小児科

2009年度研究発表業績】

A-0

Tsukimoto I, Tawa A, Horibe K, Tabuchi K, Kigasawa H, Tsuchida M, Yabe H, Nakayama H, Kudo K, Kobayashi R, Hamamoto K, Imaizumi M, Morimoto A, Tsuchiya S, Hanada R. Risk-stratified therapy and intensive use of cytarabine improves the outcome in childhood acute myeloid leukemia: the AML99 trial from the Japanese Childhood Cooperative Study Group. J Clin Oncol 2009;27(24):4007-401320098月)

 

Suzuki N, Yumura-Yagi K, Yoshida M, Hara J, Nishimura S, Kudoh T, Tawa A, Usami I, Tanizawa A, Hori H, Ito Y, Miyai R, Oda M, Kato K, Hamamoto K, Osugi Y, Hashii Y, Nakahata T, Horibe K. Outcome of childhood acute lymphoblastic leukemia with induction failure treated by the Japan Association of Childhood Study (JACLS) ALL F-protocol. Pediatr Blood Cancer 2010;54(1):71-7820101月)

 

A-2

多和昭雄:急性骨髄性白血病 寛解導入療法の標準治療「小児科臨床ピクシス10 小児白血病診療」菊池 陽、100-103、中山書店、東京、20098

 

A-4

多和昭雄:急性骨髄性白血病の治療「日本小児血液学会雑誌」23(4):257-26520098

 

木下明俊,宮地勇人,滝 智彦,清河信敬,高橋浩之,多賀 崇,林 泰秀,多和昭雄:小児急性骨髄性白血病における包括的中央診断「日本小児血液学会雑誌」23(4):298-30220098

 

楠木重範、多和昭雄:小児白血病「腫瘍内科」5(1):74-7920101

 

多和昭雄:小児急性骨髄性白血病のリスク分類に基づいた層別化治療「血液・腫瘍科」60(3):341-34720103

 

A-5

多和昭雄:小児急性骨髄性白血病の標準的治療法の確立に関する研究。厚生労働科学研究費補助金(がん臨床研究事業)「小児がんに対する標準治療・診断確立のための研究」平成20年度総括・分担研究報告書、P.31-3420093

 

外川正生、葛西健郎、國方徹也、山中純子、細川真一、木内 英、齋藤昭彦、村松友佳子、尾崎由和、市場博幸           、天羽清子、榎本てる子             、辻麻理子:HIV感染女性から出生した子どもの実態調査と子どもの健康と発達支援。                厚生労働科学研究費補助金(エイズ対策研究事業)「HIV感染妊婦とその出生児の調査・解析および診療・支援体制の整備に関する総合的研究」平成21年度総括・研究分担報告書、P.56-7620103

 

B-3

尾崎由和:わが国におけるHIV感染女性からの出生児の現況。日本性感染症学会第22回学術大会 日本エイズ学会との合同シンポジウム、京都、200912

 

B-4

佐野弘純、久保田知里、朴 明子、嶋田 明、外松 学、滝 智彦、田渕 健、多和昭雄、堀部敬三、土田昌宏:小児急性骨髄性白血病におけるWT1遺伝子変異と臨床像。第71回日本血液学会学術集会、京都、200910

 

B-8

尾崎由和HIV母子感染予防と新生児管理。日本産婦人科医会宮城県支部コ・メディカル研修会、仙台、20102