臨床検査科・病理診断へようこそ

  • 検査科管理室
  • 外来採血室・外来尿検査室
  • 総合検査室
  • 生理機能検査室
  • 微生物検査
  • 輸血管理室
  • 病棟検査室

病理検査室

病理検査室では、患者の体より採取した組織の病理診断をおこない、最適な治療のため日夜努力しています。

業務は病理専門医と細胞診専門医の認定を受けた医師と細胞検査士の認定を受けた臨床検査技師で行っています。

  1. 病理組織検査   
    手術や内視鏡などで採取された生体組織から、臨床検査技師が顕微鏡用標本を作製し、 病理医が標本を顕微鏡で観察・診断し、治療方針決定に役立つ情報を臨床医に報告します。
  2. 術中迅速病理組織検査   
    手術中に採取された生体組織から約15分で組織標本を作製し、手術室に病理医が診断を報告します。   
    患部摘出範囲の決定や処置の決定などに重要な検査です。   
    細胞検査士が同時に取っておいた捺印細胞診標本の細胞所見との照合や 術後に作成した永久標本での確認診断により、より正確な診断を追及しています。
  3. 細胞検査   
    子宮がん検査などの剥離細胞や肺がん検査のための喀痰から異常細胞を発見し、細胞の診断を行う検査です。   
    細胞検査士の認定を受けた臨床検査技師が標本を作製・観察して、異常細胞を背景や出現様式から総合的に判断します。その細胞から細胞診専門医が細胞診断をおこない、臨床医に報告します。
  4. 術中迅速細胞診検査     
    手術中に採取された腹水などの体腔液や患部組織の捺印標本から迅速に細胞診を行う検査です。
  5. 病理解剖   
    院内においてお亡くなりになられた患者さまのご遺体をご家族の承諾のもとで解剖させていただき、 生前の診断、病気の進行度や治療効果などについて検討し、今後の医療に反映できるようにさせていただいております。
  6. 研究活動
    臨床各科と連携して、治験や臨床研究にも積極的に参加・協力しています。
    臨床検査科における研究事業