地域連携への取り組み

24時間体制で循環器救急診療をおこなっています。

心臓血管外科と協力してCCUを24時間体制で運営し、緊急カテーテル治療・手術が可能なようにスタンバイしており、紹介の有無にかかわらず救急患者を積極的に受け入れています。

地域医療のなかで急性期診療を担当します。

入院治療においては、急性期診療、慢性期診療、リハビリテーション、長期療養など、地域連携の中でそれぞれの病院が担う役割があり、当院循環器内科では急性期診療を担当しています。そのため、循環器疾患の急性期治療が終わりましたら、次の役割を担う病院へのスムーズな転院・引き継ぎを推進しています。

外来において継続的に循環器専門診療をおこなっています。

退院後は、近隣の地域医療機関において日常診療をおこない、当院では循環器専門外来において専門的な治療や経過観察を継続するようにしています。そのため、近隣の地域医療機関において、循環器診療についての疑問点や追加の検査依頼があれば、当院の主治医へいつでも気軽にご連絡いただければ迅速に対応させていただきます。

また、近隣の地域医療機関の先生と密接な連携を保つために、定期的に勉強会や地域住民対象の講演会を行っております。

PAGE TOP