独立行政法人国立病院機構 大阪医療センター薬剤部

薬剤部

薬剤部紹介

調剤室

電子カルテ中の処方オーダリングシステムから医師が処方したお薬について、用法・用量・相互作用(飲み合わせ)をコンピューターがチェックした後に、再度薬剤師が確認を行った上で調剤を行います。

調剤している写真
水薬監査システムを用いた水薬調剤

散剤(こな薬)や水剤、一包化調剤については、お薬の取り間違え、はかり間違え等を防ぐため、再度コンピューターによりチェックされた上で調剤を行います。
調剤が完了した処方せんとお薬は更に監査者により最終チェックがなされ、交付されます。


自動錠剤分包機を用いた一包化調剤

このように、お薬が安全に患者さまに渡るよう適正な調剤を行っています。

薬剤師が最終確認している写真
監査者による最終チェック

【注射室】

注射薬の調剤
注射薬自動払出機の写真

アンプルディスペンサー(注射薬自動払出機)を用いて、注射薬調剤を行っています。

調剤作業の写真

入院中の患者さんに使用される注射薬を、医師からの注射処方せんに基づき、注射薬の用法・用量、配合変化、相互作用などの確認をした上で、患者さんごとに、トレーに入れて調剤し、カートにて各病棟へ払い出しています。

また、当院の注射薬自動払出機は、注射返品薬払出機も搭載しています。病棟より戻ってきた返納薬を、GS1コードにて薬品を特定し、自動で収納することにより、払出の対象薬品として登録することが出来ます。また、それぞれの薬品を画像認識し、有効期限も管理しています。

注射返品薬払出機の写真

▲ページ先頭へ戻る