各疾患について

心不全

僧帽弁閉鎖不全症

病気の説明

しんどくなってから受診すると手術時期を逸していることもありますので、定期受診により手術時期を逸さないこと、心房細動による血栓塞栓症の予防、感染性心内膜炎の予防などが重要です。

症状

病気が進行すると、息切れ、動悸、呼吸困難、全身倦怠感などの自覚症状が出現します。このような症状が出現したら速やかに手術を検討しなければなりません。

検査

定期的な問診と診察、採血検査(BNPなど)、心電図(心房細動の有無など)、胸部レントゲン写真、心エコー検査が必要です。また、心臓外科術前精査が必要となった場合は、入院して心臓カテーテル検査や経食道心エコー検査が必要となります。

治療

心臓外科手術(僧帽弁形成術、僧帽弁置換術)です。入院検査の後、循環器内科と心臓血管外科との合同カンファレンスを行い、個々の患者さんに応じた最適な治療方法を検討しています。

PAGE TOP