整形外科

2009年度研究発表業績】

A-0

Ueda T.  Development of multidisciplinary approach for bone and soft-tissue sarcomas in Japan. Recent Advances and Research Updates 2009; 10(1): 57-74. 20097

 

Nishida Y, Isu K, Ueda T, Nishimoto Y, Tsuchiya H, Wada T, Sato K, Tsukushi S, Sugiura H. Osteosarcoma in the elderly over 60 years: a multicenter study by the Japanese Musculoskeletal Oncology Group. J Surg Oncol 2009; 100(1): 48-54. 20097

 

Matsumine A, Kusuzaki K, Nakamura T, Nakazora S, Niimi R, Matsubara T, Uchida K, Murata T, Kudawara I, Ueda T, Naka N, Araki N, Maeda M, Uchida A. Differentiation between neurofibromas and malignant peripheral nereve sheath tumors in neurofibromatosis 1 evaluated by MRI. J Cancer Res Clin Oncol 2009; 135(7): 891-900. 20097

 

Kubo T, Matsui Y, Naka N, Araki N, Goto T, Yukata K, Endo K, Yasui N, Myoui A, Kuwabata H, Yoshikawa H, Ueda T. Expression of HMGA2-LPP and LPP-HMGA2 fusion genes in lipoma: Identification of a novel type of LPP-HMGA2 transcript in four cases. Anticancer Res 2009; 29(6): 2357-2360. 20096

 

Zhang B, Tomita Y, Ch’ng E, Qiu Y, He J, Jin Yu-Fen, Tomoeda M, Hamada K, Ueda T, Aozasa K. Prognostic significance of phosphorylated FOXO1 expression in soft tissue sarcoma. Ann Surg Oncol 16(7): 1925-1937. 20097

 

Morioka K, Tanikawa C, Ochi K, Daigo Y, Katagiri T, Kawano H,  Kawaguchi H, Myoui A, Yoshikawa H, Naka N, Araki N, Kudawara I,  Ieguchi M, Nakamura K, Nakamura Y, and Matsuda K  Orphan receptor tyrosine kinase ROR2 as a potential therapeutic target for osteosarcoma  Cancer science 100(7):1227-33, 20097

 

Nakahara I, Nakamura N, Nishii T, Miki H, Sakai T, Sugano N.  Minimum Five-Year Follow-Up Wear Measurement of Longevity Highly Cross-Linked Polyethylene Cup Against Cobalt-Chromium or Zirconia Heads.J Arthroplasty. 2009 Oct 29. [Epub ahead of print]  200910

 

Sugano N, Miki H, Nakamura N, Aihara M, Yamamoto K, Ohzono K.  Clinical efficacy of mechanical thromboprophylaxis without anticoagulant drugs for elective hip surgery in an Asian population.

J Arthroplasty. 2009 Dec;24(8):1254-7.  200912.

 

Sugano N, Takao M, Sakai T, Nishii T, Miki H, Nakamura N.  Comparison of mini-incision total hip arthroplasty through an anterior approach and a posterior approach using navigation.

Orthop Clin North Am. 2009 Jul;40(3):365-70. 20097

 

Koyama T, Sugano N, Nishii T, Miki H, Takao M, Sato Y, Yoshikawa H, Tamura S.  MRI-based surgical simulation of transtrochanteric rotational osteotomy for femoral head osteonecrosis.

J Orthop Res. 2009 Apr;27(4):447-51.  20094

 

A-2

上田孝文:原発性悪性骨・軟部腫瘍.整形外科医のための薬物療法ABC(宗圓 聰・編),第1版,106-111メジカルビュー社,東京、 20103

 

北野元裕脳神経外科医が知っておくべき各分野の知識 整形外科・リハビリテーション領域 小児脳神経外科学 横田晃 山崎麻美 坂本博昭、985-998,金芳堂、京都、20099

 

A-3

上田孝文:論点関節機能温存法人工関節置換術か代替法か人工関節置換術の立場から腫瘍用人工関節の適応と今後の展望.臨床整形外科 44(6)555-560,20096

 

中瀬尚長, 安井夏生, 北野元裕, 廣島和夫, 河井秀夫, 上田孝文, 樋口周久, 吉川秀樹:創外固定の原理と応用 基礎から新しい臨床展開まで 軟部組織の延長の可能性(神経、靱帯、腱) Ilizarov法による軟部組織延長を用いた難治性足部変形の矯正術 別冊整形外科55226-23320094            

 

友永真人、中瀬尚長、北野元裕、渋谷高明、河井秀夫、上田孝文:創外固定の原理と応用 基礎から新しい臨床展開まで 各種創外固定法の特徴 単支柱 単支柱型創外固定器を用いたcenter of rotation of angulation(CORA)法による変形矯正 別冊整形外科5550-5620094           

 

石井圭輔、青野博之、高橋聡一郎、豊根知明:【脊椎外傷の治療update】胸腰椎椎体骨折(骨脆弱性骨折を含まない)に対するligamenttaxisをもちいた後方固定術 多施設研究) 整形・災害外科 5213):1643-1651,200912

 

三木秀宣、津田晃祐、鈴木直樹、米延策雄、菅野伸彦:医用画像技術の臨床応用新展開 四次元動作解析システムの人工股関節術後脱臼予防、治療への応用 医工学治療学 527720094

 

A-4

上田孝文,荒木信人,吉川秀樹:骨肉腫に対する集学的治療体系の進歩と今後の治療戦略化学療法を中心に.小児がん200946(2):175-180. 20095

B-2

Miki H. Nishihara S. The effect of a CT-based navigation system for orientation of prosthesis  in total hip arthroplasty.  The 6th Asian Society for Computer Assisted Orthopaedic Surgery, Osaka, Japan, 20095

 

Miyamoto T.  MIS Oxford UKA - Knack & Pitfall -  Minimally Invasive Knee Current Issue Meeting, Warsaw, Poland, 20096

 

Miyamoto T.  The Principle and Surgical Technique of Minimally Invasive Total Knee Arthroplasty  Knee Rotating Platform Instructional Course, Bangkok, Thailand, 20097

 

Hiroyuki AonoSurgical outcome of steppage gait(drop foot) due to lumbar degenerative diseases.

The 3rd International Congress on Gait & Mental Function, Washington D.C., USA, 20102

 

Kakunaga S, Ueda T, Kudawara I, Yoshikawa H.  Administration of high-dose methotrexate without pretherapy hydration  The 15th International Syposium on Limb Salvage (ISOLS), Boston, USA, 20097

 

B-3

上田孝文,荒木信人,吉川秀樹:シンポ34. 骨肉腫治療における化学療法の進歩と今後の展開.第82回日本整形外科学会学術集会,福岡,20095

 

上田孝文パネルD1.アジア各国における骨・軟部腫瘍診療の現状,"Developmemt and Future Prospect of Multidisciplinary Approach for Treatment of Bone and Soft-Tissue Sarcomas in Japan." 42回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会,横浜,20097

 

上田孝文,荒木信人,吉川秀樹:パネルD5. 骨肉腫における化学療法の進歩と今後の治療戦略.47回日本癌治療学会学術集会,横浜,200910

 

B-4

三木秀宣、中村宣雄、鈴木直樹、米延策雄、菅野伸彦:四次元動作解析システムの人工股関節術後脱臼予防、治療への応用25回医工学治療学会、大阪、20094

 

許太如濱田英敏三木秀宣:ナビゲーションを用いたTHAにおける大骨stem設置角度の精度。第40回日本人工関節学会、宜野湾、20102

宮本隆司吉田礼徳上田孝文UKA後の臨床及びX線評価40回日本人工関節学会、宜野湾、20102

 

吉田礼徳宮本隆司上田孝文:人工膝関節全置換術後の静脈血栓塞栓症予防対策としてのXa阻害剤と低分子量ヘパリンの使用経験40回日本人工関節学会、宜野湾、20102

 

三木秀宣、田村理、濱田英敏許太如、菅野伸彦:可動域シミュレーションからみた過小過大大骨前捻症例に対する大骨頭系インプラントの有用性40回日本人工関節学会、宜野湾、20102

 

北野元裕上田孝文9歳以降の年長児の股関節疾患に対する内側、前方2アプローチによるトリプル骨盤骨切り術の経験20回日本小児整形外科学会、松山、200912

 

三木秀宣、西原俊作、許太如、菅野伸彦:同じ三次元術前計画を用い行ったCT-basedナビゲーション使用、非使用THAでの術後アライメント比較36回日本股関節学会、京都、200910

 

宮本隆司吉田礼徳上田孝文Patellar clunk syndromeの病態と発生要因についての検討1回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会、札幌、20096

 

宮本隆司オキシニウム人工膝関節置換術の現状と問題点37回日本関節病学会、横浜、200911

 

有賀健太青野博之、田村理、飛松秀和腰部脊柱管狭窄症例における感覚神経活動電位測定の検討(腰椎椎間孔部狭窄に対する診断ツールとしての有用性の検討)38回日本脊椎脊髄病学会、神戸、20094

 

青野博之、岩崎幹季、大和田哲雄、細野昇、小田剛紀、鈴木省三、有賀健太、奥田真也、富士武史:過去10年の化膿性脊椎炎の治療成績38回日本脊椎脊髄病学会、神戸、20094

 

青野博之、大和田哲雄、有賀健太、細野昇、富士武史、岩崎幹季:脊椎術後硬膜外血腫除去術(術式による頻度)第82回日本整形外科学会学術集会、福岡、20095

 

角永茂樹上田孝文久田原郁夫、吉川秀樹:骨肉腫に対する投与前輸液なしでの超大量メソトレキセート療法42回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会、横浜、20097

 

田村理角永茂樹久田原郁夫上田孝文、矢嶋敬史郎、白坂琢磨:Pegylated liposomal doxorubicin 投与が著効したHIV陰性古典型kaposi肉腫の142回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会、横浜、20097

 

家口尚、星学、高見勝治、田口晋、高岡邦夫、青野勝成、祷史明、久田原郁夫:骨外性粘液型軟骨肉腫の242回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会、横浜、20097

 

飛松秀和青野博之濱田英敏有賀健太胸椎垂直方向への短縮を伴う脱臼骨折を認めた一例

18回日本インストゥルメンテーション学会、東京、200911

 

濱田英敏、高尾正樹、山本健悟、廣田健、菅野伸彦:Computer Tomography-based Navigation Assisted Total Hip Arthroplasty in Patient with Sever Bone Loss in Posterior Acetabular Wall after Rotational Acetabular Osteotomy3CAOS Asia 2009、大阪、20104

 

濱田英敏青野博之飛松秀和有賀健太上田孝文軽微な外傷により骨折し、 数週間後に下肢麻痺を来した 強直性脊椎炎の118回日本インストゥルメンテーション学会、東京、200911

 

B-5

宮本隆司当科におけるMIS TKAに対するアリクストラ使用の現状大阪VTE勉強会、大阪、20095

 

宮本隆司MIS UKAKnack & Pifall弘前大学月例会特別講演会、弘前、20097

 

宮本隆司Indication Anteromedial OAJapan Oxford Partial Knee Instructional Course、東京、200910

 

宮本隆司How to prevent complications 2Japan Oxford Partial Knee Master Course、東京、200910

 

宮本隆司MIS TKA Knack & PitfallVanguard Complete Knee System Seminar、東京、20102

 

宮本隆司:中高年の膝の病気と保存療法34回おおさか健康セミナー、大阪、20101

 

宮本隆司:当院での人工膝関節置換術34回おおさか健康セミナー、大阪、20101

 

青野博之:術後炎症反応の推移から術後感染の早期発見は可能か?第36回大阪脊椎外科フォーラム、大阪、20101

 

吉田礼徳:自宅でできる膝の運動療法34回おおさか健康セミナー、大阪、20101

 

B-6

久田原郁夫上田孝文:脛骨骨内高分化骨肉腫121回関西骨軟部腫瘍研究会、豊中、20096

 

久田原郁夫上田孝文:軟部MFH人工関節後骨内血腫の1123回関西骨軟部腫瘍研究会、豊中、200911

 

北野元裕大浦圭一郎上田孝文右股関節脱臼、左股関節Charcot関節様変化を呈した先天性無痛無汗症の144回近畿小児整形外科懇話会、奈良、20098

 

宮本隆司MIS UKA及びTKAKnack & Pifall25回山形膝関節研究会、山形、20094

 

濱田英敏久田原郁夫上田孝文:鼠径部軟部腫瘍の1122回関西骨軟部腫瘍研究会、豊中、20098

 

大浦圭一郎飛松秀和吉田礼徳上田孝文化膿性胆管炎によりSymmetrical peripheral gangreneをきたした137回大阪整形外科症例検討会、大阪、20097

 

濱田英敏角永茂樹久田原郁夫上田孝文下腿病的骨折の1例38回大阪整形外科症例検討会、大阪、20101

 

李大相北野元裕上田孝文鎖骨近端骨折後偽関節に対し鎖骨部分切除を行った140回大阪骨折研究会、大阪、200912

 

B-8

上田孝文:画像診断コーナー設問・解説.第7骨関節修復再建フォーラム、大阪、20099

 

上田孝文骨・軟部腫瘍診断のポイントと日常診療における対処法。14回上本町整形外科フォーラム、大阪、20099

 

上田孝文運動器の腫瘍−骨・軟部腫瘍とはどんな病気か?−。和歌山県柔道整復師会合同講習会学術講演会、和歌山、200911

 

上田孝文:平成21年度厚生労働省委託事業インターネットを活用した専門医の育成等事業「がん医療を専門とする医師の学習プログラムe-ラーニング」コンテンツ講義・臨床腫瘍学概論・代表的疾患の標準治療9骨・軟部腫瘍、東京、20101

 

上田孝文:骨・軟部悪性腫瘍に対する患肢温存手術の実際。JMMメディカルディーラー会商品研修会特別講演、大阪、20103

 

上田孝文:外来診療で役立つ骨・軟部腫瘍診断のポイント。第3JHAT整形外科懇話会特別講演、大阪、20103