大阪医療センター心臓血管外科
トップページチーム医療スタッフ紹介治療方針病棟案内外来担当表
 

 

洞機能不全症候群、房室ブロック、心房細動など徐脈性不整脈に対して ペースメーカー植え込み術を行っていますが、患者様の生活様式も加味 したペースメーカーの機種選択を行っています。 左室瘤や虚血性心筋症症例では、左室縮小形成術や僧帽弁形成術に 加えて、難治性心室性不整脈に対する冷凍凝固アブレーションや心不全 に対する両心室ペーシング心筋リードの植え込みも積極的に行っていま す。
循環器内科との集学的心不全治療の一翼を担うことにより、心不全患者 の長期予後の改善とQuality of Life(QOL)の向上に大きく寄与してい ます。
また、心房細動に対する外科治療は弁膜症などの開心術と同時に行って いますが、ラジオ波焼灼と冷凍凝固アブレーションを駆使したメイズ手術 により洞性整脈への回復が得られています。とくに僧帽弁閉鎖不全症で は、弁形成術とメイズ手術を併用することにより術後の抗凝固療法を要 さない良好な術後QOLが期待できます。

 
 

       様々な個所から信号が発生し、
       迷路のように信号伝達がなされる

 

   迷路のような伝導路を、高周波を
   用いた機器等にて遮断する

 
 
Back to [ 心臓血管外科ホーム]