消化器科ニュース
消化器科トップ スタッフ紹介 外来案内 消化器病解説 肝臓病教室 後期研修医募集
治験情報大阪医療センター
2011年6月号

 梅雨の季節に入りましたが、いかがお過ごしでしょうか?
3月いっぱいで、大田真紀代医師、吉岡千晶医師が退職しました。4月からは、岩崎竜一朗医師、坂根貞嗣医師、田村猛医師が新しくメンバーに加わり運営しています。

 
2010年4月号

 桜が満開の季節になりました。大阪医療センターの桜もきれいに咲いています。
さて2010年3月いっぱいで、森田香織医師、太田高志医師、末吉由佳医師が退職しました。後任として、榊原祐子(さかきばらゆうこ)医師、湯口清徳(ゆぐちきよのり)医師、田中絵里(たなかえり)医師が着任しました。それに伴い、各医師の外来担当日を変更しました。
 2010年4月からC型肝炎に対するインターフェロン治療の医療費助成制度が改正になり、また新規にB型肝炎に対する核酸アナログ製剤治療の医療費助成制度が始まりました。最寄りの保健所に申請書類はありますが、ご自分が該当するかは主治医とまずご相談ください。
 大阪医療センター消化器科では公的な補助金を受けて、肝炎の臨床研究を行っています。2010年度は厚労科研「肝炎等克服緊急対策研究事業」(主任研究1件、分担研究3件)、国立病院機構ネットワーク研究(主任研究1件、分担研究2件)です。これらを通じ、今年度も難治性のC型肝炎およびB型肝炎診療の質の向上に取り組んでまいります。

 
2009年1月号

 春を迎え、すごしやすい季節になりました。でも…花粉症の方には、少しつらいかもしれませんね。
3月28日(土)の おおさか健康セミナー「C型肝炎とたたかう」には多数の皆様に参加していただきました。この場を借りて御礼申し上げます。今後も肝臓病教室を通して、患者さん向けの話題提供に心がけたいと思います。日常の診療ではゆっくりお話しすることのできない肝臓病の知識を講演し、病気に対する理解を深めていただくのが目的です。詳しい日程は、当科ホームページの「肝臓病教室」を御覧ください。
3月いっぱいで、宋昌浩医師、藤田実医師、西出憲史医師が退職し、4月1日付で 伊藤 麻里(いとう まり)医師が着任しました。それに伴い、各医師の外来担当曜日を変更しました。当科ホームページ「外来案内」で御確認ください。今後とも宜しくお願い申し上げます。

 
2009年1月号

 新年 おめでとうございます。2009年が皆様にとって良い年でありますように。

 お知らせがあります。平成21年1月1日付けで、由雄 敏之(よしお としゆき)医師が大阪大学医学部消化器内科から異動し、着任しました。由雄医師は平成11年の大阪大学医学部の卒業で、専門の消化器癌領域で平成20年3月に学位(=医学博士)を取得しております。早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を含めた内視鏡治療のスペシャリストで、大阪大学消化器内科勤務時代は研究・臨床ともに実績があり、当院での活躍が期待されます。今後とも宜しくお願い申し上げます。「内視鏡治療」に関しては、今月号の大阪医療センターのメルマガに掲載しております。御一読ください。

 当科では肝炎領域を中心に広く臨床治験を行っており、募集内容を順次公開するようにいたしました。また3月28日(土)「 おおさか健康セミナー 」で患者さん向けの講演会『 C型肝炎とたたかう 』を企画しています。詳細が決定しましたら、ホームページ上で公開いたします。

 
2008年12月号
 平成20年11月1日付けで、加藤道夫医師が国立病院機構/南和歌山医療センターの副院長に栄転され、かわりに三田英治医師が科長になりました。また山本佳司医師も同日付けで南和歌山医療センターに異動となり、葛下典由医師が医長に昇任しました。

 さらに10月1日には、外山 隆(とやま たかし)医師が大阪大学医学部消化器内科より異動し、着任しております。外山医師は平成5年の大阪大学医学部の卒業で、専門の肝炎・肝癌領域で平成17年2月に学位(=医学博士)を取得しております。肝癌に対する局所治療のスペシャリストで、なおかつ内視鏡の達人でもあります。大阪大学消化器内科勤務時代には臨床研究・研修医教育にも実績があり、当科にはピッタリの人材が確保できたと喜んでいます。今後とも宜しくお願い申し上げます。

 新生・消化器科の運営方針などは、今月から3ヶ月の予定で大阪医療センターのメルマガに掲載されます。是非、御一読ください。
 
page top
 
掲載の内容について無断転載を禁じます。全ての内容は日本の著作権法により保護されています。
Copyright © 2008,National Hospital Organization Osaka National Hospital. DEPARTMENT OF GASTROENTEROLOGY All Right Reserved.