二:一般演題 口演63:膵臓B 46 日本腹部救急医学会総会 富山市 20103

 

(座長)中森正二:一般演題(ポスター):「その他の肝疾患4」。 21 日本肝胆膵外科学会・学術集会 名古屋市 20096

 

(座長)中森正二 :企画関連口演:「分子生物の臨床応用3」。 64 日本消化器外科学会総会 大阪市 20097

 

(座長)中森正二 :一般演題 口演発表:「膵癌 治療(3)」。 40 日本膵臓学会大会 東京 20097

 

(座長)中森正二 :一般演題 口演発表:「がん微小環境(2)」。 68 日本癌学会学術総会 横浜市 200910

 

(座長)中森正二:一般演題(口演):「膵-6」。 71 日本臨床外科学会総会 京都市 200911

 

(司会) 三嶋秀行 分子標的薬 消化器〜大腸癌におけるパーソナライズド・セラピーの幕開〜 47回日本癌治療学会学術集会 横浜、 2009 10

 

(司会) 三嶋秀行 外科医が行う癌化学療法はどのようにあるべきか。 71回日本臨床外科学会総会 京都、 2009 11

 

藤谷和正今田慎也辻仲利政吉田謙平尾素宏黒川幸典辻江正徳安井昌義大宮英泰宮本敦史池永雅一見康二三嶋秀行中森正二 1次化療に耐性となった胃癌再発症例におけるS-1+weekly TXT併用化学放射線療法 31回日本癌局所療法研究会 宇部市、 2009 6

 

(座長) 藤谷和正 腹水・その他 64回日本消化器外科学会総会、 大阪、 2009 7

 

(座長) 藤谷和正 胃 薬物療法3 47回日本癌治療学会学術集会、 横浜、 2009 10

 

(座長) 藤谷和正 クリニカルパスの功罪 71回日本臨床外科学会総会、 京都、 2009 11

 

藤谷和正平尾素宏黒川幸典中森正二辻仲利政 Pocy1胃癌におけるNeoadjuvant chemotherapy の意義と課題 82回日本胃癌学会総会 新潟、 2010 3

 

見康二大宮英泰、前田純、岡見次郎、尾田一之、東山聖彦、黒川幸典辻江正徳宮本敦史安井昌義池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏藤谷和正三嶋秀行中森正二辻仲利政、児玉憲 超多発肺腺癌におけるEGFR遺伝子変異の解析 109回日本外科学会定期学術集会、 博多、 2009 4

 

見康二大宮英泰黒川幸典山村順辻江正徳安井昌義増田慎三宮本敦史池永雅一平尾素宏藤谷和正三嶋秀行中森正二辻仲利政、栗山啓子、真能正幸 左上大静脈を合併した多房性胸腺嚢胞の1切除例 26回日本呼吸器外科学会総会 小倉、 2009 5

 

見康二大宮英泰辻仲利政小河原光正栗山啓子真能正幸、前田純、岡見次郎、尾田一之、東山聖彦、冨田裕彦、児玉憲 末梢腺癌多発例におけるEGFR遺伝子変異の解析 50回日本肺癌学会総会、 東京、 2009 11

 

見康二、西田達、大渕俊朗、柳田正志 この症状をどうする?-肺・縦隔- 1 体外補助循環下に摘出した縦隔原発巨大胚細胞腫の一例 2 胸膜面より4センチ直径1センチの肺腫瘍の一切除例 3 混合性肺機能障害を伴う高齢者縦隔腫瘍の手術適応とアプローチ 4 肺動脈浸潤を伴うN2肺癌の治療方針 71回日本臨床外科学会総会、 京都、 2009 11

 

平尾素宏辻仲利政藤谷和正黒川幸典中森正二池永雅一田中英一吉田謙 食道癌根治的化学放射線療法後の晩期合併症とその対策-特に化膿性脊椎炎に関して- 63回日本食道学会学術集会 横浜、 2009 6

 

平尾素宏藤谷和正黒川幸典辻仲利政 残胃癌に対する治療戦略-過去5年当院治療の経験から- 64回日本消化器外科学会総会 、大阪、 2009 7

 

(司会) 平尾素宏 胃・十二指腸。 71回日本臨床外科学会総会、 京都、 2009 11

 

平尾素宏黒川幸典藤谷和正中森正二三嶋秀行見康二池永雅一宮本敦史安井昌義大宮英泰辻江正徳増田慎三山村順辻仲利政 周術期の安全な栄養管理のために-胃切除Roux-enY再建時の腸瘻造設術の工夫- 71回日本臨床外科学会総会、 京都、 2009 11

 

平尾素宏 当院残胃癌切除例の特徴と外科的治療の検討 82回日本胃癌学会総会 新潟、 2010 3

 

増田慎三山村順小川昌美、竹田雅司、真能正幸:術前化学療法からみたtriple negative 乳癌におけるBiomakerの検討。第34回乳癌懇話会、福岡、20094

 

中山貴寛、小川昌美、増田紘子、山村順、新井貴士、神垣俊二、増田慎三:乳がん患者におけるタキソテール投与後のFrozen Glove の有効性に関する臨床的評価(多施設共同第U相試験、Kinki Muotidisciplinary Breast Oncology Group:KMBOG-0605)及び 新規開発Frozen Gloveの紹介。第109回日本外科学会定期学術集会、福岡、20094

 

小川昌美増田慎三山村順、増田紘子、苅田真子徳田由紀子児玉良典、竹田雅司、真能正幸:一般演題(5)「乳腺2」浸潤癌との鑑別を要したFibrous diseaseの検討。第22回日本乳腺甲状腺超音波診断会議、東京、20094

 

 

増田紘子、吉田謙増田慎三小川昌美山村順苅田真子徳田由紀子、竹田雅司:非手術治療としての組織内照射の検討。第17回日本乳癌学会学術総会、東京、20097

 

山村順増田慎三小川昌美、増田紘子、苅田真子児玉良典真能正幸森内秀祐中森正二辻仲利政:乳癌脳転移症例の検討。第17回日本乳癌学会学術総会、東京、20097

 

徳田由紀子、竹田雅司、増田慎三児玉良典小川昌美増田紘子山村順吉田謙:仰臥位MRIによる乳房温存術推奨切除範囲の検討。第17回日本乳癌学会学術総会、東京、20097

 

水谷三浩、井上賢一、中上和彦、穂積康夫、藤原康弘、増田慎三、塚本文音、斎藤光江、大橋靖男、野口眞三郎:HER2陽性転移性乳癌のTrastuzumabを用いた一次治療における有効性、安全性の検討(JO17360)。第17回日本乳癌学会学術総会、東京、20097

 

佐治重衛、石黒洋、岩田広治、中村清吾、黒井克昌、大野真司、増田慎三、山中竹春、佐々木康綱、稲本俊、戸井雅和:UGTA1遺伝子多型を考慮したCPT-11/S-1併用療法の第T/U相臨床試験。第17回日本乳癌学会学術総会、東京、20097

 

井本滋、愛甲孝、北島政樹、武井寛幸、和田徳昭、千葉明彦、柄川千代美、元村和由、増田慎三、坂本純一:T1-2NO乳癌における標準的なセンチネルリンパ節生検法の確立に関する多施設共同研究。第17回日本乳癌学会学術総会、東京、20097

 

中山貴寛、増田慎三、松並展輝、柏葉匡寛、神垣俊二、山村順、阿南節子、田口哲也:乳癌術前薬物療法における治療効果予測因子の有効性。第17回日本乳癌学会学術総会、東京、20097-

 

森岡亜希子増田慎三山村順戸高絹代櫻井真知子辻阪真衣子上野裕之、増田紘子、小川昌美三嶋秀行中森正二辻仲利政:乳癌FEC療法と口内炎発症に関する検討〜レバミピド製剤の治療効果に関して。第17回日本乳癌学会学術総会、東京、20097

 

増田慎三、中山貴寛、櫻井真知子梶原絹代、高田奈津子、神垣俊二、阿南節子、四方文子上野裕之、井関千裕、藤井千賀、藤野美佐子、山村順、増田紘子、森岡亜希子Frozen Gloveによる爪・皮膚障害の予防効果に関する多施設共同試験(KMBOG0605)。第17回日本乳癌学会学術総会、東京、20097

 

松並展輝、増田慎三、中山貴寛、森本卓、野村孝、石飛真人、神垣俊二、山村順、塚本文音、大橋靖雄、田口哲也、辻仲利政:リンパ節転移陽性乳癌に対するFEC follwed by TCDocetaxel /Cyclophosphamide)feasibility に関する検討。第17回日本乳癌学会学術総会、東京、20097

 

小川昌美増田慎三山村順、増田紘子、苅田真子徳田由紀子、竹田雅司、児玉良典真能正幸中森正二辻中利政:浸潤癌との鑑別を要したFibrosis/Fibrous diseaseの検討。第17回日本乳癌学会学術総会、東京、20097

 

小川昌美山村順見康二大宮英泰、増田紘子、苅田真子児玉良典真能正幸増田慎三中森正二辻仲利政:胸腔鏡下心膜開窓ドレナージ術が有効であった乳癌の癌性心膜炎による心タンポナーデの一例。第18回日本がん転移学会学術集会・総会、旭川、20097

 

増田慎三山村順田中麻紀子苅田真子黒川幸典辻江正徳安井昌義大宮英泰池永雅一宮本敦史平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行児玉良典真能正幸徳田由紀子 中森正二辻仲利政 :赤外線観察カメラシステム(PDE-ICG蛍光法を用いた乳癌センチネルリンパ節生検の有効性に関する検討。第71回日本臨床外科学会総会、京都、200911

 

井本 滋、武井寛幸、和田徳昭、千葉明彦、柄川千代美、元村和由、増田慎三、森田智視、坂本純一、他SNNS研究会乳癌臨床研究施設:乳癌SNNS多施設共同研究の進捗状況について。The Eleventh Annual Meeting of Japanese Society for Sentinel Node Navigation Surgery,東京、200911

 

藤井博文、黒井克昌、伊藤良則、岩田広治、増田慎三、青儀健二郎、藤原康弘、向井博文、中村清吾、雷哲明、芝英一、佐治重衡、桂幸一、西村祐一郎:日本人のHER2陽性移転性乳癌患者に対するラパチニブ・カペシタビン併用第T/U相試験(中間解析)。第8回日本臨床腫瘍学会学術集会、東京、20103

 

安藤正志、青儀健二郎、井野祐代、岩田広治、徳田裕、中村清吾、増田慎三、山本尚人、笠井宏井、竹内正弘、藤原康弘:乳癌術前化学療法の医師主導治験における治験調整業務。第8回日本臨床腫瘍学会学術集会、東京、20103

 

池永雅一三嶋秀行安井昌義、宮崎道彦、黒川幸典辻江正徳宮本敦史大宮英泰平尾素宏見康二藤谷和正中森正二辻仲利政 大腸癌クリニカルパスにおけるバリアンス評価に基づくSSI対策とその効果 22回日本外科感染症学会総会 宇部、 2009 12

 

池永雅一三嶋秀行安井昌義黒川幸典辻江正徳大宮英泰宮本敦史、宮崎道彦、平尾素宏見康二藤谷和正中森正二辻仲利政 若年性大腸癌(30歳未満)の臨床病理学的検討 47回日本癌治療学会学術集会 横浜、 2009 10

 

(座長) 池永雅一 小腸症例2 64回日本消化器外科学会総会、 大阪、 2009 7

 

池永雅一安井昌義、宮崎道彦、三嶋秀行中森正二辻仲利政 大腸癌術前機械的腸管処置の変遷とその評価 64回日本大腸肛門病学会学術集会 福岡 2009 11

 

池永雅一三嶋秀行安井昌義、宮崎道彦、黒川幸典辻江正徳大宮英泰宮本敦史平尾素宏見康二藤谷和正中森正二辻仲利政 側端Double stapling technique (DST)吻合におけるアンビル挿入法の工夫 71回日本臨床外科学会総会 京都 2009 11

 

(司会)池永雅一 大腸・肛門(悪性)−9 。 71回日本臨床外科学会総会、 京都 2009 11

 

池永雅一 大腸癌手術の術前腸管処置方法−受容性からみた下剤内服に関する検討− 95回日本消化器病学会総会、 札幌、 2009 5

 

(司会) 池永雅一 大腸癌臨床病理1 6回日本消化管学会総会学術集会、 福岡 2010 2

 

池永雅一三嶋秀行安井昌義、宮崎道彦、黒川幸典辻江正徳宮本敦史大宮英泰平尾素宏藤谷和正見康二中森正二辻仲利政 30歳未満若年者大腸癌の臨床病理的検討 6回日本消化管学会総会学術集会 福岡、 2010 2

 

(座長) 池永雅一 大腸I 46回日本腹部救急医学会総会、 富山、 2010 3

 

安井昌義、池田正孝、中森正二宮本敦史辻江正徳山村順黒川幸典増田慎三大宮英泰池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 C型慢性肝炎・血小板減少症に対する腹腔鏡下脾臓摘出術による血小板増多効果予測因子の検討 109回日本外科学会定期学術集会、 福岡、 2009 4

 

安井昌義今田慎也池永雅一、宮崎道彦、三嶋秀行山村順黒川幸典辻江正徳増田慎三大宮英泰宮本敦史平尾素宏見康二藤谷和正中森正二辻仲利政 腹腔鏡下低位前方切除術の肛門側切離時の安全性についての検討 22回日本内視鏡外科学会総会 東京 2009 12

 

安井昌義池永雅一、宮崎道彦、三嶋秀行黒川幸典辻江正徳大宮英泰宮本敦史平尾素宏藤谷和正見康二中森正二辻仲利政 大腸癌術後補助化学療法施行中に治療レジメンを変更した6症例の検討 47回日本癌治療学会学術集会、 横浜 2009 10

 

安井昌義三嶋秀行池永雅一、宮崎道彦、辻江正徳宮本敦史平尾素宏藤谷和正中森正二辻仲利政 腹腔鏡下直腸低位前方切除術周術期における栄養療法の進歩 64回日本消化器外科学会総会 、大阪 2009 7

 

安井昌義三嶋秀行池永雅一、宮崎道彦、中森正二辻仲利政 高齢大腸癌患者に対する腹腔鏡下手術の検討 64回日本大腸肛門病学会学術集会、 福岡、 2009 11

 

安井昌義三嶋秀行池永雅一、宮崎道彦、山村順黒川幸典辻江正徳増田慎三宮本敦史大宮英泰平尾素宏見康二藤谷和正中森正二辻仲利政. 大腸外科医が行う術後補助化学療法の現状 71回日本臨床外科学会総会 京都 2009 11

 

宮本敦史中森正二辻江正徳黒川幸典山村順安井昌義増田慎三大宮英泰池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 大腸癌肝転移症例に対する肝切除前FOLFOX療法:安全性と効果に関する検討 109回日本外科学会定期学術集会 福岡 2009 4

 

宮本敦史中森正二辻江正徳黒川幸典山村順安井昌義増田慎三大宮英泰池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 肝切除後のドレーン管理:早期ドレーン抜去に関する検討 21回日本肝胆膵外科学会・学術集会 名古屋、 2009 6

 

宮本敦史中森正二辻江正徳黒川幸典山村順安井昌義増田慎三大宮英泰池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 初回切除後10年以上生存し得た肝細胞癌症例に関する検討 45回日本肝癌研究会、 福岡 2009 7

 

宮本敦史中森正二辻江正徳黒川幸典山村順安井昌義増田慎三大宮英泰池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 TAE無効病巣に対して減量再肝切除を施行した肝細胞癌症例 47回日本癌治療学会学術集会 横浜、 2009 10

 

宮本敦史中森正二辻江正徳黒川幸典安井昌義池永雅一平尾素宏藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 早期ドレーン抜去を設定したクリニカルパスによる肝切除の術後管理 64回日本消化器外科学会総会 大阪、 2009 7

 

大宮英泰見康二辻仲利政中森正二三嶋秀行藤谷和正平尾素宏、宮崎道彦、池永雅一宮本敦史増田慎三安井昌義辻江正徳山村順黒川幸典 肺切除術後気瘻遷延例に対する低容量OK432胸腔内投与の検討 26回日本呼吸器外科学会総会 北九州市、 2009 5

 

大宮英泰見康二辻仲利政山子泰斗宮本智小河原光正栗山啓子児玉良典真能正幸 間質性肺炎経過観察中に発見された大細胞神経内分泌癌・扁平上皮癌の同時多発肺癌の1 50回日本肺癌学会総会 東京 2009 11

 

辻江正徳宮本敦史中森正二黒川幸典山村順黒川幸典安井昌義大宮英泰増田慎三池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 膵頭十二指腸切除術におけるロストステント併用膵空腸貫通密着吻合法の評価 21回日本肝胆膵外科学会・学術集会、 名古屋、 2009 6

 

辻江正徳中森正二宮本敦史山村順黒川幸典安井昌義池永雅一大宮英泰増田慎三平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 Ribonucleotide reductase M2 subunitRRM2)は膵癌の転移・浸潤に関与する 40回日本膵臓学会大会 東京 2009 7

 

辻江正徳宮本敦史中森正二黒川幸典安井昌義池永雅一平尾素宏藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 肝切除術に対するクリニカルパス 64回日本消化器外科学会総会 大阪 2009 7

 

辻江正徳中森正二宮本敦史黒川幸典安井昌義大宮英泰池永雅一増田慎三平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 膵癌におけるエンドグリン(CD105)の発現は予後に関係する 68回日本癌学会学術総会、 横浜 2009 10

 

辻江正徳中森正二宮本敦史山村順黒川幸典安井昌義増田慎三大宮英泰池永雅一平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 膵頭十二指腸切除術における膵空腸貫通密着吻合法と術後ドレーン抜去基準の評価 71回日本臨床外科学会総会 京都、 2009 11

 

黒川幸典、笹子三津留、佐野武、柴田大朗、山本精一朗 食道浸潤胃癌に対する標準手術及び拡大手術の術後体重、呼吸機能およびQOLに及ぼす影響(JCOG9502付随研究)。 109回日本外科学会定期学術集会 、福岡、 2009 4

 

黒川幸典、笹子三津留、佐野武、岩崎善毅、円谷彰、福田治彦: 胃癌の術前補助化学療法における効果判定基準の妥当性 47回日本癌治療学会学術集会 横浜 2009 10

 

(座長)黒川幸典 71回日本臨床外科学会総会 京都、 2009 11

 

今田慎也宮本敦史辻江正徳山村順黒川幸典安井昌義増田慎三大宮英泰池永雅一平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行中森正二辻仲利政 当院におけるSSIサーベイランスの現状と今後の課題 22回日本外科感染症学会総会 宇部 2009 12

 

今田慎也安井昌義池永雅一三嶋秀行山村順黒川幸典辻江正徳増田慎三大宮英泰宮本敦史平尾素宏見康二藤谷和正中森正二辻仲利政 腹部手術既往を持つ腹腔鏡下大腸癌手術症例の検討 22回日本内視鏡外科学会総会 東京、 2009 12

 

今田慎也藤谷和正黒川幸典平尾素宏山村順辻江正徳安井昌義増田慎三大宮英泰宮本敦史池永雅一三嶋秀行中森正二辻仲利政 1次化療に耐性となった胃癌再発症例におけるS-1+weekly TXT 併用化学放射線療法 31回日本癌局所療法研究会 宇部、 2009 6

 

今田慎也平尾素宏黒川幸典藤谷和正辻仲利政 食道癌に胃癌・下咽頭癌を合併した同時性三重複癌の一例 63回日本食道学会学術集会 横浜 2009 6

 

今田慎也安井昌義池永雅一三嶋秀行中森正二天野栄三辻仲利政 下部消化管腹腔鏡下手術術中の呼気終末二酸化炭素濃度の検討 64回日本大腸肛門病学会学術集会 福岡、 2009 11

 

今田慎也安井昌義池永雅一三嶋秀行田中麻紀子山村順黒川幸典辻江正徳増田慎三大宮英泰平尾素宏見康二藤谷和正中森正二辻仲利政 食餌が誘因と考えられた非閉塞性腸間膜虚血症の1例 46回日本腹部救急医学会総会 富山 2010 3

 

西塔拓郎安井昌義池永雅一、宮崎道彦、三嶋秀行黒川幸典辻江正徳大宮英泰宮本敦史平尾素宏藤谷和正見康二中森正二辻仲利政 内臓脂肪が腹腔鏡下大腸癌手術に与える影響<In Bodyによる測定> 22回日本内視鏡外科学会総会 東京、 2009 12

 

西塔拓郎池永雅一安井昌義黒川幸典山村順辻江正徳増田慎三大宮英泰宮本敦史平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行中森正二辻仲利政 リンパ節転移を伴った7mm の直腸カルチノイド腫瘍の1 31回日本癌局所療法研究会 宇部 2009 6

 

西塔拓郎安井昌義池永雅一三嶋秀行平尾素宏見康二中森正二辻仲利政 内臓脂肪が腹腔鏡下大腸癌手術に与える影響〜in Body による測定〜 64回日本大腸肛門病学会学術集会 福岡、 2009 11

 

西塔拓郎池永雅一安井昌義辻江正徳黒川幸典宮本敦史平尾素宏藤谷和正三嶋秀行中森正二辻仲利政 HIV患者に合併した直腸異物の2 34回日本外科系連合学会学術集会 東京、 2009 6

 

西塔拓郎池永雅一安井昌義辻江正徳黒川幸典宮本敦史平尾素宏藤谷和正三嶋秀行中森正二辻仲利政 吻合部潰瘍瘢痕狭窄により腸閉塞をきたした一例 34回日本外科系連合学会学術集会 東京、 2009 6

 

西塔拓郎藤谷和正平尾素宏山村順黒川幸典辻江正徳安井昌義増田慎三大宮英泰宮本敦史池永雅一見康二三嶋秀行中森正二辻仲利政 術前化学療法を施行した進行胃癌症例におけるGlasgow Prognostic Score の意義 47回日本癌治療学会学術集会 横浜、 2009 10

 

西塔拓郎藤谷和正黒川幸典平尾素宏三嶋秀行中森正二辻仲利政 幽門狭窄症を呈する胃癌の予後からみた治療上の課題 64回日本消化器外科学会総会 大阪 2009 7

 

西塔拓郎藤谷和正平尾素宏黒川幸典辻江正徳安井昌義宮本敦史池永雅一三嶋秀行中森正二辻仲利政 幽門狭窄症により経口摂取不良となった進行胃癌に対する治療戦略 82回日本胃癌学会総会 新潟 2010 3

 

三木友一朗藤谷和正黒川幸典辻江正徳安井昌義宮本敦史池永雅一平尾素宏三嶋秀行中森正二辻仲利政 胃癌肝転移切除症例における予後因子解析 109回日本外科学会定期学術集会 福岡、 2009 4

 

三木友一朗黒川幸典平尾素宏藤谷和正辻仲利政 胃癌手術におけるドレーン抜去時期の検討 10回日本クリニカルパス学会 岐阜、2009 12

 

三木友一朗辻江正徳池永雅一宮本敦史、児玉良典、真能正幸辻仲利政中森正二 HNPCC由来多重癌に合併する膵腺房細胞癌の1 20回日本消化器癌発生学会総会 広島 2009 11

 

三木友一朗池永雅一宮本敦史黒川幸典山村順辻江正徳安井昌義増田慎三大宮英泰平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行中森正二辻仲利政 進行大腸癌に対して術前化学療法を併用した拡大手術により根治を得た1例 31回日本癌局所療法研究会 宇部 2009 6

 

三木友一朗辻江正徳中森正二池永雅一黒川幸典安井昌義宮本敦史平尾素宏藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 多重癌に合併する膵腺房細胞癌の一例 47回日本癌治療学会学術集会 横浜、 2009 10

 

三木友一朗藤谷和正黒川幸典平尾素宏中森正二辻仲利政 食道亜全摘後、胃管再建・高位胸腔内吻合における縫合不全症例の検討 63回日本食道学会学術集会 横浜 2009 6

 

三木友一朗池永雅一黒川幸典辻江正徳安井昌義宮本敦史平尾素宏藤谷和正三嶋秀行中森正二辻仲利政 大腸癌手術クリニカルパスにおけるバリアンス分析ならびにその対策の標準化 64回日本消化器外科学会総会、大阪、 2009 7

 

三木友一朗藤谷和正黒川幸典辻江正徳山村順安井昌義増田慎三大宮英泰宮本敦史池永雅一平尾素宏見康二三嶋秀行中森正二辻仲利政 胃癌肝転移に対する治療方針の検討 82回日本胃癌学会総会 、新潟 2010 3

 

三木友一朗池永雅一黒川幸典山村順辻江正徳安井昌義増田慎三宮本敦史大宮英泰平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行中森正二辻仲利政 Pseudo-Meigs症候群を呈した下行結腸癌同時性卵巣転移の1 46回日本腹部救急医学会総会 富山、 2010 3

 

後藤裕信辻江正徳宮本敦史中森正二黒川幸典山村順安井昌義増田慎三池永雅一大宮英泰平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行辻仲利政 膵頭十二指腸切除術施行時、胆管空腸吻合部におけるRTBDtube留置群、Lost Stent 留置群の胆汁漏の発生率の比較 109回日本外科学会定期学術集会、 福岡、 2009 4

 

後藤裕信三木友一朗辻江正徳池永雅一黒川幸典平尾素宏藤谷和正中森正二辻仲利政 食道術後クリニカルパスの評価と検討 10回日本クリニカルパス学会 岐阜、 2009 12

 

後藤裕信宮本敦史辻江正徳安井昌義池永雅一三嶋秀行黒川幸典平尾素宏藤谷和正辻仲利政中森正二 大腸癌肝転移切除症例に対する術前FOLFOX療法の検討 18回日本がん転移学会学術集会・総会 旭川、2009 7

 

後藤裕信安井昌義見康二池永雅一大宮英泰三嶋秀行黒川幸典山村順辻江正徳増田慎三宮本敦史平尾素宏藤谷和正中森正二辻仲利政 FDG-PET にて発見された肺腺癌の虫垂転移の1 95回日本消化器病学会総会 、札幌、 2009 5

 

後藤裕信池永雅一辻江正徳安井昌義三嶋秀行田中麻紀子黒川幸典山村順増田慎三大宮英泰宮本敦史平尾素宏藤谷和正見康二中森正二辻仲利政 急性虫垂炎で発症した虫垂原発悪性リンパ腫の1 46回日本腹部救急医学会総会 富山 2010 3

 

末田聖倫平尾素宏黒川幸典山村順辻江正徳安井昌義増田慎三宮本敦史大宮英泰池永雅一、宮崎道彦、見康二藤谷和正三嶋秀行中森正二辻仲利政 顕性出血を契機として発見された胃癌の切除症例の検討 109回日本外科学会定期学術集会 福岡 2009 4

 

末田聖倫安井昌義池永雅一三嶋秀行山村順黒川幸典辻江正徳増田慎三大宮英泰宮本敦史平尾素宏見康二藤谷和正中森正二辻仲利政 HIV陽性消化器手術症例の検討と課題 22回日本外科感染症学会総会 宇部 2009 12

 

末田聖倫辻江正徳黒川幸典安井昌義大宮英泰宮本敦史池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行中森正二辻仲利政 HIV陽性の急性虫垂炎手術例8例の報告 34回日本外科系連合学会学術集会 東京 2009 6

 

末田聖倫辻江正徳中森正二宮本敦史黒川幸典安井昌義大宮英泰池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行、岩佐葉子、辻仲利政 血清CA19-9高値を呈した化膿性黄色肉芽腫性胆嚢炎の1 71回日本臨床外科学会総会 京都 2009 11

 

末田聖倫平尾素宏黒川幸典辻江正徳安井昌義宮本敦史池永雅一藤谷和正三嶋秀行中森正二辻仲利政 顕性出血を契機として発見された胃癌の切除症例の検討 82回日本胃癌学会総会 新潟、 2010 3

 

末田聖倫安井昌義池永雅一黒川幸典辻江正徳大宮英泰宮本敦史、宮崎道彦、平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行中森正二、児玉良典、辻仲利政 肺小細胞癌の小腸転移により穿孔性腹膜炎を来した1 46回日本腹部救急医学会総会 富山 2010 3

 

中塚梨絵平尾素宏黒川幸典藤谷和正山村順辻江正徳安井昌義増田慎三池永雅一大宮英泰宮本敦史見康二三嶋秀行中森正二辻仲利政 脂肪肉腫再発に対して5年間に7回の開腹術を施行した1 71回日本臨床外科学会総会 京都、2009 11

 

原尚志辻江正徳中森正二宮本敦史後藤裕信三木友一朗池永雅一辻仲利政 膵頭十二指腸切除術に対するクリニカルパスの作成 10回日本クリニカルパス学会 岐阜 2009 12

 

原尚志藤谷和正黒川幸典平尾素宏辻江正徳安井昌義池永雅一大宮英泰宮本敦史見康二三嶋秀行中森正二辻仲利政 胃全摘Roux en Y 再建後空腸側端吻合部の腸管膜が離開し内ヘルニアによる絞扼イレウス発症した1 71回日本臨床外科学会総会 京都 2009 11

 

原尚志藤谷和正平尾素宏黒川幸典辻江正徳安井昌義池永雅一宮本敦史三嶋秀行中森正二辻仲利政 セプラフィルム®使用例・非使用例における胃癌術後に起こった腸閉塞の機序や時期の変化について 82回日本胃癌学会総会 新潟 2010 3

 

三賀森学池永雅一西塔拓郎黒川幸典辻江正徳安井昌義宮本敦史平尾素宏藤谷和正三嶋秀行中森正二辻仲利政 膀胱自然破裂の2 71回日本臨床外科学会総会 京都、 2009 11

 

山下公太郎辻江正徳黒川幸典安井昌義平尾素宏藤谷和正三嶋秀行中森正二辻仲利政 B細胞型慢性リンパ性白血病(B-CLL)治療中に発症した特発性脾破裂の1例 71回日本臨床外科学会総会 京都 2009 11

 

山下公太郎藤谷和正平尾素宏黒川幸典辻江正徳安井昌義宮本敦史池永雅一三嶋秀行中森正二辻仲利政 胃癌治癒切除後傍大動脈リンパ節転移再発に対する救済手術の成績 82回日本胃癌学会総会 新潟 2010 3

B-5

辻仲利政:胃がん化学療法の現状と今後の展開。胃癌治療セミナー、大阪、2009 7

 

辻仲利政:外科手術に関する臨床試験。第4回京都消化器癌治療研究会、京都 2009 9

 

辻仲利政GIST最近のトピックス。静岡学術講演会、静岡、 2009 11

 

辻仲利政:胃癌における術前術後化学療法。第2回滋賀消化器外科カンファレンス、 滋賀、2009 10

 

中森正二:今後の膵癌治療を考える。関西膵癌コンセンサスミーティング2009 大阪市 20095

 

三嶋秀行 : 大腸癌術後補助化学療法で悩まないために 滋賀大腸がん術後補助学療法フォーラム 、ホテルボストンプラザ草津 2009 4

 

三嶋秀行 : 大腸がん化学療法で悩まないために 。大腸がん治療セミナー 高知阪急ホテル、 2009 4

 

三嶋秀行 : 大腸癌の化学療法で悩まないために 奈良県大腸癌外科治療研究会 かしはら万葉ホール、 2009 4

 

三嶋秀行 : 大腸癌の分子標的薬で悩まないために 伊賀・名張 大腸癌治療 学術講演会、 名張シティホテル、 2009 5

 

三嶋秀行 : 大腸がん化学療法について 札幌大腸癌治療セミナー ホテルモントレ エーデルホフ札幌、 2009 6

 

三嶋秀行 : 岡山大腸がん治療セミナー 岡山大腸がん治療セミナー、アークホテル岡山、 2009 6

 

三嶋秀行 : 大腸がんの化学療法で悩まないために 近畿国立薬剤師政策医療研修会 KKRホテル大阪 2009 7

 

三嶋秀行 : ガンとふれあい 医師会 区民講演会、 城東区民ホール、 2009 10

 

三嶋秀行 : 大腸癌 今困っていること、聞きたいこと 。第6回関西大腸癌化学療法研究会、 北浜フォーラム、 2009 10

 

三嶋秀行 : 進行再発大腸癌の最新治療を考える Metastatic Colorectal Cancer Conference 帝国ホテル大阪、 2009 10

 

三嶋秀行 : 消化器がん化学療法 。第23回消化器外科看護セミナー、 東京 損保会館、 2009 11

 

三嶋秀行 : 消化器がん化学療法 。第23回消化器外科看護セミナー、 兵庫県農業会館 2009 11

 

三嶋秀行 : 大腸癌治療に対する抗EGFR薬の役割 1回長野県大腸がんセミナー 長野県ホテルブエナビスタ、 2009 10

 

三嶋秀行 : XELOXとアバスチンで悩まないために 都城大腸がん治療研究会、 宮崎ホテル中山荘 2009 11

 

三嶋秀行 : 大腸がん化学療法について 兵庫消化器外科オンコロジーセミナー、クラウンプラザ神戸、 2009 10

 

三嶋秀行 : ESMO2009から最新情報を学ぶ 。大腸癌学術講演会IN CHIBA ホテルグリーンタワー千葉 2009 11

 

三嶋秀行 : XELOXとアバスチンで悩まないために 。島田・榛原・藤枝・焼津地区 第1回大腸癌治療カンファレンス、 焼津グランドホテル、 2009 11

 

三嶋秀行 : がん化学療法とチーム医療において、医師がコメディカルに期待すること メディカルスタッフのためのオンコロジーセミナーin 帯広、 北海道ホテル、 2009 11

 

三嶋秀行 : 日常診療における進行・再発大腸がんの化学療法について 。徳島大腸癌治療セミナー、 ホテルクレメント徳島、 2009 11

 

三嶋秀行 : セツキシマブを使うコツ教えます 第二回滋賀大腸がんセミナー、 瀬田アーバンホテル、 2009 12

 

三嶋秀行 : 大腸がんにおける化学療法治療 。福井大腸がん化学療法セミナー、 福井 バードグリーンホテル、 2009 12

 

三嶋秀行 : 大腸癌ガイドラインの改訂のポイント 熊本大腸癌治療フォーラム ホテル日航熊本、 2009 7

 

三嶋秀行 : 大腸がん治療の最新知見 4回長崎がん治療研究会、ベストウエスタンプレミアホテル長崎 2009 4

 

三嶋秀行 : アービタックスの適正使用 。九州大腸癌セミナー、 ホテルニューオータニ博多、 2009 5

 

三嶋秀行 : アービタックス適正使用 アービタックス適正使用セミナー 岐阜都ホテル、 2009 5

 

三嶋秀行 : 大腸がん治療の最新知見 山口大腸がん治療セミナー、 山口グランドホテル、 2009 5

 

三嶋秀行 : 大腸がん治療におけるアービタックス役割について 北陸大腸がん化学療法セミナー、 金沢都ホテル、 2009 7

 

三嶋秀行 : 司会 関西大腸がんセミナー、リーガロイヤルホテル大阪、 2009 4

 

三嶋秀行 : ビデオインタビュー;学会トピックの討議と解説 World Congress on Gastrointestinal Cancer:Asian Perspective.The Westin Taipei 2009 8

 

三嶋秀行 : (司会)XELOX+アバスチン療法で悩まないために。 Chugai Colorectal Cancer Symposium in Osaka ホテルモントレーグラス三ア大阪、 2009 12

 

三嶋秀行 : 大腸がん診断と治療、最新のトピックス 癌化学療法認定薬剤師講習会、 大阪薬業年金会館 2010 2

 

三嶋秀行 : アービタックスの適正使用 栃木県大腸がん治療セミナー ホテル東日本宇都宮、 2010 1

 

三嶋秀行 : XELOX+Avastin の使い方-外科医の立場から- Cyugai XELOX+Avastin Symposium in Sendai ホテルメトロポリタン仙台、 2010 1

 

三嶋秀行 : 大腸癌治療について 188回日本消化器病学会東北支部例会ランチョンセミナー 仙台国際センター、 2010 2

 

三嶋秀行 : アービタックスの適正使用 大腸がん治療セミナー、 オークラフロンティアホテルつくば 2010 2

 

三嶋秀行 : 大腸がんで悩まないために ドクターと話そう・読売健康講座 読売大阪ビル地階 ギャラリーよみうり、 2010 3

 

三嶋秀行 : (座長)大腸癌術後化学療法 Colorectal Cancer Symposium in Osaka ウィンスティンホテル大阪 2010 2

 

三嶋秀行 : 大腸癌術後化学療法 大腸癌術後化学療法カンファレンスin Shiga クサツエストピアホテル 2010 2

 

三嶋秀行 : 進行再発大腸癌化学療法の新たな治療戦略 静岡中部地区大腸がん治療セミナー ホテルアソシア静岡 2010 2

 

三嶋秀行 : アービタックスの適正使用 静岡県東部大腸がん治療セミナー 三島プラザホテル 2010 3

 

三嶋秀行 : XELOX+Avastin の使い方 Chugai Colorectal CancerSymposium in Kyusyu グランド・ハイアット・福岡 2010 3

 

三嶋秀行 : 大腸癌の化学療法について 22回外科治療を考える会 札幌グランドホテル 2010 2

 

藤谷和正 : 胃癌における化学療法-エビデンスの先にみえる課題- 北陸消化器癌治療FORUM 金沢、 2009 08

 

藤谷和正 : Cancer board: 当院における現状と課題 第5回関西がんチーム医療研究会、 大阪 2009 10

 

平尾素宏 : 食道癌手術における縦隔リンパ節郭清について 9回食道癌栄養療法懇話会 大阪 2010 3

 

増田慎三:第2部 治療 の座長を行う。第4Kinki Breast Cancer Frontier Meeting 、大阪、20094

 

増田慎三:ラウンドテーブルディスカッションー乳腺診療2009 総合司会。ラウンドテーブルディスカッションー乳腺診療2009,大阪、20094

 

増田慎三ER陽性乳癌の薬物療法を考える。出雲乳腺カンファレンス、島根、20096

 

増田慎三: テーマ6 構築の乱れ1 についての講演。第21回マンモグラフィ読影講習会、名古屋、20096

 

増田慎三HER2陽性乳がんの治療戦略(講演およびディスカッサント)。ハーセプチン学術講演会 in Kyoto、京都、200912

 

増田慎三:臨床試験を乳癌診療にうまく組み入れるためには?。KMBOG乳がん学術講演会、大阪、20096

 

増田慎三:これからの乳癌化学療法。琉球乳腺倶楽部学術講演会、沖縄、20097

 

増田慎三HER2陽性乳癌治療の治療戦略。Chugai Breast Cancer Symposium in Nara、奈良、20098

 

増田慎三:乳癌化学療法の副作用対策について-new FGの使用経験。乳癌チーム医療セミナー、大阪、20098

 

増田慎三:術前薬物療法から学んだこと〜個別化治療への挑戦〜-。第58回京磁乳癌研究会、京都、20095

 

増田慎三:座長・パネルディスカッションのパネラー-。乳癌化学療法セミナー、大阪、20099

 

増田慎三:乳癌化学療法における医師主導型治験の意義と役割ーHER2陽性乳がんにおけるTrustuzumabの術前治療への適応拡大を目指した医師主導治験を経験して。がん医療従事者等研修会、松山、200910

 

増田慎三HER2陽性乳癌の最新治療戦略を考える。フェマーラ錠発売3周年記念セミナー、新潟、200910

 

増田慎三:乳癌化学療法の今後の展望。Sappro Breast Cancer Round Table Discussion、札幌、200910

 

増田慎三:個別化治療を意識した乳癌初期治療決定の実際。岡山乳腺腫瘍マーカー研究会、岡山、200910

 

増田慎三:「HER2陽性乳癌の治療戦略 現在と今後の展望」についてパネルディスカッションパネラーを務める「HER2関連治験の紹介」の講演。Chugai Breast Cancer Symposium、大阪、200910

 

増田慎三:「新たなコンセプトに基づく乳がん術前内分泌療法への期待」についての講演、パネルディスカッションを行う。Breast Cancer Expert Conference、大阪、200910

 

増田慎三:座長・及びパネルディスカッションにおいての司会。第1Chugai Education Seminar in Breast Cancer、東京、200911

 

増田慎三Session 2 Case Study [乳癌治療に対する最新の医学的知見の普及及び今後の治療法の検討」についてのパネリスト。Osaka Breast Cancer Workshop 、大阪、200911

 

池永雅一 : 当院におけるクリニカルパス委員会の活動状況 クリティカルパス研修会 和歌山 2009 6

 

安井昌義 : 外科手術における機器・器具の重要性 外科手術医療機器 セミナー兼手術看護学会近畿地方会 大阪 2009 6

 

安井昌義 進行直腸癌に対する腹腔鏡下手術(低位前方切除術)の開腹移行率に関する臨床試験 大阪大学消化器外科共同研究会 大腸疾患分科会、 大阪、 2009 6

 

安井昌義 : 腹腔鏡下脾臓摘出術の有用性 13Digestive Disease Renaissance 帝国ホテル大阪 2010 1

 

安井昌義 : 講演・実技指導:腹腔鏡下大腸手術について Professional Education Semina-Lap Colon T- 、郡山ビューホテルアネックス 2010 1

 

安井昌義 : 大腸癌に対する内視鏡外科の実際 17 Video Forum for Surgeons in Osaka 研究会 、ホテルニューオオタニ大阪 2010 2

 

B-6

(座長)藤谷和正 U 185回近畿外科学会、 神戸、 2009 06

 

平尾素宏 症例検討会「十二指腸」 。第388回大阪胃研究会、 大阪、 2009 12

 

見康二 児玉憲 末梢腺癌多発例におけるEGFR遺伝子変異の解析 肺野限局性すりガラス様陰影の自然史解明のための前向き研究 東京、2010 1

 

(座長) 見康二 Session2 22回近畿胸腔鏡研究会、 京都、2010 3

 

金村愛香四方文子梶原絹代山村順小川昌美増田慎三:カンファレンスを通して多角的な支援ができた症例〜若年性乳がん患者と家族を支える。第4回癌支持療法研究会、大阪、20099

 

増田慎三:個別化治療を目指した乳癌初期治療決定の実際。The 3rd Medical Oncology Seminar Breast Cancer in Shizuoka、静岡、200911

 

増田慎三:再発乳癌における抗エストロゲン剤の役割。乳癌学術講演会、大阪、200911

 

増田慎三:これからの乳癌化学療法−特にTC療法について-。第1回 広島の乳癌治療標準化を目指す会、広島、200911

 

糸山光麿児玉良典小川昌美山村順増田慎三徳田由紀子吉田 謙、竹田雅司、:-細胞診にて悪性が疑われたDuctal adenoma1例。第7回日本乳癌学会近畿地方会、神戸、200912

 

小川昌美増田慎三山村順田中麻紀子児玉良典苅田真子田中英一徳田由紀子吉田謙、竹田雅司、真能正幸中森正二-:乳癌術後20年目に同側腋窩リンパ節再発をきたした1例。第8回日本乳癌学会近畿地方会、神戸、200912

 

田中麻紀子増田慎三山村順小川昌美苅田真子岡本奈津子中森正二辻仲利政AI剤中止により病状の安定を得た内分泌療法多剤性再発乳癌の一例。第9回日本乳癌学会近畿地方会、神戸、200912

 

増田慎三山村順田中麻紀子小川昌美苅田真子中森正二、辻仲利政 -Lapatinib再投与は有効か?(症例報告)。第123回阪神乳腺疾患談話会、大阪、20103

 

(座長)池永雅一 近畿ブロック医療技術研修「クリティカルパス研修会」、 和歌山、 2009 12

 

今田慎也宮本敦史池永雅一黒川幸典辻江正徳安井昌義大宮英泰平尾素宏見康二藤谷和正三嶋秀行中森正二辻仲利政 大腸癌手術におけるSSIの現状とその対策 14SSIサーベイランス研究会、 東京、2009 10

 

後藤裕信安井昌義見康二池永雅一大宮英泰三嶋秀行黒川幸典山村順辻江正徳増田慎三宮本敦史平尾素宏藤谷和正中森正二辻仲利政 FDG-PET にて発見された肺腺癌の虫垂転移の1 185回近畿外科学会 神戸、 2009 6

 

中塚梨絵黒川幸典平尾素宏藤谷和正山村順辻江正徳安井昌義増田慎三池永雅一大宮英泰宮本敦史見康二三嶋秀行中森正二辻仲利政 肝、脳、腋窩リンパ節への転移を有した胃内分泌細胞癌の1 186回近畿外科学会 大阪 2009 11

 

原尚志藤谷和正黒川幸典平尾素宏田中麻紀子山村順辻江正徳安井昌義増田慎三池永雅一大宮英泰宮本敦史見康二三嶋秀行中森正二辻仲利政 胃全摘Roux en Y 再建後空腸側端吻合部の腸管膜が離開し内ヘルニアによる絞扼イレウス発症した1 186回近畿外科学会 、大阪、 2009 11

B-7

辻仲利政UGT060/試験結果を踏まえて。TRICS Boost up Meeting in Osaka、大阪、 2009 7

 

辻仲利政:治癒切除不能進行胃癌に対する胃切除術の意義に関するランダム化比較第V相試験。がん臨床研究成果発表会、東京、20102

 

中森正二:膵癌化学療法における治療効果向上をめざして−トランスレーショナル・リサーチの結果に基づいた塩酸ゲムシタビン併用化学療法の臨床試験−。 29回「財団法人がん集学的治療研究財団・一般研究助成」研究発表会 東京都 200912

 

B-8

辻仲利政:総論〜消化器外科ナースに求められること。第23回消化器外科看護セミナー、東京、200911

 

辻仲利政:総論〜消化器外科ナースに求められること。 23回消化器外科看護セミナー、神戸、200910

 

辻仲利政:地域栄養医療連携の必要性と課題。 1回武庫川地域栄養医療連携研究会、 西宮、20101

 

辻仲利政:進行再発胃癌における緩和ケア〜外科医の役割〜。第82回日本胃癌学会総会 、新潟、20103

 

平尾素宏 : ナースのための消化器外科(食道胃) 23回消化器外科看護セミナー 神戸、 2009 10

 

平尾素宏 : ナースのための消化器外科(食道胃) 23回消化器外科看護セミナー 東京、 2009 11

 

平尾素宏 : GISTの診断と治療 大阪市此花区医師会・平成21年度生涯教育研修会 大阪、 2009 10

 

平尾素宏 : 消化管吻合「手縫い吻合」 。第4回「専門医を目指す消化器外科セミナー」、 大阪、 2009 9