大阪医療センター心臓血管外科
トップページチーム医療スタッフ紹介治療方針病棟案内外来担当表
 

 

近年、高齢者や脳血管障害、慢性閉塞性肺疾患、肝機能障害、 慢性腎不全(透析)、担癌など人工心肺ハイリスクの手術患者様 が増加していることから、人工心肺を用いない低侵襲心拍動下 冠動脈バイパス手術(OPCAB)を第一選択としており、合併症の 軽減および早期退院、社会復帰を目指しております。

 

急性心筋梗塞症例や高度低左心機能症例、狭小冠動脈症例では完全冠血行再建を優先して人工心肺補助下の心拍動下手術や心停止下手術(Conventional CABG)も症例に応じて行っています。
両側内胸動脈、橈骨動脈、右胃大網動脈や大伏在静脈グラフトを 駆使した長期遠隔成績の優れた確実な冠血行再建を提供しています。

冠動脈バイパス@

冠動脈バイパスA

 
Back to [ 心臓血管外科ホーム]