泌尿器科

2009年度研究発表業績】

A-0

Matsuzaki K, Yasunaga Y, Fukuda S, Oka T. Seminal vesicle metastasis of renal cell carcinoma. Urology 2009;74(5): 1017-101820095月)

 

Yoshida K, Yamazaki H, Nose T, Shiomi H, Yoshida M, Mikami M, Takenaka T, Kotsuma T, Tanaka E, Kuriyama K, Harada Y, Tohda A, Yasunaga Y, Oka T. Needle applicator displacement during high-dose-rate interstitial brachytherapy for prostate cancer. Brachytherapy 2010;9(1): 36-4120101月)

 

A-3

岡 聖次:内視鏡を用いない小切開根治的腎摘除術「臨床泌尿器科」 64(2): P.176-177, 20102

 

B-4

安永 豊福田聡子小森和彦原田泰規東田 章岡 聖次:進行性腎細胞癌に対するSorafenibの初期使用経験。第97回日本泌尿器科学会総会、岡山、20094

 

B-6

宮後直樹鯉田容平小森和彦原田泰規安永 豊岡 聖次:術前化学療法施行後にフルニエ壊疽を来した膀胱癌の1例。第210回日本泌尿器科学会関西地方会、枚方、20102

 

B-8

岡 聖次BPH/OABの病診連携。大阪市東区医師会講演、大阪、20094

 

宮後直樹、岸本健太郎:診断に難渋した骨盤部腫瘤の1例。Uroradiology研究会、大阪、20101

 

岡 聖次:プライマリケアに生かす泌尿器科の知識。平成21年度近畿ブロック臨床研修指導医養成講習会講演、大阪、20101