内科 腎臓内科 糖尿病内科 血液内科 呼吸器内科 脳卒中内科

2009年度研究発表業績】

A-0

Sugiura, T., Wada, A.: Resistive index predicts renal prognosis in chronic kidney disease. Nephrol Dial Transplant 2009; 24(9): 2780-2785 20099

 

Hashimoto H., Tagaya M., Niki H., Etani H.: Computer-assisted analysis of heterogeneity on B-mode imaging predicts instability of asymptomatic carotid plaque. Cerebrovasc Dis. 2009; 28(4): 357-364 20097

 

A-2

野村香織池田弘和井上信正γ重鎖病 「WHO血液腫瘍分類〜WHO分類2008をうまく活用するために〜」直江知樹(医薬ジャーナル社)、297-29920102

 

A-4

恵谷秀紀:ジョージタウンのマントラは本邦に根づくか?Osaka Heart Club 2009;33:1-2.20094

 

恵谷秀紀:ジョージタウンのマントラは本邦に根づくか?Osaka Heart Club 2009;33:1-2.

20094

 

A-5

山田信博、石橋俊、井藤英喜、及川真一、大橋靖雄、沖田孝平、片山茂裕、佐藤麻子、林登志雄、鈴木進、横手幸太郎、水流添覚、森保道、渥美義仁、松久宗英、山下英俊、曽根博仁、東堂龍平2型糖尿病患者のQOL、血管合併症及び長期予後改善のための前向き研究(Japan Diabetes Complications Study; JDCS) 厚生労働科学研究費補助金 循環器疾患等総合研究事業 平成20年度総括研究報告書 2型糖尿病患者のQOL、血管合併症及び長期予後改善のための前向き研究 p1-6 20093

A-6

東堂龍平:最新の医療シリーズ25 糖尿病の地域連携パス、大阪医療センターニュース(Osaka National Hospital News20097月号 No.33):P6-720097

 

東堂龍平:糖尿病教室・連携パス・ウォークラリーで多方面から糖尿病患者をサポート、Diabetes Mellitus FrontlineP1-420101

 

東堂龍平:新しい糖尿病治療薬の話題、大阪市東医師会月報平成222月号:P4-520102

 

東堂龍平糖尿病について 第一回、大阪医療センターメールマガジン「法円坂」No.10120091020

 

東堂龍平糖尿病について 第二回、大阪医療センターメールマガジン「法円坂」No.10220091116

 

東堂龍平糖尿病について 第三回、大阪医療センターメールマガジン「法円坂」No.10320091215

 

東堂龍平糖尿病について 第四回、大阪医療センターメールマガジン「法円坂」No.1042010115

 

和田晃:臨床研修教育、大阪透析研究会会誌、27(2):巻頭言、20099

 

B-4

山田和範、青木雄次、石川公子、宇治原誠、加藤泰久、小堀祥三、田中剛史、東堂龍平、豊永哲至、成宮学、能登裕、板根直樹、尾藤誠司、菊池秀:国立病院機構における糖尿病教育入院クリティカルパスの比較検討。52回日本糖尿病学会年次学術集会、大阪2009521-24

 

安田哲行、片上直人、金藤秀明、小杉元宏、高原充佳、坂本扶美枝、嵩龍一、川島聡、田中文子、白岩俊彦、山本かをる、加藤研、吉内和富、黒田暁生、坂本賢哉、松岡孝昭、山崎義光、松久宗秀:2型糖尿病患者において血清YKL-40濃度は頸動脈IMTと相関する。52回日本糖尿病学会年次学術集会、大阪2009521-24

 

白岩俊彦、金藤秀明、宮塚健、嵩龍一、川島聡、加藤研、山本かをる、吉内和富、片上直人、黒田暁生、安田哲行、坂本賢哉、松岡孝昭、松久宗秀、山崎義光:非インスリン治療2型糖尿病患者における食後血糖自己測定の有用性。52回日本糖尿病学会年次学術集会、大阪2009521-24

 

中谷嘉寿、内藤紗貴子、松枝恵、石橋江里子、今野英一:2型糖尿病合併高血圧に対するアゼルニジピンの有用性についての検討。52回日本糖尿病学会年次学術集会、大阪2009521-24

 

松枝恵、内藤紗貴子、中谷嘉寿、石橋江里子、今野英一:2型糖尿病患者におけるe-GFR、アルブミン尿別、動脈硬化の検討。52回日本糖尿病学会年次学術集会、大阪2009521-24

 

石橋江里子、内藤紗貴子、松枝恵、中谷嘉寿、今野英一:糖尿病腎症患者の腎機能と糖脂質代謝における高用量ARBの意義について。52回日本糖尿病学会年次学術集会、大阪2009521-24

 

岡垣篤彦東堂龍平是恒之宏楠岡英雄:病院情報システムにおけるユーザーメードシステムの果たす役割インターフェースの高度カスタマイズと業務支援系への応用13回日本医療情報学会春期学術大会、長崎、2009613-14

 

岡垣篤彦東堂龍平是恒之宏楠岡英雄:高度総合医療機関におけるEUCの必要性と実運用状況の報告。29回日本医療情報学会学術大会、広島、20091121-25

 

松尾彩東野正明今西健二三浦あゆみ森田由美鳥山明子井下久美子、青野幸余三田英治辻仲利政東堂龍平:心臓疾患術後に摂食嚥下障害を呈する患者の栄養管理について。第13回日本病態栄養学会年次学術集会、京都、201019-10

 

今西健二西塔拓郎小川久貴庄野裕志島田志美盛本優香西本賢一曽谷幸美、 田中康晴三田英治東堂龍平辻仲利政NSTユニット化の一環としたICU病棟での取り組み。25回日本静脈経腸栄養栄養学会、千葉、2010225

 

鳥山明子森田有美今西健二三賀森学佐々木桂子三田英治東堂龍平辻仲利政:消化吸収不良症候を呈した胃切除術後患者に対するアプローチと対応について。

25回日本静脈経腸栄養栄養学会、千葉、2010225

 

杉浦寿央、和田晃Resistive index高値は慢性腎臓病進行の危険因子である。

106回日本内科学会講演会、東京、2009410日〜12

 

吉村光弘、今澤俊之、中山勝、和田晃、片渕律子、河田哲也、菅原照、川村哲也:IgA腎症に対する扁摘パルス療法の有効性に関する無作為割付研究と後向き調査。第106回日本内科学会講演会、東京、2009410日〜12

 

酒井佳奈紀中野知沙子和田晃MRSA心筋炎による敗血症を認めた血液透析患者の1剖検例。第54回日本透析医学会学術集会、横浜市、200965日〜7

 

小河原光正宮本智山子泰斗、渡邊大、白阪琢磨、高見康二、大宮英泰、田中英一、吉田謙、栗山啓子、真能正幸:胸部放射線化学療法同時併用療法を安全に実施し、PRが得られたCD4低下を伴うHIV合併肺非小細胞癌の一例。第50回日本肺癌学会総会.東京、200911

 

大宮英泰、高見康二、辻仲利政、山子泰斗宮本智小河原光正、栗山啓子、児玉良典、真能正幸:間質性肺炎経過観察中に発見された大細胞神経内分泌癌・扁平上皮癌の1例。 第50回日本肺癌学会総会、東京、200911

 

高見康二、大宮英泰、辻仲利政、小河原光正、栗山啓子、真能正幸、前田純、岡見次郎、尾田一之、東山聖彦、冨田裕彦、児玉憲:末梢腺癌多発例におけるEGFR遺伝子変異の解析。第50回日本肺癌学会総会、東京、200911

 

小河原光正、大宮英泰、宮本智、高見康二、矢嶋敬史郎、富成伸次郎、白阪琢磨、野村香織、児玉良典、真能正幸:ニューモシスチス肺炎の経過中に肺に腫瘤陰影を認め,経気管支生検にて悪性リンパ腫と診断したAIDSの一症例。第32回日本呼吸器内視鏡学会学術集会、東京、20095

 

川村美貴橋本弘行、山中一巧、尾崎友彦、玄 富翰神吉秀明多賀谷昌史、森内秀祐、恵谷秀紀:頸動脈ステント留置術前における頸動脈エコーおよびMRIBlack Blood法)検査の意義について。第34回日本脳卒中学会総会、松江市、20093

 

玄 富翰多賀谷昌史、山中一行、川村美貴神吉秀明橋本弘之、森内秀佑、恵谷秀紀:頸動脈STENT術週術期TCDモニタリングのピットフォール。第28回日本脳神経音波学会、豊中市、20097

 

B-6

佐々木桂子内藤紗貴子加藤研徳田由紀子真能正幸東堂龍平:オクトレチド投与にて長期間低血糖予防が可能であったインスリノーマの1症例。第46回日本糖尿病学会近畿地方会、京都、2009113

 

中野知沙子高松彩子酒井佳奈紀倭成史和田晃:混合性結合織病およびANCA関連血管炎の経過中に視神経乳頭炎を発症した1例。第39回日本腎臓学会西部学術大会、和歌山市、20091016日〜17

 

朴澤憲和高松彩子中野知沙子酒井佳奈紀倭成史和田晃:右副腎結節病変を認めた特発性アルドステロン症の症例。第190回日本内科学会近畿地方会、神戸市、2009

1219

 

久保りか、安藤性實、今村麻衣子、谷尻力、横井崇、 鳥居芳太郎、米津精文、福原資郎:蕎麦により発症した過敏性肺臓炎の一例。第73回日本呼吸器学近畿地方会・第103回日本結核病学会近畿地方会、奈良、20097

 

田原紳一郎後藤裕信、大宮英泰、高見康二、辻仲利政、小河原光正、栗山啓子、児玉良典、真能正幸:後縦隔に存在する胸腺嚢胞の一例。第91回日本肺癌学会関西支部会、大津、20101

 

神吉秀明玄 富翰川村美貴橋本弘行多賀谷昌史東堂龍平恵谷秀紀:再発を繰り返した若年性脳梗塞の1例。第188回日本内科学会近畿地方会、大阪市、20096

 

朴澤憲和玄 富翰橋本弘行神吉秀明多賀谷昌史恵谷秀紀:症候性頭蓋外左内頚動脈解離の発症後に、無症候性頭蓋外右内頚動脈解離を発症した1例。第90回日本神経学会近畿地方会、大阪市、20096

 

神吉秀明玄 富翰川村美貴橋本弘行多賀谷昌史東堂龍平恵谷秀紀:再発を繰り返した若年性脳梗塞の1例。第12回日本栓子検出と治療学会、大阪市、200910

 

B-6

井上千英子野村香織池田弘和井上信正多発性骨髄腫の治療中にびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫を発症した一例。34回日本骨髄腫研究会、新潟市、20091121

 

B-7

小河原光正:シスプラチン・ペメトレキセド併用化学療法により長期間にわたり奏効が持続した悪性胸膜中皮腫の一例。第3回四国胸部悪性腫瘍懇話会、鳴門、20101

 

B -8

瀧秀樹:心・腎疾患予防を考慮した糖尿病治療。糖尿病病診連携勉強会、大阪、2009530

 

東堂龍平:糖尿病の地域連携パスについて        。糖尿病病診連携勉強会、大阪、2009530

 

東堂龍平:糖尿病と栄養。平成21年度国立病院機構近畿ブロック事務所専門研修 NST実習技術研修、大阪、200962

 

東堂龍平:糖尿病神経障害。大阪大学医学部内分泌・代謝学講座臨床講義 大阪、2009616

 

東堂龍平:糖尿病地域連携パスへの取り組みについて。第17回法円坂地域医療フォーラム、大阪、200966

 

東堂龍平:経口糖尿病治療薬について。Osaka Medical Academy、大阪、2009624

 

加藤研:1型糖尿病歴24年、医師歴11年の体験記。第11回アーバー勉強会、伊丹市立労働福祉会館・青少年センター、20097

 

加藤研:糖尿病 最近の話題。大阪市東医師会学術講演会、三井ガーデンホテル、20099

東堂龍平:インスリン療法。Osaka Medical Academy、大阪、20091125

 

東堂龍平:メディカルクイズ。平成21年度糖尿病教室「試食会」、大阪、20091110

 

東堂龍平:新しい糖尿病治療薬の話題。大阪市東区医師会学術講習会、大阪、2010120

 

加藤研1型糖尿病の人生を前向きに生きる。第31型糖尿病の集い in Wakayama、和歌山県立医科大学、20102

 

東堂龍平:新しい糖尿病治療薬の話題。大阪府病院薬剤師会第8支部学術講演会、大阪、2010327

 

B-8

橋本弘行:最近の脳梗塞に関する話題について tPA 、頸動脈不安定プラーク、 頸動脈ステント治療、抗血小板薬など」。鶴見区医師会講演会、大阪市、20096

 

多賀谷昌史:脳梗塞の治療、予防。日頃の臨床に役立つ循環器勉強会、大阪市、20099

 

多賀谷昌史:脳梗塞診療の現況。大阪市中央区産業医RTS勉強会、大阪市、200910