消化器内科 肝臓内科

2009年度研究発表業績】

A-0

Kurokawa M, Hiramatsu N, Oze T, Mochizuki K, Yakushijin T, Kurashige N, Inoue Y, Igura T, Imanaka K, Yamada A, Oshita M, Hagiwara H, Mita E, Ito T, Inui Y, Hijioka T, Yoshihara H, Inoue A, Imai Y, Kato M, Kiso S, Kanto T, Takehara T, Kasahara A, Hayashi N. Effect of interferon alpha-2b plus ribavirin therapy on incidence of hepatocellular carcinoma in patients with chronic hepatitis. Hepatol Res. 2009;39(5):432-43820095月)

 

Kurashige N, Hiramatsu N, Ohkawa K, Yakushijin T, Kiso S, Kanto T, Takehara T, Kasahara A, Doi Y, Yamada A, Oshita M, Mita E, Hagiwara H, Nagase T, Yoshihara H, Hayashi E, Imai Y, Kato M, Kashihara T, Hayashi N. Factors contributing to antiviral effect of adefovir dipivoxil therapy added to ongoing lamivudine treatment in patients with lamivudine-resistant chronic hepatitis B. J Gastroenterol. 2009;44(6):601-60720096月)

 

Oze T, Hiramatsu N, Yakushijin T, Kurokawa M, Igura T, Mochizuki K, Imanaka K, Yamada A, Oshita M, Hagiwara H, Mita E, Ito T, Inui Y, Hijioka T, Tamura S, Yoshihara H, Hayashi E, Inoue A, Imai Y, Kato M, Yoshida Y, Tatsumi T, Ohkawa K, Kiso S, Kanto T, Kasahara A, Takehara T, Hayashi N. Pegylated interferon alpha-2b (Peg-IFN alpha-2b) affects early virologic response dose-dependently in patients with chronic hepatitis C genotype 1 during treatment with Peg-IFN alpha-2b plus ribavirin. J Viral Hepat. 2009;16(8):578-8520098月)

 

Hiramatsu N, Oze T, Yakushijin T, Inoue Y, Igura T, Mochizuki K, Imanaka K, Kaneko A, Oshita M, Hagiwara H, Mita E, Nagase T, Ito T, Inui Y, Hijioka T, Katayama K, Tamura S, Yoshihara H, Imai Y, Kato M, Yoshida Y, Tatsumi T, Ohkawa K, Kiso S, Kanto T, Kasahara A, Takehara T, Hayashi N. Ribavirin dose reduction raises relapse rate dose-dependently in genotype 1 patients with hepatitis C responding to pegylated interferon alpha-2b plus ribavirin. J Viral Hepat. 2009;16(8):586-59420098月)

 

Kurashige N, Ohkawa K, Hiramatsu N, Yakushijin T, Mochizuki K, Oze T, Kiso S, Kanto T, Takehara T, Kasahara A, Doi Y, Yamada A, Fukuda K, Oshita M, Mita E, Fukui H, Nagase T, Yoshihara H, Imai Y, Kato M, Kashihara T, Hayashi N. Lamivudine-to-entecavir switching treatment in type B chronic hepatitis patients without evidence of lamivudine resistance. J Gastroenterol. 2009;44(8):864-87020098月)

 

Tanaka Y, Nishida N, Sugiyama M, Kurosaki M, Matsuura K, Sakamoto N, Nakagawa M, Korenaga M, Hino K, Hige S, Ito Y, Mita E, Tanaka E, Mochida S, Murawaki Y, Honda M, Sakai A, Hiasa Y, Nishiguchi S, Koike A, Sakaida I, Imamura M, Ito K, Yano K, Masaki N, Sugauchi F, Izumi N, Tokunaga K, Mizokami M. Genome-wide association of IL28B with response to pegylated interferon-alpha and ribavirin therapy for chronic hepatitis C. Nat Genet. 2009;41(10):1105-1109200910月)

 

Yuki N, Matsumoto S, Kato M, Yamaguchi T. Hepatic Toll-like receptor 3 expression in chronic hepatitis C genotype 1 correlates with treatment response to peginterferon plus ribavirin. J Viral Hepat. 2010;17(2):130-13820102月)

 

A-1

中水流正一1.肝機能検査の読みかた 1-3.末梢血検査.肝炎診療バイブル 三田英治、加藤道夫編:21-22、メディカ出版、大阪、200910

 

森田香織1.肝機能検査の読みかた 1-4.止血・凝固検査.肝炎診療バイブル 三田英治、加藤道夫編:23-24、メディカ出版、大阪、200910

 

森田香織1.肝機能検査の読みかた 1-5.肝腫瘍マーカー.肝炎診療バイブル 三田英治、加藤道夫編:25-26、メディカ出版、大阪、200910

 

森田香織1.肝機能検査の読みかた 1-6.肝線維化マーカー.肝炎診療バイブル 三田英治、加藤道夫編:27-28、メディカ出版、大阪、200910

 

三田英治3C型肝炎の診断と治療 3-1C型肝炎ウイルスの基礎知識.肝炎診療バイブル 三田英治、加藤道夫編:58-61、メディカ出版、大阪、200910

 

三田英治3C型肝炎の診断と治療 3-3C型慢性肝炎の診断.肝炎診療バイブル 三田英治、加藤道夫編:68-72、メディカ出版、大阪、200910

 

三田英治3C型肝炎の診断と治療 3-4C型慢性肝炎の治療 3-4-1C型慢性肝炎治療の選択.肝炎診療バイブル 三田英治、加藤道夫編:73-76、メディカ出版、大阪、200910

 

三田英治3C型肝炎の診断と治療 3-4C型慢性肝炎の治療 3-4-2.インターフェロン治療@ インターフェロンの基礎知識.肝炎診療バイブル 三田英治、加藤道夫編:77-80、メディカ出版、大阪、200910

 

三田英治3C型肝炎の診断と治療 3-4C型慢性肝炎の治療 3-4-5.難治例の工夫と将来展望.肝炎診療バイブル 三田英治、加藤道夫編:103-104、メディカ出版、大阪、200910

 

三田英治4B型肝炎の診断と治療 4-1B型肝炎ウイルスの基礎知識.肝炎診療バイブル 三田英治、加藤道夫編:106-110、メディカ出版、大阪、200910

 

三田英治4B型肝炎の診断と治療 4-2B型慢性肝炎の自然史と診断 4-2-1.診断の第一歩とHBVマーカーでのフォローの基本.肝炎診療バイブル 三田英治、加藤道夫編:111-112、メディカ出版、大阪、200910

 

葛下典由5HIV重複感染患者の管理 5-2HIV感染者のB型肝炎.肝炎診療バイブル 三田英治、加藤道夫編:156-160、メディカ出版、大阪、200910

 

葛下典由5HIV重複感染患者の管理 5-3HIV感染者のC型肝炎.肝炎診療バイブル 三田英治、加藤道夫編:161-163、メディカ出版、大阪、200910

 

太田高志10.肝硬変の治療 10-3.合併症の管理 10-3-2.門脈圧亢進症:食道・胃静脈瘤、門脈圧亢進性胃症(PHG).肝炎診療バイブル 三田英治、加藤道夫編:220-227、メディカ出版、大阪、200910

 

三田英治11.肝癌の診断と治療 11-3.肝癌の治療 11-3-1.肝細胞癌治療の選択肢.肝炎診療バイブル 三田英治、加藤道夫編:246-248、メディカ出版、大阪、200910

 

三田英治11.肝癌の診断と治療 11-3.肝癌の治療 11-3-5.その他の治療.肝炎診療バイブル 三田英治、加藤道夫編:269-271、メディカ出版、大阪、200910

 

A-2

中水流正一三田英治1.肝機能検査の読みかた 1-1.検査オーダーの流れ.肝炎診療バイブル 三田英治、加藤道夫編:8-13、メディカ出版、大阪、200910

 

中水流正一三田英治1.肝機能検査の読みかた 1-2.肝機能検査.肝炎診療バイブル 三田英治、加藤道夫編:14-20、メディカ出版、大阪、200910

 

末村茂樹外山隆3C型肝炎の診断と治療 3-4C型慢性肝炎の治療 3-4-2.インターフェロン治療B ペグインターフェロン単独療法.肝炎診療バイブル 三田英治、加藤道夫編:87-89、メディカ出版、大阪、200910

 

荒木学外山隆3C型肝炎の診断と治療 3-4C型慢性肝炎の治療 3-4-2.インターフェロン治療C インターフェロン自己注射.肝炎診療バイブル 三田英治、加藤道夫編:90-91、メディカ出版、大阪、200910

 

吉岡千晶三田英治3C型肝炎の診断と治療 3-4C型慢性肝炎の治療 3-4-2.インターフェロン治療D インターフェロン治療の副作用とその対策.肝炎診療バイブル 三田英治、加藤道夫編:92-95、メディカ出版、大阪、200910

 

西出憲史、三田英治3C型肝炎の診断と治療 3-4C型慢性肝炎の治療 3-4-3.肝庇護療法.肝炎診療バイブル 三田英治、加藤道夫編:96-99、メディカ出版、大阪、200910

 

西出憲史、三田英治3C型肝炎の診断と治療 3-4C型慢性肝炎の治療 3-4-4.瀉血治療.肝炎診療バイブル 三田英治、加藤道夫編:100-102、メディカ出版、大阪、200910

 

黒川三佳、三田英治4B型肝炎の診断と治療 4-2B型慢性肝炎の自然史と診断 4-2-2B型慢性肝疾患患者の自然経過「基本編」.肝炎診療バイブル 三田英治、加藤道夫編:113-116、メディカ出版、大阪、200910

 

三田英治、加藤道夫:4B型肝炎の診断と治療 4-2B型慢性肝炎の自然史と診断 4-2-3B型慢性肝疾患患者の自然経過「上級編」.肝炎診療バイブル 三田英治、加藤道夫編:117-119、メディカ出版、大阪、200910

 

三田英治、加藤道夫:4B型肝炎の診断と治療 4-3B型慢性肝炎の治療 4-3-3.核酸アナログ.肝炎診療バイブル 三田英治、加藤道夫編:128-134、メディカ出版、大阪、200910

 

荒木学外山隆4B型肝炎の診断と治療 4-3B型慢性肝炎の治療 4-3-4.その他の治療.肝炎診療バイブル 三田英治、加藤道夫編:135-136、メディカ出版、大阪、200910

 

長谷川裕子三田英治7.アルコール性肝障害の管理.肝炎診療バイブル 三田英治、加藤道夫編:182-187、メディカ出版、大阪、200910

 

大田真紀代由雄敏之三田英治10.肝硬変の治療 10-1.肝硬変の成因と治療.肝炎診療バイブル 三田英治、加藤道夫編:206-209、メディカ出版、大阪、200910

 

末吉由佳由雄敏之三田英治10.肝硬変の治療 10-3.合併症の管理 10-3-1.肝性脳症の診断と治療.肝炎診療バイブル 三田英治、加藤道夫編:216-219、メディカ出版、大阪、200910

 

藤田実、伊藤麻里三田英治13.急性肝炎の診断と治療 13-1.急性肝炎の鑑別診断と治療.肝炎診療バイブル 三田英治、加藤道夫編:290-296、メディカ出版、大阪、200910

 

A-3

松山和代上野裕之齋藤誠井上敦介庄野裕志里見絵理子小川朝生山内一恭本田芳久桑原健小森勝也:モルヒネ持続皮下注射からオキシコドン徐放錠へのオピオイドローテーション後せん妄が発現した1症例医療 2009;63(4):254-2582009年4月

 

森田香織三田英治、宋昌浩、太田高志長谷川裕子中水流正一外山隆葛下典由、高田晃宏、辻江正徳、宮本敦史、山本佳司、中森正二、加藤道夫:骨転移巣で発見された異所性肝細胞癌の1例.肝臓 2009;50(7):383-38920097

 

森田香織由雄敏之太田高志三田英治、池田昌弘:【内視鏡データベース活用の時代】 国立大阪医療センターにおける内視鏡ファイリングシステムと電子カルテの連携と課題.消化器内視鏡 2009;21(7):1100-110720097

 

松山和代里見絵理子上野裕之井上敦介尾池真理戸高絹代吉田哲彦関山隆史廣常秀人末田聖倫宮本敦史中森正二辻仲利政小森勝也:低用量マトリックス型フェンタニルパッチによりがん性疼痛が良好となり化学療法の導入が可能であった膵がんの1癌と化学療法 2009;36(8):1351-135320098

 

眞能正幸、木下幸保、佐藤智晃、渡辺長治、山中淳、葛下典由三田英治:臨床検体を用いたエクルーシス試薬Anti-HCVの評価。医学と薬学 2009;62(3):443-45020099

 

田中靖人、四柳 宏、矢野公士、酒匂赤人、三田英治、松浦健太郎、林 和彦、柘植雅貴、田尻和人、吉岡奈穂子、藤澤知雄、内田茂治、小池和彦:ユニバーサルHBワクチネーション:是か非か? 肝臓 2009;50(10):598-604200910

 

A-5

三田英治HIV感染C型慢性肝炎に対するPeg-IFN-α2b・リバビリン併用療法の治療成績と問題点。厚生労働省科学研究費補助金(肝炎等克服緊急対策研究事業)「C型肝炎難治症例の治療に関する研究」平成21年度総括・分担研究報告書、P.47-5620103

 

B-2

Song C, Hiramatsu N, Oze T, Yakushijin T, Mochizuki K, Imanaka K, Iio S, Oshita M, Hagiwara H, Mita E, Ito T, Inui Y, Hijioka T, Tamura S, Yoshihara H, Imai Y, Kato M, Yoshida Y, Tatsumi T, Kiso S, Kanto T, Kasahara A, Takehara T, Hayashi N. Reducing drug doses in genotype 1 patients with chronic hepatitis C during treatment with pegylated interferon alfa-2b plus ribavirin delays the timing of HCV RNA negativity or prevents its attainment; a propensity score-matched study. American Association for the Study of Liver Diseases, Annual Meeting, Boston, USA, 200911

 

Inoue Y, Hiramatsu N, Oze T, Yakushijin T, Mochizuki K, Mita E, Fukuda K, Imai Y, Kato M, Kiso S, Kanto T, Kasahara A, Takehara T, Hayashi N. Prediction of early response to pegylated interferon and ribavirin in chronic hepatitis C based on amino acid substitutions in the viral core region. American Association for the Study of Liver Diseases, Annual Meeting, Boston, USA, 200911

 

Inoue Y, Hiramatsu N, Oze T, Yakushijin T, Mochizuki K, Hagiwara H, Oshita M, Mita E, Fukui H, Inada M, Tamura S, Yoshihara Y, Hayashi E, Inoue A, Imai Y, Kato M, Miyagi T, Hosui A, Ishida H, Kiso S, Kanto T, Kasahara A, Takehara T, Hayashi N. Factors affecting efficacy in patients with genotype 2 chronic hepatitis C treated by pegylated interferon alfa-2b and ribavirin: reducing drug doses has no impact on rapid and sustained virological responses. American Association for the Study of Liver Diseases, Annual Meeting, Boston, USA, 200911

 

Kurashige N, Hiramatsu N, Oze T, Yakushijin T, Mochizuki K, Miyagi T, Tatsumi T, Kanto T, Kasahara A, Takehara T, Imanaka K, Oshita M, Hagiwara H, Mita E, Ito T, Inui Y, Tamura S, Yoshihara H, Imai Y, Hayashi N. Combination therapy with PegIFNα-2b and ribavirin in chronic hepatitis C patients with normal ALT levels: matched case-control study by propensity score method. American Association for the Study of Liver Diseases, Annual Meeting, Boston, USA, 200911

 

MATSUURA K, TANAKA Y, NISHIDA N, HIGE S, ASAHINA Y, KUROSAKI M, ITOH Y, Korenaga M, Hino K, Mita E, Tanaka E, Mochida S, Oyama K, Honda M, Hiasa Y, Sugauchi F, Tokunaga K, Mizokami M. A genome-wide association study identifies gentic variants in the HLA-DP locus associated with chronic hepatitis B. American Association for the Study of Liver Diseases, Annual Meeting, Boston, USA, 200911

 

Yuki N, Matsumoto S, Kato M, Yamaguchi T. Hepatic PRR signaling gene expression shows differential response to HCV replication in responders and non-responders to PEG-IFN plus ribavirin. American Association for the Study of Liver Diseases, Annual Meeting, Boston, USA, 200911

 

B-3

三田英治葛下典由、加藤道夫:ワークショップ5「ユニバーサルHBワクチン 是か非か? 」当科におけるB型急性肝炎の現況 ユニバーサルHBワクチンを是とする立場から。45回日本肝臓学会総会、神戸、20096

 

結城暢一、加藤道夫、山口敏一:シンポジウム1C型慢性肝炎における宿主とウイルスの interactionC型慢性肝炎肝組織における内因性IFN産生と抗ウイルス治療効果。45回日本肝臓学会総会、神戸、20096

 

倉繁奈緒、平松直樹、大川和良、木曽真一、考藤達哉、笠原彰紀、竹原徹郎、土井喜宣、山田晃、福田和人、尾下正秀、三田英治、永瀬寿彦、吉原治正、今井康陽、加藤道夫、柏原赳、林紀夫:ワークショップ4B型肝炎の基礎と臨床」ラミブジンからエンテカビルへの切替症例におけるラミブジン非耐性B型慢性肝疾患の治療成績 OLF多施設共同研究。45回日本肝臓学会総会、神戸、20096

 

伊倉義弘、三田英治、中森正二:ワークショップ2「非BC型肝細胞癌の基盤肝病変」単純性脂肪肝を基盤に発生した肝細胞癌:癌化プロセスにおける酸化ストレスの意義。38回日本肝臓学会西部会、米子、200912

 

B-4

末吉由佳中水流正一荒木学末村茂樹満田千晶大田真紀代、藤田実、西出憲史、太田高志、宋昌浩、長谷川裕子森田香織里見絵里子外山隆葛下典由結城暢一三田英治、山本佳司、加藤道夫:腎機能障害を有する胆嚢原発小細胞癌の1例。95回日本消化器病学会総会、札幌、20095

 

末村茂樹中水流正一荒木学満田千晶大田真紀代末吉由佳、藤田実、西出憲史、太田高志、宋昌浩、長谷川裕子森田香織里見絵里子外山隆葛下典由結城暢一三田英治、児玉良典、山本佳司、加藤道夫:塩酸ゲムシタビンが有効であった膵低分化内分泌癌の1例。95回日本消化器病学会総会、札幌、20095

 

葛下典由三田英治満田千晶荒木学末村茂樹大田真紀代末吉由佳、藤田実、西出憲史、長谷川裕子太田高志、宋昌浩、森田香織里見絵理子中水流正一外山隆結城暢一、山本佳司、加藤道夫:Peg-IFNα2b/Ribavirin併用療法抵抗性C型慢性肝炎患者に対するIFNβブースター治療。95回日本消化器病学会総会、札幌、20095

 

小瀬嗣子、平松直樹、薬師神崇行、望月圭、今中和穂、尾下正秀、萩原秀紀、三田英治、伊藤敏文、乾由明、吉原治正、今井康陽、加藤道夫、吉田雄一、巽智秀、木曽真一、考藤達哉、笠原彰紀、竹原徹郎、林紀夫:肝線維化進展C型肝炎に対するPeg-IFN/RBV併用療法における治療効果関連因子の検討。95回日本消化器病学会総会、札幌、20095

 

伊倉義弘、三田英治、中森正二、上田真喜子:単純性脂肪肝を母地に発生した肝細胞癌症例の臨床・病理学的要因。95回日本消化器病学会総会、札幌、20095

 

満田千晶外山隆葛下典由荒木学末村茂樹大田真紀代末吉由佳、藤田実、西出憲史、太田高志、宋昌浩、長谷川裕子森田香織里見絵理子中水流正一結城暢一、山本佳司、加藤道夫、三田英治C型慢性肝炎1型高ウイルス量LVR症例に対するPeg-IFNα2b/Ribavirin併用療法72週投与の有用性の検討。45回日本肝臓学会総会、神戸、20096

 

荒木学葛下典由三田英治満田千晶末村茂樹大田真紀代末吉由佳、西出憲史、藤田実、宋昌浩、太田高志長谷川裕子森田香織外山隆中水流正一結城暢一、山本佳司、加藤道夫:HIV感染者におけるB型急性肝炎に対する治療方針。45回日本肝臓学会総会、神戸、20096

 

小瀬嗣子、平松直樹、井上裕子、薬師神崇行、望月圭、今中和穗、尾下正秀、萩原秀紀、三田英治、伊藤敏文、乾由明、吉原治正、井上敦雄、今井康陽、林英二朗、加藤道夫、木曽真一、考藤達哉、笠原彰紀、竹原徹郎、林紀夫:難治性C型肝炎に対するPeg-IFN/Ribavirin併用療法における再燃予測とその対策 多施設(OLF)共同研究。45回日本肝臓学会総会、神戸、20096

 

小瀬嗣子、平松直樹、薬師神崇行、望月圭、三田英治、福田和人、今井康陽、加藤道夫、木曽真一、考藤達哉、笠原彰紀、竹原徹郎、林紀夫:難治性C型肝炎に対するPeg-IFN/Ribavirin併用療法におけるHCVコア領域アミノ酸変異と治療反応性ならびに治療後再燃との関連について。45回日本肝臓学会総会、神戸、20096

 

里見絵理子、吉田哲彦、関山隆史、上田純子、尾池真理、梶原絹代、松山和代、井上敦介、渡辺真弓、廣常秀人、辻仲利政:精神疾患を有するがん患者への緩和ケアについて〜緩和ケアチーム介入例の検討〜。15回日本緩和医療学会学術大会、大阪、20096

 

上田純子、尾池真理、梶原絹代、四方文子、道川綾加、森岡亜希子、竹ノ内須賀子、里見絵理子:がん看護実践をする看護師が感じるジレンマとその対処〜診断期と治療期に焦点をあてて〜。15回日本緩和医療学会学術大会、大阪、20096

 

松山和代、井上敦介、里見絵理子、上田純子、尾池真理、上野裕之、山内一恭、本田芳久、廣常秀人、辻仲利政、小森勝也:低用量マトリックス型フェンタニル貼付剤の有用性。15回日本緩和医療学会学術大会、大阪、20096

 

大田真紀代葛下典由伊藤麻里荒木学末村茂樹満田千晶末吉由佳太田高志長谷川裕子森田香織由雄敏之里見絵理子中水流正一外山隆結城暢一三田英治:核酸アナログ未治療のB型慢性肝疾患に対するエンテカビルの治療成績。13回日本肝臓学会大会、京都、200910

 

三田英治葛下典由外山隆伊藤麻里荒木学末村茂樹満田千晶大田真紀代末吉由佳太田高志長谷川裕子森田香織由雄敏之里見絵理子中水流正一結城暢一、加藤道夫:ラミブジン耐性のB型慢性肝疾患に対するアデホビル治療の長期成績。13回日本肝臓学会大会、京都、200910

 

葛下典由荒木学満田千晶末村茂樹大田真紀代末吉由佳、西出憲史、藤田 実、長谷川裕子、宋 昌浩、太田高志森田香織由雄敏之中水流正一外山隆結城暢一三田英治HIV感染者におけるB型急性肝炎。13回日本肝臓学会大会、京都、200910

 

入潮佳子、今井康陽、福田和人、井倉 技、澤井良之、小来田幸世、外山隆葛下典由三田英治、加藤道夫:1型高ウイルス量以外のC型慢性肝炎におけるPEG-IFNα-2a単独療法の治療効果に関する検討。13回日本肝臓学会大会、京都、200910

 

井上裕子、平松直樹、小瀬嗣子、薬師神崇行、望月 圭、法水 淳、木曽真一、萩原秀紀、三田英治、永瀬寿彦、福井弘幸、吉原治正、井上敦雄、今井康陽、林英二朗、考藤達哉、笠原彰紀、竹原徹郎、林 紀夫:Genotype 2C型慢性肝炎に対するPeg-IFN/Ribavirin併用療法の治療効果予測はTaqMan法で何が変わったか? 13回日本肝臓学会大会、京都、200910

 

倉繁奈緒、平松直樹、小瀬嗣子、薬師神崇行、望月 圭、宮城琢也、巽 智秀、今中和穗、尾下正秀、萩原秀紀、三田英治、伊藤敏文、乾 由明、田村信司、吉原治正、今井康陽、考藤達哉、笠原彰紀、竹原徹郎、林 紀夫:ALT正常C型慢性肝炎に対するPeg-IFN/Ribavirin併用療法の治療効果について―matched case-control study―。13 日本肝臓学会大会、京都、200910

 

小瀬嗣子、平松直樹、薬師神崇行、望月 圭、吉田雄一、石田 永、木曽真一、尾下正秀、三田英治、伊藤敏文、乾 由明、吉原治正、今井康陽、加藤道夫、考藤達哉、笠原彰紀、竹原徹郎、林 紀夫:Real-time PCR法を用いたHCV-RNA測定系におけるC型肝炎に対するPeg-IFN/RBV併用療法の治療効果予測。13回日本肝臓学会大会、京都、200910

 

末村茂樹葛下典由伊藤麻里荒木学満田千晶大田真紀代末吉由佳太田高志長谷川裕子森田香織由雄敏之里見絵理子中水流正一外山隆結城暢一三田英治Genotype 2型・高ウイルス量のC型慢性肝炎に対するPeg-IFNα-2b・リバビリン併用療法の治療成績。13回日本肝臓学会大会、京都、200910

 

満田千晶長谷川裕子中水流正一伊藤麻里荒木学末村茂樹大田真紀代末吉由佳太田高志森田香織由雄敏之里見絵理子外山隆葛下典由結城暢一三田英治:人工透析中の胃癌術後再発症例に対して5-FU持続投与による化学療法を行った一症例。51回日本消化器病学会大会、京都、200910

 

太田高志荒木学末村茂樹満田千晶大田真紀代末吉由佳長谷川裕子森田香織由雄敏之里見絵理子外山隆中水流正一葛下典由三田英治:早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の治療成績の検討。78回日本消化器内視鏡学会総会、京都、200910

 

森田香織由雄敏之太田高志荒木学末村茂樹満田千晶大田真紀代末吉由佳、西出憲史、藤田実、長谷川裕子、宋昌浩、外山隆中水流正一葛下典由三田英治:当院における緊急内視鏡的止血術の検討。78回日本消化器内視鏡学会総会、京都、200910

 

荒木学中水流正一伊藤麻里末村茂樹吉岡千晶末吉由佳大田真紀代長谷川裕子太田高志森田香織由雄敏之里見絵理子外山隆葛下典由三田英治S-1による二次治療が奏効した直腸癌合併切除不能胆嚢癌の1例。47回日本癌治療学会学術集会、名古屋、200910

 

長谷川裕子、藤谷和正、中水流正一大田真紀代末吉由佳太田高志森田香織里見絵里子由雄敏之外山隆葛下典由三田英治、辻仲利政:75歳以上の高齢者切除不能進行・再発胃癌に対する予後因子解析。47回日本癌治療学会学術集会、名古屋、200910

 

宋昌浩、平松直樹、小瀬嗣子、薬師神崇行、望月圭、今中和穗、尾下正秀、三田英治、萩原秀紀、田村信司、吉原治正、今井康陽、林英二朗、吉田雄一、巽智秀、木曽真一、考藤達哉、笠原彰紀、竹原徹郎、林紀夫:難治性C型肝炎に対するPeg-IFN/Ribavirin併用療法での薬剤投与量とウイルス陰性化時期との関連について―propensity score-matched study―。38回日本肝臓学会西部会、米子、200912

 

葛下典由加藤道夫外山隆大田真紀代末吉由佳吉岡千晶荒木学末村茂樹伊藤麻里長谷川裕子太田高志森田香織由雄敏之中水流正一結城暢一三田英治Peg-IFNα2b/Ribavirin併用療法抵抗性C型慢性肝炎患者に対するIFNβブースター治療。38回日本肝臓学会西部会、米子、200912

 

入潮佳子、今井康陽、福田和人、井倉 技、澤井良之、小来田幸世、外山隆葛下典由三田英治、加藤道夫:C型慢性肝炎治療におけるPEG-IFNα-2a単独療法の位置付け−1型高ウイルス量症例以外での検討。38回日本肝臓学会西部会、米子、200912

 

伊藤麻里荒木学末村茂樹吉岡千晶大田真紀代末吉由佳長谷川裕子太田高志森田香織由雄敏之里見絵理子中水流正一外山隆葛下典由結城暢一、田中靖人、三田英治:ラミブジン・アデホビル両剤耐性となったB型慢性肝炎の1例。38回日本肝臓学会西部会、米子、200912

 

長谷川裕子、藤谷和正、中水流正一太田高志森田香織由雄敏之、黒川幸典、平尾素宏、三田英治、辻仲利政:2種類のS-1 failure症例の検討;S-1による術後補助化学療法後の再発例と再発胃癌における一次治療としてのS-1に不応となった症例。8回日本臨床腫瘍学会学術集会、東京、20103

 

B-5

長谷川裕子中水流正一三田英治:高齢者切除不能進行・再発胃癌に対する化学療法の適応と限界。日本消化器病学会近畿支部第92回例会、大阪、20102

 

B-6

田村猛、伊藤麻里荒木学末村茂樹吉岡千晶大田真紀代末吉由佳長谷川裕子太田高志森田香織由雄敏之中水流正一外山隆葛下典由結城暢一三田英治:ラミブジン・アデホビル併用療法中に両剤耐性となったB型慢性肝炎の1例。日本消化器病学会近畿支部第91回例会、京都、20099

 

大田真紀代、伊藤麻里、荒木学、末村茂樹、吉岡千晶、末吉由佳、太田高志、長谷川裕子、森田香織、由雄敏之、中水流正一、外山隆、葛下典由、結城暢一、三田英治、鈴木都男:リバビリン併用IFN治療にて蛋白尿が改善したC型慢性肝炎の1例。日本消化器病学会近畿支部第92回例会、大阪、20102

 

里見絵理子:がん性疼痛治療に難渋した子宮頚癌の一例。大阪緩和ケアチームカンファレンス、大阪、2009 10

 

松山和代、井上敦介、上野裕之、里見絵理子、上田純子 、梶原絹代 、山内一恭、本田芳久 、廣常秀人、小森勝也 、辻仲利政:がん性疼痛治療における薬剤師の地域連携〜がんサポートチームセミナー実施におけるアンケート調査報告から〜。5回関西がんチーム医療研究会、大阪、200910

 

上田純子、石井和子、里見絵理子、梶原絹代、四方文子、石川綾加、徳永尚美、辻仲利政がん患者の症状に対するアロマセラピーの有効性の検討。6回関西がんチーム医療研究会、大阪、20103

 

B-8

三田英治:ウイルス性肝炎の診断と治療について。大阪府保健所医師業務研修、大阪、200912

 

三田英治B型肝炎の最新治療、読売新聞大阪本社主催「B型肝炎のすべて」、大阪、20097

 

結城暢一:医師臨床研修制度の現状と法令改正。大阪大学指導医講習会、大阪、20099

 

結城暢一:医師臨床研修の問題と今後。大阪医科大学指導医講習会、大阪、20099

 

結城暢一:医師臨床研修省令改正について。関西医科大学指導医講習会、神戸、200911

 

結城暢一:医学生のための臨床研修制度説明 法令改正のポイント。厚生労働省臨床研修病院説明会、大阪、20102

 

里見絵理子:在宅医療における緩和ケア。城東区医師会学術講演会大阪20094

 

里見絵理子:がん性疼痛治療とチーム医療。オピオイド検討会 in NARA、奈良、20094

 

里見絵理子がん性疼痛の評価と治療。厚生労働省委託事業日本緩和医療学会緩和ケア教育のための指導者講習会、大阪、20096

 

里見絵理子:オピオイドを開始するとき。大阪市立総合医療センター緩和ケア研修会、大阪、20096

 

里見絵理子:地域連携と治療・療養の場の選択。市立岸和田市民病院緩和ケア研修会、大阪、20097

 

里見絵理子:オピオイドを開始するとき。国立病院機構大阪南医療センター緩和ケア研修会、大阪、20098

 

里見絵理子:がん性疼痛。近畿大学緩和ケア研修会、大阪、20098

 

里見絵理子:緩和ケアチームとがん性疼痛治療。島根県立中央病院学術講演会、出雲、20099

 

里見絵理子:緩和ケアチームとがん性疼痛薬物治療。赤穂市民病院院内講演会、赤穂、20099

 

里見絵理子:がん緩和医療。法円坂フォーラム、大阪、200910

 

里見絵理子:緩和ケアチームにおける医師の役割(GW)国立がんセンター緩和ケアチーム研修会、大阪、200910

 

里見絵理子:がん性疼痛事例検討(GW)厚生労働省委託事業日本緩和医療学会緩和ケア教育のための指導者講習会、船橋、200911

 

里見絵理子:がん性疼痛の薬物治療。大津赤十字病院学術講演会、大津、200912

 

里見絵理子:がん性疼痛治療について〜医師向け緩和ケア研修会PEACEから学ぶもの〜。奈良県病院薬剤師会学術講演会橿原200912

 

里見絵理子:がん性疼痛の薬物治療。研修医レクチャー、大阪、200912

 

里見絵理子:緩和ケア研修会改善のためのワークショップ(GW)緩和ケア研修会指導者フォーラム、秋葉原、20101

 

里見絵理子:緩和ケアのチーム医療〜がん性疼痛治療と薬剤師に期待されること〜。近畿国立病院薬剤師会学術講演会大阪20103