形成外科

2009年度研究発表業績】

A-0

Ogawa R, Yoshitatsu S, Yoshida K, Miyashita Is Radiation Therapy for Keloids Acceptable ? - The Risk of Radiation-induced Carcinogenesis. Plast Reconstr Surg. 2009 Oct;124(4):1196-201. Review.

 

A-1

吉龍澄子::稗粒腫、鶏眼・胼胝形成外科医に必要な皮膚腫瘍の診断と治療 形成外科診療プラクティス」 山本有平 編集 pp80-81 文光堂、東京 20094

 

吉龍澄子:放射線組織内照射療法。「Papers No 33 ケロイド・肥厚性瘢痕の最新治療」 小川 伶 編集 pp53-60 全日本病院出版会、東京、20099

 

A-3

吉龍澄子 高木正:眼瞼周囲の悪性腫瘍の皮弁術〜私の使い分け〜 第25回皮膚悪性腫瘍学会ワークショップ皮弁術と植皮術Skin Cancer 24(3): 409-415, 2009

 

B-2

Sumiko Yoshitatsu1, Ken Matsuda2, Kenji Yano2, Ko Hosokawa2, Koichi Tomita2, Takeki Kubo2  Muscle Flap Mass Preservation by Sensory Reinnervation with End-to-side Neurorrhaphy:―An Experimental Study in Rats and Clinical Application5 th Congress of the World Society for Reconstructive Microsurgery 2009625日(木)〜27日(土)(沖縄市)

 

B-3

吉龍澄子、高木 正眼瞼周囲の悪性腫瘍の皮弁術皮弁の使い分けー(ワークショップ)

25回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会2009522日(金)〜23日(土)(岡山市)

 

B-4

吉龍澄子、岩佐葉子拡大切除後に耳下腺に再発した基底細胞癌神経周囲浸潤のある基底細胞癌27回日本臨床皮膚外科学会学術大会200927日(土)(名古屋市)

 

吉龍澄子、大崎陽子口腔内再建における筋膜脂肪弁付き前腕皮弁の工夫52回日本形成外科学会総会・学術集会2009422日(水)〜424(金)(横浜市)

 

吉龍澄子、岩佐葉子、田中英一拡大切除後に耳下腺に再発した基底細胞癌神経周囲浸潤のある基底細胞癌25回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会2009522日(金)〜23日(土)(岡山市)

吉龍澄子、有家 巧、林 伊吹口腔内・下顎再建における筋膜脂肪弁付き前腕皮弁(変法)の工夫33回日本頭頚部癌学会 2009611日(木)〜12日(金)(札幌市)

 

森田耕作、吉龍澄子、佐々木典子 短時間の手術を契機に発見された深部静脈血栓症・肺血栓塞栓症の一例 31回大阪形成外科医会 2009103日(土)(大阪市)

 

吉龍澄子、森田耕輔頭頚部再建における再建部位合併症27回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会総会20091119()20日(金)(東京)

 

吉龍澄子、森田耕輔、有家 巧Fascia bow traction法(仮題)による頬粘膜癌術後の顔面神経下顎縁枝麻痺の再建の工夫。第15回形成外科手術手技研究会 201026日(土)(長崎)

 

兼松大介、吉龍澄子、山本篤代、正札智子、金村米博ヒト真皮線維芽細胞の分化能( Differentiation potential of the human dermal fibroblasts 9回日本再生医療学会総会 2010318日〜19日(広島)

 

B-6

大崎陽子、吉龍澄子上口唇類上皮血管腫の192回日本形成外科学会関西支部学術集会 2009620日(土)(大阪市)

 

森田耕作、吉龍澄子、増田慎三巨大乳腺過誤腫に対してMcKissock 法を応用して摘出した一例

93回日本形成外科学会関西支部学術集会 2009125日(土)(西宮市)