臨床検査科・病理診断へようこそ

  • 検査科管理室
  • 外来採血室・外来尿検査室
  • 総合検査室
  • 生理機能検査室
  • 微生物検査
  • 輸血管理室
  • 病棟検査室

生理機能検査室

生理機能とは生命を維持するために人間に備わっている機能のことです。  
生理検査室にお越しいただき、医療機器を使って患者の皆様の生理機能異常の有無について検査を行っています。

循環機能検査(心臓・血管系)

  • 安静心電図…心臓の動きによって起こる電気的変化を波形に表し、心臓の状態をみる検査です。不整脈、心肥大、虚血性心疾患などを調べます。
  • マスター負荷心電図…階段昇降をしていただき、心電図の波形変化をみる検査です。運動することで心臓の活動は活発になり安静時では現れない異常を調べます。
  • 加算平均心電図…頻脈性心室性不整脈の発生素地の有無を調べます。
  • 自律神経検査…心拍数は自律神経により調節されます。深呼吸をしてもらい心拍を分析することにより自律神経機能を調べます。
  • ホルター心電図…小型の心電図記録装置を装着し日常の生活の中で心臓の異常を見つける検査です。記録された24時間分の心電図を解析しますので結果に少し時間がかかります。
  • トレッドミル運動負荷検査…ベルトコンベアの上を歩いていただき、安静時の心電図が正常でも運動により心臓に負荷をかけ、安静時では現れない異常を調べる検査です。運動しますので動きやすい服装でご来院ください。
  • 心肺負荷試験…運動に対する心肺血管系、骨格筋を含めた予備能力(運動耐容能)を測定します。
  • 血圧脈波…両腕と両足首に血圧計を巻いて、血圧と脈波を測定します。血管の詰りや硬さを調べる検査です。 

呼吸機能検査(おもに肺・気管支)

  • スクリーニング検査…肺活量 (肺にどれだけ空気を取り込むことができるか)、1秒率(空気の通り道の狭さと肺の弾力性を診るために、最大に吸った空気を一気に吐き出す)を検査して肺の機能と気管支の状態をみる検査です。
  • 精密呼吸機能検査…スクリーニング検査に加え、さらに詳細な肺の機能を調べます。

脳神経検査(おもに脳・中枢神経)

  • 脳波検査…脳の微弱な電気的変化を波形として記録し、脳に関する病気の診断、治療効果をみます。
  • 聴性脳幹反応…聴覚神経から脳幹までの伝わりを波形で記録します。
    聞こえの悪い方や脳幹の発達状態、脳死判定の補助検査として使われます。
  • 誘発筋電図、神経伝導速度検査…手足の運動神経や知覚神経の状態を調べる検査です。

超音波検査

  • 心臓超音波検査…超音波で心臓の大きさや動きを観察します。又、血液の流れを調べるためドプラ法を使い弁膜症や先天性疾患等を調べます。
  • 腹部超音波検査…超音波で上腹部全体 (腎臓、脾臓、肝臓、胆嚢、膵臓、腹部大動脈など)を観察します。腫瘍や様々な病変の診断に役立ちます。
  • 血管超音波検査…超音波で頸動脈および上下肢動脈の狭窄、閉塞性病変を検査します。また、上下肢の深部静脈に血栓があるかどうかを検査します。

止血検査

  • 出血時間…耳たぶを用い、血の止まり具合を検査します。

聴力検査

  • 標準純音聴力検査…防音検査室内でオージオメーターを用いて、聞こえのレベルを測定します。聴覚検査法の基本的な検査です。

その他

  • 尿素呼気試験…尿素呼気試験は、呼気を採取してピロリ菌の感染を調べる検査です。検査は空腹時に行います。