臨床検査科・病理診断科

2009年度研究発表業績】

A-0

Tamaki Y, Akiyama F, Iwase T, Kaneko T, Tsuda H, Sato K, Ueda S, Mano M, Masuda N, Takeda M, Tsujimoto M, Yoshidome K, Inaji H, Nakajima H, Komoike Y, Kataoka Tatsuki R. Nakamura S, Suzuki K, Tsugawa K, Wakasa K, Okino T, Kato Y, Noguchi S, Matsuura N.Molecular Detection of Lymph Node Metastases in Breast Cancer Patients:Results of a Multicenter Trial Using the One-Step Nucleic Acid Amplification Assay.Clin Cancer Res 2009; 15(8) 2879-2884 (20094)

Mizuuchi E, Semba S, Kodama Y, Yokozaki H. Down-modulation of keratin 8 phosphorylation levels by PRL-3 contributes to colorectal carcinoma progression. Int J Cancer 2009; 124(8): 1802-1810 (20094)

 

Shimizu C, Masuda N, Yoshimura K, Tsuda H, Mano M, Ando M, Tamura K, Fujiwara Y. Long-term outcome and pattern of relapse after neoadjuvant chemotherapy in patients with human epidermal growth factor receptor 2-positive primary breast cancer.  Japanese Journal of  Clinical Oncology 2009; 39(8): 484-490 (20095)

 

Miyata H, Yoshioka A, Yamasaki M, Nushijima Y, Takiguchi S, Fujiwara Y, Nishida T, Mano M, Mori M, Doki Y.  Tumor budding in tumor invasive front predicts prognosis and survival of patients with esophageal squamous cell carcinomas receiving neoadjuvant chemotherapy.  Cancer 2009;115(14):3324-3334. (20097)

 

Semba S, Kodama Y, Ohnuma K, Mizuuchi E, Masuda R, Yashiro M, Hirakawa K, Yokozaki H. Direct cancer-stromal interaction in increases fibroblast proliferation and enhances invasive properties of scirrhous-type gastric carcinoma cells. Br J Cancer 2009; 101(8): 1365-1373 (200910)

 

Miki Y, Kurokawa Y, Hirao M, Fujitani K, Iwasa Y, Mano M, Nakamori S, Tsujinaka T.  Survival analysis of patients with duodenal gastrointestinal stromal tumors.  J Clin Gastroenterol 2010; 44(2): 97-101(20102)

 

Kurotsuchi A, Murakumo Y, Jijiwa M, Kurokawa K, Itoh Y, Kodama Y, Kato T, Enomoto A, Asai N, Terasaki H, Takahashi M. Analysis of DOK-6 function in downstream signaling of RET in human neuroblastoma cells.  Cancer Sci. 2010; Feb 3. [Epub ahead of print] (20102)

 

A-3

牧野知紀、平尾素宏、竹田雅司、眞能正幸辻仲利政:Sustained complete response following combined nedaplatin+ adriamycin+5-fluorouracil therapy in a patient with superficial esophageal cancer -case report-. 「癌と化学療法」36(7): P1151-1154, 20097

 

眞能正幸木下幸保、佐藤智晃、渡辺長治、山中淳葛下典由三田英治:臨床検体を用いたエクルーシス試薬Anti-HCVの評価 医学と薬学2009;62(3):P. 443-450. 20099

 

増田慎三山村順田中麻紀子小川昌美徳田由紀子児玉良典眞能正幸:乳頭異常分泌例に対するICG蛍光法を用いた乳管葉部分切除。「外科」719):P. 922-928, 200910

 

小川久貴辻江正徳宮本敦史辻仲利政中森正二、岩佐葉子、眞能正幸:集学的治療が奏効したリンパ節転移を伴うStage IVb肝細胞癌の1例。「肝臓」50(10): P. 571-577, 200910

 

B-2

Masuda H, Masuda N, Kodama Y, Ogawa M, Karita M, Yamamura J, Mano M, Nakamori S, Tsujinaka T,Predictive factors for effectiveness of neoadjuvant chemoterapy in triple negative breast cancers. IMPAKT  Breast Cancer ConferenceImproving care and knowledge through translational  research), Brussel,Belgium20095

 

Yamamura JMasuda N, Tanaka M, Ogawa M, Kodama Y,  Takeda M, Mano M, Nakamori S, Tsujinaka T.Evaluation of the confidence in pathologic diagnosis by core needle biopsy for conducting preoperative, personalized treatment for breast cancer . ASCO Breast , San Francisco,USA, 200910

 

B-4

増田慎三山村 順小川昌美、竹田雅司、真能正幸:術前化学療法からみたtriple negative 乳癌におけるBiomakerの検討。第34回乳癌懇話会、福岡、20094

 

小川昌美増田慎三山村 順増田紘子苅田真子徳田由紀子児玉良典竹田雅司真能正幸:一般演題(5)「乳腺2」浸潤癌との鑑別を要したFibrous diseaseの検討。第22回日本乳腺甲状腺超音波診断会議、東京、20094

 

小河原光正大宮英泰宮本智高見康二矢嶋敬史郎富成伸次郎白阪琢磨野村香織児玉良典眞能正幸:ニューモシスチス肺炎の経過中に肺に腫瘤陰影を認め、経気管支生検にて悪性リンパ腫と診断したAIDSの一症例。第32回日本気管支内視鏡学会学術集会、東京、20095

 

高見康二大宮英泰黒川幸典山村順辻江正徳安井昌義増田慎三宮本敦史池永雅一平尾素宏藤谷和正三嶋秀行中森正二辻仲利政栗山啓子眞能正幸:左上大静脈を合併した多房性胸腺嚢胞の1切除例。第26回日本呼吸器外科学会総会、北九州市、20095

 

柏崎正樹、武田裕、眞能正幸辻仲利政中森正二:成人に発症した肝間葉性過誤腫の1切除例。第64回日本消化器外科学会総会、大阪、20097

 

神谷まひる山田成利渡辺悠里子西村史朋宮崎有美子佐々木浩呂江岡垣篤彦伴千秋、岩佐葉子、真能正幸:繰り返す生検では子宮内膜異型増殖症としか診断しえなかった、進行子宮体癌の1例。第46回日本婦人科腫瘍学会学術講演会、新潟、2009 7

 

山村 順増田慎三小川昌美増田紘子苅田真子児玉良典真能正幸森内秀祐中森正二辻中利政:乳癌脳転移症例の検討。第17回日本乳癌学会学術総会、東京、20097

 

徳田由紀子竹田雅司増田慎三児玉良典小川昌美増田紘子山村 順吉田 謙:仰臥位MRIによる乳房温存術推奨切除範囲の検討。第17回日本乳癌学会学術総会、東京、20097

 

小川昌美増田慎三山村 順増田紘子苅田真子徳田由紀子竹田雅司児玉良典真能正幸中森正二辻中利政:浸潤癌との鑑別を要したFibrosis/Fibrous diseaseの検討。第17回日本乳癌学会学術総会、東京、20097

 

増田紘子吉田 謙増田慎三小川昌美山村 順苅田真子田中英一徳田由紀子 児玉良典竹田雅司:非手術治療としての組織内照射の検討。第17回日本乳癌学会総会、東京、20097

 

小川昌美山村 順高見康二大宮英康増田紘子苅田真子児玉良典真能正幸増田慎三中森正二辻仲利政:胸腔鏡下心膜開窓ドレナージ術が有効であった乳癌の癌性心膜炎による心タンポナーデの一例。第18回日本がん転移学会学術集会・総会、旭川、20097

 

末武貢舩坂裕久増田一吉眞能正幸:当院における肝臓病教室への検査技師のかかわりとアンケート結果について。第56回日本臨床検査医学会学術集会、札幌、20098

 

増田一吉舩坂裕久末武貢眞能正幸:脛骨転移を来たした肺大細胞神経内分泌癌の一例。56回日本臨床検査医学会学術集会、札幌、20098

 

小川昌美山村 順高見康二大宮英泰増田紘子苅田真子児玉良典眞能正幸増田慎三中森正二辻仲利政:胸腔鏡下心膜開窓ドレナージ術が有効であった乳癌の癌性心膜炎による心タンポナーデの一例。第18回日本がん転移学会総会、旭川、20097

 

大宮英泰高見康二辻仲利政山子泰斗宮本智小河原光正栗山啓子児玉良典眞能正幸:間質性肺炎経過観察中に発見された大細胞神経内分泌癌・扁平上皮癌の同時多発肺癌の1例。第50回日本肺癌学会総会、東京、200910

 

小河原光正宮本智山子泰斗渡邊大白阪琢磨高見康二大宮英泰田中英一吉田謙栗山啓子眞能正幸:胸部放射線化学療法同時併用療法を安全に実施し、PRが得られたCD4低下を伴うHIV合併肺非小細胞癌の一例。第50回日本肺癌学会総会、東京、200910

 

高見康二, 大宮英泰, 辻仲利政, 小河原光正, 栗山啓子, 眞能正幸, 前田純, 岡見次郎, 尾田一之, 東山聖彦, 冨田裕彦, 児玉憲:末梢腺癌多発例におけるEGFR遺伝子変異の解析。第50回日本肺癌学会総会、東京、200910

 

白髭なお岡田恵竹立精司笹川淳末武貢増田一吉田中恒二眞能正幸:外来患者から検出されたランブル鞭毛虫Giardia lamblia栄養型の一症例。第63回国立病院総合医学会、仙台、200910

 

佐子肇菅原純水松千香子古川加奈吉川耕平鈴木順子木下幸保田中恒二眞能正幸:ムコール症(接合菌症)の迅速検査法。第63回国立病院総合医学会、仙台、200910

増田慎三山村 順田中麻紀子苅田真子黒川幸典辻江正徳安井昌義大宮英泰池永雅一宮本敦史平尾素宏高見康二藤谷和正三嶋秀行児玉良典真能正幸徳田由紀子 中森正二辻仲利政 :赤外線観察カメラシステム(PDE)-ICG蛍光法を用いた乳癌センチネルリンパ節生検の有効性に関する検討。第71回日本臨床外科学会総会、京都、200911

 

三木友一朗辻江正徳池永雅一宮本敦史児玉良典眞能正幸辻仲利政中森正二HNPCC 由来多重癌に合併する膵腺房細胞癌の一例。第20回日本消化器癌発生学会、広島、200911

 

小川昌美増田慎三山村 順田中麻紀子苅田真子黒川幸典辻江正徳安井昌義大宮英泰池永雅一宮本敦史平尾素宏高見康二藤谷和正三嶋秀行児玉良典眞能正幸中森正二辻仲利政:赤外線観察カメラシステム(PDE-ICG蛍光法を用いた乳癌センチネルリンパ節生検の有用性に関する検討。第71回日本臨床外科学会、京都、200911

 

中水流正一伊藤麻里荒木 学末村茂樹吉岡千晶大田真紀代末吉由佳太田高志長谷川裕子森田香織由雄敏之外山 隆葛下典由小川吉彦渡邊 大上平朝子白阪琢磨児玉良典三田英治AIDS関連十二指腸悪性リンパ腫の1例。第6回日本消化管学会総会、福岡、20102

 

B-6

小川昌美増田慎三山村 順田中麻紀子児玉良典苅田真子田中英一徳田由紀子吉田 謙竹田雅司真能正幸中森正二-:乳癌術後20年目に同側腋窩リンパ節再発をきたした1例。第8回日本乳癌学会近畿地方会、神戸、200912

 

岡本奈津子増田慎三山村 順田中麻紀子小川昌美苅田真子児玉良典徳田由紀子吉田 謙竹田雅司眞能正幸中森正二辻仲利政:乳癌術後20年目に同側腋窩リンパ節再発をきたした1例。第7回日本乳癌学会近畿地方会、神戸、200912

 

相原美奈子枦山武寛末武貢東野正明川上理朗田中恒二眞能正幸:顔面神経麻痺の予後判定に用いられるENoG検査の評価。第36回国臨協近畿支部総会・学会、神戸、20096

 

白髭なお岡田恵竹立精司笹川淳末武貢田中恒二眞能正幸:外来患者から検出されたランブル鞭毛虫Giardia lamblia栄養型の一症例。第36回国臨協近畿支部総会・学会、神戸、20096

 

山本有香山下保喜竹立精司岡田恵大西光雄田中恒二眞能正幸:薬物中毒検出用キット トライエージDOAの使用経験。平成21年度。第36回国立病院臨床検査技師協会近畿支部学会、大阪、20096

 

糸山光麿児玉良典田中麻紀子小川昌美山村順増田慎三徳田由紀子吉田謙竹田雅司眞能正幸:細胞診にて悪性が疑われたDuctal adenoma1例。第7回日本乳癌学会近畿地方会、神戸、200912