院長室

楠岡英雄

2009年度研究発表業績】

A-0

Nakajima K, Kusuoka H, Nishimura S, Yamashina A, Nishimura T. Prognostic value of myocardial perfusion and ventricular function in a Japanese multicenter cohort study (J-ACCESS): the first-year total events and hard events. Ann Nucl Med 2009 23(4):373-81.20096月)

 

Nakajima K, Yamasaki Y, Kusuoka H, Izumi T, Kashiwagi A, Kawamori R, Shimamoto K, Yamada N, Nishimura T. Cardiovascular events in Japanese asymptomatic patients with type 2 diabetes: A one-year interim report of a J-ACCESS II investigation using myocardial perfusion imaging. Eur J Nucl Med Mol Imaging 2009; 36:2049-2057.20097月)

 

Nakata T, Hashimoto A, Wakabayashi T, Kusuoka H, Nishimura T. Prediction of new-onset refractory congestive heart failure using stress/rest gated perfusion SPECT imaging in patients with known or suspected coronary artery disease: Sub-analysis of the J-ACCESS study. J Am Coll Cardiol Cardiovasc Imaging 2009; 2(12):1393-1400.200912月)

 

Hashimoto A, Nakata T, Wakabayashi T, Kusuoka H, Nishimura T. Incremental Prognostic Value of Stress/Rest Gated Perfusion SPECT in Patients With Coronary Artery Disease. Circ J 2009 ; 73(12):2288-2293.200912月)

 

A-3

阿部祝子、西村治彦、三好亮、石垣恭子、稲田紘、中島健次、中村亜紀、石垣一司、水上ちえみ、山田泰子、楠岡英雄:フィールドワーク技法による病棟看護業務の調査に基づく電子カルテシステムの利用状況評価−電子カルテシステム導入前後の業務実態の比較から−、医療情報学29(1): 3-182009。(20101月)

 

A-5

西村重敬、楠岡英雄J-ACCESSJ-ACCESSUからの新たなデータ、New Town Conference 2008pp.272009.20095月)

 

楠岡英雄:わが国の治験審査委員会の現状に関する研究、厚生労働科学研究補助金医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業「治験審査委員会のあるべき方向性に関する研究」(研究代表者:渡邊祐司)平成20年度総括・分担研究報告書、pp.18-312009。(20094月)

 

楠岡英雄:処方せん記載を変更するとした場合に付随して発生する各種問題や課題の調査及び方策、厚生労働科学研究補助金地域医療基盤開発推進研究事業「処方せんの記載方法に関する医療安全対策の検討」(研究代表者:齋藤壽一)平成20年度総合研究報告書、pp.17-212009。(20094月)

 

 

B-3

楠岡英雄:(社)日本生体医工学会のこれからと今後、第84回日本医療機器学会大会、横浜、20095

 

楠岡英雄:利益相反マネジメント、第9CRCと臨床試験のあり方を考える会議、横浜、20099

 

楠岡英雄:中期計画達成のための戦略、第63回国立病院総合医学会、仙台、200910

 

楠岡英雄:医療情報システムにまつわるインシデント(医療機能評価機構認定病院患者安全推進協議会の活動から)、医療の質・安全学会第4回学術集会、東京、200911

 

楠岡英雄:病院情報システムにまつわるインシデントの分析とその対策、第29回医療情報連合大会、広島、200911

 

楠岡英雄TR推進に向けて、生体医工学フォーラム2010、東京、20103

 

B-4

宇都宮紫廣岡慶治乾礼興宮崎宏一谷口達典濱野剛中川彰人北田博一小出雅雄山戸昌樹佐々木典子川口義廣是恒之宏楠岡英雄安村良男:右側Kent束を合併した拡張型心筋症(DCM)患者に対する心室再同期療法としての副伝導路離断、第57回日本心臓病学会学術集会、札幌、20099

 

小出雅雄乾礼興宮崎宏一濱野剛宇都宮紫中川彰人北田博一山戸昌樹佐々木典子廣岡慶治川口義廣是恒之宏楠岡英雄安村良男:慢性心不全に対するcarperitide間欠投与はヘモグロビン濃度を改善する、第57回日本心臓病学会学術集会、札幌、20099

 

谷口達典乾礼興宮崎宏一濱野剛宇都宮紫中川彰人北田博一小出雅雄山戸昌樹佐々木典子廣岡慶治川口義廣是恒之宏楠岡英雄安村良男:心不全患者における腹部インピーダンスのモニタリング:右心不全の病態解析の可能性、第57回日本心臓病学会学術集会、札幌、20099

 

Ishikawa K, Kusuoka H, Okuhara H, Ikeuchi M, Umezato Y, Tsukuma H, Tanaka T, Kishi S, Tsuchiya F, Oohara M, Ito E, Sugawara H, Ohmichi H. Where are we? –The Guarantee of the e-Healthcare Chart Quality - 電子医療記録(e-Healthcare Chart)の質の保証、第47回日本医療・病院管理学会学術総会、東京、200910

 

北川智子坂本泰一村西礼子柚本育世木島かおり小野恭子石山薫森下典子多和昭雄楠岡英雄是恒之宏:「臨床研究に関する倫理指針」改正への医療機関の対応、第30回日本臨床薬理学会年会、横浜、200912

 

宮崎宏一乾礼興宇都宮紫濱野剛谷口達典中川彰人北田博一小出雅雄山戸昌樹佐々木典子廣岡慶治川口義廣安村良男是恒之宏楠岡英雄:当院における急性冠症候群(ACS)を原因とする来院時心肺停止(CPA)症例の検討、第23回日本冠疾患学会学術集会、大阪、200912

 

Yokoyama H, Kada A, Nakamura Y, Yonezawa K, Kusuoka H. Prehospital time delay was strongly associated with combination of women, older, onset during evening in patients with acute myocardial infarction. 74回日本循環器学会学術集会、京都、20103

 

Yokoyama H, Kada A, Yonezawa K, Suzuki M, Kusuoka H, Matsubara H, Fukuda N, Nakamura Y. Evaluation for predicting the risk of in-hospital mortality in patients with acute myocardial infarction using multicenter registry database. 74回日本循環器学会学術集会、京都、20103

 

B-6

宇都宮紫佐々木典子谷口達典濱野剛中川彰人小出雅雄山戸昌樹廣岡慶治川口義廣是恒之宏楠岡英雄安村良男:亜急性心膜心筋炎の合併が示唆された慢性関節リウマチの1例、第107回日本循環器学会近畿地方会、20096

 

佐々木典子小出雅雄山戸昌樹廣岡慶治是恒之宏楠岡英雄安村良男:高齢ALアミロイドーシスの急速な憎悪に対しMP療法が有効だった1例、日本内科学会第189回近畿地方会、大阪、20099

 

乾礼興宮崎宏一宇都宮紫濱野剛谷口達典中川彰人北田博一小出雅雄山戸昌樹佐々木典子廣岡慶治川口義廣楠岡英雄安村良男是恒之宏:徐脈頻脈症候群を合併した冠攣縮性狭心症の3例、第108回日本循環器学会近畿地方会、和歌山、200912

 

B-8

楠岡英雄:治験審査・倫理委員会と委員の役割、国立病院機構治験および臨床研究倫理審査委員会に関する研修会、東京、20097

 

楠岡英雄:新たな治験5カ年計画の現状について、第1回四国地区治験推進連絡協議会、徳島、20098

 

楠岡英雄:臨床試験のあり方:医師の立場から、平成21年度大阪大学臨床医工学・情報スキルアップ講座、大阪、20098

 

楠岡英雄:治験実施医療機関の長の役割とCRCへの期待、厚生労働省平成21年度初級者臨床研究コーディネーター養成研修、東京、20099

 

楠岡英雄:臨床研究と治験の現状と今後の課題、愛ネットワーク臨床研究セミナー、松山、200911

 

楠岡英雄:新たな治験活性化5カ年計画の最近の動向、大阪府創薬推進連絡協議会中核・拠点医療機関等分科会、大阪、200912

 

楠岡英雄:わが国の創薬基盤を考える〜治験・臨床研究の活性化に向けて〜、第21回製薬協政策セミナー、東京、20103

 

楠岡英雄IT化・情報機器検討会、医療機能評価機構患者安全推進全体フォーラム、東京、20103

 

楠岡英雄:医療機器の適正評価、医療技術産業戦略コンソーシアム第2回医療テクノロジー推進会議、東京、20103

 

楠岡英雄IRBIRB委員の役割、厚生労働省治験・臨床研究倫理審査委員研修会、東京、20103