スタッフ紹介

  • 科長
    Ueda Yasunori
    上田 恭敬
    平成2年 大阪大学医学部卒業
  • 患者さんへのメッセージ

    循環器疾患を疑って受診するすべての人に対して、それぞれに合わせた十分な検査をおこなうことによって論理的に診断し、最適な治療法を提案させていただきます。また、各個人の価値観を十分に尊重して、治療方針を決めさせていただきます。 循環器疾患は命に関わるものが多いものの、症状から判断することが難しいことも多い領域ですので、少しでも心配な症状があれば遠慮なく早めに受診していただくことをお勧めします。早期診断が救命に繋がりますので、夜間等の時間外でも365日24時間いつでも循環器医(外科を含む)が院内に常駐しており、来院していただければ迅速に対応させていただきます。
  • 専門

    虚血性心疾患
    循環器救急
    冠動脈インターベンション
    血管内視鏡
  • 専門医

    日本内科学会認定内科医・研修指導医
    日本循環器学会専門医
    日本心血管インターベンション治療学会専門医
    日本心臓血管内視鏡学会専門医
  • 資格

    医学博士(大阪大学)
    大阪大学医学部臨床教授
    日本医師会認定産業医
    身体障害者福祉法指定医(心臓機能障害)
    難病指定医
    臨床研修指導医
  • Fellow

    アメリカ心臓病学会フェロー (FACC)
    ヨーロッパ心臓病学会フェロー (FESC)
    日本心臓病学会特別正会員(FJCC)
    日本冠疾患学会特別正会員 (FJCA)
  • 学会委員会

    日本心血管インターベンション治療学会近畿支部 選挙管理委員会委員
    日本心血管インターベンション治療学会 レジストリー学術小委員会委員
    日本循環器学会 循環器救急医療・災害対策委員会委員
    日本循環器学会 循環器救急医療・災害対策委員会「STOP MI キャンペーン」WG委員長
    日本循環器学会 循環器救急医療・災害対策委員会「CCU加算問題」WG委員
    日本集中治療医学会 CCU委員会委員
    日本集中治療医学会 社会保険委員会委員
  • 学会等役職

    日本内科学会近畿支部評議員
    日本循環器学会近畿地方会評議員
    日本冠疾患学会理事
    日本血管画像動態学会評議員
    臨床研究適正評価教育機構 (J-Clear) 評議員
    日本心臓血管内視鏡学会理事長
    日本心血管インターベンション治療学会代議員
    日本集中治療医学会近畿地方会幹事
    日本心血管インターベンション治療学会近畿支部幹事
  • 循環器を志す若い医師へのメッセージ

    循環器疾患は人の生命に直結するものが多いため、早期診断・早期治療が非常に重要です。特に、急性疾患に対しては、救急診療による一刻も早い対応が生死を分ける場面も多く、ダイナミックな一連の診断・治療プロセスに大きな充実感を感じることも魅力のひとつです。また、一人一人に対する治療方針を論理的に考えながら日常診療を進めていくことや、その中から生まれてくる答えのない疑問に対しては臨床研究によって解決しようとすることも、循環器内科の魅力のひとつと言えるでしょう。当院は医療機関であるのみならず、臨床研究センターをもつ研究機関でもあるため、先進的な循環器診療を進めながら、一方では治験をはじめとした多くの臨床研究も推進しています。ですから、現在の最先端の診断治療学を習得したい人だけでなく、自身が新しい診断治療法の開発に貢献したいという意思のある人がいれば、是非当院に来ていただきたいと思います
  • STOP MI キャンペーン」について

    急性心筋梗塞は一旦発症すると、40%は死に至る非常に怖い病気です。しかし、死亡の多くは病院へ到着前に生じており、入院後の救命率は90%以上と良好です。そのため、急性心筋梗塞を疑う胸痛等の症状があれば、救急車による一刻も早い受診が重要ですが、救急車を呼ぶまでにまだまだ時間がかかっているのが現状です。
    そこで、注目したのが「急性心筋梗塞の前兆」です。急性心筋梗塞の約半数において、心筋梗塞の発症よりも数日?数週間前に「前兆」とも言える症状を認めますので、この時期に循環器内科を受診して適切に治療をおこなえば、急性心筋梗塞の発症を予防できると考えられます。
    「前兆」と考えられる症状としては、胸痛、胸部圧迫感、胸部絞扼感、胸焼けや、稀なものとしては、腕や肩、顎、歯の痛みがあります。症状の特徴としては、ピンポイントの狭い範囲の症状ではなく、比較的範囲の広い症状で、数分から10分程度の持続で一旦は完全に消失して繰り返す症状です。針で刺すような瞬間的なチクチクする痛みや、押さることや体位によって、また深呼吸によって誘発される痛みは、心臓由来でないことが多いです。逆に、歩行や階段等の労作によって誘発される痛みは、「前兆」の可能性が高いです。
    そのため、これまでに経験のないこのような「前兆」を疑う症状が出現した場合には、できるだけ早く循環器内科を受診していただくことをお勧めします。
    このことを広く啓発するための運動がSTOP MI キャンペーンで、日本循環器学会によって展開中です。
PAGE TOP